« 珍しい極彩色のカツオ | トップページ | 来年もよいお年をお迎えください »

2012年12月30日 (日)

民家の塀にコイ

Bbcimg6296 高松市内の西に北から南に一直線で走る産業道路があります。産業道路と名前がついていますが、工場は一切無く民家が立ち並ぶ普通の道路です。なんで産業道路の名前なのか知りません。

 

この道路沿いにあるドラッグストアに寄ったとき、すぐ横の民家の塀にコイ像がありました。産業道路からは横道を入ったところだったので、これまで全く気が付きませんでした。

 

「鯉の滝登り」らしく、上に向かって直立しています。「どうだあ」の感じです。

それにしても何でこういう民家にコイがいるのでしょうか。それぞれの理由があると思うが、これまでにもたくさんの恵比須様や魚の像を民家にあるのを見つけてきました。

 

四国が特別多いとは思いませんが、東京や大阪だと民家に恵比須や魚は無いような気がします。もし都会の方が四国来たときは塀の上にも注目してください。運がよければ見つかるかもしれません。たくさんあるといっても、じゃんじゃんどこにでもあるわけではないので、運がよければの話です。

12月 30, 2012 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民家の塀にコイ:

コメント

コメントを書く