« 高知県の山の中を走る国道にお魚造形 | トップページ | 香川磯連の大会が沖ノ島で »

2012年12月23日 (日)

今年の釣りを漢字で表すとしたら・・・

ご存知の通り、今年の漢字は「金」となりました。ロンドンオリンピックのメダル数がこれまでで最多、金環日食、山中教授のノーベル賞などによるものらしい。

で、読者の皆さんは興味ないと思うけど、私の今年の釣りを漢字で表すとしたら、を考えました。

いろいろと考えましたが、今年の私の釣りは出来すぎと思うぐらい良かった。初釣りで81センチのヒラスズキと46センチのグレが釣れて幸先良いスタート。その後一年を通してイシダイも大きいのは釣れませんでしたが、数がたくさん釣れました。アオリイカも釣れました。

そこで今年の釣りは単純に考えて「嬉」としました。もちろん出来すぎの釣果に嬉しいということ。だけど、この漢字にしたのには別の理由があります。

今年に愛媛県宇和海や高知県南西部、室戸岬に行った回数がこれまでで18回。今月の23日には高知県沖ノ島で香川磯連の大会があるし、その後室戸岬へのイカ釣りに行きたいと思っているので合計20回になります。

これらの釣行すると、1回の釣行で2日間の夕食時は家にいないことが多い。なので「山の神」は40日分の夕食を作らなくていい。「旦那元気で留守がいい」を地で行っているようなものです。

そこで私の釣行で「女が喜ぶ」ので、「嬉」。ふふ。

12月 23, 2012 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の釣りを漢字で表すとしたら・・・:

コメント

コメントを書く