« サヨリ釣りに四苦八苦 | トップページ | 今年のサンポート釣り大会 »

2012年9月23日 (日)

サヨリの塩加減抜群

Alcimg6646 釣ったサヨリを一夜干しにして、翌日の朝に食べました。抜群の塩加減ですごくおいしい。サヨリの新鮮さもあって、釣り師冥利につきます。

いつもならハカリで塩の量を測り、塩水に浸けておく時間もキチンと計ってするのですが、このときは適当に塩を入れて塩水を作り、1時間したら取り出そうと思っていたのだが、他事をしていたら4時間が経っていました。

その適当さが絶妙の塩加減になったのだから、分かりませんなあ。ま、結果よければすべて良しです。

グリルで焼いている時間は6分。このごろ毎朝魚を焼いているので、魚の切り身を見ただけで何分焼けばいいのかが分かります。ちょっと厚めの生魚なら9分。

これを基準にして、一夜干しで水分が少ないものは短縮します。サヨリのように身が少ない一夜干しは6分間焼くのが少しだけ水分が残って絶妙の焼き加減になります。

ところが、今回の一夜干しを作る塩分濃度が適当だったので、再度作るときに同じ味ができる自信がありません。ふーむ。

9月 23, 2012 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/55715238

この記事へのトラックバック一覧です: サヨリの塩加減抜群:

コメント

コメントを書く