« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

極上イシダイの腹身は極々上

Abocimg7185 去年愛媛県宇和海で釣ったイシダイは極上の味でした。これを冷凍庫に入れていましたが、その中で刺身にしておすそ分けした残りの腹身を塩焼きにしました。

この極旨ぶりは表現できません。グリルの中で、ジュッ、ジュッといい続けました。これは食べてしまったが、あまりの旨さに冷凍庫に入れていた半身を取り出して再び腹身だけを塩焼きなしました。

やっぱり旨い。旨いものは旨い。だれがどう言おうと魚の脂が絶妙の塩加減とあいまって「まいうー」の連続です。

つづく・・・。


宇和海でのイシダイのシーズンが待ち遠しい。今はあのおいしいイシダイを釣った一文字波止に行っても、おそらく釣れないと思います。

今年の楽しみが出来ました。10月にはあの場所でイシダイをバンバン釣って冷凍庫にどっさり入れておくつもりです。そして出来れば今年も「おいしいイシダイを食べる会」をなんらかに形でやりたいと思っています。

2月 28, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

これから忙しくなる

Pcimg7514 これからの釣行計画がいくつも入ってきそうです。3月の下旬には西脇さんとチヌとイカ狙い、4月の2週目にはカンちゃん、松下さんらと沖ノ島でのイシダイ釣りが具体化しつつあります。その前に一人で宇和海での50センチ越えのチヌ狙いにも行く予定。

四国磯連の総会の宴会で私の横に座っていたのが天雲さんと稲崎さん。話が盛り上がってくるうちに思い出したことがあります。2年前に「山の神」とエジプトに行くために成田空港にいました。

そのとき天雲さんから電話があって、船釣りのお誘いでした。私が「今度行くときに誘ってください」とお願いしていたものですが、残念ながら行けませんでした。

つづく・・・。


誘ってくれた船釣りは、船の上でご飯を炊いて、釣った魚で刺身と味噌汁を作って食べさせてくれるいうことなので、誘ってくれるようにお願いしました。

その時期は大きなメバルがたくさん釣れるので、毎年二人は行っているそうです。今年も私を誘ってくれるという話になりました。楽しみです。

おりしもエジプトでの気球事故のニュースが流れています。2年前に行ったときは大規模デモの真っ最中でホテルの部屋まで喚声が聞こえてくるほどで、観光を一部省略して逃げるようにエジプトを脱出しました。その翌日から空港は閉鎖されたので危機一髪でした。今回の気球事故の原因が観光客減少による整備不足も取りざたされているようなので、成田空港で受けた船釣りお誘いの電話を思い出したことで変な感じがします。

2月 27, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

四国磯連の総会で・・・

Pcimg7499_2 Pcimg7536 Pcimg7537 日曜日の四国磯連の総会で、私が去年釣ったヒラスズキが特別賞で表彰されました。私には初めてのことです。ふふ。

表彰状のほかに副賞としてくれたのが土佐刃物の出刃包丁とアジ切り包丁のセットです。これはありがたい。ここの包丁は良く切れるのです。

早速イシダイ釣り用のバッグに入れることにしました。だが、いかにもよく切れそうなので、警察から不審尋問を受けたとき、銃刀砲所持の違反にならないかと心配になりましたわ。

つづく・・・。


いつもは気にしない表彰状の文章を見て、笑ってしまいました。「貴殿は不断の努力により頭書の釣果をあげられました」と書いています。「不断の努力」はしていないので「運」と思っていたが、まあいいか。

だが続く文章に「優秀なる釣技と幸運を称え」と、きっちりと「幸運」のおかげだと書いています。いい表彰状です。

2月 26, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

四国磯連の総会

Pcimg7499  Pcimg7523昨日の日曜日、四国4県の磯釣り団体で構成する四国磯釣団体協議会の総会が高松市で開催されました。4県の持ち回り開催で今年は香川県の当番でした。場所は 高松市内を一望することが出来る「花樹海」です。

Pcimg7494開会宣言の役が私に回ってきましたが、まあ、なくてもいい役です。参加者は4県からと大阪府連、兵庫県連さんからも参加してくれて合計が70名近くになりました。

Pcimg7502事業計画、予算の審議の後、2年ごとに4県で交代することになっている新役員の紹介があってスムーズな進行です。

つづく・・・。

   ・
Pcimg7504 会議の後は場所を変えて懇親会です。料理は事務局長前川さんの発案でオリーブハマチなど香川県産品のものが並びました。

Pcimg7505高知磯連の大原さん(写真左)とはこの会で会うのが楽しみです。数年前に土佐佐賀の離岸堤で一緒に徹夜した松本さん(写真右)にも会えました。私はすっかりお顔を失念していたけど、思い出しました。ふふ。

Pcimg7506Pcimg7512香川磯連の顧問の綾田県会議員(写真右)も参加。ダイワの遠藤所長(写真左)とオーナーバリさんからも参加。私のいる高松黒潮クラブからはヨッさん、片ちゃん、斉藤さんと私の4名の参加です。

Pcimg7518Pcimg7521 壁の周りには魚拓がびっしりと貼られていて、釣り団体の総会らしい雰囲気が出て、いい感じになりました。ビンゴーゲームなどもあって、 楽しい宴会の2時間が瞬く間に過ぎました。

2月 25, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

時合いの不思議

Scimg7427 ヨッさんと高知県大月町にアオリイカ釣りに行ったとき、このブログにも書いたとおり、午後6時から30分間だけ入れ食いになりました。

その前も、その後もほとんどアタリがありませんでした。なんでその30分だけイカが入れ食いになったのか、いまだに不思議です。理由が分かりません。

潮のせいだとは思いますが、入れ食いになったときに急に潮が大きく変化したとは思えませんでした。こういう経験はこれまでも何度かありますが、その理由が思いつきません。

つづく・・・。


もっと不思議なのはその翌日の同じ潮になるはずのときに、全く釣れなかったことです。天候も前日とこの日とも同じように暖かくてよく晴れていました。

雨が降るなどの変化があれば、「潮が濁った」、「水温が急に下がった」などの理由がつけられると思うが、そんな変化は全く無かったのに、前日は入れ食いで翌日はアタリが全くない、という海の不思議が解き明かせません。

なんでなんでしょうかねえ。知っている学者の方がいるのなら教えてください。

2月 24, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

香川県滝宮天満宮に恵比寿様

Qcimg7470 Qcimg7471 Qcimg7468 香川県綾川町に梅の花で有名な滝宮天満宮があります。その境内を歩いていると、「さぬき七福神」の表記があり、ここは福禄寿と書いています。

ひょっとしたら恵比寿様があるかもしれないと探しました。境内に入ると、まず大き目の福禄寿があります。この天満宮は福禄寿を担っているらしい。

恵比寿様はないのかとキョロキョロすると、境内の端っこに七福神らしいものが並んでいます。

つづく・・・。

Qcimg7469_2
予想していた通り、この中に恵比寿様が、一番奥にいました。早速大漁祈願をしようとすると、像の上に漫画の看板があって、「商売繁盛」と書いています。

大漁祈願はお願いしてもいけないらしい。でも、神様のことだから少々のことは無理を聞いてくれると思い、無理やりお願いしました。ふふ。

2月 23, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

飛ぶイカ

Qcimg7458 北海道大学が海面から出て飛んでいるイカの連続撮影に成功したというニュースが流れました。イカが飛ぶとは知りませんでした。

このニュースが流れた日、イノちゃんと宝山さんと高松市内の商店街を歩いていて、飛んでるイカを発見。アーケードの下に光るイカが泳いでいます。

飲みに行く途中でしたが、早速記念撮影。というか私のこのブログ用に撮影。ふふ。

つづく・・・。


飲み会の席で、イノちゃんに毎年お願いしている「香川の大物釣魚ギネス」のデザインをお願いしました。

平成25年版です。昨年の記録更新の申請数がたくさんあって、これまで二つ折りだけでは入らないような気がします。なので、これまでと違う形を考えてくれるそうです。楽しみです。

これからデータを整理して、ある釣り具メーカーに印刷代の協賛にお願いに行く予定です。さて、さて・・・。

2月 22, 2013 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

このブログのプロフィールを修正しました

Scimg7413 1月に香川磯連の会長でなくなったので、「ブログのプロフィールを修正しなくては・・・」と久しぶりに見ると、年齢も更新する必要があります。

67歳と書いていましたが、この18日にめでたく(誕生日の何がめでたいのか、分からないが)68歳になったのです。昔だったら、死んでいる年齢です。

そこで、プロフィールの「会長」を「名誉会長」に、年齢も修正です。「何が名誉か」といういちゃもんは受け付けません。会長をやったら名誉がつくだけの話です。ふふ。

つづく・・・。


ついでと言ってはなんですが、プロフィールの写真も変えることにしました。今までは去年の1月にまぐれで釣ったヒラスズキの写真でしたが、もう1年以上がたっています。

そこで最近の写真にしようと思ったが、最近は大きいのを釣っていません。とりあえず高知県で釣った1.4キロのアオリイカの写真に置き換えました。今後もっと大物が釣れたらそれに変えるつもりです。

2月 21, 2013 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

イオンで箸置き

Qcimg7476 我が家から車で7~8分ぐらいのところにショッピングセンターイオン高松店があります。その中の雑貨店で小さなお魚を見つけました。

かわいらしい魚なので、すぐに買う気になりました。ベトナム製と書いています。そしてカタカナで「ハシオキ」との表示。

見た目には箸置きと思えないけど、日本の販売会社が付けた商品名に書いているのだから、それに従うことにしました。お店の人に「これは箸置きじゃないんじゃないですか」といちゃもんをつけても仕方がない。

つづく・・・。

値段252円。ま、そんなもんでしょう。妥当な値段です。お金を払って店を出てくるときに目に付いた表示があります。「店内の商品 半額」と大きく書いています。252円は値段シールのままで半額でない。

お金を払った後だから、「もういいか」と車まで戻ってきたが、「やっぱり言うべき」と思い直して再びお店に行きました。すると、「半額の商品には表示している」とのこと。布製の商品には赤い紙で半額表示が付いています。

だがそれは店内の商品のごく一部。「店内の商品 半額」の表示はおかしいと思ったが、年寄りのいちゃもんはうら寂しいものと思っているので、黙ってすごすごと引き上げました。

2月 20, 2013 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

15冊目のブログの本

Qcimg7460 Qcimg7475 このブログの去年の上期を本にまとめました。半年ごとに本にしているので、これが15冊目になります。ということはこの期間が7年半ということ。ふふ。頑張りました。

中身はカラー印刷にしているので、写真も小さいがカラーできれいに印刷されています。本は自己満足なのは分かっているが、私が生きた証みたいなものです。

10年後、20年後に孫が読んで、少しでも「爺さんは楽しい人生だったんかなあ」と思ってもらえたら、それだけで本にした価値があります。

つづく・・・。


この本は印刷会社がブログから自動的に作ってくれるのです。表紙デザインも指定できるので、毎回違うデザインにしています。ただ、タイトルを変えることが出来ないので、いつも「四国は釣りの楽園・天国」となっています。

これでは本の中を開けてみないといつのものか分かりません。そこで印刷会社にメールで問い合わせると、私だけに特別なのかどうか知りませんが、副タイトルを付ける方法を教えてくれました。

実は別のブログ「四国はおもしろ造形の楽園・天国」で、今年中に「四国のデザインマンホール完全コレクション版」に取り掛かる予定です。そのタイトルがブログ名だけでは何のことか分からないので、「四国のデザインマンホール」を副題として入れるために問い合わせすると、回答がありました。

だとすると、このブログでも副題として期間を入れることができるわかりました。過去に遡って製本が可能なので、副題を入れたものを再作成するかどうか迷っています。

2月 19, 2013 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

釣り用防寒服が敗れて

Ycimg7282  イカ釣りをして帰ると、防寒服が汚れていたので洗おうとすると、なんとお尻のところが破れています。イカ釣りで破れることはないので、その前に行った高知県の磯で破れたのだと思います。

思い当たることがあります。面倒くさかったので、ヒップガードを持って行っていたのに磯にはつけずに行きました。そして磯の上で滑って尻もちをついた記憶があるので、このときに破れたのだと思います。

仕方なく「山の神」に言うと、「アイロンの熱でピターッと引っ付けるもがあるはず」と教えてくれました。

つづく・・・。


Ycimg7289手芸品店で「アイロンでピターッ」という商品を探したが、見つけられません。店員さんに聞くと、素材を聞いて「アイロンを使うと多分縮んでダメになります。これがいい」と教えてくれたのが、「ナイロン用補修シート」。簡単に言うと、いわゆる幅広セロテープの強力版。300円。

家でやってみると簡単。破れた裏からと表からの両面でくっつけました。これからは面倒がらずにヒップカードをするので、これなら問題なく使えそうです。

Ycimg7290だって、これを買った店モンベルに行って見ると、ズボンだけで1万8000円。もう少し辛抱することにしました。

2月 18, 2013 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

防寒長靴を買いました

Vcimg7327 この時期のイカ釣りには防寒長靴が欠かせません。現在使っているのは確か1500円の安物だったが、なかなか暖かくて使い勝手がよかった。

だが表面がぼろぼろになって、見た目がいかにも貧乏臭くなりました。それに、脱ぐときに中の防寒ボアがめくれて足にくっついてきます。まだ十分使えますが、変えどきと判断しました。

そこで新しいものを買いました。3980円。これまでのものの2倍の値段でしたが、比べてみると、どうも同じ商品のようで・・・。ふふ。

つづく・・・。


年寄りのおじんんはただでさえ、貧乏臭いと見られがちです。それが貧乏臭い長靴でうろうろしたら、品性がある(?)イカ釣り師に迷惑を掛けます。

新品を買ったので、他人の目を気にすることなくイカ釣りに行ける気がします。ま、暗い波止でイカ釣りをしている人が、どんな長靴をはいているかなんて気にしている人はだーれもいないでしょうけど。

2月 17, 2013 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

海の写真で気をつけること

Abkcimg7221 Abkcimg7237 磯に行くと岩場とともに水平の写真を撮ることが多い。磯の写真を撮ると、自然に太平洋の水平線が写ります。当然です。

だれが教えてくれたのか忘れましたが、「水平線は写真でまっすぐ横になってないといけない」と言われました。言われてみると、私の写真の水平線はほとんどが微妙に斜めになっています。

「なるほど・・・」と思い、それ以降は水平線が真横になるように気をつけていますが、被写体の磯場に神経が行くとついつい水平線のことを忘れてしまいます。

つづく・・・。


そのために同じ写真を何枚も撮ることになります。「水平に撮らなくちゃあ」と思っていても、撮った写真を確認すると少し斜めになっていることが多い。

そんなときはブログにアップするときに水平線が写らないようにトリミングしたりしています。ふふ。写真家にはとてもなれそうにありませんわ。

2月 16, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

散歩していて

Qcimg7480 今日は昼から雨が止んだので、歩数稼ぎのため散歩に出ました。そうしないと一日の歩数が1000歩以内になってしまいます。ただでさえ腹が出てきているので、少しは努力です。

釣りキチは海があると必ず覗いて見ます。ま、習性です。すると大きなボラがいて、思わず顔を引っ込めました。ホラの大ボラじゃないですよ。本物の大ボラです。そしてゆっくりと顔を出してカメラに収めました。

写真では大きそうに見えないと思いますが、私がこれまでに釣った60センチよりも大きそうです。ひょっとしたら70センチを越えていそうな感じです。

つづく・・・。


先日、ある釣り具メーカーさんに行き、毎年発行している「香川の大物釣魚ギネス」に広告を出してくれないかとお願いしました。所長さんが快く引き受けてくれたので、今年からメーカーの広告が入る予定です。

その所長さんがギネスを見て、「私が記録を超える可能性があるのが一つだけある」と言って示したのがボラでした。現在の記録は64センチです。

今日見たボラもこのサイズは確実に越えていました。さて、狙うべきかどうか。寒いしなあ。ふふ。

2月 15, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

愛媛県の道の駅に木彫りのお魚

Vcimg7342 Vcimg7341 愛媛県南部の山間部に旧日吉村があります。現在は鬼北町になっていますが、大きな道の駅「日吉 夢産地」があります。

マンホールを探すためにきましたが、「山の神」から「せっかく愛媛県に行くんだったら、柑橘類を買ってきて」と言うので覗いてみました。すると玄関にお魚の木彫り像が置いてあります。

「ウシシ。いいもの見っけ」と、車にカメラを取りにいって、写真を撮りました。孔雀の像と一緒に無造作に置かれています。

つづく・・・。


魚は目の部分がわずかに赤い色が残っているし、姿から見て四万十川にいるアカメのようです。なぜここにアカメの木彫りがあるかは分からないが・・・。

道の駅にはポンカンがあったのでそれを「山の神」のお土産に買いました。しゃーないです。

2月 14, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

タチウオの香川県記録申請

Zimg056 Zimg057 香川県坂出市の山中一成さんからタチウオの香川県記録の申請がありました。サイズは121.0センチと、ドラゴンと呼ぶにふさわしいサイズです。

釣った場所は愛媛県松山市沖での船釣りです。ここは超特大のタチウオが釣れる場所として有名です。私も一度はタチウオ狙いに行ってみたいと思っていたが、実現していません。

ここではまだまだこれよりも大きいのが釣れる可能性があると期待しています。

つづく・・・。


現在の香川県記録は私が愛媛県愛南町の波止で活きアジを使ってイカを狙っていたときに釣れた109.9センチ。今回の申請はこれを大きく上回りました。

ただ、今回の申請魚は船釣りなので、私の陸からの記録とは別に記録されることになります。以前も船釣りと陸釣りと別に記録していたが、私の陸からがそれまでの船釣り記録よりも大きかったので、船釣りのほうを削除していました。

船釣りは陸釣りよりも大きいのが釣れるのが普通なので、そういう取り決めになっています。他の魚種でもイサキ、カンパチが、船と陸が別々に記録登録されています。

2月 13, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

イシダイ仕掛けを作ってくれました

Rcimg7451 Rcimg7450 以前赤澤名工に作ってもらっていたイシダイ仕掛けが残り少なくなったので、作成をお願いしていたら、3日後に「できた」という電話があったので、車で1時間近く掛けて東かがわ市の家まで取りに行きました。

いつもは高速道路で行くのだが、「朝食用の野菜がない」と思い出して高速道路に乗らずに途中の道の駅で買うことにしました。トマトときゅうりです。ふふ。

赤澤名工と喫茶店で話をしていると、時間が1時間以上経っていて、あわてて帰ってきました。「山の神」から車を使うので早く帰ってくるようにとお願いされていたからです。ふふ。しゃーないです。

つづく・・・。

Rcimg7448 Rcimg7449 ・行くときに通った県道10号線の旧寒川町の民家で塀の上に像があったので、「恵比須像に違いない」と車をUターンして見に行きました。

ところがそれは大黒様。がっかりして戻ろうとしたら、塀の反対側の隅にも像が乗っていたので、あぜ道を通って確認すると、これが恵比寿様でした。

民家の塀にあるのはたいてい大黒様と恵比寿様です。寿老人とか毘沙門天はほとんどありません。ま、私には恵比寿様だけでいいのだが。

2月 12, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

香川県綾川町で・・・

Cimg6854s  Cimg7463s  Cimg3057s 2月10日付の地元の新聞に、「マンホールのふた」が掲載されました。香川県内の市町村にあるマンホールデザインの記事です。これから四国のマンホールデザインを本にしようと思っているので、「先を越された」と思いましたわ。ふふ。

詳細に読むと、「ふっふっふ」。私のサーチのほうが上回っていたので一安心。新聞では「カラーは3市町で見れる」と書いていますが、私がこれまで見つけているのが10市町村以上あります。
それにデザインマンホールがあるのに、掲載していないのが豊浜町など2町あります。ま、それだけマンホール探しは難しいのです。ディープなんです。ふふ。この記事を書いた記者は短時間で調べたと思うので、これだけ調べるのでも大変だったと思います。上目線でごめん。

ただ一つだけ、新聞記事の中で私が知らないものがありました。合併して現在は綾川町になった旧綾南町のマンホールのカラーです。私はオールカラーを写真に撮っていますが、新聞記事ではその存在を知らないようで、その代わり背景のみがカラーの単色マンホールの写真を掲載しています。早速それを探しに行って写真に撮ってきました。ふふ。

つづく・・・。

Qcimg7472 Qcimg7472m Qcimg7473
マンホール探しのついでに気になっていた恵比寿様の写真を撮りに行きました。数キロ離れた旧綾歌町の民家の塀にあるもので、以前他の人が運転している車の中から発見したものです。

玄関の門の両方に恵比寿様と大福様が並んでいるという贅沢な家です。さぞ色んな福が来ていると思います。

2月 11, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

アオリイカとメバルの物々交換

Qcimg7461 Qcimg7462 片ちゃんと飲んだとき、「イカが欲しい」と言われました。そこで片ちゃんが船釣りをして帰ってきたときに、港まで冷凍していたイカを持っていきました。

そのとき、「今日は釣れなかった」と言うので、釣果を見せてもらうと船釣りとは思えない少量です。メバル数匹にカサゴ数匹。小さなクーラーでも上に空きがあります。

その貴重な釣果の中から良型のメバルを取り出してくれました。今年初のメバル釣果だそうですが、アオリイカとの交換なので、「しゃーないなあ」と出してくれました。ふふ。

つづく・・・。


メバルは早速この日の夕食のおかずになりました。何度も書きましたが、「山の神」は魚の煮付けについては何故か超上手なのです。そんなに魚料理が好きではなく、塩焼きにすると、干からびるほどカンカラになるまで焼くので、魚の旨みが全くなのなります。

だが、不思議にも煮付けはサイコーなのです。今回のメバルも程よい味加減でしっとりと魚の旨みを引き出していました。満足。

2月 10, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

高松黒潮クラブのメンバーが集まりました

Qcimg7457 Qcimg7455 高松黒潮クラブのメンバー5人が、いつもの割烹「友釣」に集まりました。今日のメイン料理はおでん鍋。鍋に山盛りになっていたが、ほとんど食べつくして写真を撮ったので、情けないことになっています。ふふ。

メンバーの写真を撮ったが、無表情で楽しそうでありません。そのことを告げると、イノちゃんが「りーと言うたらええ」というので、「りー」と言って写真を取り直しました。

右端の片ちゃんはなんか勘違いをしているようで・・・・。斉藤さんが持っているバッカンは、去年の秋にあった四国磯連の大会でイサキ・アイゴの部で4位になった賞品。

つづく・・・。


ところで今日得た知識のナンバーワンは、「イイダコのヌメリ取り方法」。通常は塩を使うが、米ヌカを使うと身が固くならなくてよい、とのこと。片ちゃんが最近試してみてすごく良かったといいいます。

以前このブログに「讃岐富士」さんがコメントで違う方法を書いてくれました。まず熱湯に5秒ほど入れた後冷水に浸してからやると簡単にヌメリが取れる、という方法。この方法もよさそうです。ま、イイダコのヌメリ取りに釣り師が四苦八苦しているということでしょうか。

宝山さんは今月中旬に「去年生まれた孫に会いにアメリカに行く」と張り切っています。私の孫もアメリカなので、宝山さんの楽しみが分かります。ふふ。

2月 9, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

大きなホウボウ

Zimg055 全日本サーフ香川協会の青木会長経由で、香川の大物釣魚ギネスに申請がありました。魚種はホウボウです。

釣った人は投げ釣りの大物釣り師として県内でよく知られている三崎悟志さん。去年の12月23日に愛媛県宇和島市で釣ったとのこと。サイズは41.5センチ。

図鑑で調べると成魚のサイズが40センチとなっているので、無茶苦茶大きいということではないようですが、ホウボウの申請は初めてです。

私はもちろん釣ったことがなくて、名前はよく知っていますがヒレがこんなにきれいな緑色をしているとは思っていませんでした。だいたい何でこれまで申請がなかったのか不思議でした。

図鑑に「水深25メートルから600メートル」と書いているのを見て、私が投げ釣りでもこんな深いところではあまりしたことがないというのが原因のようです。

2月 8, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

香川の大物釣魚ギネスのホームページが見やすくなりました

Caa9oe21_2  「香川の大物釣魚ギネス」のホームページが一新して、見やすくなりました。赤澤名工が時間を掛けてやってくれました。このブログでもホームページをリンクしているので、一度覗いてみてください。http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

このホームページでは過去の大物ギネスを遡ってみることが出来るようになっているので、記録を更新されても自分の過去の新記録を見ることが出来るようになっています。

それに申請したときの写真と記録が個別に掲載されるようになっています。赤澤名工に感謝です。

これまでだと1年分の申請をまとめて更新していましたが、申請の都度ここに掲載されます。だから、年内に同じ魚種が2回更新されると、これまでは最初に更新したほうは全く記録として残りませんでしたが、これからは更新記録として掲載されます。

ただ、これらはすべて赤澤名工の手間と労力によるもので、私にはそういう知識と力量がないので、これからも赤澤名工にお願いすることになります。ふふ。

2月 7, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

四国の磯釣り師が集まりました

Scimg7446 この前の日曜日、四国の真ん中にある徳島県三好市に四国四県の磯釣り師25人が集まりました。四国磯連の役員会です。

議題は今月の24日に予定している総会の議題検討です。昨年の事業報告、会計報告、今年の事業計画、会計予算があるのは会社と同じです。
そして昨年一年間の大物表彰もありました。
イシダイのトップは80.2センチを釣った土佐コウロウ会の御庄正浩さん。80センチオーバーはすごい。

香川磯連では白川さんがすごいことに。イシダイの70.8センチ、グレの55.4センチ、チヌの55.5センチ、他魚の部でもタマミの87.0センチと底物釣りでも、上物釣りでも入賞サイズを釣っていたのにはびっくりです。こんな人は珍しい。

そして私も末席を汚すことになりました。チヌの50.8センチが敢闘賞、ヒラスズキの81.7センチが特別賞として表彰してもらえることになりました。

磯釣団体で表彰されるのは私にとってまぐれでしかなく、滅多にないことなので、ありがたく頂くことにします。ふふ。これもリタイアしての自由があったからだと思っています。

2月 6, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

ヨッさんとイカ狙いの2日釣り(5)

Scimg7439 ヨッさんと高知県大月町の波止でアオリイカ狙い。太陽がカンカンと照っているのに、ヨッさんが「来たーっ」と叫びます。私が玉網を持って待ちます。

強い引きに「糸をずいぶん出した」と言います。慎重です。じわり、じわりと寄せてきます。大きい。私が網を出そうとすると、「あーや」、「こーや」といちゃもん、いや、ご指導です。

Scimg7440何度目かの指導に従ってようやく網に入りました。ヨッさん、大喜び。私が前日に釣った1440グラムより大きいと思っているようです。測ってみると、1370グラム。へっへっへ。私のほうが少しだけ大きかったようで・・・。でもよかった。

時計を見ると午後3時半。前日に私の第1投目で釣ったのが午後3時。同じ潮のようです。私もあわててふかせ釣り用のオキアミを捨ててイカ釣りを開始しました。

前日に入れ食いになったのは午後6時からの30分間。なので、今日は午後7時前には入れ食いになるはずです。昼は暑いくらいに晴れていたので、水温も上がっているはずです。二人とも、入れ食いになる確信があります。

Scimg7442Scimg7443暗くなる前に私に小さいのが釣れましたが、こんなのは相手にしません。入れ食い待ちです。夕焼けがきれいで、入れ食いの予感を高めます。

ところが、です。潮が全く動きません。午後6時、6時半、7時。潮がピタリと止まったままです。昨日の今日なのに、潮が全然違います。キツネに何とか、の気分。不思議です。入れ食いの確信が崩れ落ちます。午後7時半までやったが潮は相変わらず動きません。ギブアップです。

釣り場を午後8時に出発して、自宅に着いたのは午前1時になっていました。

2月 5, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

ヨッさんとイカ狙いの2日釣り(4)

Scimg7438  ヨッさんと高知県大月町でアオリイカ狙いの二日目です。イカは昼間には釣れないので、私はオキアミで遊ぶつもりです。

ボイルのオキアミを手でつかんでパラパラと撒くと木っ葉グレがわんさと寄ってきます。でもなかなかハリに掛かりません。目覚めたヨッさんが寝たままで波止から顔を出して見物です。

Scimg7437Scimg7436そして、「20センチぐらいのタイがエサを拾っている」と言います。確かにタイらしき魚が見えます。「タイには大きいエサ」の金言を思い出して、大き目のエサをつけて放り込むと、すぐに食いつきました。

思った以上に竿が曲がります。上げると思っていたのよりでかい。ヨッさんは20センチと言っていたが、メジャーで測るとなんと42センチもあります。ふふ。予想していなかった釣果です。ちょっと遊ぶつもりで竿を出しただけなのに、「こんなんが釣れちゃいました」。ま、ウデです。

42センチはあるが、その姿はいかにもみすぼらしくて哀れな感じです。ヨッさんは、「すごい。持って帰らないと・・・」というが、その姿を見ると、とても食べる気がしません。42センチなのに、どう見てもヨレヨレのオジンの姿です。

「じゃあ、ヨッさんが持って帰って」と言うと、「持って帰らん」ときっぱりです。ふふ。かわいそうなので、海に逃してあげました。

Scimg7439太陽がカンカンと照っています。だのにヨッさんがイカ釣りを始めました。「まだ、釣れるはずはないやろ」と思っていたら、第1投目なのにヨッさんが「来たーっ」と叫びます。竿が大きく曲がっています。えーっ。

明日に続く。

2月 4, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

ヨッさんとイカ狙いの2日釣り(3)

Scimg7427 Scimg7429 Scimg7430ヨッさんと高知県大月町でアオリイカ狙いの二日目は午前4時半に起きて釣りを開始。朝まずめを狙ったが、アタリはありません。昨日の夕方シッチャカメッチャカのアタリがあったので、同じ潮になるはずの朝まずめに期待したが、さっぱり。

私に小さいのが2匹来ましたが、散発的。ヨッさんにも来ましたが、小さいせいか掛かりません。太陽も上がってきたので、あきらめムード。

そこで昨日から釣ったイカを全部出して記念撮影することに。私は昨日4匹、今日2匹の合計6匹。ヨッさんは昨日の4匹のみ。二人で合計10匹。これだけ釣れれば期待以上です。

Scimg7432 二日目の夜も、昨日入れ食いがあったので、もちろんこの波止ですることにします。昨日買った活きアジ30匹ずつがなくなったので、1時間を掛けて愛媛県まで買いに行きました。20匹ずつを購入。

2時間を掛けて帰ってくると昼飯時です。お湯を沸かして昼食。ヨッさんはインスタントの日本蕎麦にコロッケを入れ、それにチラシ寿司とポテトサラダをだして、「豪華な昼飯や」とご満悦です。「こんな野外の気持ちがいいところで・・・」と言うが、周りは漁具だらけでそんなに景色がいいとは思えません。ま、気分がいいということだと思います。

Scimg7433その後、私は車の中で昼寝。車の中は暑いのでクーラーを入れないといけません。昨日と違って日差しが強くて風もないので、ヨッさんは波止の上で寝ると言います。

私は昼間にふかせ釣りをするためにオキアミを買ってきているので、目が覚めてから波止 に行くと、ヨッさんは熟睡中。知らない人が見ると、「老人の行き倒れ」と勘違いされては困るので、私がすぐ横で竿を出すことにします。

明日に続く。

2月 3, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

ヨッさんとイカ狙いの2日釣り(2)

Scimg7414_2 Scimg7417 ヨッさんと高知県大月町でアオリイカ釣りです。午後6時まではほとんどアタリがありませんでしたが、それからの30分はシッチャカメッチャカ。何がかというと、アタリ、アタリ、アタリ。アタリ連発。

それまでのことが噓のように私が掛けて、ヨッさんが網ですくう。ヨッさんが掛けて私がすくう。私は30メートルほど離れた場所で竿を出していたので、ヨッさんとの間を走って行ったり来たり。防寒着の下が汗でぐっしょり。

バラシが何度もあります。その都度エサの確認と取替えをしなければなりません。私が釣ったのは2匹、ヨッさんが3匹。その間のバラシが数回ずつ。オジン二人が興奮しすぎてぶっ倒れるのじゃないかとさえ・・・。

Scimg7428 30分後の午後6時半になるとアタリがピタッとなくなりました。私が釣った中には1.44キロと大きいのもいて、大満足です。

Scimg7426その後にヨッさんも1匹を追加して二人が4匹ずつとなりました。アタリは散発的にありますが、なかなか掛かりません。ヨッさんが「これは小さいイカや。小さいのは腹を食う」と食われたアジを見せてくれます。確かにそれまでは背中の頭に近いところを食われていました。

オカテッちゃんから電話が掛かってきて、「月が出ると食い気が出る」と教えてくれたので、とにかく月を待ちました。

3時間待って10時半にやっと月が出たが、バラシのアタリが1回あっただけ。11時半に車に戻って宴会。寝たのは午前1時でした。
とにかく入れ食いがあったので、気分はいいし、翌日もここで竿を出すことに決定。二人の釣果が4匹ずつで同じというのも気分がいい。

明日に続く。

2月 2, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

ヨッさんとイカ狙いの2日釣り

Scimg7409  長い間続いていた寒さが火曜日から緩むという天気予報を見て、水曜日、木曜日の2日間、同じクラブのヨッさんと高知県の大月町にアオリイカ釣りに行きました。のんびりとオジン二人組みのゆったりイカ釣行です。午前8時に香川県高松市発。

高気圧が広く日本列島を覆うという天気予報だったので風がないのかと思っていたが、釣り場に着くと結構風が吹いています。近くのテトラポッドにはしぶきが打ち上げています。

Scimg7407私の第一投目は午後3時前。高松を出てから8時間後。途中、愛媛県で活きイカを買ったりしていると、こんな時間になります。

イカは夕方からと思っているので、気合は入れていません。しばらくするとウキが入っていきます。合わせると、きっちりと掛かって、550グラム。第一投目から釣れてしまった私の方が驚きました。

ヨッさんは「その仕掛けがいいだろ」と何度も言います。そうです。この仕掛けはヨッさんの手作り。ヨッさんの自画自賛ですわ。ふふ。今日は、無茶苦茶釣れる予感です。

ところが、それ以降は当初の予想どおりで、全くアタリがありません。晴れてはいるが、空気が冷たくて寒い。活かしバッカンのアジが弱って浮いてきた感じになります。

Scimg7412そこで水温を計ってみると、バケツで汲み上げた海水は17度だが、エサの活きアジを泳がせているバッカンの水温は外気温の低温で下がって13度しかありません。オドロキです。あわててバッカンの水を入れ替えました。

Scimg7413夕まずめの午後5時になってもアタリがありません。やっと私にアタリがあって、中型が釣れたが、その後もアタリがありません。

真っ暗になった午後6時にヨッさんにアタリがあったが、バラシ。今日はこのまま終わるのかと思い、翌日は別の場所に移ることも算段。だが、その後状況は急転直下、とんでもない状況が起きました。ふふ。

あすに続く。

2月 1, 2013 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)