« イラとヒブダイのフライ | トップページ | 釣り師泣かせの魚の値段 »

2012年6月19日 (火)

またまたまた干潟遊び(平成24年)

Bjcimg6053 アメリカから里帰りしているユーキ、ショーエイと、近くの川で5回目の干潟遊び。コチトラも行く度に小魚やカニを捕る技術が進歩します。

最初は大き目の石をひっくり返すだけでしたが、スコップを使ったり、網を使ったりして、効率よく捕まえることが出来るようになりました。ふふ。

ショーエイが石をひっくり返すとびっしりと小さな卵が付いています。カニの卵かと思ったが、インターネットで調べるとどうもハゼ科の魚の卵のようです。私にとっても発見でした。こういう卵が付いている石をいくつも見つけました。これだけの卵があれば、秋になればここでハゼを釣るのもいいかも・・・、と思います。

小さなハゼの子がたくさん泳いでいますが、石の下には少し大きめの魚もいます。私が子供のころには「どんこ」と言っていた魚ですが、本名は分かりません。

なんやかんやで1時間もすると、たくさんのカニ、エビ、小魚が捕れます。カニはいくらでもいるので、孫もカニはバケツに入れないで逃がしてしまうほどです。このカニもチヌ釣りのエサにはいいんだよなあ。

6月 19, 2012 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまたまた干潟遊び(平成24年):

コメント

コメントを書く