« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

イシダイ釣り用のウニ通し消失防止

Rcimg7447 イシダイ釣り仕掛けを作ってもらうよう、赤澤名工にお願いしました。そのとき「ウニ通しを落としてしまうことがある」というと、赤澤名工からもらったウニ通しをさして、「落ちても浮くように作っている」。

確かにこのウニ通しは手で持つところが膨らんでいます。ここに貝で小さい細工をして模様が付いています。赤澤名工こだわりの作品です。

「落とすのが心配なら、ウキをつけて浮くようにしたらいい」とのアドバイスがあったので、赤澤名工が帰った後適当なウキを探して付けました。ふふ。

つづく・・・。


ウキを付けなくても浮くのだったら、ウキをつける意味がないじゃんと思ったが、とりあえず付けてみました。その後で気がついたことがあります。

イシダイ釣りに玉網は持って行きません。なので落として浮いていたとしてもイシダイ仕掛けで引っ掛けて回収することはほとんど不可能です。

それがウキをつけておくとウキとウニ通しを結んでいる紐に引っ掛けることが出来ます。ふふ。自分でも無駄と思っていた作業が無駄でないと分かって、満足です。ふふふのふ。

3月 31, 2013 赤澤名工シリーズ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

タイ製の箸置き

Qcimg7477 我が家ら車で10分ぐらいのところにショッピングセンターのイオンがあります。寒い日や暑い日は冷暖房が効いているので一日何歩と決めているノルマを稼ぐのに塩梅がいい。

ただ歩くだけではイオンに申し訳ないので、中の本屋、雑貨店、100円ショップなどに寄ってみます。そして気に入ったのがあれば買って売り上げの協力をしています。念のため。

今回は雑貨店を覗いてみました。小物売り場に金魚の形が見えたので、てにとって見ました。

つづく・・・。

タイ製と書いていて、158円。値段シールにキンギョハシオキと書いています。タイは箸を使うので、箸置きがあってもおかしくはないが、半信半疑です。

それに製造過程で出来たのかどうか知らないが、小さな穴が開いています。箸置きに必要でない穴です。でもまあ、商品名が「キンギョハシオキ」なので、私のコレクションには箸置きとして整理することにしました。ふふ。

3月 30, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

高知県佐賀町にお魚デザインマンホール

Accimg6926 高知県西部の黒潮町でカツオがデザインされたマンホールを見つけました。マンホールに描かれた魚としては、割合リアルなカツオなので、私としては超うれしい。

高知県の代表する魚と言えば、「カツオのたたき」でも分かるように、カツオです。実際、高知で食べるカツオは不思議なくらいおいしい。

「名物は地元に限る」を実感したので、以前、高知からインターネットで取り寄せをして買ったことがあります。その味は期待通りで、大満足。それで、再度注文したのですが、残念なことになりました。

つづく・・・。


2度目に注文したときは、自宅用とお世話になった県外の人の2箇所に注文しました。自宅に届いたものを食べてがっかり。明らかに古くてまずい。ということは、お世話になったところに届いたのも同じのはずです。

注文先に電話で告げると、「新鮮なカツオが手にはいらなかった」というようなことを言います。そして、お詫びのしるしに再度送られてきましたが、それはメーカーとしては「ダメな製品」と分かっていたということです。それならば最初の注文が届いたときに理由を言って、注文を受けるべきでなかったと思います。それ以来、再び注文をする気になれません。

3月 29, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

高知県大月町でアオリイカ狙い(2)

Icimg7736  高知県大月町でアオリイカ狙い。アジバッカンの酸素ポンプの電池が切れていてあわてました。急いでバケツの海水を入れ替えましたが、4匹は死んでしまいました。なんとかセーフ。

夕まずめになったが、肝心のイカのアタリがありません。真ん丸い月も出てきました。当然大潮です。風もなくて、海は穏やかです。これ以上の条件はありません。どうしてアタリがないのか。

真っ暗になったとき、私にようやくアタリがあって、640グラム。うれしい。その直後に西脇さんにもアタリがあったが、バラシ。そしてすぐに私にもアタリ。ハリに掛かったが、寄せてくる途中にバラシ。

この後、アタリがピタッとなくなりました。まん丸の月も雲に隠れてしまいました。1時間以上アタリがありません。西脇さんは翌日出勤なので、遅くまでは釣りを出来ません。ヨッさんから電話があって、「(西脇さんは)若いんやから、徹夜でもいいんや」と無責任なことをいいますが、そんなことはできませんわ。ふふ。

つづく・・・。

Icimg7744西脇さんと相談して、午後8時半まで釣りをして帰ることにします。アタリがないままに8時20分になって、2本の竿のうち、1本を片付けました。 すると、残った竿のウキが沈んでいきます。

「えーっ」。しばらく待ってから合わせました。重量感があり掛かったようです。大きい感じです。だが、すぐにバレてしまいました。そのまましばらく待っていると、すぐに電気ウキが沈んでいきます。再度ハリ掛かりさせたが、またバラシ。エサのアジは大きくかじられていました。

Icimg77398時半を過ぎたので、「止めようか」というと、「もうちょっとだけ」と西脇さん。その根性が実を結んだのか、西脇さんのウキにモヤモヤした感じ。そしてイカをゲット。ちょっと小さいが、ボウズと1匹では全然違います。

これで納得して9時過ぎに釣り場を離れました。もう少し時間があれば釣れたような気がします。残念。

3月 28, 2013 アオリイカ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

高知県大月町でアオリイカ狙い

Icimg7726 Icimg7727  昨日、予定していたとおり午前3時に西脇さんと、アオリイカ釣りに高松市を出発しました。釣り場の高知県大月町に直行するのなら高知市経由がいいが、愛媛県愛南町でエサの活きアジを買うために松山市経由です。

釣り始めたのは午前9時。イカは昼過ぎから開始と決めているので、それまではそれぞれが好きな釣りをすることにしました。私はふかせ釣り、西脇さんは投げ釣りです。

半ボイルのオキアミを手づかみで足元に落とすと木っ葉グレがワンワンといます。一投一魚。20cm以下のグレが簡単に釣れます。もっと大きいのがいないかと浮き下を深くすると、刺しエサがアタリがないままになくなります。

投げ釣りの西脇さんもパッとしません。ようやく釣れたトラギスの写真を撮るとしかめっ面。「もっと楽しそうにしたら・・・」というと、「こんな魚では楽しそうにできん。もっといい魚が釣れたらする」。ふふ。

つづく・・・。

  ・
Icimg7729のんびりと時間が過ぎていきます。昼食は二人ともお湯を沸かしてインスタントラーメン。のんびりした雰囲気が分かるでしょ。今はただ、夕方近くになるのを待つだけです。

Icimg7734投げ釣りの西脇さんにカワハギとキタマクラが釣れます。キタマクラを指して「食べられるのか」と聞くので、「食べてもいいが、食べたら魚の名前どおりになる」と教えてあげました。ふふ。

Icimg7725昼を過ぎたので、イカ釣りを始めることにします。活きアジは40匹買ってきました。それに釣り場にいたオジサンに話しかけたら、帰るときに「イカ釣りをするなら・・・」と、ここで釣ってバケツに泳がせているトウゴロウイワシをくれました。

これでエサは十分あると思っていたら、アジの活かしバッカンの様子が変なのに気が付きました。確認すると酸素ポンプの電池が切れていて、中のアジが息も絶え絶えですでに死んで浮いているのもいます。あちゃああああ。

明日に続く・・・。

3月 27, 2013 アオリイカ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

シーナさんの本

Wcimg7280 久しぶりに椎名誠さんの本を買いました。「わしらは怪しい雑魚釣り隊 マグロなんかが釣れちゃった篇」です。マガジンマガジン社。1400円。

これまでにも同じシリーズものを買っていますが、読んでいて肩が凝りません。ホイホイと読めます。もともとは釣り雑誌「つり丸」に連載しているのを単行本にしたもの。

内容はテントを張ってキャンプをしながら釣りをしたり、酒を飲みながらバーベキューをしたりという楽しい内容が軽妙に書かれているので、うらやましくなります。

つづく・・・。


釣りに行くとついつい釣りに熱中して、カップラーメンのお湯を沸かす時間さえもったいなくなったりします。もっとゆったりと釣りを楽しめばいいはずなのに・・・。

最近はできるだけ「のんびり釣り」を心かげていますが、それでも食事はオニギリや菓子パンになりがちです。ま、齢が行くともっとのんびり釣りになるんでしょうかねえ。

3月 26, 2013 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

イカを釣るぞー

Abrcimg7163 今週の水曜日に高知県大月町に西脇さんとアオリイカ釣りに行く予定でした。火曜日に釣り道具の準備をすればいいやとのんびりしていたら、昨日の日曜日に松下さんから電話がありました。

月、火曜日とカンちゃんらと高知県の沖ノ島にイシダイ釣りをするために、渡船場近くに来ていると言います。私にもお誘いがあったのですが、西脇さんとのイカ釣り予定のために参加できません。

松下さんは私がすでに高知県にイカ釣りに来ていると思って電話してきたのです。「水曜日に行く予定」というと、「水曜日は雨だろ」と言われました。雨は木曜日からだと思っていました。

つづく・・・。


念のために天気予報を見ると、水曜日の雨の確立が50パーセントになっています。三日前に見たときは30パーセントでした。「勝手に変更するな」といいたいけど、仕方ありません。

西脇さんに電話して火曜日に変更できないかの確認です。彼は勤めているので、簡単に休暇を取れません。「月曜日に会社に行って確認する」とのこと。

で、今日電話があって「火曜日、OK」とのこと。急遽、バタバタと釣りの準備しました。明日の午前3時に高松市を出発の予定です。満月の大潮なので釣れると思います。ふふ。

3月 25, 2013 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

「タイのタイ」はお守り?

Cimg5721 日経新聞に「魚をきれいに食べるコツ」という記事があり、釣り人にとっては当たり前の常識が丁寧に書いています。ま、仕方がないことなんでしょうねえ。

その記事の中に「タイのタイ」という胸ビレ近くにある骨の写真も掲載されているので、「ふむふむ。あれのことやな」と知ったかぶりをして読んでいると、「えーっ」となりました。

「タイのタイは縁起が良いとお守りなどに使われる」とあります。へーっ。タイのタイの存在はよく知っていますが、お守りになるとは知りませんでした。

つづく・・・。


「タイのタイ」の骨はタイでなくてもすべての魚にもあります。今度、イシダイが釣れたらまず「タイのタイ」を取り出して、乾燥させて財布に入れておきたいと思います。

するとお金がざっくざく・・・。ふふ。でもお守りと金運とは違います。お金がざっくざくはないのでしょうか。色んな魚の「タイのタイ」を取り出して何の魚が一番金運にいいのか試してみないといけません。

3月 24, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

高知県四万十町の山の中に恵比寿様

Accimg6940 高知県の旧窪川町でマンホール探しを終えて、この日に予約を入れていた宇和島市のビジネスホテルにカーナビを設定しました。

するとカーナビは「東に向いて走れ」という指示です。私は当然国道56号線を西に走って旧中村市、宿毛市を経由して宇和島に行くつもりだったので、カーナビが壊れたのかと思いました。

よく見ると、高知県の海岸線沿いでなく、山中を走る国道381号線のほうが近いとわかりました。カーナビは便利です。ふふ。地元の人には当たり前のことでしょうけど。

つづく・・・。


宇和島市に向かう途中、現在は合併して四万十町になっている旧十和村を走っていて、恵比寿様を発見しました。こんな山中で恵比寿様を見るとなんとなくありがたみが増します。四万十町十和支所近くです。

ちょっと苔むした感じですが、その分ご利益もありそうです。プライバシーにうるさい昨今ですので、だれの家かは分からないようにアングルを決めて写真に撮りました。ふふ。

3月 23, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

今年も個人的異業種交流会

Jcimg7712 Jcimg7713 今年も昨年に引き続いて、わけが分からない酒飲み会「個人的異業種交流会」をしました。昨日のことです。集まったのは写真の左から、大学教授の飯田さん、同じく本多さん、地元新聞社の西脇さん、私、デザイナーのイノちゃん、教育評論家の宝山さん、地元新聞社の英さんの7人です。

「友達の友達は友達」の感覚でなんとなく集まった7人です。業種が違うので話を聞くだけで意義が十分にある気がする集まりです。この夜もホントに楽しい話ばかりでした。

私は仕事をしていないので、聞く一方です。釣りの話は出来るだけしないようにしています。違う世界の話を聞くほうがよっぽど楽しい。ただ、横にいた西脇さんとは来週行く予定のイカ釣りスケジュールを決めました。

つづく・・・。

Jcimg7708 Jcimg7717 ・飯田さんは大学の中で国際交流の仕事を担当しているということで、最近交流があるベトナムに行ったときに買ったお魚グッズを持ってきてくれていました。

キーホルダーで、「是非、使ってくれ」と言われたが、コレクターは集めた品は使わないのが基本です。テレビでコレクターが出てきて「使うものと、保存用の二つを買っている」というのを聞いたりすると、その気持ちがよく分かります。このベトナム土産は保存用です。ふふ。

3月 22, 2013 釣り具 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

ハギの肝汁は体に良くないけど

Kcimg7647s  Kcimg7685 宇和海にチヌを釣りに行ったとき、大きなカワハギが釣れました。腹にはでかい肝がたっぷりと入っています。釣り場で魚をおろしたが、この肝は捨てずに丁寧に別のビニール袋に入れて持って帰りました。

釣りから帰った翌日、さっそく汁にしました。この肝が尿酸値が高い私には体に良くないということは、重々知っています。だけど、このおいしそうな肝を捨ててしまうのは、ハギに申し訳ない。魚は「食べてこそ成仏」です。

ま、肝の旨さを知っていることがいけないのでしょうか。知ってしまったら、知らないフリは出来ませんわ。

つづく・・・。


肝は予想通り、いや予想以上にこってりと旨さが畳み込んでいます。一気に食べたかったが、月に一度薬をもらいに行くたびに、医者から「内臓はよくないぞう」と言われるので、さすがに躊躇。

この1匹分の肝を3回に分けて食べました。肝の重厚な味があるので、淡白な身はほとんど味がしません。汁には入れたが、身は食べませんでしたわ。今度カワハギが釣れたら、やっぱり持って帰ります。ふふ。

3月 21, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

撒き餌のシャクを買ったが・・・

Qcimg7485 Qcimg7486 1月に愛媛県宇和海の磯でグレ釣りをしていて撒き餌のシャクを踏んづけて折れてしまいました。いつかの大会で商品としてもらった4000円ぐらいする高級品でした。残念。

300円で買った安物はありますが、予備としてもう1個は必要です。そこで安いのでいいと買いに行きました。安いのもありましたが、「撒き餌をすくうときに長いと腰をかがめなくてもいいので楽」と誰かが言っていたのを思い出しました。

中には1万円近くもするシャクがあります。シャクで1万円とは私にはとんでもありません。そこで70センチで980円の割安感のものを買いました。

つづく・・・。

ところがそれには落下防止用の伸びる紐が付いていません。そこでDIYの店に行って探しました。工具落下防止用品なので、どれも短いものばかりで、一番長いのが45センチ。

この長さではシャクをバッカンに付けると撒き餌もすくえません。それに1000円以上します。本体のシャクよりも高いのでは本末転倒です。

そこで100円ショップに行って探すが、ここでも短いものぱかりです。「困った困ったこまどり姉妹」。そこで突然にひらめいたのです。2つをつなぎ合わせればいいと。2つ買っても200円です。我ながらグッドアイデア。ふふ。

3月 20, 2013 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

1匹18万円のマダイ

Zimg061 今年1月の初せりで青森県大間のマグロが1億5000万円で落札されたことがマスコミをにぎわせました。ま、ご祝儀相場なんです。

香川県でも毎年今の時期になると、「初ダイ」の高値が話題になります。今日の地元新聞に香川県西部で捕れた今年の初ダイが18万円で落札されたというニュースが載りました。

記事によると、体長69センチ、重さ4.4キロ。単純に計算すると1キロが約4万円。これは食べられない骨や頭の部分も入っての値段なので身だけだと、半分の量として計算するとキロ当たり約8万円。100グラムが8000円ということになります。ふふ。

つづく・・・。


魚の値段が高いと、釣り師としてはなんとなくうれしい気分。「俺が釣っている魚は高いんだぞ」とアピールできるチャンスというか・・・。

昨日もスーパーの魚売り場をのぞくと、18センチの小さなカサゴが2匹で480円だったので、「ヒャッヒャッヒャッ」と笑いたくなりました。先週、チヌを狙いに宇和海に行ったとき、2日目に釣れた9匹をすべて逃しました。スーパーの値段で言うと、2000円以上をリリースしたことになります。ふふ。

ま、これもいつもの釣行では、車のガソリン代にもならないことを知っていて、「釣りは道楽」と分かっていることの裏返しなんでしょうなあ。

3月 19, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

ネンブツダイの空揚げ?

Cimg6587 以前にテレビ番組「たけしのニッポンのミカタ」を見ていておもしろいことを言っていました。日本人魚離れが進んでいるという内容が中心ですが、その中で山口県萩市で魚による町興しが成功していることが紹介がありました。

ブランド魚でなく雑魚として捨てられるか、二束三文で売られている魚を使って町興しをしているという話です。町興しの成功例は色々ありますが、どこも突き進む情熱と新たな発想を持った人がいることが条件になっています。

そして私が特に感心したことがあります。私も是非試してみたいと思いました。ふふ。

つづく・・・。


それは「ネンブツダイの空揚げ」です。萩市では今後の新たなターゲットの一つとしているようです。ネンブツダイは磯釣りでのエサトリの代表魚のひとつです。

愛媛県宇和海ではネンブツダイをすり身にして高級天ぷらの材料になっているのは知っていますが、空揚げだと私にも試してみることが出来ます。これからは磯でネンブツダイがわーっと寄ってきたら釣り人の目の色が変わるときが来るかもしれませんぞ。

3月 18, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

またまた表彰

Lcimg7605 3月の始めに神戸市であった西日本磯釣協議会に出席したとき、私が釣ったヒラスズキが奨励賞として表彰してくれました。

たまたま釣れただけなのに、高松黒潮クラブ、香川磯連、四国磯連、西日本磯協と4つの団体から表彰されてしまいました。ふふ。1匹の魚で4度も表彰です。

今回の副賞は5000円の商品券。なんか、申し訳ない感じさえします。でも、これまで30年以上在籍して初めてのことだから、いいと思うことにしました。

つづく・・・。


ただ、神戸市のホテルでの表彰式は酒席で盛り上がっているときだったので、演台ステージに行っても、だれも見ていません。司会をしていた愛媛磯連の中内さんが大音量のマイクで「ブログに書いてよー」と言っていたのが、ざわめきの中からようやく聞こえました。

こんな状態なので、西協の藤本会長が表彰文を読もうとしていたのを「読まなくて結構」とさえぎっても、何の違和感もありませんでした。ふふ。いいんじゃない。

3月 17, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

珍しいカサゴのお風呂グッズ

Ycimg7286 我が家から車で10分ほどのところにショッピングモール「イオン高松店」があります。モール内の端から端まで歩くと500歩近くなるので、暖房効いているので寒いこの時期には、歩数を稼ぐのにいい場所です。

ただ歩くだけでは申し訳ないので、時々は店に入ってみます。以前歩いていたときに、おもしろグッズ店でお魚グッズを見つけたが、財布を持っていなかったので店の名前をメモをしていました。

それから1ヶ月。やっとその品を買いに行きました。うろ覚えになっていた売り場を何度かうろうろして見つけました。

つづく・・・。


お風呂の中で遊ぶおもちゃで、ぜんまいを回すと尾ビレを振って泳ぎます。こういう商品はいくつか持っていますが、今回買ったカサゴは珍しい。

パッケージには英語でコーラル・リーフ・フィッシュとあります。直訳すると「さんご礁の魚」ですが、カサゴがさんご礁の魚とは思えないよなあ。でも、珍しいカサゴのお風呂グッズなので気に入っています。399円。

3月 16, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

愛媛県愛南町でチヌ狙い(3)

Kcimg7655 Kcimg7657 Kcimg7658 2日目も愛媛県愛南町深浦の磯で渡船です。上がったのはナカデンキ。釣り始めて気が付きましたが、以前上がったことがある磯です。

風が昨日の北西から南東に変わっているので、昨日とは対岸の磯です。磯から見る朝日はいつ見てもきれいです。元気が出ます。チヌが釣れる気がします。

昨日同様に潮が動きません。大潮というのにどうしてなんでしょうか。最初に釣れたのはカモハラトラギス。ちょっと変わった魚で私には初めての魚のように見えたのでメジャーを当てて写真を撮りまくったが、帰ってから図鑑で調べると、今回釣ったのはメスでオスとは少し模様が違うらしい。残念。

つづく・・・。

Kcimg7666 Kcimg7667
一応は頑張ったけど、釣れるのはカサゴばかり。ウキ下を上げるとエサトリばかり、下げるとカサゴばかり。昨日はキープしたカサゴでも、今日は気前よくリリースしました。料理をするのが面倒くさいだけのことですわ。リリースカサゴ9匹。

船頭に聞くと「ここでチヌが釣れるのはこの時期」と言っていたので、気合を入れたけど、私のウデではどうしようもありません。
現在の香川磯連会長の古川さんからは「春のチヌは浮き下を上げてチヌを浮かせて釣る」と何度も教えてくれたので、その努力もしたが、私がこれまでに釣ったチヌはすべて底を取ったときだったので、どうしても浮き下を下げたくなってしまいます。ふふ。

2日間努力したけど、チヌは釣れませんでした。ま、チヌが釣れる時期が終わったわけではないので、これからも頑張るぞー。エイエイオーオーオー。オエーッ。

3月 15, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

愛媛県愛南町でチヌ狙い(2)

Kcimg7635 Kcimg7638 Kcimg7643 愛媛県愛南町深浦の磯でチヌ狙いです。ヒブダイが1匹釣れた後続いて2匹のヒブダイ。孫のために3匹ともキープです。37センチ、35センチ、32センチのヒブダイ3兄弟みたいです。ヒブダイは掛けた直後、ギューンと引くのでてっきりチヌと思ってしまいました。残念。

この後、午後3時近くまで頑張ったが、チヌは釣れませんでした。納竿間際に27センチのカワハギが釣れたが、腹がパンパンで大きな肝が入っていそうです。ふふ。

さて、翌日にどこで釣りをするかを決めないといけません。色々と考えて、翌日もここの磯場に渡ることにして、船頭に明日も来ると告げました。宿泊場所は車で30分の宿毛市のホテルに予約をしました。

つづく・・・。

   ・
Kcimg7649ホテルに入るにはまだ時間が早い。風裏になる宿毛港でチヌを釣ろうと行って見ました。いい感じですが、竿を出す元気が湧いてきません。疲れ果てています。しばらく海を眺めて「釣りはしない」ときめて、明日に掛けることにしました。

Kcimg7647Kcimg7648磯で釣った魚をおろすことにします。ウロコを落とし、頭を切り落とします。内臓をポーンと海に投げるとトンビが舞い降りてきて足でつかんでいきます。

27センチのカワハギは期待通りおいしそうな大きな肝が入っています。これは当然持って帰ります。ここで1時間。ゆったりと過ごして、ホテルにチェックインしたのは午後6時過ぎ。「明日は頑張るぞー」、いや「明日も頑張るぞー」。今日も頑張ったんだから。ふふ。

明日に続く。

3月 14, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

愛媛県愛南町でチヌ狙い

Kcimg7627 Kcimg7629 Kcimg7633 今週の月曜日、愛南町深浦の磯への渡船客は私一人だった。予想に反して北風が強いので、風裏の磯に渡してもらいました。狙いはあくまでも50センチオーバーのチヌです。

最初にきたのはカサゴ。底をきちんととっているのでしゃーないです。続いてササノハベラ。これもしゃーないです。釣れたらカサゴ。釣れたらベラ。しゃーない、しゃーないの連続です。

先週とは違う磯ですが、ここでも南国風のコバルトブルーの海色が癒してくれます。風は強いが後ろの岩が遮ってくれているので、快適です。何も文句はありません。ただ、チヌが釣れさえすればいいのです。ふふ。

つづく・・・。

Kcimg7631 Kcimg7635 竿を出してから3時間後。それまでほとんど流れていなかった潮がとろとろと・・・。赤澤名工が作ってくれた自立式の棒ウキがビューティフルに入っていきます。

「チヌやあ」と思ったが、釣れたのは30センチ弱のグレ。続いてまたもやきれいなアタリで釣れたのがヒブダイです。これはキープです。2年前まではリリースしていた魚ですが、去年孫がアメリカから我が家に来たときに、色んな魚でフライを作ったが、断然好評だったのがこのヒブダイ。

だから、2年前まではしょーもない魚だったが、去年からは貴重な魚に一挙に昇格しました。「山の神」からも「黄色い魚を釣ってきて」と言われる始末です。ふふ。

明日に続く。

3月 13, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

屈辱の魚購入

Lcimg7562 Lcimg7563 毎朝食べる魚が冷凍庫に全くありません。朝食は卵やベーコンを焼いたり、買ってきたコロッケなどを食べていましたが、どうしても魚が欲しい。

「山の神」は簡単に「お魚を買ってきたら」と言いますが、釣り師のプライドが許せんません。「なんでこの釣りキチのオレが魚を買うんや」と思いました。

だがスーパーに行ったとき、旨そうなサケの腹身があったので誘惑に負けて買いました。たくさんあるので、毎朝2切れずつ食べても4~5日は持ちそうです。

つづく・・・。


焼くと脂がジュージューと落ちて旨そうです。皮がパリッとするまで焼いて皮と一緒に脂が乗った身を一緒に食べると、ホントにうまい。なんとも旨い。残念だが、旨い。

旨いが、いつまでもこんなものを毎朝食べるわけにはいきません。早く朝食に出来る魚を釣ってこないといけません。ま、釣りに行かないといけないという強力な理由が追加されたということですわ。

3月 12, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

魚を食べるツアー

Zimg059 Zimg058 ショッピングセンターに入っている旅行代理店の前にツアーパンフレットがたくさん並んでいます。何気なく見ていて、お魚を食べるツアーがあるのに気がつきました。

クエのツアーとフグのツアーです。それぞれの魚で売り出している県です。クエは和歌山県、フグはご存知の山口県です。肉を食べるツアーは聞いたことがないので、魚釣り師としてはちょっぴりうれしい。

私とは何の関係もないけど、お魚と関係しているというだけで、勝手にうれしいというのも変なんかなあ。

つづく・・・。


値段表を見てみると、交通費や宿泊代込みだが、両方とも結構安い。だが内容を見てみると、クエ料理と書いているのに、たくさんの料理の中でクエはお造りと鍋だけで、それぞれの量を写真で見ると3切れずつといった感じ。

ま、この値段じゃ仕方がないだろうけどねえ。それに養殖と書いていて、型も小さいようなので、脂はどうなんでしょうか。磯のクエ釣り師が釣ってきたクエを何度か食べたことがあるので、エラソーに言っているだけですけど・・・。ふふ。

3月 11, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

緊急事態発生

Kasiwa2914 朝食用の魚を塩焼き用か、一夜干しにしようと冷凍庫を探しました。なんと、魚が全くありません。イカがたくさんあって、魚用の冷凍室が満杯になっているので、魚がないのに全く気が付きませんでした。

朝食のおかずは魚と決めていたので、ちょっとしたパニックです。グレは産卵期に入っているようだし、イシダイは釣りにくい季節だし・・・。さてさて。

ないものはない。どうしようもありません。とりあえず朝食用のおかずを買ってくるようにと、「山の神」にお願いするしかありません。こんなこと、ここ数年はありませんでした。

つづく・・・。


仕方がないので、しばらくは朝食の魚はあきらめないといけません。脈釣りでのメバルもこの時期は望み薄です。投げ釣りでのカレイもあまり釣れる気がしません。

こうなると背に腹を変えられません。イソベラにしようが、スズメダイにしようが、何でもかんでも釣ってきておかずにするしか・・・。でもなあ、どうせ食べるならおいしい魚を食べたいし。どうすればいいんだあ。

3月 10, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

高松黒潮クラブの月例会です

Lcimg7622 Lcimg7624 Lcimg7625 Lcimg7619 Lcimg7620 木曜日に高松黒潮クラブの6人がいつもの割烹「友釣」に集まりました。最初に出てきた料理のしめ鯖がムチャ旨い。幸せになります。

宝山さんが孫に会いにアメリカのヒューストンに行っていたので、全員がそのアメリカ土産を手に持って記念撮影です。西脇さんは仕事の関係で遅れてきたので一人で記念撮影。

最近は全員が笑顔を作るのが上手になりました。せっかくの酒席なので楽しそうな雰囲気に撮りたいが、自然の笑顔になるのが難しい人もいました。そこで「りーー」と言いながら撮るといいというので、全員が「りーー」。

つづく・・・。


西脇さんとは今月末に、高知県西部か、愛媛県宇和海のどちらかにチヌとアオリイカ釣りに行く予定になっています。できれば西脇さんには磯釣りの初デビューになればと期待しているけど・・・。

いつも参加のヨッさんは一人で高知県大月町にイカ釣りに行っているので欠席。電話で聞くと、前日の夜に1匹、この日の朝に1匹の釣果とのこと。相変わらず元気なようです。

3月 9, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

あまりに天気がいいので・・・

Lcimg7609 Lcimg7611  木曜日は快晴で無風でした。あまりに天気がいいので、私が住んでいる町内で釣りをすることにしました。エサは冷凍庫に塩マムシがたくさんあります。これで投げ釣りすればカレイかアイナメが釣れるかもしれません。

ところがマムシに塩がききすぎて固くてハリにさえなかなか刺せないくらいです。一応投げてみたけど、釣れる気がしません。そこで急遽竿をしまってエサを買いに行きました。釣れなくても納得できます。

戻ってきて2本の竿を投げてから海を覗くと、テトラポッドの海際で若い人がルアー釣りをしています。シエーッ。私がエサを買いに行っている間に来たらしい。オモリが当たらなくてよかった。あわてて投げる場所をずらしましたわ。

ルアーマンにもアタリがないようであきらめてあがってきました。頭越しに投げたことを詫びて、話を聞くと、父親も弟も釣りをしているので、最近釣りを始めたとのこと。若い人が釣りを始めたと聞くと、うれしくなります。

つづく・・・。


Lcimg7616投げ釣りにはアタリがありません。30分位してハリにつけたエサがなくなるようになりました。期待したが、エサはなくなるが、竿先にアタリは全くありません。

竿を出してから1時間半。これが最後と遠投せずにすぐ足元に投げました。これに初めての魚、フグが釣れました。うれしいのやら、うれしくないのやら・・・。やっぱりうれしい。うれしいのかいっ! 自分で突っ込んでどうする。ふふ。

3月 8, 2013 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

丁度24時間の釣行(3)

Ncimg7591 Ncimg7593 Ncimg7595 チヌ狙いで愛媛県愛南町の磯に行きましたが、風か強くてどうにもなりません。ただ、私の左に広がる海の色は南国のコバルトブルーに近い色をしていて癒されます。

それに最後に釣れたカサゴが大きくて、29.6センチ。これは私の自己記録になりました。これまでの記録は5年前に高知県柏島で釣った28.8センチでした。

30センチに近いカサゴともなると、カサゴとは思えない引きでした。最初の強い引きで、思わず「チヌが来たーっ」と勘違いしてしまいましたわ。ふふ。

つづく・・・。


チヌ狙いに来てチヌがボウズ。こんな釣行でも私の自己記録の更新が一つでもあると、すごい満足した気分になれます。カサゴの自己記録というのは普通に考えると、どうってことのない記録ですが・・・。

ただ残念だったのは30センチの大台に乗れなかったこと。せめて30センチあればもっともっとうれしかったのだが、贅沢言ってはいけませんわなあ。ふふ。

3月 8, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

丁度24時間の釣行(2)

Ncimg7597  カサゴが入れ食いになって小さいのは逃して7匹をキープ。磯釣の後は近くの港でチヌを狙うつもりだったが、北西風が強くてできそうにありません。

急遽イカ釣りをすることにして、活きアジを買ってから高知県大月町に行きました。ここは風裏になるので、いい釣りになりそうです。竿を出したのが午後4時丁度。夕まずめまでには少し時間があります。

Ncimg7603竿2本を出してから、お湯を沸かして熱い味噌汁を作って、早めの夕食です。これだけで幸せを感じてしまいます。ふふ。

つづく・・・。


熟年の夫婦がやってきます。高知市の人で、足摺岬の磯でグレを9匹釣って、イカを釣るために宿毛市に行ったが、北西風が強くてここに来たとのこと。考えることは一緒のようです。

その人の話では、「友達が昨日ここで、4回アタリがあって2匹を釣った」と言います。ふふ。望みが持てます。

だがアタリがないままに4時間後。急に雨がぱらぱらと降ってきました。「雨が降るなんて聞いてないよー」と思ったが、現実です。

「たいしたことはないやろ」と構えていたら、雨粒が大きくなってきました。年寄りは雨に弱いのです。急いで竿をしまいました。残念ながらイカは断念です。雨の中急いで釣り具をしまって車を走らせ始めると雨は止んでいました。ま、いいか。

高松市の家に到着は午前1時半。昨日家を出たときと全く同じ時刻でした。24時間の釣行になりました。

3月 7, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

丁度24時間の釣行

Ncimg7580 Ncimg7587 Ncimg7596 神戸市での西日本磯釣協議会の総会から帰った夜の午前1時半に、50センチオーバーのチヌを狙うために家を出ました。だが走り出しても行く場所を決めていません。

高速道路に乗っても高知県の中土佐町に行くか、愛媛県の愛南町に行くか、まだ決められません。30分以内に決めないと高速道路の分岐が来ます。そこで「もしボウズになったときはに悔いが少ないのはどちらか」で決めることにして、行き慣れた愛媛県の宇和海に行くことにしました。やれやれ。

渡船の二番船で近くの磯に上げてもらいました。思った以上に風が強いがこの磯は後ろからの風になります。2投目にカサゴ。それからなんと8れんちゃんでカサゴの入れ食いです。満足じゃないけど、仕方がありません。

つづく・・・。


アタリがあるだけでもマシです。竿を出してから2時間で13匹のカサゴ。不思議なのはカサゴ以外の魚は一切釣れないことです。ササノハベラさえ釣れません。釣れたらカサゴ。

だが午前10時になるとカサゴのアタリがぴたりとなくなり、大型チヌが寄ってきたのかと期待したが、期待だけで終わりました。エサのオキアミがいつまでもなくなりません。

Ncimg7589 30分後に大きなカサゴが釣れたがそれ以降はまたアタリがありません。3時間がそのまま過ぎました。風はますます強くなってきて、風裏なのに回りこんでくる風で釣りが楽しくありません。そこでギブアップ。渡船に電話をして迎えに来てもらいました。

渡船の港には午後1時半に着きました。さて、どうしましょうか。

明日に続く・・・。

3月 6, 2013 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

西日本磯釣協議会の総会が神戸市で

Ncimg7568 Ncimg7579 Ncimg7570 Ncimg7577 日曜日には西日本磯釣協議会の総会が神戸市のホテルでありました。近畿、中国、四国の磯釣団体が勢ぞろいです。

香川磯連からは全員で12名が参加。そのうち8名がレンタカーを借りて行きました。時間に余裕があったので淡路島のSAで休憩して記念撮影。左端が古川会長、右端が前川事務局長。

宴会では関西らしくプロの落語家と演歌歌手がきて場を盛り上げようとしてくれましたが、酒が入ってぐちゃぐちゃの雰囲気の中で話や歌をまともに聞く人はほとんどいません。名前が売れた人ではないようですが、申し訳ない感じでした。料理の中ではたこ焼きに似た明石焼きがおいしかった。

つづく・・・。


Ncimg7574 釣り具メーカーをはじめ来賓の方がたくさん来てくれていたのも関西地区での開催のおかげです。四国開催だとこんなにたくさんの人は来てくれません。

来賓の中に「関西のつり」を発行している岳洋社の松井社長が来ていたので挨拶です。「日曜日ごとに会があるので休みがとれん」とぼやいています。ふふ。申し訳ない。

私が「関西のつり」に投稿し始めて今年で丁度30年になります。長い付き合いです。ま、私の釣りに関する執筆は「関西のつり」が育ててくれたようなものです。こことの付き合いがなければ私の釣り人生は全く違うものになっていたはずです。

3月 5, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

まいりました

Cimg8281 本屋で釣りコーナーを覗いたが、たいした本がありません。興味はないが、何気なく手にとって見たのが、「海釣りはたのしい」というタイトル。

ハウツー本なので買う気がしません。だが、「むむっ」となることが書いています。1年間で100種類の魚を釣ったということが書いています。著者名を見るとふくだあかりさんという女性だったので、なお驚きました。

私はこの齢ですから、釣りガールには全く興味がないので、この人を全く知りませんでしたが、色んなところで活躍しているようで・・・。でも申し訳ないが、本を買う気はしませんでした。

つづく・・・。


この人は2008年に100魚種を釣ったと書いています。私の去年の目標に「50魚種を釣る」をあげたが、四苦八苦しました。結果は53魚種を釣って目標を達成しましたが、それでも大変でした。

それを1年間に100魚種も釣ったというのですから、脱帽です。船釣りで釣った魚が多いようですが、それでも大変です。私は今年の目標のひとつに45魚種をあげていますが、つい100魚種にしようかと思ったくらいです。むり、むり。

3月 4, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

今年の「香川の大物釣魚ギネス」

Zcay28v22 平成25年版の「香川の大物釣魚ギネス」のデザインをイノちゃんに依頼しました。3月中の印刷を目指しています。多分出来ると思います。

なお、昨年の印刷以降に記録更新したのは次の通りです。
新たに追加する魚種はアカマンボウ、クロホシイシモチ、シロサバフグ、シロタスキベラ、トラフグ、ハマフエフキ、ホウボウ、ミナミハタンポ、ムラソイ、ヨメヒメジ、ワニゴチに、淡水魚のソウギョの12魚種です。これにタチウオ(船)が追加です。

記録更新魚種はイシガキフグ、セトダイ、ナシフグ、ニセカンランハギ、淡水のコイ、ナマズ、ニゴイ、ライギョの8魚種となっています。

それぞれの詳しい情報はその都度このブログに書いてきましたので省略します。

つづく・・・。


「香川大物釣魚ギネス」は毎年この時期に印刷の直前までの記録をまとめて掲載することにしています。だから、西暦の年度とは必ずしも合致していません。

一方、先月に紹介したホームページでは記録更新の都度掲載するので、記録申請の西暦年と一致したものになっています。更新された人は確認をしてみてください。

3月 3, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

香川県の直島で・・・

Ocimg7547 Ocimg7551 Ocimg7554  香川県でのマンホール探しの最後は直島町にすると決めていました。今月の20日から「瀬戸内国際芸術祭」が始まるので、その前に行かないとすごく混雑します。

午前10時過ぎに高松発のフェリーですが、少し早めに家を出て高松港で釣りをしている人を見るのを楽しみにしていましたが、港にはだーれもいません。釣れてないということなんでしょうなあ。

Ocimg7555直島町のマンホールはカラー版があるのですが、私の目論見どおりの場所にありました。これまでの経験です。高松市に帰るフェリー便までは3時間もあります。電動アシスト自転車なので、坂道もどんどん軽く登ります。約1時間半を掛けて島をほぼ一周しました。だが、釣り人には全く会いません。釣れてないんでしょうなあ。

つづく・・・。

Ocimg7558  ・
釣り人はいないが、若い女性グループがたくさん歩いています。島じゅうに若い女性ばかりです。外国人も結構います。この島は芸術の島として有名になっていることを実感しました。港にも草間彌生さんの「赤カボチャ」があります。

Ocimg7559港にある道の駅でお魚グッズを探したがありません。クッキーでお魚の形をしたものがありましたが、これには興味がない。だが、よく見ると、6魚種の形をしていて、エビ形はエビ味、イカの形にはイカ味と書いてあり、おもしろいので買いました。だが、帰ってからよく見ると、他の魚のハマチはアオノリの味、ヒラメはチョコチップの味などです。そりゃあそうだろうなあ。「このクッキーはハマチの味」といわれても分からない。ふふ。

3月 2, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

梅の花見についでに

Ocimg7538 Ocimg7539 Ocimg7543 「山の神」が突然、「栗林公園に梅を見に行きたい」と言い出します。仕方がないので、いや喜んで付き合うことにしました。

紅梅と白梅の両方が咲いていますが、まだ蕾も多いようです。それでも天気がいいので気分は悪くありません。公園には梅林が2箇所あるので、両方見に行きました。

南側の梅林近くには池があるので、覗きにいきます。ここにはたくさんのコイがいるはずです。ここのコイは慣れているので、橋の上から覗くと人影を見つけて近寄ってきます。

つづく・・・。


Ocimg7545
エサを買ってやろうと思ったが、すぐ横に中年のアベック、いやカップルがやってきて麩(ふ)をちぎって投げます。するとコイが上に上にと重なってエサを取り合います。

私が見たかったのはこれです。だからエサを買う必要がなくなりましたわ。帰りに売店で値段を見ると麩2本が150円。ま、150円が節約できました。ふふ。麩麩。

3月 1, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)