« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

たれびんストラップ

Wcimg7315 ショッピングセンターにたくさんのガチャガチャが置いてあります。ガチャガチャでお魚グッズをこれまで何度か買ったことがありますが、どれも品質がもう一つなので「ガチャガチャでは買わない」と決めていました。

だが最近、醤油を入れるプラスチックの小さなお魚の形をしたもののストラップを入れたガチャガチャに気が付きました。

よく見ると、コブダイやサメの形をしたものも入っているようです。弁当に入っているタイの形もあります。イルカの形もあるようです。タイは欲しくないし、イルカはお魚でないので困ります。これを買うかどうかを迷いました。


Wcimg7316Wcimg7317コブダイがあたるかどうかは博打です。博打は好きでないが、コブダイの形が欲しくて、意を決して「エーイ」と200円を入れました。

出てきたケースの外から見えたのはタイでした。がっくり。ま、博打だからしゃーないかとあきらめました。家に帰ってから開けてみると、なんとシュモクザメです。ふふ。よかった。

1月 31, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

昨年の釣果分析

Hiwasacimg4418 昨年釣った総匹数709匹、釣行回数65回、釣りをしていた時間255時間、餌代に使ったお金90150円。

これだけのデータがあれば色んな分析が出来ます。まずは釣行1回当たりの匹数は10.9匹。釣行1回当たり釣りをしていた時間は3.9時間。

なので、1時間当たりの釣果は2.8匹となりました。これは最近の数年、ほとんどかわっていません。アジやハゼなど小物をたくさん釣ればこれは大きい数字になりますが、ま、ほどほどの釣果だったということでしょうか。

釣行1回当たりのエサ代は1387円。1匹当たりのエサ代は127円。これだけ見ると、「釣りは安い遊びだが、魚は店で買ったほうがずーっと安い」ということが分かります。

匹数の中には小アジが126匹も入っています。小アジが127円は高すぎます。それでも1日遊べて1387円は安いでしょ。本当のところは釣りに行くとエサ代だけじゃすまないけど・・・。ふふ。そこんところは内緒。

1月 30, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

香川磯連の大物賞はKizakura寄贈品

Tcimg7398 Tcimg7404  日曜日にあった香川磯連の総会で、昨年1年間に釣った大物の表彰がありました。私が釣ったチヌの50.8センチがラッキーなことにチヌの部で3位となりました。

その賞品が真っ赤な縁取りが印象的なバッカンでした。今年から新たに事務局長になった前川さんが、「中身を見てよ」と言うので開けると、中からキャップと、キャップストラップ、撒き餌の柄杓を入れる「シャクリーナ」があります。

どれもしっかりしていて使い勝手がよさそうです。前川さんがメーカーにお願いして提供してもらったといいます。このご時勢なのに賞品提供してくれたことに感謝です。

Tcimg7400 帽子が入っているのを知ったクエ釣り師の植田さんが「欲しい」というので、上納しました。植田さんには釣ってきたクエを何度か食べさせてもらっているので、逆らえませんわ。ふふ。

帽子をかぶった植田さんは、「これは調子がいい」とご満悦です。なので、記念に写真を撮らせてもらいました。この帽子をかぶってクエを釣って食べさせてください。

1月 29, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

香川県磯釣り連盟の総会

Tcimg7399 Tcimg7394   Tcimg7392 Tcimg7403 昨日の日曜日は香川磯連の総会でした。場所は高松市内を一望できる高松美山ホテル。集まったのは40人足らず。

ここのホテルは料理が旨い。この日はすき焼き、海エビの塩茹で、フグと牡蠣の天ぷら、シマアジの刺身。どれも文句無しに旨い。連盟の顧問をしてくれている元香川県議会議長の綾田さんも「おいしい」を連発します。

この総会で私が2年間していた会長を下りました。会長といっても事務的にはすべて事務局長の秋ヤンにおんぶしていたので、安心して会長をすることができました。感謝です。

Tcimg7397Tcimg7396私が所属の黒潮クラブからも宝山さん、斉藤さん、片ちゃんが出席です。今回の総会資料を見て、香川磯連に所属の17クラブの中で最大のクラブ人数となっていることに気が付きました。

Tcimg7401 去年一年間の大物の表彰がありましたが、一番光っていたのが白川さん。イシダイでも昨年の1年間で60センチ以上を少なくとも6匹を釣っています。これが毎年のことなので、絶対に秘密があるはずです。

そこで「60センチ以上を釣るにはどうしたらいいか」を聞きました。丁寧に色々と教えてくれました。それを聞いていると私にも釣れそうな気がしてきましたわ。ふふ。今年は秘策で頑張るぞー。ふふ。

1月 28, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

ちょっと高価だったけど、骨きりハサミ

Ycimg7284 DIYの店で、料理バサミを見つけて購入しました。3480円。イシダイ用です。イシダイ釣り用のバッグには料理バサミが既に入っていますが、これを買ったのには理由があります。

釣ったイシダイを釣り場で料理することが結構多いが、そのときに苦労するのが背ビレと腹ビレの硬い棘。これを切っておかないと、入れている冷凍用ビニール袋を突き刺して破れてしまいます。

ところがイシダイの背びれの棘は太くてとんでもなく硬い。なかなか切れないので、手が痛くなります。これまでは仕方なく細くなっている棘の先だけを切っていました。

料理バサミはたくさんあるが、注意書きに「硬いものを切ってはいけません」とか、「骨はダメ」とあります。なので、文句は言えないとあきらめていました。

ところが今回のハサミにはそういう注意書きがありません。それに今まで持っている料理バサミに比べて太くて、重くて、いかにも丈夫そうです。太い骨でもバチンバチンと切れそうです。

ちょっと高価だったけど思い切って購入しました。これでイシダイの背びれが切れなかったら、許さんぞ。ふふ。

1月 27, 2013 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

「世界一の釣り大会」をテレビで見て

Ucimg7386  先週の日曜日にテレビを見ていると、松方弘樹さんが参加した世界一の釣り大会「ビスビーズトーナメント」の内容でした。3日間で最も大きいカジキを釣った人が参加費を独り占めにします。

参加費200万円で参加チームが108。したがって賞金が2億円というとんでもない大会です。この大会については、アメリカで買った釣り雑誌の広告で見たことがあり、このブログにも書きました。

釣り大会をテレビで見ていると、「(釣り大会を)豪華客船も見ています」とテロップが出たところで船の名前を見ると、覚えがある名前でした。

Ucimg7387そこで昨年のアルバムを取り出して確認すると、まさしく私と孫達がクルージングしたときに乗ったカーニバルスプレンダー号でした。写真は釣り場のカボ・サンルーカスの地図と上陸するために乗ったボートから撮ったクルージング船です。

表彰式のときにも見覚えのある建物が出てきて、なつかしくうれしく見ました。上空から写したテレビ映像には私が釣りをして全く何にもアタリがなかった波止も写っていました。なんかなあ。

松方さんは2匹を釣りましたが、いずれもダウンサイズ。参加チームのうち、検量をしたカジキはアメリカチームが釣った1匹だけだったようで・・・。

1月 26, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

昨年のクラブ賞金

Xcimg7301 私が所属している高松黒潮クラブでは、年間の大物賞があります。一つはゴールドポイント賞です。

これはチヌ、グレ、イシダイなどでクラブが魚種別に決めた大物認定サイズよりも大きいのを釣ると、一匹に付き500円くれます。イノちゃんがデザインしてくれた金色の認定書付きです。

去年私はグレ、チヌ、ヒラスズキで認定サイズを越えたので500円を3ついただきました。3つももらったのは私の人生で初めてのような気がします。

Xcimg7302もう一つの表彰はクラブで最も大きいサイズを釣ったときにくれる大物賞です。これは3000円。私が釣ったチヌが50センチで最大だったので、3000円ゲットです。ふふ。

そしてヒラスズキでクラブのこれまでの大物記録を更新したので、更新料として3000円。

結果として合計7500円ももらってしまいました。クラブ員から集めた会費の中からの浄財を申し訳ない感じです。

1月 25, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

出たあ、巨ゴイ記録

Zimg053 Zimg054 香川県坂出市の山中一成さんから封書が届きました。開封すると大きなコイの写真があります。「香川県大物釣魚ギネス」への申請です。

サイズは106.0センチ。釣ったのは昨年の12月29日。高松市内の池で釣ったと書いています。県内で1メートルを越えるコイが釣れるとは思っていませんでした。

香川県で淡水の大物を狙っている人はバスとヘラブナはいると思うが、コイの大物を狙っている人がいるのに、ちょっとだけ驚きました。感心しました。

山中さんからは昨年の12月に、ニゴイ70cm、ナマズ73センチの記録申請もありました。淡水の大物釣りに狙いを定めているようです。

昔から雨が少なく、面積当たりのため池の数が日本一多い香川県。だから他県のような大きな川はありません。それでもこれだけ大きな淡水魚がいることを、山中さんが釣って証明しています。

私のこれからの楽しみが広がりました。磯釣りに行けなくなったときは、淡水魚の大物を狙う楽しみが・・・。

1月 24, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

小さい傷ほど痛い

Ucimg7376 愛媛県宇和海にグレ釣りに行ってから一週間が経ちました。写真の指を見てください。小さな傷があるでしょ。ハリが刺さってかえしを越えてブスッと食い込みました。

何でこんなことになったかというと、ハリをつけて最後締めようと思いっきりハリスを引っ張っていたとき、ハリがすっぽ抜けて、この場所に突っ込みました。

ハリ先の返しにまで食い込んでいないときは簡単に抜くことが出来ますが、完全に食い込んでいます。しゃーないです。少々痛いけど思い切って引っ張りました。ふふ。

血は少し流れ出るほどでたいしたことはありません。ただ、ピリピリ、チクチクと痛みます。この部分が塩水につかるたびに、チクッとします。

家に帰ってからも、手を洗うたびにチクッ。身から出た錆なので、誰にも文句は言えません。でもやっと痛みがなくなりました。ばい菌も入らずにすんだようです。こんな小さな傷でも、不便です。今後は気をつけようっと。ふふ。

1月 23, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

すごい。釣り本のコレクション

Zimg052 18日の日経新聞文化欄に、「大物続々!?釣り古書の釣果」が掲載されました。淡路島在住の松林さんという人が書いた釣り本コレクションについてのものです。

私も釣りと魚の本を1000冊近く持っているので、興味を持って読みました。松林さんが保有している釣りの古書は8000冊。とんでもない数字です。自宅を専門の個人図書館として一般開放していると言うのだから、すごい。

私も一時、釣り本を探して東京に出張するたびにホテルに入る前に神田の古書店を歩き回ったことがあります。だが、相当早い時点で私の小遣いでは限界があると気がつきました。

そこで私が買う本は、興味がある内容の本でなおかつ3000円以下のものに限定しました。だから私がしない渓流釣りやヘラブナ釣りの本は一切買っていません。さらに買った本は必ず読むことにしました。

コレクションが目的ではなく、私の知識を増やすことを目的としました。だから読んだ内容の中で興味があることや、新しい知識についてはすべてをルーズリーフに書き抜きをしました。

手間は相当掛かったが、「確か、こういうことを書いた本があった」という記憶があったとしても、すべての本の内容を検索することは不可能です。書き抜きのメモだと割合簡単に検索できます。

こうした努力がその後の随想執筆などに大きな効果を得ました。「釣りの我楽多釣り情報BOX」、「おもしろ釣り問答」、「おもしろ釣り道楽」の3冊の自費出版はこの書き抜きがなければ出来なかったと思っています。ふふ。

1月 22, 2013 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

昨年釣果の総括

Ascimg6433 昨年の釣り日誌からデータを整理しました。釣った総匹数は709匹。そこそこの数字になっているのは小アジ釣りに2回行って170匹を釣ったことによります。ま、総匹数はあまり参考になりません。

釣りをした日数は65日。これは一年前の55日に比べると10日増。ま、頑張ったことになります。

そして釣りをしていた時間が255時間。これは竿を出していた時間なので、自宅から宇和海などの釣り場までの時間とか、釣り場から自宅に帰る時間は含まれていません。これを含めるとおそらく3倍以上になると思います。健康だった証拠です。

魚種で見ると、昨年はイシダイが37匹、イシガキダイが24匹とそこそこ頑張った数字になりました。ふふ。
グレは全部で126匹を釣りましたが、これのほとんどは宇和海でチヌを狙っていて釣れてしまった木っ葉グレです。

お陰さまでいい年になったと思います。何のお陰かって? そりゃあ、私のウデのお陰ですわ。ふふ。そんなことはありません。読者がいるからこそのお陰です。ホントに、そう思っています。信じます?

1月 21, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

平成25年の初釣り(4)

Vcimg7369 Vcimg7371 愛媛県宇和海での磯釣りをしたあと、車で1時間ほど南に走って、愛南町の波止でアオリイカ狙いです。ゴールデンタイムの午後5時に間にあいました。

ところが1時間がたち、真っ暗になってもアタリがありません。先週は室戸岬で釣りをしていたヨッさんから「アタリがないんやあ」と電話があったので、そのお返しにヨッさんに電話して「アタリがないんやあ」。

だが電話を切った直後にアタリ。電気ウキが沈んでいきます。合わせバッチリです。ところが相当な勢いで横に走ります。「これはイカでない」と思いました。海面近くまで上げてくると、ゴボッ、ゴボッと暴れるのでてっきりヒラスズキと思いました。

足元まで寄せて玉網を伸ばすときになって、やっとイカだとわかりました。ふふ。オカテッちゃんからもらった簡易重量計で測ると990グラム。久しぶりの1キロ級です。

その後30分ごとに3回アタリがありました。だが、ウキはきれいに沈んでいるのに、イカが掛からないで活きアジだけが取られています。不思議。イカがすれてきて、仕掛けに用心しているのだと思いました。

しばらくして横に来たおっちゃんが仕掛けをぴゅーと投げてはそろそろと巻いています。変な釣り方やなあ、と思っていると釣り上げたのは大きなタチウオでした。

そういえば1年前に私がイカを狙っていて、109.9センチのタチウオを釣ったのもこの波止だったことを思い出しました。タチウオがうろうろしているのではイカが安心して出てくるはずがありません。

私の3回のアタリでエサのアジだけが取られたのもタチウオに違いありません。そこで納竿決定。車の中からアタリを見れるのはいいが、寒さは強い。狙いのイカが1匹釣れたので、良しとしました。

1月 20, 2013 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

平成25年の初釣り(3)

Vcimg7359 Vcimg7361 愛媛県御五神島のピラミッドで全くアタリがなくて、11時過ぎに来た渡船で磯変わりしました。途中の磯で乗せた加古川市からの釣り人と二人で上がったのはグレバエです。

二人が磯の両端で釣り始めました。私は沖に向かって右端で、加古川の釣り人は左端に。左端はすぐに30センチ級のグレを釣ります。磯変わりに間違いはなかったようです。潮は左に向かって流れています。

左の方は入れ食いで続けて4匹を釣りますが、私にはアタリがありません。釣れたのはカサゴだけ。1時間ほどすると、潮が右方向に流れ始めると、私にもやっとアタリが出て、31センチのグレ。今年初めてのグレなので、いい笑顔になれました。

Vcimg7363その後すぐに35センチのグレ。左端は30センチ級を10匹以上を釣っています。私はやっと2匹。だが20分後に潮が再び左に流れ始めると、アタリがなくなりました。でも2匹釣れれば十分です。

午後1時半までの2時間でしたが、やっとまともな釣りができた気がしました。この日の渡船の釣り人20人近くのうち、ボウズの人も多くいるようでした。

Vcimg7367磯から渡船場に戻ったのは午後3時。これからアオリイカを釣りに行く予定でした。だが一日中立ちっぱなしだったので、クタクタです。とにかく活きアジを買った後、車に乗ったままでアタリを見ることが出来る愛媛県愛南町の波止に決めました。到着午後5時前。

新しそうな墨の跡が4つあります。期待が持てます。夕食はお湯を沸かしてカップラーメン。これからイカのゴールデンタイムです。ふふ。

1月 19, 2013 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

平成25年の初釣り(2)

Vcimg7350 Vcimg7351 Vcimg7354 一昨日の水曜日は予想通り、風がほとんどなくて、快晴でした。そのせいか、平日だというのに、愛媛県宇和海にある御五神(おいつかみ)島への濱田渡船は20人近い客で大賑わいです。

私が下りたのはピラミッド。以前に一度だけ下りたことがありますが、ボウズでいい感じでないが仕方ありません。午前8時に釣りを開始しました。

それから3時間。潮が早くて釣りになりません。オモリやウキを変えたり、ウキ下や場所を変えたりしたが、全く釣りになりません。一緒に上がった二人も全く同じ状況です。

3時間後にやっと釣れたのがカサゴ。写真では嬉しそうにしているでしょ。カサゴでこれだけうれしそうな顔をしているのが、それまでの苦労を表していますわ。

Vcimg7356その直後、流していたウキがビューティフルに入っていきます。「来たあ」と合わせると、バッチリ。余裕で上げてくると、見えたのは上もの釣り師の敵、タカノハです。

これが釣れるとグレが釣れたことがない。がっくりですが、一応記念写真に撮っていると濱田渡船がやってきます。「変わるかあ」とマイクで叫んでいます。

Vcimg7357最近は磯変わりをほとんどしません。面倒くさい。しかしタカノハが釣れた直後だったので、思わず「変わるー」と叫んでいました。どこに連れて行ってくれるのかと思ったら、私と入れ替わりにピラミッドに来た釣り人がそれまで下りていた磯という。

なんと、釣れていない磯同士の交換ということになります。こんなんありかなあ。でも、信頼している船頭です。これからの潮で釣れるはずです。さて・・・。

1月 18, 2013 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

平成25年の初釣り

Vcimg7337 Vcimg7338 今年の初釣りは去年と同じの宇和海御五神(おいつかみ)に決めました。そこで天気予報とにらめっこの一週間でした。出発したのは強風注意報が出ている火曜日の早朝午前4時。

この日は釣りをしないで、マンホールを探すために愛媛県の山中の町役場をウロウロしました。山の町から別の山の町に移動するので、カーナビの地図表示はちょっと怖い感じ。

到着した広見町のカラーマンホールを見つけました。デザインは川カニがデザインされているので、このブログで紹介することが出来ます。読者は「なんやあ」と思うかもしれませんが・・・。

Vcimg7346 Vcimg7348 今回のマンホール探しはいくつかの市町村で努力の結果、カラー版4種類の写真を撮ることが出来ました。これらはいずれ別のブログに書いた後、本にする予定です。

この日の宿泊は宇和島市のビジネスホテルに予約を入れています。チェックインする前に、宇和島港にある「きさいや広場」に入ってみました。「きさいや」は方言で「来てください」の意味だと思います。初めて入りました。

そこに魚屋さんがやっている店で巻き寿司と揚げ物を売っていたのでこれを買ってホテルの部屋で夕食を取ることにしました。イカの天ぷら、アジ玉、すり身とレンコンのはさみ揚げが期待通りに旨い。

いつもならホテル近くの中華料理店でビールを飲みながら夕食を食べるのですが、今回は揚げ物がおいしかったので、部屋の中での夕食も悪くない、と思いました。

さて翌日の水曜日は予想通りの天気図で風はなく快晴のようです。御五神島での初釣りは・・・。期待しますか? しないでしょうなあ。

1月 17, 2013 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

「怪魚ウモッカ格闘記」が今年最初の本

Ycimg7281 昨年の暮れ、「山の神」に付き合ってショッピングセンターに行き、「山の神」が買い物をしている間、私は歩数稼ぎ。合間におもしろグッズ店の本コーナーで、この本を見つけました。

タイトルからみると、間違いなく海外での釣り紀行と思い、時間がなかったので中身を見ないで購入。高野秀行著、集英社文庫。

インドでウロコ1枚1枚に2センチの大きな棘がある2メートルの魚を見た日本人がいて、その魚が何かを見極めるためにインドに行く話。勝手にウモッカと名づけた怪魚を探しに行くために、準備に4ヶ月を掛け、現地のオリヤー語を学ぶ。読んでいて面白いので、とまらなくなりました。

ところが、いざ3ヶ月間滞在予定のインド空港に到着すると、訳あって入国を拒否されてしまう。手伝いのために同行した友人のみが現地に行くはめに・・・。著者は空港の出発ロビーであてもなく4日間を過ごす。まるで映画「ターミナルマン」の現実版。その後日本に強制送還されてしまう。

日本に帰ってからもインドに行くために悪戦苦闘するがとうとう著者はインドにいけずじまい。
釣りの話は全く出てこないので、店で中身を確認しているとおそらく買っていない。でもすごく面白かったので、著者の別の本も買おうと思っているぐらいです。著者は冒険家として有名な人らしいが、私は知りませんでした。

1月 16, 2013 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

熊ちゃんからお魚の骨

Xcimg7300 同じクラブの熊ちゃんからお魚の骨の形をしたグッズをいただきました。お魚グッズに間違いはないのですが、その利用方法が分かりません。

骨の下が小皿状態なので、小物を置くような気がしますが自信がありません。骨には小物のアクセサリーをひっかけて置いておくもののような気がします。

商品名を書いていないので、使い方を推測するしかないのですが、何なんでしょうか。もらって悩むって、変でしょ。

私は集めたお魚グッズを整理するときに、商品名、金額、素材、入手場所、入手年月日を記録しています。商品名というのは、例えば箸置きとか、ストラップとか、使い道のことです。

もらった物の使い方が分からないと整理するときに困ります。分からなければ、単なる「置物」になるのですが、「魚の骨の形をした置物」はねえ。

1月 15, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

「日本はいい」と思いたい

Wcimg7318 最近本屋で目に付くのが、「日本はすばらしい」という内容の本です。「なぜ日本経済は世界最強と言われるのか」、「大転換する世界 逆襲する日本」、「グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本」という本が並んでいます。

こういう本だと買って読みたくなります。元気が出るし、気分が良いからです。一昨年前までは悲観的な本ばかりが目に付きました。

「日本はダメだ」、「日本は絶対に負ける」、というような内容の本が並んでいましたが、「著者に何が分っているのか、悲観的にいうことで、何が満足なのか」と反発するだけで買う気になれませんでした。

テレビの番組でも昨年あたりから、「日本の中小企業製品が世界で高く評価されている」、「日本のサービスは世界一」、「世界の各地で日本人が頑張っている」というような内容の番組が増えています。

悲観的に見ることを自慢げに言っている人にたいした人はいません。前向きに頑張らないと何事も良くならないはずです。「これは釣りも同じ」と・・・。

「寒い」、「行っても釣れないし、つらい」、「行くだけ無駄」と思っているときに、無理やり釣りに行ってたいした釣果がないと「やっぱり・・・」とますます行く気がしなくなります。

ちと寒いけど、初釣りにはいかなくっちゃあ。頑張るぞ。

1月 14, 2013 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

低水温でもチヌは元気

Wcimg7323 一昨日、我が家の近くで歩数稼ぎをしていると、潮入川の河口近くにチヌの群れがいました。40センチぐらいが20匹近くいます。晴れていたので太陽の日差しで群れがよく見えます。

最近の瀬戸内海の水温は10度を下回っています。こんな水温でもチヌがたくさん見えるのにちよっとだけ驚きました。ただ、その動きはのんびりとしています。

チヌを追い求めていた若さだったら、早速夜釣りにでも行く気になったと思いますが、最近の寒さでは近場に釣りに行く気がしません。チヌはおいしい魚と思えないし・・・。

寒さを乗り越えて釣りに行くのは、「気合だ!気合だ!」が必要です。近場のチヌでは気合が入りません。磯釣りなら何とか気合が入りそうな気がするので、今週に初釣りを考えています。

アオリイカ釣りも愛媛県宇和海南部や高知県ならまだ水温が下がりきってないので、これもやれそうです。
先週の初めに、ヨッさんから電話が掛かってきて、「今、室戸岬でやっている」。その翌朝には「愛媛県愛南町でやった」と元気です。夜間に高知県の東端から西端まで移動したらしい。私も頑張らなくっちゃあ。

1月 13, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

今年の釣り目標は

Ancimg6572 昨年の釣り目標は「イシダイ・グレ・チヌのいずれかで50センチ以上を釣ること」、「50魚種以上を釣ること」、「50回以上の釣行」の3つでした。

そして満願でした。ま、私の努力と汗の結晶、そしてなりよりも卓越したウデということになりましょうか。決して自慢しているわけでは・・・、ま、自慢しているわけです。

去年はお気づきのように3つの目標とも数字の50にしました。理由? 理由なんてありません。なんとなくの語呂合わせでした。
さて、今年の目標発表です。ジャッ、ジャッジャーン。

正直に言うと、去年の目標達成はきつかった。なので、今年は少しレベルダウンすることにしました。年寄りが頑張る姿はときにより見苦しいものがあります。分かっているところがすごいでしょ。

だから頑張らないことにしました。そこで今年の目標は「イシダイ・グレ・チヌのいずれかで45センチ以上を釣ること」、「45魚種以上を釣ること」、「45回以上の釣行」と50から45にレベルダウンです。

ただしその代わりに「30センチ以上を45匹以上釣ること」を追加することにしました。理由? 理由なんてありません。なんとなくです。ふふ。

1月 12, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

熊ちゃんからお魚グッズをもらう

Xcimg7299 高松黒潮クラブの新年会があったとき、熊ちゃんが会場に入ってくるなり「これ」とレジ袋を渡してくれます。札束を「これ」と渡してくれる仲ではないので、お魚グッズのはずです。ふふ。

中には二つのお魚グッズが入っていましたが、写真はその中の箸置きの5つセットです。いつもながら私のお魚グッズコレクションを覚えてくれていて、ありがたいことです。

以前にも書きましたが、お魚グッズの中で最も気に入っているのが、箸置きです。今回はハゼです。

箸置きが気に入っている理由は、小さくてお魚の造形がかわいらしかったり、ユーモアだったりすることが多いからです。コレクターとしては、大きいのは部屋に置いておくのにスペースが困ります。

将来、「お魚グッズ博物館」でも建てる予定があれば、大きな造形が必要ですが、そんな予定も、金も、体力も、気力もありません。なので、小さいのがいいのです。

1月 11, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

昨年の自己記録更新はなんと・・・

Apcimg6510 昨年の1年間に私の魚種別記録を更新したのは12魚種もありました。これは私にとって大変多い数で、努力の結果といえると思います。ふふ。

その12魚種は、アオヤガラ、ゴンズイ、イヌカサゴ、ニセカンランハギ、マハタ、マハタモドキ、ケンサキイカ、オオスジイシモチ、ナルトビエイ、ウミスズメ、カンムリベラ、ヒラスズキです。

このうち初めて釣った魚が8魚種もあります。特にサンポート高松港で釣ったナルトビエイは5年越しのゲットだったのでうれしい釣果でした。

初めての魚種を釣るのはそんなに機会があるわけでありません。同じ場所で同じ釣り方をしていたのでは同じような魚種しか釣れません。これまで竿を出したことがない場所に行き、これまでしたことがない釣り方をしないと新しい魚種は釣れません。

昨年は50魚種以上を釣るという目標を公言したために色んなところで釣りをしました。ま、そういう努力もあって8魚種が初めての魚と出会えました。いい年でしたわ。

1月 10, 2013 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

香川磯連の役員が集まりました

Wcimg7313 Wcimg7314 昨日の夕方、香川磯連の役員というか、世話人7人が丸亀市の喫茶店に集まりました。高松市から車で1時間ぐらいの距離です。

事務局長の秋ヤン、事業委員長の斉藤さん、グレートヨーヘンの秋山さんと前川さん、それに観音寺目示奈会の古川さん、クエ釣り師の植田さんと私の7人です。

私が香川磯連の会長になって2年が過ぎました。そこで会長を私がする2年前まで会長だった古川さんに無理を行って再登場してもらうことになりました。また、事務局長も秋ヤンからグレートヨーヘンの前川さんが引き受けてくれることになりました。

趣味団体の世話人というのは手間が掛かる割りにありがたがってもらえないものです。さまざまな会合に出席するだけでも釣行に支障が出ることも多い。ま、ボランティア精神がなければ出来ません。会長職はそうでもないが、事務局長は大変です。

資料の作成、各クラブに周知するための印刷、封筒詰めなど大変で、昨日も今年の総会資料案を秋ヤンが作ってきていました。

香川磯連の役員改選は2年ごとに行われるので、何とか辛抱が出来ます。私がクラブに加入した30年前は、会長になりたい人が皆の前で醜い争いしているのを目の当たりにしたこともありましたが、今はそんな元気がある人はいません。ふふ。

1月の最終日曜日の総会で承認されれば決定となります。

1月 9, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

約束どおり

Wcimg7304 Wcimg7305
昼過ぎに片ちゃんから電話です。「もうすぐ港に着くから、魚を取りに来い」とのこと。クラブの新年会での約束です。

我が家から港まで車で5分とかかりません。着くと船はすでに到着しています。船頭さんから「元気なんなあ」。最近船釣りをしていないけど、しっかりと覚えてくれています。

「オレのほうが片ちゃんの倍は釣った。」と自慢です。船頭なんだから当然と思うけど、こだわります。片ちゃんは私との約束どおりイイダコとカサゴを釣って来ています。

その中から大き目のイイダコ10匹と、カサゴ4匹をくれました。「イイダコもよかったら、まだあるでー。カサゴは生簀はたくさん入ってるから持っていってもいいぞ」と言ってくれるけど、これだけあれば「山の神」との二人暮らしには十分な量です。

家に帰って早速イイダコのヌメリを塩で取り、墨のタマを取り除きます。カサゴもウロコと内臓を取ります。これで30分。ちょろいもんです。夕食にイイダコを煮付けにしましたが、頭に飯(いい)が入っているのがあり、5匹を食べてしまいましたわ。

1月 8, 2013 高松黒潮本 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

クラブの新年会(平成25年)

Xcimg7297Xcimg7296Xcimg7298昨日の日曜日、高松黒潮クラブの新年会がありました。集まったのは11人。今年から新メンバーとなった西脇さんも参加です。それにカンちゃんも久しぶりの参加です。

今年の事業計画、予算案などを15分でさっさと審議した後、81歳で最年長の勇ちゃんの音頭で乾杯して始めました。今日の会場は熊ちゃんがお勧めのおしゃれなイタリアン料理店「軽軽」です。

片ちゃんが「翌日に船釣りに行く」というので、猪ちゃんが「イイダコ10匹をもってきて」と頼みます。そこで私も便乗して「5匹をちょうだい」といいました。だが、猪ちゃんが「夕食は外食になるので、やっぱりいらんわあ」と言うので、私は「イイダコ10匹にカサゴ2匹」と増やしました。

片ちゃんはさかんに「カサゴ20匹やな」とカサゴをたくさんくれようとします。私は重ねて「イイダコ10匹に、大きいカサゴ2匹」と伝えました。ふふ。

カンちゃんは車で参加しているのでアルコールを飲めず、7時過ぎには退散です。いつもは8時前に寝ているというカンちゃんなので、帰り時です。車で1時間近くかかるので、参加ご苦労さんです。

1月 7, 2013 高松黒潮本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

びっくり。マグロの値段

昨日のインターネットニュースを見てびっくりしました。皆さんも今朝の新聞で見たと思いますが、222キロの大間マグロが1億5540万円で落札されたというニュースです。

数年前に400キロのマグロがキロ当たり10万円で4000万円で落札されたと聞いたとき、マグロ漁は博打になると思いましたが、その後落札価格はずいぶんと下がっていました。

だが去年一気に上がって、今年はさらにヒートアップ。キロ当たり70万円にもなりました。それも落札した「すしざんまい」は香港のすしチェーン店との競り合いでアップしたとニュースで伝えています。

釣りの魚の値段と比べちゃあいけないのは分かっているけど、こんな値段の魚が釣れたら「釣りは博打」になってしまいます。

今回のマグロは寿司の1貫あたりに直すと4万円から5万円になるそうです。中には批判的に書いている新聞も多くありますが、私は良かったと思います。

まず第一に香港のすし店に勝ったことは、私に元気をくれました。もし負けていれば、「また、中国にやられた」という思いになります。「すしざんまい」は頑張ってくれました。

良かった第二の点は、落札した店はこれで直接儲けようと思っていないという点です。すし店にほとんど行かない私は「すしざんまい」というチェーン店を知りませんでした。

今回の落札で初めて知りましたが、新聞、テレビでこれだけ取り上げられ、これを広告費に換算すると「すしざんまい」は十分に採算がとれると思っているはずです。経営者判断としては当然のことです。

1月 6, 2013 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

居酒屋に大きなマンボウ

Abvcimg7094 Abvcimg7093 高松市の香川県庁から南に少し行くと、角に居酒屋があり、大きなマンボウがぶら下がっています。車でよく通る道なので、ずいぶん前に気が付いていましたが、写真を撮ることが出来ませんでした。

信号がある交差点なので、赤信号で停車したときに写真を撮ろうとしましたが、隣に停車した車の影になったり、マンボウの角度がよくなかったりして、できませんでした。

ある日、車を「山の神」に取られたが、天気が良いときに自転車でわざわざ写真を撮りに行きました。そのときに初めて店の名前が「まんぼう亭」と知りました。その名前に由来する造形のようです。

店の名前が魚に関する名前で、その魚の造形があるというのは、ありそうだが、なかなか無いのです。大阪のカニ道楽はそれに該当しますが・・・。

店の名前にお魚名をつけて、その魚の造詣をどんどん作ってもらいたい。四国のそんな店が500個ぐらい出来れば、お魚名所となって観光客がどんどん来る・・・、ことはないか。

1月 5, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

オリーブはまちのペンケース

Cimg7274 Cimg7276 先月の27日に高知県の室戸岬にアオリイカ釣りをして帰ってきたのは午前1時半。寝たのは2時を過ぎていました。その日の昼にファミレスで「疲れたなあ」とまったりしていると、宝山さんから電話。

「NHKのニュースでオリーブはまちのペンケースを売り出している」という内容。こういう情報はありがたい。さっそく売っているという、15キロ離れた旧牟礼町で現在は高松市になっている道の駅に行きました。

売り場を一通り探しましたが、見つかりません。最近齢のせいか、こういうことが良くあるので、もう一度じっくりと探しましたが見つかりません。

一瞬「がせネタか」と思いましたが、美しい女性がレジにいたので聞きに行きました。もし女性がいなかったら、そのまま帰って宝山さんに「なかった」と報告したかもしれません。

美人は「野菜売り場に置いている」と言います。さすが地元産品の野菜を売っているところは探していません。めでたく見つかったのでレジに持って行くと、にっこりと笑って「ありましたか」と、うれしそうです。

そのにっこりに誘われて「売れていますか」と聞くと、「まあ、よく売れています」とのこと。こんなものと言っては失礼かもしれませんが、999円はなあ。

1月 4, 2013 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

今年の釣運は・・・

Cimg7279 Cimg7277 正月の3日になってやっと初詣をしてきました。いつもなら1日に行くのですが、「山の神」が昨年末から風邪を引いて悪くなる一方でとても外に出られない状況。

なので、一人で岩清尾八幡宮に行ってきました。神様に「今年の大漁、大物」をお願いした後、いつもの年のように、1000円で破魔矢を買い、100円でおみくじを引きます。

毎年来る1月1日なら初詣客でごったがえしている境内も、3日になると少ないのでおみくじもすぐに買えました。中吉で、「後半に願いが叶う」というような内容です。まあまあの内容です。

ただ、「願望」の欄には、「思いがけぬ、人の力によりて叶うことあり」となっていて、自分の力ではダメかも・・・、と書いています。どうすればいいんでしょうか。

もっと迷ったのは「方向」の欄に「東北の間よろし」とあります。香川県から東北の方向といえば、私はどこで釣りをしたらいいんでしょうか。

その方向と言えば、金沢市の内藤さんにでも連れて行ってもらわないといけません。どうしたらいいんでしょうか。それとも四国全体の東北と言えば、地元香川県ということになります。「香川県で釣りをせよ」ということなのかなあ。

1月 3, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

げげげの鬼太郎がカニを持ってます

Abxcimg7018 Abxcimg7019 昨年行った鳥取県境港市には魚を売るお土産店がたくさんあります。その中の「大漁市場 なかうら」の玄関に大きな鬼太郎の像があります。

近づいてみると、大きなカニを脇に抱えています。もちろん松葉ガニです。鬼太郎が大きいので、抱えているカニもでかい。思わず感激して何枚もシャッターを切りました。そんなことに感激しているのは私だけでしたけど。ふふ。

お魚造形は大きければ大きいほど、私にはうれしい発見です。作るためにはお金も掛かるし、造る人の気合も大きければ違うと思います。

Abxcimg7026 Abxcimg7023店の中に入ると、そこにも鬼太郎の人形があり、やはりカニを抱えています。とりあえず写真を撮りました。

お魚売り場に見たことのない魚を発見。「ばばちゃん」とかいています。ナマズに似た魚です。「馬場という名前の人が見たら・・・」と考えたら、笑ってしまいました。

家に帰ってから図鑑で調べると本名はタナカゲンゲ。身に味が無いので刺身には不適で、鍋に利用、と書いています。くしゃとした顔がおばあさんに似ているので「ばばちゃん」とよばれているらしい。一度は食べてみたい気がします。

1月 2, 2013 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

Zimg051 明けましておめでとうございます。昨年のご愛読、ありがとうございました。今年も引き続きのアクセスをよろしくお願いします。

このブログを連続して書き始めたのは7年前の平成18年1月3日から。従って今日で2556日の連続ブログということになります。賢明な読者は「暇やなあ」とお思いでしょう。ま、暇なんです。

今年の2月の誕生日で私は68歳になります。磯釣りにもそろそろ行けなくなる齢に近づいてきました。

磯釣り師の諸先輩をみていると、磯釣をやめるのは70歳前後が多いように思えます。もちろん80歳を越えても磯釣りに行っている人も知っていますが、そういう元気爺さんは例外で、私がそれに入る可能性は全くないと思っています。

だから、「せめてあと2年間は磯釣りをさせてください」と神社に行けば神様に、お寺に行けば仏様に、そして民家に見つけた恵比寿様にと、機会あるごとにお願いしています。

今年も皆様にとっていい年でありますように。

1月 1, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

ブログ「四国は釣りの楽園・天国」の平成25年1月1日から6月30日までの日記をまとめました。半年毎に本にしていますが、この本は17冊目となります。

この期間は私にとって記憶に残るたくさんのことがありました。
愛媛県の宇和海や高知県西部で吉岡さんらとアオリイカ釣行にも何度も行きましたし、一人で大型チヌを狙っても行きました。楽しい思い出です。

5月の四国磯連では天候の急変で足摺の磯に行けず、仕方なく土佐佐賀の離岸堤にいったが、そこでイシガキダイ11匹の大釣りをしたのもいい思い出です。

1月 1, 2013 | | コメント (0) | トラックバック (0)