« セトダイの香川県大物ギネス申請がありました | トップページ | 再びサヨリ釣り »

2012年10月 2日 (火)

イシダイのカマを塩焼き

Ajcimg6717 Ajcimg6718 宇和島市で釣ったイシダイ、イシガキダイ5匹をおろしました。高知県の港でウロコと内臓は落としましたが、包丁が小さいしイシダイが脂ですべって危ないので、家で帰ってから頭をおとしました。

いつもなら大名切りをして内臓と頭をそのまま捨てるのですが、出刃で頭を切ろうとしても脂ですべります。これは相当おいしいはずと思い、カマに塩をして冷蔵庫に入れていました。

これを昨日の朝、焼いて食べました。この日の朝食はイシダイのカマが2個、サヨリの一夜干しが1匹、ポテトサラダ、モロヘイヤと豪勢。朝からこれだけ食べていたら痩せないはずです。

さて、カマの味ですが、予想通り脂が乗っていて旨い。イシダイ釣り師にしか味わえないはずです。難を言えば、もう少しだけ多く塩をつけていたほうが良かったかも。

子供のときから塩の塊がついた塩鮭が大好きだったように、魚の脂と塩のマッチングが大好きなのです。まだカマは3個残っているので、これにはもう少し塩を振りかけておくつもり。ふふ。

10月 2, 2012 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/55769417

この記事へのトラックバック一覧です: イシダイのカマを塩焼き:

コメント

コメントを書く