« 鳴門市で豆アジ釣り | トップページ | 高松黒潮クラブ創立40周年記念の写真 »

2012年8月 2日 (木)

豆アジをおろすのは簡単

Bacimg6317 Bacimg6318 Bacimg6319 鳴門市で釣った豆アジを近くの波止に行きおろしました。小さいアジをおろすのは簡単です。から揚げにするのでウロコを取らなくてもいいし、ゼンゴもそのままでいい。

内臓とエラだけを取ればいいのですが、ちょっとしたコツがあります。背びれの後ろから腹に向かって斜めに包丁を入れます。そして包丁を押し付けたまま頭のほうに押し上げるようにします。

すると内臓とエラがきれいに取れるので、それを洗えば終わりです。おろす時間を時間を計ると1匹が5秒。100匹でも10分ぐらいで出来ました。簡単でしょ?

この後、ゴカイのエサを持っていたので、7メートルのメバル竿で探り釣りをしてみました。すると、フグ、ベラ、ハオコゼの入れ食い。8回竿を振って7匹。さっさと竿を仕舞いました。

それでもベラの中にホシササノハベラがいたので、今年に釣った魚種に追加です。ふふ。

Bacimg6329この後車の中で釣り服からジャケットに着替え。鳴門市役所に行って鳴門市のカラーマンホールの所在地を教えてもらうので、釣り服ではいけません。どうです? とても釣りをしていたとは思えない立派さでしょ。

Cimg6335s鳴門市役所の下水課の人は、ジャケットのお陰ではないと思うが親切に対応して所在場所を教えてくれました。このマンホールはこれまでに5回以上、合計10時間以上探しても見つからなかったマンホールです。「なんで、こんなところに・・・」にありましたわ。

8月 2, 2012 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/55326590

この記事へのトラックバック一覧です: 豆アジをおろすのは簡単:

コメント

コメントを書く