« まさか、まさかの釣行(2) | トップページ | まさか、まさかの釣行(4) »

2013年4月20日 (土)

まさか、まさかの釣行(3)

Dcimg7870 Dcimg7869 ヨッさんと高知県大月町のアオリイカ釣り場で合流しました。私にはふかせ釣り用の撒き餌があるので、まずはふかせ釣りの準備をしようとしたときです。

ヨッさんが「きたーっ」と言います。「まさか」のアタリです。私が玉網ですくったのは1キロ弱。ヨッさんはまだ昼過ぎだというのに、すでに3匹を釣ったことになります。持参してきた組み立て式の椅子に座って悠然としています。写真のイカは、私が到着する前に釣った2キロ。

このイカを見て、「ふかせ釣りをしているときじゃなーい」と思いましたわ。そこでふかせ釣りをするのを止めて、イカ釣り用の竿を2本出しました。私もイカ釣り参戦です。

つづく・・・。

Dcimg7880_2 折角イカ釣りの竿を出したが、二人ともアタリが全くありません。ボヤーッとウキを眺めるだけです。

4時間がたち、午後5時半になったときです。遠投したはずのウキが見えなくなり、道糸がすぐ足元に向かっています。竿をあおって合せると、ガキッと竿が曲がったままで動かないので、エサのアジが潜って岩に根掛かりしたと思いました。

ところがその岩が動き出します。大きいイカです。寄せようとしたときにハリがはずれてしまいました。仕掛けをそのままにしていると、ウキがすごいスピードで入っていきます。再度合わせると、ハリ掛かりしたようだが、またはずれてしまいました。

それを見ていたヨッさんが、「そんなヤワな合わせではだめだ。竿が折れるくらい強力にせい」と言います。そこで全体重を竿に乗せて思いっきり合わせました。

このとき最大の「まさか」が起こりました。パキーンという音がして竿が真っ二つ。「竿が折れるくらい」といわれてやったら、ホントに竿が折れてしまいました。ヨッさんが笑うこと、笑うこと・・・。

このときに活きアジも取られてしまいました。この後も、ヨッさんは思い出し笑いして「ホンマに折れたが・・・」とうれしそうです。笑うだけでは物足りないらしくオカテッちゃんに電話して「折れるくらいに合わせろ言ったら、ホントに折れたが・・・。ほーほっほっほっほー」と報告しています。

明日に続く。

4月 20, 2013 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさか、まさかの釣行(3):

コメント

コメントを書く