« スィートハンマーというらしい | トップページ | 今年の釣りを漢字で表すとしたら・・・ »

2012年12月22日 (土)

高知県の山の中を走る国道にお魚造形

Accimg6938 Accimg6939 高知県四万十町の窪川から愛媛県宇和島市に行くために国道381号線を走っていて、商店街のランプの飾りが鯉のぼりになっているのを見つけました。

場所は高知県西北部にある十和村です。ここは四万十川の上流にあり、鯉のぼりの川渡しを早い時期からおこなっています。最近は全国の色んな場所でされているようですが、その先駆けと思っています。

そのためかビルの壁一面に川渡しの風景が描かれていて、大変目立っていました。

この川渡しには500個のこいのぼりが四万十川の両岸を結ぶローブに結ばれて雄大に泳ぎます。私も道に迷って国道を走っていたとき、たまたま見たことがありますが、それはちょっとした感動でした。

これが鯉のぼりでなくて、ウナギのぼりだったら、最近の不景気をふっ飛ばしてくれるかも・・・。ふふ。

 

 

12月 22, 2012 陸に上がった魚 橋、トンネル、道路に魚 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知県の山の中を走る国道にお魚造形:

コメント

コメントを書く