« シーナさんの本 | トップページ | 高知県大月町でアオリイカ狙い(2) »

2013年3月27日 (水)

高知県大月町でアオリイカ狙い

Icimg7726 Icimg7727  昨日、予定していたとおり午前3時に西脇さんと、アオリイカ釣りに高松市を出発しました。釣り場の高知県大月町に直行するのなら高知市経由がいいが、愛媛県愛南町でエサの活きアジを買うために松山市経由です。

釣り始めたのは午前9時。イカは昼過ぎから開始と決めているので、それまではそれぞれが好きな釣りをすることにしました。私はふかせ釣り、西脇さんは投げ釣りです。

半ボイルのオキアミを手づかみで足元に落とすと木っ葉グレがワンワンといます。一投一魚。20cm以下のグレが簡単に釣れます。もっと大きいのがいないかと浮き下を深くすると、刺しエサがアタリがないままになくなります。

投げ釣りの西脇さんもパッとしません。ようやく釣れたトラギスの写真を撮るとしかめっ面。「もっと楽しそうにしたら・・・」というと、「こんな魚では楽しそうにできん。もっといい魚が釣れたらする」。ふふ。

つづく・・・。

  ・
Icimg7729のんびりと時間が過ぎていきます。昼食は二人ともお湯を沸かしてインスタントラーメン。のんびりした雰囲気が分かるでしょ。今はただ、夕方近くになるのを待つだけです。

Icimg7734投げ釣りの西脇さんにカワハギとキタマクラが釣れます。キタマクラを指して「食べられるのか」と聞くので、「食べてもいいが、食べたら魚の名前どおりになる」と教えてあげました。ふふ。

Icimg7725昼を過ぎたので、イカ釣りを始めることにします。活きアジは40匹買ってきました。それに釣り場にいたオジサンに話しかけたら、帰るときに「イカ釣りをするなら・・・」と、ここで釣ってバケツに泳がせているトウゴロウイワシをくれました。

これでエサは十分あると思っていたら、アジの活かしバッカンの様子が変なのに気が付きました。確認すると酸素ポンプの電池が切れていて、中のアジが息も絶え絶えですでに死んで浮いているのもいます。あちゃああああ。

明日に続く・・・。

3月 27, 2013 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知県大月町でアオリイカ狙い:

コメント

伊予銀行愛南支店に付近魚類写真が貼っています

投稿: 山下繁男 | 2013/03/29 13:50:12

コメントを書く