« イシダイ45.5センチで優勝 | トップページ | キスの塩焼きをごちそうになりました »

2012年6月13日 (水)

イサキ、イシダイで乾杯

Blcimg6037 Blcimg6036 Blcimg6041 Blcimg6042 日曜日の香川磯連の大会で釣った魚を食べるために、高松市内の割烹「川照」に集まりました。片ちゃん、斉藤さん、宝山さん、猪ちゃん夫妻と私の6人です。

上物釣りをした片ちゃん、斉藤さんが釣ったイサキとグレ、それに私が釣ったイシダイの料理です。イシダイ、グレはあぶり、イサキは塩焼きがメイン。どれも新鮮さはお墨付きなので、まずいはずがありません。

この日の話は釣りの話よりも下の話。下の話といっても元気のある話ではなくて、尿の出が悪くて、いつまでもジョンジョロ、ジョンジョロと出て困るという、老人性の話。釣りの話をしていてもいつの間にかジョンジョロの話になってしまい、そのことに気が付いて大笑い。しゃーないなあ。

イシダイのあぶりは皮付きなので、皮が固いイシダイはなかなか噛み切れません。なので、再度煮付けにしてもらい、「これなら柔らかい」と・・・。ふふ。

宝山さんからは私のブログにいちゃもんです。いや、いちゃもんでなくて、正しく由緒あるご指摘です。
私がブログに「パーティ」と書いてあるのは間違いで、「パーティー」と最後を伸ばさないといけない。「辞書を引いてみれば分かる」とのこと。

宝山さんのことですから、決していやみな言い方ではなくて、ジンワリの指摘でした。もちろん正しい指摘でしたので、今後気をつけます。

6月 13, 2012 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/54943652

この記事へのトラックバック一覧です: イサキ、イシダイで乾杯:

コメント

コメントを書く