« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

ヒゲダイの香川県ギネスに申請

Bwcimg7950Zimg064  先週の水曜日に香川県釣り団体協議会の総代会があったとき、チーム・グレートヨーヘン会長の秋山さんから一枚の魚拓を渡されました。

「ヒゲダイ」と、聞いたことのない名前を書いています。タマミに似ているが、ちょっとずんぐりした体型です。家に帰って図鑑で調べると、確かにヒゲダイという魚でした。よく似た体型のヒゲソリダイという魚もいますが、写真で魚の色を見ると、ヒゲダイです。

サイズは魚拓には57センチと実寸が書かれていますが、魚拓で測ると58.5センチあるので、こちらを香川県の大物サイズとして認定です。

つづく・・・。


今年の1月31日に愛媛県武者泊の磯で、観音寺市の望月修平さんが釣ったとのこと。こんな魚は見たことがないので、今後ともおそらくこれを越える魚は出てこないような気がします。

それにしても四国の海は豊かです。色んな魚がいます。私が自己記録として持っているのは150あまりですが、まだまだ新魚種に出会えそうな気がしてきました。

4月 30, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

竿を忘れた釣り(2)

Bvcimg7965 Bvcimg7977   香川県東部の津田の磯で古川さんとチヌ狙いです。古川さんは順調にチヌを釣っています。10メートルも離れていないのに私には全く釣れません。ま、ウデの差です。

Bvcimg7966私は古川さんから貸してもらった竿が折れて緊急修理なので、大きな魚が掛かったときにどうなるか分かりません。それでも20センチくらいのアイナメならどうってことがないと分かりました。

Bvcimg7977sしばらくして古川さんが「あれっ」と言うので見ると、竿が折れています。古川さんの竿もビニールテープで緊急修理。磯で竿が折れることはめったにないのに、二人とも折れた竿で釣りです。写真の先のほうが黒くなっているのが分かると思いますが、ここが修理部分。

つづく・・・。

  Bvcimg7971
その後もコブダイらしきアタリが何度かありましたが、根に持ち込まれて取り込めません。折れた竿なので強引にためることをためらいます。しかしやっと1匹取り込めました。55センチを越えています。ふふ。

古川さんがチヌを釣らん私に気を使ってコブダイの写真を3枚撮ってくれたが、どれもピンボケばっかり。しゃーないなあ。

Bvcimg7981Bvcimg7982古川さんは納竿までに30~44センチのチヌを10枚釣りました。私はチヌがゼロ。しゃーないです。古川さんが釣ったチヌはすべてスカリに入れていましたが、帰る前にリリースしました。50センチ以上ないと、香川磯連で記録認定してくれないからです。

私の結果は惨憺たるものでしたが、香川県内にこんな磯場があると知っただけで大きな収穫でした。

4月 29, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

竿を忘れた釣り

Bvcimg7952    古川さんと香川県東部の津田の磯にチヌ狙いで行きました。渡船場に着いて、荷物を下ろしていてギャオーッとなりました。竿を車に積むのを忘れています。ギャオーッ、ギャオーッ。

まだ到着していない古川さんに電話をして予備の竿を貸してもらえることになって一安心。古川さんが到着して「竿を忘れるなんて・・・」と何度も笑います。だけど古川さんも帽子を忘れてきて「なんじゃああ」と笑ってやりましたわ。ふふ。

Bvcimg7953Bvcimg7954ここの磯場に渡船するのは初めてですが、なかなかいい感じの磯がたくさんあります。渡船客もゴールデンウィークの始まりで多い。

Bvcimg7960釣り始めてすぐに古川さんが30センチのチヌを釣ります。続いて2匹。私には釣れません。ウデの差です。古川さんの頭には帽子代わりのタオル。

つづく・・・。

Bvcimg7962
ようやく私にアタリ。釣れたのは37センチのコブダイ。それまでにも大きな引きの魚に竿を持っていかれそうになって切れてしまいました。てっきり掛けた後の魚の動きの速さに青物かと思いましたが、これもコブダイだったようです。ふふ。

掛けたコブダイを古川さんがすくおうと玉網を持ってきましたが、「抜きあげるからいい」とごぼう抜きにしようとしました。そのときに悲劇が・・・。竿がポキンと大きな音をして折れてしまいました。私がいつも使っている2号の竿なら、これぐらいのサイズは玉網を使わないで抜き上げています。古川さんから借りた竿は1.5号。そんなにも差があるものか。

Bvcimg7963 古川さんにももう予備の竿はありません。古川さんに「ごめん」と何度も謝りますが、古川さんは「釣りが出来んようになる」と心配してくれます。まだ釣り始めて1時間の午前8時過ぎです。納竿予定の午後2時半には6時間もあります。

何とかならないかと釣りバッグの中を探すと割り箸が出てきました。これを添え木にしてビニールテープをぐるぐる巻きにしてみました。さて・・・。

明日に続く。

4月 28, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

熊ちゃんからのプレゼントを忘れていたと言います

Gcimg7776 Gcimg7782 高松黒潮クラブの酒飲み会で、片ちゃんがカバンからお魚グッズを取り出します。熊ちゃんから預かっていたけど、忘れていたとのこと。

「1ヶ月前の飲み会のときに渡そうと思っていたけど・・・」。ということは熊ちゃんからずいぶん前に預かっていたらしい。ま、食べ物でないので腐るわけでないのでいいか。

もらったのはいいが、使い方がもう一つはっきりしません。たぶん栓抜きのようです。ふふ。

つづく・・・。


整理が済んでないお魚グッズがどんどん増えています。「勤めをリタイアしたのだから、自由な時間がいくらでもあるだろ」と自分でも思うのだが・・・。ま、自由な時間の使い方なんでしょうかねえ。

最近時間を最も多くとられているのが・・・、と考えたがよく分かりません。釣り雑誌「関西のつり」への投稿エッセイの執筆、西日本釣り協議会の機関誌「潮目」への投稿文は時間がとられるが至福の時間でもあるので、誰にも文句は言えません。

とは言っても、お魚グッズの整理をして早くおかないと、展示会のチャンスがあっても逃してしまうことになります。齢がいくと若いときには苦痛でなかったこまごまとしたことが嫌になります。アンタも齢を取ると分かりますわ。ふふ。

4月 27, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

四国のマンホールの魚、県別1位

ここ数年続けてきた四国のデザインマンホール探索が終盤を迎えています。今年の3月1日から私のもう一つのブログ「四国はおもしろ造形の楽園・天国」で、1日に1市町村のデザインマンホールを順番に掲載しています。本にすることを前提に書いています。

今日現在で香川県内の市町村の掲載をすべて終えました。これまでどこにも公開されていないカラーマンホールも多数掲載しているので、是非一度見ていただければうれしい。

http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/03/index.html
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/04/index.html

これから2ヶ月ごとに徳島県、高知県、愛媛県と順に公開していく予定にしています。

そのマンホールの中にお魚がデザインされているものがたくさんありますが、その中で私が気に入っているナンバー1を県別に発表です。

つづく・・・。


Cimg6703s 徳島県のナンバー1は旧三好町のマンホールです。吉野川にいるアユをデザインしたもので、アユのリアルさが気に入りました。

Cimg6927s 高知県は旧佐賀町のマンホール。高知県らしいカツオのデザインがいい。

Cimg1743s 愛媛県は旧宇和町のマンホール。探すのに苦労したナマズのマンホールです。

Cimg5659s 香川県のマンホールにお魚がデザインされているのは、残念ながら1枚しかありません。ハマチの養殖を日本で始めて成功した香川県なので、ハマチがデザインされています。

4月 26, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

香川県釣り団体協議会のメンバーが集まりました

Bxcimg7938     昨日、香川県釣り団体協議会の総代会が高松美山ホテルでありました。集まったのは13人ですが、磯釣りクラブ、投げ釣りクラブ、バス釣りクラブ、遊漁船クラブと多彩です。

Bxcimg7943それだけにいつもは磯釣りのメンバーと接することが多い私にとっては新鮮で新しい知識を得られるチャンスが多い。今年からメンバーになった遊漁船クラブの会長はルアー釣り専門の惠優丸船長の福本さん(写真真ん中。左は当会婦人部長の青井さん)から耳寄りの話がありました。

香川県東部の磯への渡船をしていて、50センチオーバーのチヌも釣れ出しているとのこと。この情報に早速飛びついたのは、私と香川磯連会長の古川さん。今度、近いうちに一緒に行く計画になりました。

つづく・・・。

Bxcimg7945投げ釣りクラブの全日本サーフ香川協会の話は「メンバーの老齢化」の話。メンバー数減少と老齢化は、どこの釣りクラブも一緒のようです。

Bxcimg7947遅れてきた香川バス釣り連盟会長の村橋さんは、食べることに熱中です。最近は仕事が忙しく釣りにもあまりいけていないとのこと。大変なようです。

Bxcimg7946秋ヤン(写真は真ん中の顔にバンドエイド)にはイシダイ釣りに連れて行ってくれとお願いしたら、「お前と一緒に行ったら、オレの釣りが出来んからなあ」といいます。そういう野蛮な言い方はしませんが、ま、そういう内容です。

「一緒に磯に上がったら、一等席を私に譲らないといけない」という意味です。以前に一緒に行ったときにもそうしてくれました。ふふ。

4月 25, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

香川磯連の会長会

Bycimg7935 Bycimg7936 昨日、香川県磯釣連盟に所属するクラブの代表者が集まっての会議がありました。香川県は面積が全国一小さい県ですが、それでも全県から集まるのは大変です。21人が出席です。写真で手を上げているのは評決しているわけではなくて、飲み物をコーヒーにするか、ジュースにするかの意思表示。ふふ。

これからは磯釣りの大会が目白押しです。5月12日には香川県西部の磯でチヌ釣り大会、翌週の19日に四国磯連の大会、そして6月9日には香川磯連の大会と西日本磯釣り協議会の大会が同時に開催です。

私はどれも参加する予定です。楽しみではありますが、一つだけ心配なことがあります。

つづく・・・。


それは雨。職をリタイアした後の釣行は天気予報を何度もチェックして雨が降らず、風も吹かずの日を選んでいます。ま、リタイアしたからこその贅沢ですわ。

ところが大会となると、天候に関係なく日が決まっているので、雨でも行かなくてはいけません。年寄りになるとこれが苦痛。ふふ。ま、参加することに意義があるので、雨のときは磯の上で釣りをしないでジーッとしていてもいいと思うこのごろです。

この日の議題でもっとも時間を掛けたのが、これから計画をしている「西日本磯釣り協議会グレ釣り選手権大会(仮称)」。関西、中国、四国の磯釣り師が競うグレ釣り選手権です。これから煮詰まっていくと期待しています。

4月 24, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

高松市庵治町で脈釣り

Bzcimg7924 Bzcimg7925 Bzcimg7926_2 Bzcimg7927 日曜日に熊ちゃんに連れられて見に行った庵治町は強風で竿を出せませんでしたが、いい感じの釣り場でした。一度は行ってみたいと思ったが、翌日の昨日は無風で絶好のメバル釣り日和です。

それに満潮時刻も午後9時、それに前日のゴカイの残りが冷蔵庫にはいっています。これは行くしかありません。行くのは「今でしょ」と張り切っていきました。

暗くなるのを待って竿を出したのが午後7時20分。それから15分間でアタリが4回。釣れたのがメバルの15センチと18センチ。23センチのタケノコメバル。絶好調です。ふふ。

つづく・・・。

Bzcimg7929 ・ところが、不思議。それ以降全くアタリがありません。潮が動きません。釣り場としてはいい感じですが、アタリがないのではこの名人の私でも釣れませんわ。

最初の15分ではアタリがあったので、釣り方が間違っているとは思えません。満潮近いので潮止まりになっているのかと思ったが、だとすると潮が動き出すまでにまだ1時間はかかります。

それに大きな明るい月が真上近くにきています。これまでにも入れ食いだったときに明るい月が出た途端にアタリが出なくなった経験が幾度もあります。

結局1時間アタリがないので午後8時半過ぎに釣りをやめました。帰り道に熊ちゃんに電話すると、「頑張れ」と、まだ釣りをしていると勘違いされたみたい。

4月 23, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

熊ちゃんと脈釣り

Ccimg7901 Ccimg7908 Ccimg7909 昨日、熊ちゃんと脈釣り(小さなカミツブシだけを付けた延べ竿での探り釣り)にいきました。車で30分ほどで予定していた庵治町に行くと強風がまともに当たります。これではメバルが釣れません。もう1箇所いきましたが、そこも風。

高松市内に戻ってきて朝日町で竿を出しました。久しぶりの脈釣りなのでうまくいくか心配ですが、すぐに勘が戻る自信があります。

1投目でモゾモゾとしたアタリに合わせるとフグ。しゃーないなあ。熊ちゃんは自分の店の割烹を夜遅くまでやっているせいか、釣り場で仕掛けを作っています。

フグが釣れた後はアタリが全くありません。ようやく、熊ちゃん参戦。いきなり20センチのメバル3匹。私のほうはなかなか釣れません。やっとメバル1匹。

釣れない理由は分かっています。いつもやっている釣り場は浅いので、仕掛けをいったん底につけてから状況に合わせて仕掛けをさびくスピードやタナを変えて探るのですが、この場所は深くて自分の仕掛けがどこにあるのかがなかなかつかめません。その間にも熊ちゃんはどんどん釣っているようです。

つづく・・・。

Ccimg7910 Ccimg7913 Ccimg7917 Ccimg7921
ようやく私にも24センチのカサゴが釣れて強い引きを楽しんだ直後、熊ちゃんから「網ー」の声がします。大きいのを掛けたようです。40センチのチヌです。その後も熊ちゃんは30センチのタケノコメバルを釣って絶好調です。

結果は2時間半で、熊ちゃんは40センチのチヌ、タケノコメバル2匹、メバル6匹。小さいのは逃したといいます。私は24センチのカサゴ、タケノコメバル1匹、メバル2匹。とんでもない差が出ました。ま、ウデの差です。ふふ。

深いところでの脈釣りはもっと勉強が必要なようです。

4月 22, 2013 波止釣り | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

まさか、まさかの釣行(4)

Dcimg7872_3 ヨッさんと高知県大月町でアオリイカ釣りです。私の強烈な合わせで竿が折れてしまった後、アタリが全くありません。空が雨雲で暗くなり、雨がパラパラと振ってきましたが、すぐに止みました。

その後、ヨッさんと私に一度ずつ、アジの背中が小さくかじられることがありましたが、ハリ掛かりしません。この日は午後9時までで釣りを止めました。釣り道具は釣り場に残して、車中泊です。

Dcimg7878_2Dcimg7877_3翌日、午前5時に目が覚めるとヨッさんはすでに釣りを開始しています。私も直ちに参戦です。ところが1時間もしないうちに雨が降り出しました。オジンは雨が嫌です。「たいしたことはないだろ」と思っていたら、「まさか」の本降りで雨粒も大きくなってきました。本格的な雨の中での釣りになりました。アタリは二人ともありません。

つづく・・・。

Dcimg7881_3 Dcimg7882_3 そのまま4時間。雨で体が冷えてきました。ヨッさんがいきなり「もう、釣れん」の「まさか」の宣言。私はボウズなので、もう少し釣りをしたいと思っていたら、「それなら10時まで、あと1時間するか」ということになりました。

ところが15分も経たないうちに、ヨッさんから再び「まさか」の「釣れん」宣言。釣ったイカのハラワタを出しています。もうやめる気満々です。私もあきらめることにしました。

その時、ヨッさんから「2キロのイカをやる」という「まさか」の申し出。「1キロのでいい」というが、「2キロをやる」と何度も言うので、ありがたくいただきました。ふふ。

Dcimg7884_2釣り場出発9時半。別々の車で帰るので、私は道の駅で「山の神」から頼まれていた柑橘類と塩だけで漬けた梅干を買った後、宿毛市でカラーマンホールを探すことにしました。「まさか」ないだろうと思っていたら、「まさか」の幸運で見つけることができました。ふふ。

今回の釣行は「まさか、まさか」の連続でした。

4月 21, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

まさか、まさかの釣行(3)

Dcimg7870 Dcimg7869 ヨッさんと高知県大月町のアオリイカ釣り場で合流しました。私にはふかせ釣り用の撒き餌があるので、まずはふかせ釣りの準備をしようとしたときです。

ヨッさんが「きたーっ」と言います。「まさか」のアタリです。私が玉網ですくったのは1キロ弱。ヨッさんはまだ昼過ぎだというのに、すでに3匹を釣ったことになります。持参してきた組み立て式の椅子に座って悠然としています。写真のイカは、私が到着する前に釣った2キロ。

このイカを見て、「ふかせ釣りをしているときじゃなーい」と思いましたわ。そこでふかせ釣りをするのを止めて、イカ釣り用の竿を2本出しました。私もイカ釣り参戦です。

つづく・・・。

Dcimg7880_2 折角イカ釣りの竿を出したが、二人ともアタリが全くありません。ボヤーッとウキを眺めるだけです。

4時間がたち、午後5時半になったときです。遠投したはずのウキが見えなくなり、道糸がすぐ足元に向かっています。竿をあおって合せると、ガキッと竿が曲がったままで動かないので、エサのアジが潜って岩に根掛かりしたと思いました。

ところがその岩が動き出します。大きいイカです。寄せようとしたときにハリがはずれてしまいました。仕掛けをそのままにしていると、ウキがすごいスピードで入っていきます。再度合わせると、ハリ掛かりしたようだが、またはずれてしまいました。

それを見ていたヨッさんが、「そんなヤワな合わせではだめだ。竿が折れるくらい強力にせい」と言います。そこで全体重を竿に乗せて思いっきり合わせました。

このとき最大の「まさか」が起こりました。パキーンという音がして竿が真っ二つ。「竿が折れるくらい」といわれてやったら、ホントに竿が折れてしまいました。ヨッさんが笑うこと、笑うこと・・・。

このときに活きアジも取られてしまいました。この後も、ヨッさんは思い出し笑いして「ホンマに折れたが・・・」とうれしそうです。笑うだけでは物足りないらしくオカテッちゃんに電話して「折れるくらいに合わせろ言ったら、ホントに折れたが・・・。ほーほっほっほっほー」と報告しています。

明日に続く。

4月 20, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

まさか、まさかの釣行(2)

Dcimg7858  高知県大月町でヨッさんとアオリイカ釣りをする前に、一人で愛媛県宇和海でチヌ狙いです。集合時刻午後3時の5時間半前からイカ釣りをしているヨッさんから「1キロのイカ、ゲットー」の報告があったけど、私はもう少しチヌ狙い。

波止のすぐ下の石積みにはウニが無茶苦茶います。「まさか」と思えるほどの数です。イシダイエサのウニの値段は四国の中でも場所によって違いますが、だいたい1個が80円。目の前にいるウニだけで数万円分のウニがいます。ふふ。

Dcimg7864 チヌ狙いには木っ葉グレが釣れて楽しいが、ヨッさんからの「イカが釣れた」という電話に気が落ち着きません。30分後にチヌ釣りをあきらめました。ヨッさんと早めの合流することにして、イカのエサにする活きアジを買った後、自分の食料調達のためスーパーに。

そこで再びヨッさんから電話。「3キロを網ですくおうとして逃した」という「まさか」の報告。あせるけど、自分の食料も大事です。しばらくしてまたまたヨッさんから電話。「2キロのイカ、ゲット」という「まさか、まさか」の報告。スーパーでの買い物があせります。

つづく・・・。

Dcimg7867高知県大月町のイカ釣り場には12時半に到着。まずは活きアジを早く海に浸けないといけません。急いで車から釣り場所まで運んで海に入れようとすると、数匹のアジが浮かんでいます。「まさか」の事態です。

ブクブクを2台入れて万全態勢のはずだったが、ちょっと過密すぎたみたい。活きアジ店から買うときに「大サイズを20匹、中サイズを10匹」にしました。今回買った大サイズが23センチもあってムチャでかい。これが良くなかったみたい。

ヨッさんは「まさか」の真昼間に2キロと1キロの2匹を釣っていて、「余裕のヨッちゃん状態」です。私はふかせ釣り用の撒き餌がたくさん残っているので、イカ釣り用の竿を出すが、ふかせ釣りもすることにします。

明日に続く。

4月 19, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

まさか、まさかの釣行

Dcimg7859 Dcimg7856釣行に予想外のことが起きるのはよくあることです。だけど、今回の釣行はまさか、まさかの連続でした。私にとってまさかでも、読者にとってはどうでもいいことなのはよく分かっていますが、しばらくお付き合いください。

今回の釣行は先週ヨッさんからの電話で、高知県大月町でのアオリイカ釣りにいくことが決まりました。ヨッさんはそのとき、「まさか」の「300キロ先の現地集合」といいます。私と一緒に行きたくないのか、一緒に行ったら困ることがあるのかは分かりませんが・・・。ふふ。とにかく現地に午後3時集合になりました。

そこで私は目が覚め次第車で走り、集合時刻までは愛媛県の宇和海で50cm超のチヌ狙いをすることにしました。午前3時半から高速道路にのると、いきなりの「まさか」があります。松山市から大洲間が工事のため通行止めの表示です。このまま走り続けると松山ICで降りないといけません。そこでスローダウンして松山通過が午前6時になるように調整。

目指す愛媛県愛南町の宇和海の波止に行く途中、道路沿いに一見良さそうな波止があります。急遽「まさか」の釣り場変更。背中にコンクリートの壁があり、北風をさえぎってくれます。もちろん初めての場所です。

ここで水深を測ってウキ止めのタナを調べるためにハリにゴム管つきのオモリをつけて放り込みます。ここでまたまた「まさか」。いきなりの根掛かりです。これで仕掛けがパー。やっとの1投目でササノハベラ。これは「まさか」ではありません。ふふ。

つづく・・・。

Dcimg7861 Dcimg7865
1時間ほどで20センチのグレ3匹とササノハベラ7匹、それに「まさか」の53センチボラ。すべてリリースです。

そのときヨッさんから電話で、「集合場所に到着して釣り開始」と、「まさか」の連絡。集合時刻より5時間半も早い。「こんな時間にイカは釣れないだろう」と私はしばらくチヌ狙いを続けることにしました。

その30分後、ヨッさんから電話。「まさか」の「1キロ、ゲット」の弾んだ声。ま、まぐれでしょ。

明日に続く・・・。

4月 18, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

しまった・・・

Ecimg7855 先週、愛媛県宇和海でチヌ狙いの外道で、20~28センチの木っ葉グレが2日間で60匹近く釣れました。朝食用の魚が必要と思ったが、そんなにたくさんは要りません。

Ecimg7852 7匹だけをクーラーに入れて、残りはすべてリリースしました。頭を落として持って帰ったグレの片身を塩焼きにしました。久しぶりの魚朝食です。

すると期待以上においしい。木っ葉グレなので脂が乗っておらずパサパサなのかと思っていたら、なんとなんとちゃんと脂が乗っています。

つづく・・・。


去年食べたゲキ旨のグレに比べるとまだまだですが、それでも十分に合格点が出せる味です。スーパーで売っている魚に比べればずーーっとおいしい。

こんなにおいしいのだったら、他人にあげてもよかった。木っ葉だったので、自分の朝食用のためだけに持って帰ったのだが、リリースせずに持って帰ればよかった。ふふ。

4月 17, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

エイの形をしたガマグチをいただきました

Hcimg7745 香川磯連所属で釣友の三宅さんがエイの形をしたがま口を持ってきてくれました。電話で「孫が手に持っているのを見たらサメの財布や。今度持って行く」とのこと。

「孫が機嫌よく遊んでいるのを取り上げてまで持ってこなくても・・・」と言ったけど、持ってきました。ホントにいいのだろうか。だが、折角持ってきてくれたのでありがたくいただきました。

サメと言っていたけど形はエイ。ま、私にはどちらでもいいけど、こんながま口は珍しいのでうれしい。

つづく・・・。


三宅さん自身も何でこの財布があるのか覚えがないと言います。「神の子まつり」と印字されているので、祭りのときに配布されたもののようです。

インターネットで「神の子祭り」を検索してみたが、出てきませんでした。20年以上のものらしいので、出てこなくても仕方がない。しつこい詮索はやめました。ふふ。

4月 16, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

ボラの香川県記録申請

Zimg062 Zimg063 香川県坂出市の山中一成さんからボラの香川県大物記録申請がありました。サイズは76センチです。3月28日に釣ったとのこと。これまでの記録は64センチだったので、大幅な記録更新です。

釣った場所は香川県の多度津町。写真で見ると砂浜から釣ったのでしょうか。県内でもこんなに大きなボラがいるということ。私も高松市を散歩していて70センチを超えるボラを見ました。

今の時期のボラは旨いとのこと。私は刺身をあまり食べないので、よくは分からないが、先週熊ちゃんの割烹「くるみ」にもお勧め品の中に「寒ボラの刺身」があったのを思い出しました。

つづく・・・。


今回申請をしてきた山中さんは去年から記録申請が相次いでいます。タチウオの121センチ、コイの106センチ、ソウギョの94センチ、ナマズの73センチ、ニゴイの70cmそして今回のボラと、去年から6魚種の申請です。

そのサイズもでかいので大物だけを狙って釣行しているようです。若いので、こういう人がどんどん出てくることを期待しています。

ところで、明日からヨッさんとイカ釣りとその他釣りに行く予定で、現在シッチャカメッチャカで釣行準備中です。イシダイ釣りにも行きたいけど、ついついお手ごろでお誘いがある釣りになってしまいます。ふふ。

4月 15, 2013 釣り記録 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

50cm超のチヌを求めて(3)

Ecimg7842   高知県宿毛市の港でチヌ狙いです。外道でネンブツダイに似たクロホシイシモチが釣れたので、イカ狙いの竿も出しました。

チヌ狙いの方はアタリが全くありません。イカ狙いのほうもアタリがないままにエサの魚がなくなります。最後の5匹目のエサも小さな身だけを残して上がってきました。イカではなくてタチウオのようです。残念。タチウオ仕掛けは持ってきていません。

午後8時を過ぎたので、翌日をどこで釣りをするかを決めなくてはいけません。20キロ離れた愛媛県愛南町の波止に決めて、そこまで行って寝ることにします。

波止に着くと、風もあまりないようなので、缶ビールで一人宴会をして寝袋に潜り込むと、急に風が出てきたらしい。ピューピューという音とともに車が風でブルブルと揺れます。ビールを飲んだ後なので、これからの移動は出来ません。そのまま寝ました。

翌朝目が覚めると午前5時半。強風ではないが、少し風があるので港の中に向けて釣ることにします。

つづく・・・。

Ecimg7845木っ葉グレの入れ食いです。20~25cmが10回仕掛けを入れると8回釣れます。全遊動のウキと道糸につけた目印の動きで面白いように釣れます。だが狙いはチヌなので、撒き餌が効いていないところに仕掛けを入れてもグレが食ってきます。

Ecimg7851Ecimg7849 グレは最初に釣れた2匹だけをキープして残りはすべてリリース。自分の朝食用の魚はこれで十分です。あまりにグレばかりなので、波止を散策してみます。大きなおたまじゃくしのような魚が何匹も泳いでいます。「こんな魚は見たことがない」と、よーく観察するとアオリイカでした。ふふ。まさかこんなにたくさんのアオリイカがいると思っていなかったので・・・。

Ecimg7852 昼になったので、今回のチヌ釣りはあきらめることにして、クーラーの中の魚を料理しました。ウロコを落とし、頭を大名切りして落とし、背びれの棘と尾ビレをハサミでチョキチョキと切ります。

Ecimg7854車で走り出すとにわかに空が真っ暗になり雨が降り出しました。釣りをやめるに最高のときだったようで・・・。楽しい二日間の釣りでしたわ。

4月 14, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

50cm超のチヌを求めて(2)

Ecimg7828  愛媛県宇和海の磯でチヌ狙いです。50センチ以上の記録狙いです。木っ葉グレがたくさん釣れたが、チヌのアタリはありません。納竿時刻の午後2時を過ぎたとき、突然50センチのチヌの群れが撒き餌に寄ってきました。

あせりました。アタリがウキに出ないままに刺し餌を取られます。あせります。そこでハリスを半分以上切ってウキ下を矢引きにすると、ウキがジンワリと沈みます。「きたーっ」。狂喜をしたが、すぐに絶望に。

チヌでなくて、ボラでした。チヌがそう簡単にはこないよなあ。ボラをチヌと間違えた自分が情けない。あわてて納竿して片付けていると渡船がやってきて待ってくれます。ま、ボラにはいい想いをさせてもらいました。

船頭に「ボラが釣れた」と言うと、「今の時期のボラは旨いぞ」と言います。私は「刺身を食べないので逃した」というと、鼻で笑われましたわ。ふふ。

つづく・・・。


さて、今晩をどこで竿を出すかを決めなくてはなりません。北からの風は相変わらず強いので、その風裏なるところの場所のいくつかの中で、20キロ離れた高知県の宿毛新港に行くことにしました。

Ecimg7830 Ecimg7833 ここには工事中の大きなケーソンが並んでいて、一部だけが風にさえぎられて快適に釣りが出来ます。釣り場に着くと予想通りに後ろからの風を大きなコンクリートブロックがさえぎってくれます。

Ecimg7832 Ecimg7837 水深を測ると竿2本。正面の島も安らぎを覚えます。だが、釣れるのはササノハベラ。ネンブツダイに似たクロホシイシモチが釣れたので、イカの仕掛けを出して、2本の竿で釣ります。

Ecimg7839Ecimg7838 地元の人が来て、「ここは釣れん。ここには魚がおらん。もう少し場所をずらしたほうがいい」と親切です。だが、それを言っているときに小さなタイが釣れたので、バツが悪そうです。ふふ。

夕日が沈み、夜になります。

明日に続く。 

4月 13, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

50cm超のチヌを求めて

Ecimg7817 Ecimg7822 50cmオーバーのチヌを釣りたい。そう思って再び愛媛県の宇和海に行くことにしました。水曜日の午前3時に家を出て高速道路に上ると吹流しがあまりの風の強さに真横に直立というか、直横で固まっています。

風が強いのは行く前から分かっていたので、風裏になる波止でじっくりと狙うつもりでした。だが、予想以上の風の強さにあせりました。迷っているうちに宇和島市を過ぎて高速道路を下りたとき、「一番の風裏は磯」と思いつきました。渡船を使えば風がどちらから吹こうとも、風裏の釣り場が必ずあるはずです。

そこで急遽、深浦の渡船に電話しました。午前7時になっています。「風があるので出ていない」と予想通りの答え。「チヌ狙いだから近場の風裏でいい」と、私も頑張ります。それでも船頭が「風があるので・・・」というのであきらめて電話を切ろうとすると、「行こうか」と言います。よほど私の声がせつなかったのかも知れません。ふふ。

8時出船で、上がった磯は港を出てすぐの磯。すぐ後ろは山になっていて、北からの風を完全にシャットアウト。ほとんど無風です。我ながらいい判断をしたと思いましたわ。これなら釣れなくても納得が出来ます。

つづく・・・。


Ecimg7819   タナを底近くにするとササノハベラの猛襲なので、1ヒロほど上に上げました。すると21センチのグレ。これはリリース。

そのとき、我が家の冷凍庫に朝食用の魚がないことを思い出して、25センチ以上ならキープと決めました。だが、入れ食いで釣れるが、どれも23センチ以下。

Ecimg7824Ecimg7826我慢できずに「23センチ以上を5匹だけキープ」に変更。30分で4匹を確保したら、急に釣れなくなりました。グレを釣りに来たのではないので、OKです。その後28センチが釣れたので、キープ。

渡船には迎えを午後3時と言っていました。1時を過ぎるとグレが入れ食いになります。25センチも何匹かいたが、全部リリース。午後2時を過ぎたので、納竿の準備をしようかと思っていたら、突然50センチ以上のチヌの群れが・・・。10匹を越えるチヌが撒き餌を拾っています。わおーっ。

明日に続く・・・。

4月 12, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

宇和島市の産直売り場でお魚グッズ

Vcimg7346 Vcimg7345 愛媛県宇和島市の港に産直売り場「きさいや広場」を見つけて入りました。予想以上に大きな店で、土産店のほかにもたくさんの店があります。

その中のコーナーにマグネットを売っています。カニとイカがありましたが、イカを購入。370円。

だが、このイカの目のするどさにはギョッとしました。「おいこら、何を見とんじゃあ」とすごんでいます。そこまで睨まんでもいいのに、何が不満なんでしょうか。

つづく・・・。


それに色が良くない。買っていて、こんなことをいうのも変ですが、こんな色のイカなんているのでしょうか。それにお土産なんだから、もっとかわいらしい目にすればいいのに・・・。

だが、逆に超珍しいイカをゲットしたとも言えます。普通の人が買わないとしたら、30年後には超珍品となって1万円で売れる・・・、ことはないか。ないでしょうなあ。

4月 11, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

仁淀村のマンホールに魚

Kcimg7677 高知県北部で愛媛県と接する山間部に旧仁淀村があります。現在は池川町、吾川村と合併して仁淀川町になっています。ここのデザインマンホールを探しにいきましたが、とにかく遠い。

愛媛県の内子町経由で行きましたが、山間部を延々と走っていると、そこにデザインマンホールがないと体の芯からがっくりきます。なので、今回デザインマンホールが見つかったときはホントにうれしかった。

そのデザインにお魚が入っていたので、そのうれしさが倍増です。仁淀川は清流なので、そこに棲むアユです。

つづく・・・。


高知県の海岸沿いにある市町村にはカツオがデザインされているものが多く、山間部にはアユがデザインされているものが多い。高知県はお魚天国なのです。

その点、香川県は瀬戸内海に面しているのに、魚をデザインしたマンホールは一つしかありません。魚に対する愛着、思い入れが同じ四国なのにすごく違う気がします。

4月 10, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

TVで絶品と言っていたけど

Hcimg7771 今田耕司さんが司会をしているバラエティ番組「今ちゃんの実は・・・」で「愛媛・松山の漁師しか食べない絶品の怪魚がいた」が3月末に放映されました。

「トウチワ」という魚で、まず小アジを釣ってそれをエサにするというので、どんな魚なのかと楽しみにしていたが、結局釣れないので、底引き網で捕ったのが、エイの仲間のウチワザメという魚でした。

市場には出さないらしい。おそらく買い手がないからだと思うが、バラエティ番組らしく「絶品の怪魚」と言っていると勝手に想像しました。

つづく・・・。


Hcimg7773料理は尾の部分だけが刺身で食べることが出来、ヒレは鍋で食べていました。刺身は興味がないが、ヒレはヒラメの縁側のようでおいしそうに見えました。

もし活きアジで釣れるのなら、イカを釣っていてこのエイが釣れるかもしれません。この魚は「香川の大物釣魚ギネス」にまだ登録されていないので、楽しみが増えました。ふふ。

4月 9, 2013 魚料理 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

四国の磯釣り師が徳島県三好市に集合です

Fcimg7787 昨日の日曜日、四国磯連の役員会がいつもの会場でありました。徳島県の西端にある三好市です。集まったのは四国4県から30名。

議題は5月19日に開催する四国磯連主催の磯釣り大会の件。これは役員担当が替わったので、申し込み先が変わりますが、基本的にはいつもどおりです。

参加費1500円。対象魚種はイシダイ・イシガキダイの部、グレの部、イサキ・アイゴの部、マダイ・クロダイの部、ヒラマサ・ブリの部、他魚の部。1匹長寸で3位までの表彰です。

つづく・・・。


これまでに申請があった今年の大物の報告がありました。イシダイは67.5センチの1匹のみ。グレは56.9センチの1匹のみ。マダイ、イサキ・アイゴ、ヒラマサ・ブリ、チヌ、クエの大物申請はなし。他魚はヒラメの82.6センチの1匹のみ。

今週中に宇和海か高知西南に釣行を予定しています。チヌの大物申請が1匹もないということなので、再度チヌ狙いを優先するつもり。だが、風が強そうなので、いつ出発するか思案中です。

4月 8, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

アマゾンの釣り本にワクワク

Jcimg7722 アマゾンでの釣り紀行の「アマゾンばか」という本を郊外型大型ショッピングセンター内の本屋で見つけて、購入しました。著者 中東照雄、出版社 地球丸、1890円です。

150ページ足らずの本なので、少し高い気がしますが、中に掲載の写真に圧倒されてすぐに買うことにしました。

著者は9年間もアマゾンに通い、本の表紙にも「世捨て人バックパッカー」だの、「行きあたりばったりの泥まみれ貧乏困窮釣り冒険」だのと書かれていて、その点からも興味がそそられました。ま、出版社の思惑通りの購入ということです。

つづく・・・。

アマゾンでの釣りは開高健の「オーパ」で初めて知りましたが、その怪魚との出会いはいつ読んでもドキドキワクワクします。特に写真の大きな魚はその獰猛さを示す歯で胸が躍ります。

醍醐麻沙夫との交流も書かれていて大変おもしろかった。開高健さんがアマゾンで使ったスプーンを醍醐さんがもらっていたものを著者がもらい受けた話もあります。

私は自分がしない釣りの本は買わないことにしているので、渓流釣りとか、アユ釣りの随筆は買いません。だが、海外での大物釣りは別です。夢です。ロマンです。だが、その環境のひどさ、例えば圧倒する虫とか、風呂なしなどを考えると、私が行ってすることはまずない。断言しますわ。ふふ。

4月 7, 2013 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

愛媛県愛南町に恵比須様二つ

Ncimg7599 Ncimg7601 Ncimg7602 愛媛県愛南町でガソリンスタンドを探していました。こちらのほうに来たときはとりあえず時間があるときにガソリンを満タンにすることにしています。

以前佐田岬でイカ釣りをして帰ろうとしたときにガソリンが残り少なくなっていることに気が付いたが、深夜だったので危険を冒して走り出すことが出来ず、釣り場の車内で一夜を過ごしたことがありました。

国道56号線に不釣合いなほどの豪邸がありました。「すごい家やなあ」と眺めていると、塀の上に恵比寿様がいるようです。見過ごすわけにはいきません。

つづく・・・。


塀の上の恵比寿様を写真に撮って車に戻ろうとすると、屋根の上に像があります。よーく見ると、そのうちの一つは恵比寿様のようです。恵比寿様は塀の上にはよくあるが、屋根の上にあるのは珍しい。

この家には他にも大黒様、鳩などの像があって、家中がめでたい像に取り囲まれています。さぞ、幸多い家だとご推察申し上げます。ふふ。

4月 6, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

釣りクラブのメンバー5人集合

Gcimg7779 Gcimg7780 昨日、高松黒潮クラブのいつものメンバー5人が、いつもの割烹「友釣」に集まりました。この時期なので、釣果の話はありません。

社員教育論を説く宝山さんの話がおもしろい。それはいいのだが、私に向かって「お前ぐらい得した人生はない」といちゃもんをつけるので困ってしまいます。ふふ。

私が愛媛県宇和島市方面によく釣りに行くのが、「自分勝手で、自由気ままで、やりたい放題の人生」に見えるらしいのです。

つづく・・・。


この会の後、イノちゃんが珍しく「飲みに行こう」というので、二人だけで二次会に行きました。この齢になると、カラオケを歌うわけでもなく、ホットウィスキーと焼酎のお湯割りをちびちびと舐めながらの話です。

面白かったのは、イノちゃんが若いときに世界ポスターコンクールで入選をしたとき、13カ国からデザインの依頼があったのに雑誌編集の仕事が忙しくて受けられなかったという話。もし、本格的に各国からのデザインの仕事を受けていたら、もっと違った人生になったかも・・・、とのこと。あらためてイノちゃんのデザインの力を知りました。

4月 5, 2013 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

トウゴロウイワシで残念

Icimg7725 先週、高知県大月町でアオリイカ釣りをしたとき、同じ波止にきていた高知の人から、そこで釣ってエサにする魚をいただきました。その人が言うには、「こちらではトウゴロウという魚や」。

そんな名前の魚は知らないので、目の大きさからてっきりウルメイワシの方言だと思いました。だがウロコが固くてイワシのような感じがしないので家に帰ってから図鑑で調べると、トウゴロウイワシという魚でした。

イワシの名前が付いているけど、イワシ科の魚じゃない。別種とのこと。長い間釣りをしているけど、そんな魚は聞いたことがありません。私の魚知識はまだまだです。

つづく・・・。


イカのエサにできるならと、私もサビキ仕掛けを出して釣り開始。だがアミエビがないので、アミカゴにはオキアミを小さく切ったものを入れました。

たくさんの群れがワーッと寄ってきてオキアミを食べるが、サビキ仕掛けには全く掛かりません。イワシなら掛かるはずなのに・・・、と不思議でした。

これまでトウゴロウイワシを釣ったことがないので、もし釣れていたら私が釣った魚種が一つ追加になったのに残念。ふふ。

4月 4, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

超珍品のお魚グッズ

Jcjimg7714 Jcimg7715 Jcimg7719 「個人的異業種交流会」というわけの分からない集団で酒を飲んだとき、会場店の熊ちゃんから超珍品のお魚グッズをいただきました。

熊ちゃんから「イヤホンジャックに付けるもの」と言われたが、意味が分かりません。耳穴に入れるイヤホンに付ける飾りと解釈して、耳からこの小さな飾りが出ているところを想像しました。

家に帰ってから説明書を読んでやっと分かりました。イヤホンを入れる家電の穴に入れる飾りです。試しに使わなくなったポータブルラジオに入れてみました。

つづく・・・。


これは珍品です。こういうお魚グッズが存在することが奇跡です。コレクターとしては泣いて喜びたい感じです。その名も「かくれん魚」。かくれんぼから付けた名前だと思うが、イヤホンを入れる穴をかくれんぼするということなのか。

よく分からないところが、コレクターとしては一層その秘密性とともに貴重性が高まる。でもなあ、よくこんな商品を作って売ろうという人がいるもんですなあ。

4月 3, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

今年の「香川の大物釣魚ギネス」の印刷ができました

Zimg060 今年の「大物釣魚ギネス」のデザインを猪子ちゃんにお願いしていたが、先日出来上がりました。早速印刷をお願いしました。表紙の一番大きいのは、アカマンボウにさせてもらいました。

昨年一年間に追加した魚種が10以上もあったので、従来の2枚折りでは収まらなくなりました。デザイナーの猪子ちゃんは手馴れたもので、「3つ折りにすればいい」とのこと。そりゃあそうです。

ということで今年から3つ折りの裏表に印刷で全部で6ページに充実したものになりました。

つづく・・・。


今年から大きく変わったことが、もう一つあります。「香川の大物釣魚ギネス」を作り始めて22年目になりますが、今回初めて広告を入れさせてもらいました。

グローブライド株(ダイワ)に広告のお願いすると、快く引き受けてくれて実現できました。発行主体の香川県釣り団体協議会の財政が厳しくなってきていて、広告費をいただけるのは大変助かります。

これまで敢えて広告費を入れてなかったのは、それなりの理由があったのですが、背に腹は変えられませんわ。近いうちに香川県内の釣具店などで配布できるようになります。

4月 2, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

四国高松市は今が桜満開

Jcimg7690 Jcimg7691 「山の神」が桜を見に行きたいというので、急遽ショッピングセンターで弁当を買って花見に行きました。いつでも釣りに行くためには、これぐらいの家族サービスはしとかないといけません。

そのときショッピングセンターに入っている100円ショップで、氷を作るアイスバッグの5リットルを買いました。従来のは2リットルだったので、もう少し大きいのが欲しいと思っていました。このアイスバッグはホントに重宝しています。お勧めです。

Hcimg7758 Hcimg7756 花見には2箇所行きました。まず行ったのは瀬戸大橋の四国側になる坂出市の青梅神社。ここは崇徳天皇が祀されている神社です。ここの桜は枝が低い位置まであるので、座って花見をしても見上げないですぐ横の目線に桜があります。お勧めです。

つづく・・・。


Hcimg7764 Hcimg7768 もう一箇所の花見は高松市と坂出市の間にある五色台の中腹にある大きなしだれ桜です。山白八松園という造園会社が開放して見せてくれている「想い出桜」です。

見に来る人のために数台が止まれる駐車場も作ってくれています。60年以上高松市に住んでいるが、こんなに見事な桜があるとは知りませんでした。来年も見に来ることになると思います。この桜もお勧めです。

4月 1, 2013 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)