« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

おわりに

この半年間もいい釣りができました。感謝です。

  「四国は釣りの楽園・天国」
   平成24年7月1日~12月31日

   著者  谷口寿人
   発行  平成25年8月

   著者紹介
      香川県釣り団体協議会 会長 
     香川県磯釣連盟 名誉会長
     高松黒潮クラブ 会長     
    
     1983年以降、「関西のつり」に連続執筆
     西日本磯釣協議会機関誌「潮目」に
     「おもしろ釣り問答」執筆中
     お魚グッズコレクション 約1200個以上  

12月 31, 2012 | | コメント (0) | トラックバック (0)

来年もよいお年をお迎えください

Cimg1894ls 今年も残り2時間と少しになりました。今年のご愛読、ありがとうございました。

このブログを連続して書き始めたのは平成18年の1月3日からですので、今日で連続2555日ということになります。あらためて「よく書いてきたなあ」と、自分でも思います。

たいした内容ではないが、これを読んでくれる人は釣りをこよなく愛する人と思い、ブログのネタを「釣り」と「魚」に限定してきました。その限定に縛られてこれでも結構苦労しながら書き続けることになりました。

まあ、来年もたいしたことのないネタで書き続けることになると思います。今年の釣果総括はいずれ詳細を書くことになりますが、私には出来過ぎといえる内容でした。

今年の目標だった「イシダイ・チヌ・グレのどれかで50センチ以上を釣る」、「50魚種以上を釣る」、「50回以上の釣行」の3つをすべてクリアしました。目標を立てたときは、「とても無理」と思いましたが、やってみるもんです。ま、私のウデとしかいいようがありません。ふふ。

ときには自慢たらしいことで、イライラすることもあると思いますが、来年もよろしくお願いします。

12月 31, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

民家の塀にコイ

Bbcimg6296 高松市内の西に北から南に一直線で走る産業道路があります。産業道路と名前がついていますが、工場は一切無く民家が立ち並ぶ普通の道路です。なんで産業道路の名前なのか知りません。

この道路沿いにあるドラッグストアに寄ったとき、すぐ横の民家の塀にコイ像がありました。産業道路からは横道を入ったところだったので、これまで全く気が付きませんでした。

「鯉の滝登り」らしく、上に向かって直立しています。「どうだあ」の感じです。

それにしても何でこういう民家にコイがいるのでしょうか。それぞれの理由があると思うが、これまでにもたくさんの恵比須様や魚の像を民家にあるのを見つけてきました。

四国が特別多いとは思いませんが、東京や大阪だと民家に恵比須や魚は無いような気がします。もし都会の方が四国来たときは塀の上にも注目してください。運がよければ見つかるかもしれません。たくさんあるといっても、じゃんじゃんどこにでもあるわけではないので、運がよければの話です。

12月 30, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

珍しい極彩色のカツオ

Bgcimg6251 高知県の足摺岬がある土佐清水市から西に向かって国道321号線を走っていて、橋の袂に色が付いたお魚を発見。もちろん車を止めて写真を撮りに行きました。

自称「お魚像ハンター」の私には超うれしい色付きのお魚像です。これまでたくさんのお魚の像を見つけてきましたが、色が付いているのはたいへん珍しい。

ここは国道だが、交通量は少なく、この像もひっそりとたたずんでいるようで、私のうれしさとのギャップで少しだけ寂しい気がしましたわ。

お魚はカツオです。太平洋をバックに写真を撮ると大海原で跳ねている感じの写真になって、いい感じです。高知県は四国の中でもお魚の像が多い気がします。

そのほとんどがカツオです。四万十川近くにはいくつかアカメの像がありますが、他の地域ではほとんどがカツオです。高知県内の市町村の中には「鰹の国」をキャッチフレーズにしているところもあり、鰹船団も有名です。漫画の「土佐の一本釣り」も有名です。高知県がカツオに占領されてしまうかも。ふふ。

12月 29, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

今年の釣り納めはぐじゃぐじゃ

Abjcimg7262  昨日、ヨッさん、山田さん、野村さんと私の4人で室戸岬にイカ釣りに行きました。全員がリタイア組みです。時期的に考えてこれが今年最後の釣りになります。

Abjcimg7269午後2時半に4人が現地集合して、釣り始めますが、アタリが全くありません。2時間後に最初に釣ったのは野村さん。だけど300グラム足らずで少し小さい。

山田さんと野村さんが同じ釣り場で、、少し離れてヨッさんと私が釣っていました。山田さんには何度かアタリがあったらしいが、私とヨッさんにはアタリが全くないままに時間が過ぎていきます。

Abjcimg7273 ここで、結果報告だけします。山田さんはアタリ7回、ゲット2匹、野村さんはアタリ3回、ゲット2匹。私はアタリ6回、ゲット0匹、ヨッさんはアタリ0回で、ゲット0匹。

私にアタリが6回もあったのに釣ることが出来なかったと反省。でもねえ、このうちの5回のアタリはすべて同じイカ。掛けた小さなイカをヨッさんが掬おうとしたときにバレました。

エサをそのまま落とし込むとすぐにアタリ。これを掬おうとするとまたバレて、またそのままエサを落とすとすぐにアタリがあって、またバレて。これを5回繰り返して結局ゲットできなかったという情けないご報告。

午後11時に釣りを止めて高松市到着は午前1時40分。高知県西南部より近いのが大助かりです。

今年最後の釣りは最高の天気に恵まれて、当然大漁と思っていたのに、結果はぐちゃぐちゃになりました。この結果が来年まで引きずらないことを祈ります。

12月 28, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

徳島県のマンホールにお魚デザイン

Aecimg6851徳島県美馬市でマンホールを探していて、旧穴吹町のマンホールにお魚のデザインがありました。それもカラーです。私としてはすごくうれしい発見です。

旧穴吹町の「町の花」のサルスベリと、穴吹川に泳ぐ鮎がデザインされているものと思われます。真ん中の町章は旧穴吹町のものです。

ただ、美馬市になっても「市の花」はサルスベリと決定されています。サルスベリは夏に穴吹川沿いに長く咲き、市民に親しまれているとのこと。

Cimg6703s徳島県のマンホールにお魚がデザインされているものがたくさんあります。 私のマンホールコレクションで探してみると、5種類がありました。海と川に恵まれた徳島県だからだと思います。

鳴門市のタイ、海南町のカツオ以外はアユというのも、吉野川の存在が大きいからでしょうか。

12月 27, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

香川磯連の大会が沖ノ島で(3)

Abkcimg7246 香川磯連大会の沖ノ島で釣ったカンムリベラは、この魚種としては私の自己記録でした。そのことは釣り上げたときにわかっていました。

自己記録の魚を釣ったときはその場でメジャーを当てて写真を撮ります。このときも撮ろうとしたが、暴れてなかなか撮れません。そのとき、どうせ大会の検寸で測ってもらうことを思い出しました。

なので、そのままクーラーに入れてしまい、正式に検寸してくれたサイズ59.1センチが自己記録認定です。釣り場で測ると違うサイズだったと思いますが、正式サイズのほうがいい。

検寸してくれたのは四国磯連会長の古川さん。私が「よーく、コキコキしてよ」とお願いすると、「面倒くさいのう」という手つきでコキコキしてくれました。ふふ。

コキコキしないと魚が小さく固まってしまっているような気がする。これは釣り師共通の気持ちです。
このカンムリベラは今年の11月に41.9センチを釣って自己記録を更新したばかり。これが私の人生2匹目だったのに、3匹目が1ヶ月もしないうちに釣れてしまいました。

12月 26, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

香川磯連の大会が沖ノ島で(2)

Abkcimg7230  高知県沖ノ島での香川磯連の大会。午前9時にカンムリベラを釣ってから全くアタリがありません。一緒に上がった高松名門荒磯会の新宮さんも同じです。

この場所は風裏ですが、風はますます強くなっているようで、沖は白波が立っています。私があきらめて納竿をしたのは午後1時半。新宮さんは渡船が見えるまで辛抱強くやっていたが、それでもアタリがないままに終了です。

さて、カンムリベラが他魚の部で入賞できるかどうか。私がいる磯の近くでは上物釣り師にもほとんど釣れていないようで、この状況だと、カンムリベが3位以内に入賞できるかも、と思いました。だが、そんなに甘くない。

Abkcimg7251 Abkcimg7250 Abkcimg7249 
・渡船場所の宿毛港で検寸です。私のカンムリベラは59.1センチ。フムフムと思っていると、次から次に大きな魚が出てきます。他魚の部では74センチのヒラスズキを釣ったチーム・グレートヨーヘンの秋山さん。

他も70cmを越えるハマチを釣っている人もいます。私が釣ったカンムリベラは子供に見えてきました。料理するのが面倒なので、「まとめて持っていくところがある」と言っていた人のクーラーに放り込みました。

イシダイ、イシガキダイの部で釣ったのは2人だけ。賞品は3位まで用意していたが3位の1万5000円が抽選で当たるラッキー賞になりました。この超ラッキー賞を引いたのがなんと、私と同じクラブのヨッさん。釣らなくても、付いています。

12月 25, 2012 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

香川磯連の大会が沖ノ島で

Abkcimg7218  昨日の23日は香川磯連の「ザ・さぬきカップ大会」が高知県の最西端にある沖ノ島でありました。
私は前日の午後4時半に同じクラブの三好さんと合流して出発し、この日は渡船場の駐車場で車内宴会。午後11時半に就寝です。

Abkcimg7223この日の参加者は事務局長の秋ヤンのブログで確認すると52名。上がる磯は上物、底物別に、チャーターした渡船2隻のどちらに乗るかと、渡礁の順番を抽選で決めます。私が引いたのは岡崎渡船の底物、4番でした。

宿毛港から沖ノ島の姫島までは1時間少しで着きます。私が上がったのは「穴の口前」。午前7時に朝日が昇ると同時に釣り開始。久しぶりの大会なので、一応気合が入っています。ふふ。

Abkcimg7237 一緒に上がったのは底物の3番くじだった高松名門荒磯会の新宮さん。
アタリがありません。アタリはないけど、エサのウニが無くなります。

Abkcimg7225竿を出して2時間後、前触れもなくいきなり竿先が海に突き刺さりました。てっきり大きなイシダイだと思いましたが、残念。カンムリベラです。

いつもの釣りなら逃しますが、今回は大会なので、サイズを測らなければなりません。このカンムリベラもたまたまこの日に釣られた不運に観念してもらうことにしました。

12月 24, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

今年の釣りを漢字で表すとしたら・・・

ご存知の通り、今年の漢字は「金」となりました。ロンドンオリンピックのメダル数がこれまでで最多、金環日食、山中教授のノーベル賞などによるものらしい。

で、読者の皆さんは興味ないと思うけど、私の今年の釣りを漢字で表すとしたら、を考えました。

いろいろと考えましたが、今年の私の釣りは出来すぎと思うぐらい良かった。初釣りで81センチのヒラスズキと46センチのグレが釣れて幸先良いスタート。その後一年を通してイシダイも大きいのは釣れませんでしたが、数がたくさん釣れました。アオリイカも釣れました。

そこで今年の釣りは単純に考えて「嬉」としました。もちろん出来すぎの釣果に嬉しいということ。だけど、この漢字にしたのには別の理由があります。

今年に愛媛県宇和海や高知県南西部、室戸岬に行った回数がこれまでで18回。今月の23日には高知県沖ノ島で香川磯連の大会があるし、その後室戸岬へのイカ釣りに行きたいと思っているので合計20回になります。

これらの釣行すると、1回の釣行で2日間の夕食時は家にいないことが多い。なので「山の神」は40日分の夕食を作らなくていい。「旦那元気で留守がいい」を地で行っているようなものです。

そこで私の釣行で「女が喜ぶ」ので、「嬉」。ふふ。

12月 23, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

高知県の山の中を走る国道にお魚造形

Accimg6938 Accimg6939 高知県四万十町の窪川から愛媛県宇和島市に行くために国道381号線を走っていて、商店街のランプの飾りが鯉のぼりになっているのを見つけました。

場所は高知県西北部にある十和村です。ここは四万十川の上流にあり、鯉のぼりの川渡しを早い時期からおこなっています。最近は全国の色んな場所でされているようですが、その先駆けと思っています。

そのためかビルの壁一面に川渡しの風景が描かれていて、大変目立っていました。

この川渡しには500個のこいのぼりが四万十川の両岸を結ぶローブに結ばれて雄大に泳ぎます。私も道に迷って国道を走っていたとき、たまたま見たことがありますが、それはちょっとした感動でした。

これが鯉のぼりでなくて、ウナギのぼりだったら、最近の不景気をふっ飛ばしてくれるかも・・・。ふふ。

12月 22, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

スィートハンマーというらしい

Abocimg7190 片ちゃんからメールで「リサイクルショップにお魚バッグがある」と知らせてもらい買いに行きました。そのバッグを探しているときに、「スィートハンマー」というのを見つけました。

棒の先にタコがついていて、これで叩くと音がするというもの。これの大きいのを、テレビでビートたけしさんが良く使っています。スィートハンマーというのが正式名なんでしょうか。

これの値段がたったの50円。値段を見て即決で買うことにしました。リサイクルショップといってもこれは新品。どういう経路でここで売られるようになったのかに思いをはせました。

色は3色ありましたが、最もタコらしくない黄色にしました。3色とも買ってもいいと思ったが、こんなものを3つもいらないと思いとどまりました。

ハンガーにたくさん掛かっているが、自分では取り除くことが出来ません。ハサミでぶら下げている紐を切らないといけない。必要なときは「店員を呼んでください」と書いているので呼ぶと、「かわいいでしょ」とニコニコ顔で商品を取ってくれます。私が選んだのが正しいといってくれたが、50円なのでチト恥ずかしい。

12月 21, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

蓮池薫さんの「拉致と決断」

Abkcimg7215 蓮池薫さん著書の「拉致と決断」を読みました。中央大学3年生のノンポリだった著者が拉致された後の生活が書かれていて、あらためて拉致の恐さを知りました。

精神的苦痛とやるせなさと戦いながら、生き抜くために必要なしたたかさも見えてきて、最近読んだ本では最も感銘を受けました。マスコミの報道では伝わらない苦悩が良くわかる本でした。

この本には蓮池さんがした釣りのことなどが4箇所に書かれています。もちろん日本でする趣味の釣りではなくて、読んでいてやるせなさも覚えました。

北朝鮮での釣りは生活のためが大きいようですが、拉致されて監視生活の中で、釣りが若干の息抜きになっていたように思えます。堂々と出来る釣りではなく、監視の目を盗んでしていたようだから、そこまでしてする釣りの本来の意味を考えずにおれませんでした。

堂々とどこでも海岸や川、湖で釣りが出来る日本のありがたさに感謝です。

12月 20, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

100円ショップの優れもの

Abscimg7126 100円ショップでウニをつかむためのトングを買いに行きました。はさむところが広いのと狭いのとの2種類を買いました。どちらが良いのかを試してみるつもりです。

そのついでに氷を作るときのビニール袋「アイスバッグ」を探すとありました。夏前に買って調子がいいので何度か探したのですが、どこの100円ショップにもありませんでした。

100円ショップはどんどん商品を入れ替えていて、新しい商品が出てくる反面、使った後買い足しに行ったときにはなくなっていることが多い。このアイスバッグもそうでした。

今回は初めて行った100円ショップで見つけられたので、売っていた3つを全部買ってきました。ふふ。
氷はいつもコンビニで買いますが、家を出るときに食べ物を入れたクーラーに入れておく氷は家で作ります。

その氷はこのアイスバッグで作るとコンビニで買うような大きさのものがきれいに出来ます。お勧めです。ただ、高松市の100円ショップには売ってないかも・・・。私が買い占めました。ふふ。

12月 19, 2012 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

ニゴイの香川県記録の申請がありました

Zimg050 坂出市の山中一成さんからニゴイの香川県記録の申請がありました。今年の5月12日に香川県の富川という川で釣ったとのこと。

サイズは70cm。これまでの記録は2年前に高校生の山岡さんが釣った61.7センチ。高校生が釣った香川県記録なのでいつまでも残っていてほしいと思っていましたが、こればっかりはどうしようもありません。

ニゴイは昔釣った記憶がありますが、私の記録に記載が無いところを見ると、よっぽど昔のことのようです。なので、確認のために図鑑を見ました。すると、驚いたことがあります。

図鑑のニゴイの項には、「中部以北に多く、西日本には飛び飛びの地域にいる」と書いています。そしてよく似ているコウライニゴイという魚がいて、こちらは「西日本に多い」と書いています。

知りませんでした。これを釣った山中さんはそういうことを確認したうえでの申請かどうかを確かめるために電話をしました。すると、2魚種のことを知っていて、「確かめるためにアゴの下を確認した」とのこと。だとすると、間違いなくコウライニゴイではなくてニゴイということです。

12月 18, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

ソウギョの香川県記録申請がありました

Zimg047 香川県坂出市の山中一成さんからソウギョの香川県記録申請がありました。ソウギョの申請は初めてなので当然認定です。

94センチなので、上げるときの手ごたえは十分に楽しめたと思います。私もこの魚を釣ってみたいと昔から思っていますが、釣り場も釣り方も分からないので挑戦できていません。

申請で見ると今年の3月19日に多度津町の桜川で釣ったとのこと。香川県の川にこんなに大きいソウギョがいるとは知りませんでした。

私は海での釣りが忙しく、淡水での釣りをしていません。磯釣りに行けなくなったときの楽しみが増えました。写真で見ると護岸から釣っているようなので、私が齢がいってもできそうです。

釣りといっても多様です。齢がいって体力が衰えてもそれに応じた釣りが必ずあるものです。でもそのための準備は必要です。

12月 17, 2012 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

ナマズの香川県記録申請がありました

Zimg046 香川県坂出市の山中一成さんから封書で写真が届きました。3魚種の香川県記録更新の申請です。まずはナマズです。

サイズは「73センチ」と書いています。香川県記録はミリ単位で整理しているので、写真をよく見たがわかりません。だが申請サイズの73センチは明らかに越えています。

そこで申請どおり73センチで香川県記録として認定することにしました。香川県在住の人で申請する場合はメジャーと一緒に魚の端っこの部分をアップして写した写真を同封してくれるとありがたい。

もしこの後に73.1センチの申請があって、写真でも明確に見えていれば、認定することになります。そのときになって「73センチは越えていた」というのは悔しいと思います。

山中さんがこのナマズを釣ったのは12月6日に徳島県の飯尾川。私はこの川がどこにあるか知りませんが、ずいぶん遠くまで釣りに行っているようです。写真で見る限りお若い人のようで、元気なんでしょうなあ。

12月 16, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

漁港をぶらぶらしていると

Ablcimg7209 Ablcimg7210 昨日は久しぶりに風もなく晴天だったので、高松漁港を散歩しました。歩数稼ぎでもあります。

港沿いに歩いていると、大きな声で私の名前を呼ぶ人がいます。キョロキョロと探すが声の主が見えません。「こっちや、こっちー」と何度も言われてやっと漁船のトモで手を振っている声の主を見つけました。

美容師のひでちゃんです。以前は船に乗せてもらって釣りに行ったこともありましたが、最近は全くのご無沙汰でした。

船に乗り込んで行くと、「市場で買ってきたんや」と大量のゲタ(ウシノシタ)のウロコと頭をのけています。干物にするといいます。しばらく見物しながら談笑です。のんびりと時間が過ぎていきます。

ひでちゃんの船を下りて、歩数稼ぎ再開です。すると、漁船の合間で二人が竿を出しています。こんなところで釣りをしている人を見たことが無いので、「何が釣れるんですか」と声を掛けました。

返ってきた言葉に笑ってしまいました。「魚や」。で、コチトラも「まさかイノシシは釣れませんわなあ」と返しました。
「齢が70才になると、こういう釣りが一番や」といいますが、まだ何にも釣っていないとのこと。それでも「フグが釣れたが逃したわ」と自慢げです。ふふ。

12月 15, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

水温の急低下で・・・

私は10年日記を付けています。毎日重たい日記に直接書くのは面倒なので、毎朝メモ紙に書いておいて、1週間程度書き溜めたものを転記しています。

今日、転記していて気が付いたことがあります。10年日記には香川県の水温を記録しているので、過去の水温と今年を簡単に見ることが出来ます。すると今年の水温が異常に低くなっています。

香川県中央部の高松市の屋島沖の水温だと、昨日の日付で平成21年15.2度、22年14.3度、23年15.3度に対し、今年は12.0度と極端に低い。

水温は気温と違って乱高下が少ないので、2度以上の差は大変大きい。11月の始めは21年21.3度、22年21.1度、23年21.6度に対し、今年は21.4度と過去と一緒でした。最近の水温急低下が心配です。

オカテッちゃんからアオリイカが狙えるのは水温が15度以上、と聞いています。高松沖の水温が12度だと、アオリイカはほとんど食わないということになります。

で、高知県南部の水温を調べました。すると、なんと28度前後もあります。瀬戸内海と黒潮暖流の違いなんでしょうか。宇和海南部や室戸岬でのアオリイカは大丈夫のようなので一安心。年が明けてもイカ釣りが楽しめそうです。

12月 14, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

香川釣り協の忘年会

Abmcimg7207 Abmcimg7206 昨日は香川県釣り団体協議会の有志の忘年会。写真の左から香川バス釣り協会会長の村橋さん、香川磯連会長の私、全日本サーフ香川協会会長の青木さん、当協会会計部長の藤森さん、デザイナーの猪ちゃんの5人です。

普段は違った釣りをしている人から話を聞くのは新鮮で楽しい。サーフ、バス釣り、磯釣りでは、競う方法が違うようです。サーフでは魚種別サイズ別の年間点数制。バス釣りでは釣り大会ごとの重さ勝負、磯釣りでは1匹長寸が基本です。

この日の料理は刺身から始まり、フライ、カニ、鍋とどんどん出てきましたが、話に夢中になってしまい、写真は最初の刺身しか撮っていませんでした。ふふ。

香川釣り協の主要活動はサンポート高松港でするファミリー釣り大会でしたが、今年で終了することになりました。参加者からは惜しむ声が多数寄せられましたが、とりあえず区切りをつけることにしました。

で、来年以降の活動をどうするかがこの日の話題でした。あるメーカーから協力をいただける話があるので、今後詳細をつめていくことになります。

12月 13, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

香川の磯釣り師の忘年会

Abncimg7193 Abncimg7194 昨日、香川県磯釣連盟の忘年会が、いつもの高松美山ホテルで午後7時からありました。参加者25名。いつもながら楽しい酒席です。

Abncimg7192 この日の料理はフグ、ブタ、牡蠣の鍋に、刺身、ステーキ。それに巻き寿司、シメのうどんでもとても全部食べられません。これでお酒飲み放題で5000円。安い。

Abncimg7196 私の横に座ったのは事務局長の秋ヤン。今年で事務局長を降りたいと考えているようで・・・。後任をしてくれる人が決まるかどうかでやきもきしていましたが、二次会の席で何とか決まったようです。彼のこれまでの苦労が分かるので、良かったわ。

秋ヤンの反対側の隣に座ったのが藤森さん。仕事が忙しいようで、なかなか釣りにいけないとぼやいています。そりゃあ、釣りよりも仕事を優先しないといけませんわ。

今月の23日に高知県沖ノ島で予定している香川磯連の大会にも仕事で出られないとのこと。私も会社にいたときは出張で大会に出られないことが何度かあって、相当イライラした覚えがあります。

明日は香川釣り団体協議会の忘年会。藤森さんと私は連ちゃんの忘年会になります。齢が行くと酒を飲むのも疲れます。ふふ。

12月 12, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

お魚バッグをゲットです

Abocimg7188 Abocimg7189 片ちゃんからメールで、「リサイクルショップにお魚のバッグがある」と知らせてくれました。早速店に行ったが、なかなか見つかりません。

片ちゃんに電話して置いている場所を聞きました。バッグというのでバッグ売り場ばかりを探していましたが、置いていたのはバッグ売り場でなくて、古着に吊るしていました。

片ちゃんは「目立つところにある」と言っていたが、確かに目立っていました。だけど店の人はお魚バッグをバッグじゃないと思っているらしい。ふふ。しゃーないなあ。1200円。

実は、このバッグに見覚えがあります。同じようなバッグで鮭のものを買っていますが、そのときに今回買ったバスのバッグが横に置いてありました。

鮭にするか、バスにするかを迷ったが、淡水魚よりもなんとなく親近感のある海魚にもなる鮭を選んだことを良く覚えています。バスのバッグを買ったことで、揃いました。

12月 11, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

強風の音で目が覚めた

P2cimg4925 今日も強風の音で午前4時前に目が覚めました。最近の風の強さは腹立たしいくらいです。ほとんど毎日が強風と寒さで釣りに行く気がしません。

今週にでも高知県の室戸岬方面にアオリイカ釣りに行こうと思っていましたが、山田さんに電話をすると、「潮が悪い」。潮だけでなく、こんな天気じゃ釣りが出来ませんわ。

ヨッさんやオカテッちゃんからも「イカ釣りに行こう」言われているけど、お誘いする天気じゃないし・・・。ちょっとだけイライラがつのります。

これから忘年会がまだ3つ残っていることも、釣行計画に影響しています。忘年会当日は当然釣りに行けません。忘年会翌日もゆっくりしていたいし・・・。

忘年会前日も釣りから朝に帰った夜が忘年会というのもつらい。なんやかんやで忘年会が1回あると、週の半分は釣りに行く気がしません。ま、これも齢のせいなんでしょうなあ。

というわけで、このブログに釣行が書いてなくても、ボヤーッとしているわけではなくて、結果がそうなっているだけで、日常はもがいているのです。今年は残りの忘年会日取りを考えると、最後の週にイカ釣りに行くような感じです。ま、天候次第。

12月 10, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

受験用の「オクトパス」をいただきました

Abqcimg7166 Abqcimg7173 以前勤めていた会社の情報システム部門の忘年会で、会場でくじ引きを引いた席に座ろうとすると、私の名前を呼ぶ人がいます。

毎年手作りのお魚グッズをくれる阿部さんです。自分で焼いた陶器製のお魚グッズです。彼が会社をリタイアした後始めた趣味で、現在は商品としても売っていると言います。

その製品の完成度を見ると、「売っている」ことに納得します。現役時代には、彼がそんな才能を持っていることを全く知らなかったので、びっくりです。

今回くれたのはタコ。「使いみちは・・・」と聞くと、「オクトパス」。すぐには意味が分からなかったが、「受験用のオクトパス」と言ったのでやっとわかりました。

「置くとパス」のだじゃれでタコの置物を置いていると受験にパスをするパワーがあるようです。ふふ。

裏には小さな吸盤がきれいに付いています。「大きさが一緒なのでメスや」と言います。確かにタコのオスの吸盤はオス同士で戦うために発達した吸盤があって大きさが不ぞろいなのです。私は釣り師として知っていますが、釣りをしない阿部さんが知っていることに驚きました。何事も造形に携わる人は正確性を期すために知識欲が必要なのかもしれませんな。

12月 9, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

愛媛県の国道沿いにナマズ石像

Akcimg6652 愛媛県西北部の伊予市から海沿いに走る国道378号線に大きなナマズの石像がありました。

何年か前にこの国道を走っていて「ここに魚の像がある」と見つけたのですが、私一人でなかったので、写真を撮ることが出来ませんでした。

「この道に魚の像があった」という記憶はありましたが、何の魚かの記憶はなくなっています。場所も定かでないので、スピードを落として探しました。旧双海町の道の駅近くに見つけたのがナマズだったのがすごく意外でした。愛媛県だとマダイか、ハマチと想像していました。

近づいて写真を撮るときに気が付いたが、ナマズの下に瓢箪があります。「瓢箪なまず」、「瓢箪でナマズを押さえる」ということわざがあります。

意味は「ぬらりくらりととらえどころがなく、要領を得ないこと」ですが、なんでこの国道にあまりありがたくないことわざを意味する像があるのかがさっぱり分かりません。でも四国にナマズの像は珍しいので、「お魚像ハンター」の私は大変うれしい。分かんねえだろうなあ。

12月 8, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

国道の歩道にお魚がたくさん

Akcimg6654 Akcimg6655 Akcimg6659 愛媛県の北西部を走る国道378号線の歩道にたくさんのお魚が彫られていました。旧双海町のバス停「唐崎」にありました。

数メートルごとに色んなお魚が彫られた石が埋め込まれています。タイ、ウナギ、ベラ、カワハギ、エイ、タコ・・・。

一つ一つじっくりと見させてもらいました。だがここはみんなも少なく誰も人がいません。これを作るにも相当にお金が掛かったと思うけど、見る人がいないのではかわいそうです。

Akcimg6661 お魚を順番に見て行くと四国で釣れる馴染みのある魚ばかりです。フムフムと見ていると、「えーっ」と言いたくなる魚がいました。サンマです。

四国でサンマが釣れたり、捕れたりしたというという話はほとんど聞いたことがありません。もちろん秋には東北で捕れたサンマが大量にスーパーに並びますが、四国の魚とは言えません。

ここにある魚は「四国の魚」ではなくて、「四国の人が食べる魚」ということでしょうか。ま、私のように理屈を言う人はいないでしょうけど・・・。ふふ。

12月 7, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

四国の磯釣り師が集まりました

Abpcimg7175  先週の日曜日、徳島県の三好市で四国磯連の会議がありました。四国4県の磯釣団体から20名が集まりました。

まずは10月末にあった四国磯連の大会参加者が愛媛24人、高知70人、徳島24人、香川59人の合計177人でした。大会は強風のため1ヶ月間の魚拓審査となったため、来年2月での発表となりましたが、80センチ以上のイシダイが出ているようです。

今年の年間大物ランキングでは、イシダイの65センチ以上が9匹、グレの55センチ以上は1匹のみとなっています。私もチヌの部で50.8センチ、他魚の部でヒラスズキの81.7センチが一応登録されていますが、表彰圏内は無理な感じです。

Abpcimg7183この会議で、高知磯連から特製のカレンダーをいただきました。高知磯連は自前で毎年作っていて元気がいい。ちと、うらやましい。

この会議のとき、香川磯連事務局長の秋ヤンから12月23日に予定している「香川カップ磯釣り大会」の参加申し込み者がこれまでに40人程度にしかなっていないとのこと。

高知県沖ノ島で渡船2隻を借り切っての大会なので、もう少し人数を集めないといけません。渡船代、弁当代を含めて参加料は1万1000円です。表彰はイシダイの部、グレの部、他魚の部のみで、3位までの現金となる予定です。金額は参加人数によります。

一般参加も可能ですので、読者も四国の荒磯で竿を出して見ませんか。参加申し込みはこのブログのコメントに「参加したい」と書いてくれればこちらから詳細をお知らせします。

12月 6, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

内藤さんから男女群島報告

Zca98i2bos 金沢市にいる内藤さんから11月下旬に行った男女群島の釣行報告が届きました。今回は、金沢市から長崎県の渡船場に行く途中に「これから行くぞ」と電話があったので、よほど自信があったらしい。普通は、釣行のあとで、釣れたときだけ報告するというのが釣り人の常識です。ふふ。

以下は内藤さんからのメールです。
「今回は高橋さんと平戸から大師丸にて釣行いたしました。
23日午後6時過ぎに出港して午後10時に男女につきましたが強風で夜釣りは諦めました。
24日は早朝、風速17mで風裏しか乗れず、私は女島のペチャパイに乗りましたがこれが旨く当たって石鯛51cm~37cmを9枚
イシガキ33cm~25cm8枚と結構沢山釣る事ができました。」
高橋さんとは東広島黒潮クラブの高橋さんのことで、私も何度か一緒に行ったことがあります。
「夜釣りは疲れがでたので又サボりました。
25日は凪になり絶好の釣り日和になり私は真浦の1番に乗りましたが・・・・
海亀が磯の周りをうろつきまして・・その所為か本命のアタリは全く無しでした。
高橋さんは24日、25日共石鯛は釣れずにイシガキのみでした。
来年は4月に男女釣行を企てておりますので是非ご一緒致しましょう。」
良く釣れたようです。良かった、良かった。       

12月 5, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

釣りクラブの忘年会

Abpcimg7177 Abpcimg7181 この前の日曜日、私が所属する高松黒潮クラブの忘年会でした。参加者14人。全員に笑ってもらって写真を撮ったのはいいが、一番手前に座っていた宝山さんが写っていませんでした。その代わりに二次会で30年ぶりにカラオケで熱唱する姿を掲載します。ふふ。

ところでこの日、私の前は山田さん。横はヨッさん。このメンバーが揃えば、当然アオリイカの話になります。山田さんは先日室戸岬に行ったとき、ヤエン釣りを始めたといいます。

「それまでしていたウキ釣りよりも断然アタリが多かった」という報告。私もヤエン釣りを試して見たい気になりました。ヤエンはだれにもらったのか忘れたが、釣り倉庫にあります。

ヨッさんはしばらく釣りにいけなかったが、「これからは行ける」ということなので、今年中に行く計画を立てる予定です。北西風が強くなる時期なので、高知県西部がいいはず。

私が釣具屋で買ったイカ仕掛けがよくなかった理由を言うと、ヨッさんもその意見に全く同意してくれました。その商品の改善方法を聞いたので、今度試してみるつもりです。

直すところは、市販品は活きアジと掛けバリとの間隔が長すぎる。掛けバリが短いとイカが警戒するというのが理由らしいが、これまでの経験から言うと、長いと掛けてもばらすことが多い気がします。さてさて・・・。

12月 4, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

リタイアした会社の忘年会

Abqcimg7167 Z87f3a11e5ff8fbe5c8e7b60171eb65aa 私は会社現役時代の多くは情報・通信関係の部門でお世話になりました。毎年その部門で、現役とリタイア組みが一緒に忘年会をしています。これも世話をしてくれる兵頭さんがいてくれるお陰です。

今年も先週の金曜日に30人近くが高松市内の料亭に集まりました。リタイア組みは全員が一人ずつマイクを持って、現状報告が義務付けられています。酒が入ってからなので、私は毎年「あんなことを言わなきゃよかった」と反省します。私が何を言ったかはひ・み・つ。

Abqcimg7169私の前に座った現役の井上さんが釣りが好きということをはじめて知りました。もちろん私が現役のときも同じ部門にいたので良く知っていましたが、釣りが好きとは知りませんでした。メールアドレスを教えて、「今度、いい魚が釣れたら写真を送って」とお願いしました。ふふ。

Abqcimg7171 忘年会に行く前に少し時間があったので本屋に寄りました。釣りコーナーではないところをうろうろしていると、「アナゴ 実はウミヘビだったりして」という帯の本が目に飛び込んできました。

立ち読みすると、安い寿司屋に出てくるアナゴは外国から輸入したマルアナゴというウミヘビ科の魚と書いていて、びっくり。他の魚でもスーパーなどでの表示がおかしいとも書いています。

「だまし食材天国」。武井義雄著。日経ビジネス人文庫。もちろん買いました。読むのが楽しみです。

12月 3, 2012 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

トラフグの香川県記録申請がありました

Zca6p5bans 高松市の加藤尚人さんから大きなトラフグを釣ったので香川県ギネスの認定依頼がありました。そこで写真をメールで送ってもらいました。

香川県記録としてはトラフグの記載が無いので、サイズにかかわらず認定ですが、このトラフグはでかい。釣ったときに測った時は61.5センチあったとのことですが、写真判定で58.5センチと認定させてもらいました。

釣ったのは今年の11月23日に松山沖の船からルアーでタチウオ釣りをしていて釣ったといいます。このサイズを市場で買ったら何万円するんでしょうか。


Cie0402 釣り人の加藤さんは平成21年に1メートルを越えるオオニベを釣っている大物釣り師です。もちろんこのオオニベは香川県記録として登録されています。

大物は狙って釣るものだけど、狙ったら釣れるというものでもない。それでも狙い続けるのが大物釣り師です。私にはできそうにありませんわ。

12月 2, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

グレ釣りとアオリイカ狙い(3)

Abrcimg7163 西脇さんと高知県大月町の波止でイカ狙い。私は3匹ゲットしたが、西脇さんは私が掬い損ねたのでケチ付いたのか3回のバラシ。

この日は午後9時近くまで竿を出して、その後は車内で缶ビールで宴会。そのために午後11時には二人とも爆睡してしました。

翌日の水曜日は午前4時から竿を出しました。前日にアタリがたくさんあったので、間違いなく釣れると思いました。

Abrcimg7162竿を出して2投目。期待通りのアタリです。合わせると掛かっていたがはずれてしまいました。そのまましばらく待っていたが来ないので、仕掛けを上げるとアジの背中ががっぽりと食われています。

しばらくして満月が後ろの山に沈むと急に暗くなり、夜明けを待ちます。だが明るくなっても二人ともアタリがありません。西脇さんは何とか1匹を釣りたいと集中していますが、アタリが無いことにはどうしようもありません。

西脇さんは昨日のバラシの原因は合わせのタイミングが悪かったのか、気にしているようだが、私にも分かりません。

Abrcimg7164波止場をうろうろしていると、ハリセンボンがボヤーッとしています。玉網で掬うことに成功。怒ってパンパンに膨れるのがおもしろい。海に戻すと空気で膨れているのでなかなか潜れません。それでもしばらくすると元気良く潜っていきました。

午前8時半納竿。高松市到着午後3時。西脇さんには何とか釣って欲しかったが、こればっかりは・・・。

12月 1, 2012 波止釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)