« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

おわりに

この半年間もいい釣りができました。感謝です。

  「四国は釣りの楽園・天国」
   平成24年1月1日~6月30日

   著者  谷口寿人
   発行  平成25年2月

   著者紹介
      香川県釣り団体協議会 会長 
     香川県磯釣連盟 会長
     高松黒潮クラブ 会長     
    
     1983年以降、「関西のつり」に連続執筆
     西日本磯釣協議会機関誌「潮目」に
     「おもしろ釣り問答」執筆中
     お魚グッズコレクション 約1200個以上  

6月 30, 2012 | | コメント (0) | トラックバック (0)

足摺海洋館に大きな魚造形

Bxcimg5746 以前、オカテッちゃん、ヨッさんと3人であしずり港にイカ釣りに行きました。そのとき途中の国道にある足摺海洋館の壁にあるお魚造形を写真に撮り、このブログにも書きました。

その後、オカテッちゃんから「大きなお魚の形があったのに、気が付かなかったのか」と言われて再度近くに行ったとき見に行きました。すぐに見つかりました。

チョウチョウウオの造形です。正確に言えばトゲチョウチョウウオの造形です。ま、そんなことを正確にいう必要は無いのは知っていますが、ついつい知識を見せびらかしたくなるのです。ふふ。

高知県の足摺に来ると、なんとなく南国の感じがします。チョウチョウウオは南国の感じがする魚です。
ほとんどの水族館にはこの魚がいて、そのかわいらしさを見せびらかしています。

北海道の水族館の看板にチョウチョウウオは似合わないけど、ここの看板は周囲の南国イメージとマッチしていい感じでした。

6月 30, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

熊ちゃんから指魚

Bycimg5712_2 釣りクラブの仲間と飲むために集まったとき、片ちゃんから「熊ちゃんから」と写真のものをくれました。布で作ったサメです。キーホルダーでもないし、ストラップに付いている紐もありません。

お腹の部分にに穴が開いているようなので、袋から出して指を入れてみました。多分これで遊ぶのだと思います。指人形は知っていますが、これは何と言うのでしょうか。

人形じゃないので「指魚」ということしか思い浮かびません。こういう玩具は初めての品なのでうれしい。

このサメを入れている透明の袋に値段シールが付いていて、20円。笑える値段です。リサイクルショップで見つけてくれたらしい。この指人形ならぬ指魚は500円の値段が付いていても私は買うと思います。

リサイクル前の本当の値段はいくらしたのでしょうか。それにリサイクル業者はいくらで買ったのでしょうか。ま、そういうことはどうでもいいですが・・・。

6月 29, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

愛媛県西条市の国民休暇村で・・・

Bhcimg6098 孫たちと西条市の国民休暇村に泊まったとき、そこの売店でハゼの箸置きがありました。2個で630円。「山の神」が買うお土産品と一緒に会計したので、支払いは「山の神」持ちでした。ふふ。

国民休暇村に行った日は雨だったので、宿泊地に行く前の観光地として「屋根があるところがいい」といいます。そこで新居浜市にある「愛媛県立総合科学博物館」に行きました。

これが正解でした。ここには直径30メートルのプラネタリウムがあります。最近まで世界一の大きさでギネスの認定がされていたものです。星の解説と全天井に写る恐竜の映像物語があって、孫に好評でした。

プラネタリウム以外にも恐竜の大きな造形で動くものがあったり、いろんな科学実験が楽しめるものもあります。私と「山の神」は疲れてベンチで一休みしている間に孫たちは堪能したようでした。

昼食はここのレストランで食べたのですが、どれも超安い。私が食べたヤキソバは300円。値段が安いのでインスタントかと思ったぐらいです。でも、ちゃんとしたものでした。

県営なので、入場料も500円と安いし、いい遊び場でした。平日だったので人が少なく、県の財政は大丈夫かといらぬ心配をしてしまいました。

6月 28, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

イシダイ選手権大会がなんと・・・

Y1cimg4696 今度の日曜日に、「西日本磯釣協議会石鯛釣り選手権大会」が予定されています。私は同じ高松黒潮クラブ所属の宮ちゃん(宮崎さん)と二人だけで参加する予定にしています。
私がこのクラブに入部したときはイシダイ釣りをする人がほとんどでしたが、最近はイシダイ釣りをする人が減っているのです。しゃーないです。

私たちが行く場所は愛媛県の宇和海を予定しています。香川磯連での優勝に味をしめて、場所を決めました。ま、そこんところが浅はかといえるかも知れるません。

昨日、事務局長の秋ヤンから電話。「どこに行くのか」と聞くので答えると、「俺は沖ノ島に行くので、審査場所に行くのに少し遅れるから、先に審査をやっていてくれ」とのこと。これまでの秋ヤンの苦労を考えるとお茶の子さいさいです。

ところで秋ヤンのブログを見て驚きました。この大会参加予定人数が236人にもなって、当初計画の100人を大幅に超えたそうです。そのお陰で賞金総額が膨れ上がっています。

賞金総額90万円で、優勝賞金はなんと20万円。とんでもない金額です。2位でも15万円。最下位入賞の10位でも3万円の大判振る舞いになったそうです。バンザーイ。

優勝賞金20万円の使い道を考えておかないといけません。クラブ員でパーッとやりますか。それとも値段の高いイシダイ竿を買いましょうか。悩むなあ。

6月 27, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

イシダイが西日本磯釣協議会の大会で3位になりました

Bmcimg6017 6月10日にあった香川磯連の大会で45.5センチのイシダイで優勝しました。この日には同時開催で西日本磯釣協議会の大会も行われていて、この大会にもエントリーしていました。

秋ヤンのブログを見ると、

http://hpcgi2.nifty.com/kagawaisoren/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2012&m=6&d=23

私が釣ったイシダイが西日本の大会の四国会場で3位になったと書いています。「オドロキ、モモの木、山椒の木」。チト古いですか。でも文句があるはずがありません。ふふふのふ、です。

まさか西日本の大会で入賞するとは思っていませんでした。同じ日に二つの大会が重なっていたので、ラッキーとしか言いようがありませんわ。

今年の入ってからの私の釣果は、自分でも「どうなってるの」と疑問に感じるほどの好調です。香川磯連の優勝だけでも十分に幸せを感じているのに・・・。

ナンカ、これから悪いことが起こる前兆じゃないだろうか。それとも私のこれまでの辛抱が一気に花開いたということでしょうか。ま、どっちでもええわ。うれしいことにいちゃもんはいけません。

6月 26, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

大きな魚の像がありました

Bicimg6086 愛媛県今治市のしまなみ海道の島にある吉海町の「いきいき館」に大きなお魚の像がありました。ここでは好きな食材を勝手に選んで七輪で焼くことが出来るバーベキュー料理が人気です。

私が行ったときは平日なのに、たくさんの予約客でごった返していました。そのバーベキュー席の奥に大きな魚の石像がありました。魚の種類はマダイのような気がします。迫力があります。

そのすぐ横には小さなカサゴの像がポツンと置かれていました。だがこのお魚を気にする人は誰一人としていません。みんなバーベキューを食べ終わるとさっさと出て行きます。

「宮窪石彫りサークル」とあります。宮窪町には石材を大量に使った公園もあるので、そういう関係もあるのだと思います。宮窪港にはおそらく世界一の大きさだと思うカサゴの像があって、わざわざ写真を撮りに行ったこともあります。ふふ。

こういう楽しい像なんだから、是非みんなにも見てもらいたいものです。バーベキューを食べ終わったら、ぐるりと周りを見渡す余裕ぐらい欲しいと思います。ま、自分に言っているのだけど・・・。

6月 25, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

孫と高松港で釣りしました

  Bhcimg6102 孫が釣りをしたいと言うので、昨日高松サンポート港に行きました。ただし到着したのが午後6時なので、日没までの1時間しか時間がありません。
自宅近くで竿を出そうと思っていたのだが、昨日までの長雨で川から濁流が流れていて海が濁っていたので、少し離れた港まで行きました。

Bhcimg6099Bhcimg6101だがここでも海は薄濁りの状態です。最初に釣ったのはユーキ。小さなイトヒキハゼです。小さくても釣れれば楽しい。孫も喜びます。その次にショーエイがヒトデを釣ります。これでも楽しい釣果です。

でも濁りのせいか、アタリがほとんどありません。孫はジーッと待つということを知りません。仕掛けを投げ込むとすぐに巻き上げようとします。そんなにすぐに魚がガブッと食いつくはずが無いけど、孫がしたいようにさせます。

Bhcimg6104 ショーエイがイトヒキハゼを釣ります。しきりに「食べられるの」と聞きます。「食べられると思うけど、小さいから逃がしてあげようよ」というと、喜んで自分から逃がします。

空がだんだんと暗くなりかけてきます。最後にユーキが上げたのは海毛虫。「触っちゃダメ」と言わないと、握ろうとします。これで納竿です。もっと釣れればもっと楽しかったのだろうけど、これは仕方ないです。

6月 24, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

コブダイのコロちゃんに会いました

Bicimg6076 Bicimg6077 愛媛県のしまなみ海道の島、大島の吉海町にある「いきいき館」に、孫と行きました。ここには人懐っこい大きなコブダイがいるはずです。

以前にここに来てから何年もたっているので生きているか心配しましたが、元気でした。係員に聞くとここで飼われ出してから13年目だと言います。ここに来るまでにも何年かたっていると思うので、コブダイって結構長生きのようです。「もぶし」はコブダイの方言です。

孫たちは大喜びで見つめます。ユーキが「エサをやりたい」というので職員に聞くと、バーベキュー用に売っている貝やエビを買ってくださいとのこと。

Bicimg6088 Bicimg6089 そこでバーベキュー用の帆立貝を買いました。冷凍なので1個100円。安い。これをユーキやショーエイがちぎって水面上に出すと、コロちゃんが大きな口を開けて寄ってきます。

口の中には歯がたくさん見えて、かぶりつかれると痛そうです。そこでコロちゃんが近くに来るとすぐに放り出してしまいます。手に持ったままではエサをやれそうにありません。私が試してみたが、やっぱり恐いのですぐにエサを手から離してしまいました。ふふ。

ここでのバーベキューが大人気のようで、たくさんある席が予約で満杯とのこと。私たちは係員が急遽作ってくれた席でいただくことが出来ました。

6月 23, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

手作りのお魚看板

Ucimg3529 高知県から四国の東海岸を北上して徳島県にはいる手前が東洋町です。国道55号線で、お魚の造形を見つけました。手作りの看板のようです。

車を止めて写真を撮ろうとすると、店の前に椅子を出して座っているいるおっさんがいます。じーっとこちらを見ています。そりゃあ、そうだと思います。

カメラを持って店の前に来ると、いきなり看板を撮るのですから、不思議に思うのが普通ですわなあ。

ここはお魚売り場のようですが、看板がカツオになっているとおり、主に生カツオを売っているような感じ。私は好んではカツオを食べないので、店に入っていくのも躊躇します。

だから写真を撮るとさっさと車を発進させたのでますます不審者。バックミラーで見ると、長い間私の車を見ていました。ふふ。

6月 22, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

ハゼの箸置きを買いました

Kcimg3888_2 香川県高松市から高知市につながる国道32号線にある、金比羅さんの手前に滝宮(たきのみや)があり、そこに道の駅があります。

そこの産直市場で、ハゼの箸置きを見つけました。100円。安いイメージの100円ショップでは消費税を入れると105円ですが、ここでは税込みの100円。ふふ。もちろん買いました。

この道の駅では、日曜日はいつもフリーマーケットがあるのですが、この日は何故か無くて、人も閑散としています。

箸置きを入れている透明の袋の中に、製造元と思われる「ふじみ園」のラベルがあります。陶器の製造元の名前としては珍しい名前と思い、インターネットで調べてみました。

分かったことは「知的障害者援護施設」。ということは、この箸置きも知的障害者の作品でしょうか。製品だけを見ると、とてもそんな感じはありません。

100円という値段で買ったことが、申し訳ない気がしてきました。300円でも、私はコレクションとして買ったはずです。

6月 21, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

釣り師泣かせの魚の値段

Bxcimg5804 高知県四万十市の県道に架かる「四万十大橋」の欄干にお魚造形がありました。日本最後の清流にいるアユです。造形だけでも、なんとなく大きくて立派なアユに感じましたわ。

Bxcimg5809その橋を渡り終えると、県道沿いに道の駅らしきものがあります。「JA高知はた 中村南部」と見えたので、寄ってみました。というのは、私が釣りに出る前日に「山の神」から、「高知県で何かかんきつ類があったら買ってきて」と頼まれていたからです。

小夏がたくさん入って1000円というのを買ったついでに鮮魚部門を覗いてみました。

Bxcimg5810 アジが50円。安いが高松市のスーパーでもこれぐらいの値段のときがたまにあるのでびっくりはしません。
でもその横にあったグレの値段を見てたじろぎました。40センチのグレが200円。

40センチのグレはそう簡単には釣れません。高い渡船料を払い、高い撒き餌を買い、釣り場で並々ならぬ努力をしてやっと釣れる魚です。それがたったの200円かい。

その近くにあったアオリイカも1ぱいが1000円。釣り師泣かせの道の駅です。

6月 20, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

またまたまた干潟遊び

Bjcimg6053 アメリカから里帰りしている孫と、近くの川で5回目の干潟遊び。コチトラも行く度に小魚やカニを捕る技術が進歩します。

最初は大き目の石をひっくり返すだけでしたが、スコップを使ったり、網を使ったりして、効率よく捕まえることが出来るようになりました。ふふ。

ショーエイが石をひっくり返すとびっしりと小さな卵が付いています。カニの卵かと思ったが、インターネットで調べるとどうもハゼ科の魚の卵のようです。私にとっても発見でした。こういう卵が付いている石をいくつも見つけました。これだけの卵があれば、秋になればここでハゼを釣るのもいいかも・・・、と思います。

Bjcimg6058小さなハゼの子がたくさん泳いでいますが、石の下には少し大きめの魚もいます。私が子供のころには「どんこ」と言っていた魚ですが、本名は分かりません。

なんやかんやで1時間もすると、たくさんのカニ、エビ、小魚が捕れます。カニはいくらでもいるので、孫もカニはバケツに入れないで逃がしてしまうほどです。このカニもチヌ釣りのエサにはいいんだよなあ。

6月 19, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

イラとヒブダイのフライ

Bjcimg6059 愛媛県の宇和海で釣ったヒブダイと、足摺岬で釣って冷凍していたイラをフライにして、孫に食べてもらいました。食が細くて、「早く食べなさい」と言わないといけないのに、この日は黙っていてもいくつも食べます。

子供は正直です。「おいしいものは進んで食べる」。このフライを油で揚げるのは私の役目。揚げすぎないように、中に火がさっと通った段階で油から取り出します。

完璧の揚げ状態です。ところがこれを一口食べた「山の神」が「ワオー」と言って口から出そうとします。「良く揚がってない。まだ生じゃないの」と言います。刺身でも食べられる魚をきゃんきゃんに固くなるまで火を通せということらしい。

「分かって無いな。それは高級料亭の味や」と逆襲すると、やっと納得して食べ出しました。ま、私が料亭に連れて行って食べさせて無いってことか。ふふ。

でも今回のフライは大好評だったが、残念なことはフライにしてしまうと、イラとヒブダイの区別が出来なくなって味の比較が出来なかったことです。区別できなくても、全部がおいしかったので「良し」としましたわ。

6月 18, 2012 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

熊ちゃんから「小物入れ」

Bncimg5976 Bncimg5982 高松市内にある熊ちゃんの店、「くるみ本店」に行ったとき、「お魚でないとダメなのか」といきなりです。意味がよく分かりません。出してきたのが、カニの形をした小物入れです。

爪の形がきちんとすっきり出来ているのが、見ていて気持ちいい。熊ちゃんに持ってもらって写真をお願いしたら、店で働いている女子大学生に持ってもらって写真を撮ることになりました。

さて、私のお魚グッズコレクションになるか、ならないかは私の独断専行ですが、釣りが好きで始めたコレクションなので、釣りの対象になるかどうかを基本にしています。

だから魚はサメのグッズでも、エサトリのグッズでも、コレクションの対象になります。だが、クジラはお魚でないし、釣りの対象でも無いので、コレクションにしていません。

水の中にいるすべてが対象じゃないのです。亀も対象じゃない。だが,貝はびみょ~~。ほとんどコレクションしていないが、ほんの少しだけ持っています。自分でも理由が分かりませんけど。ふふ。独断ですから、これでいいのだ。

Bocimg5971 ところで、我が家の近くの川で干潟遊びをしたとき、爪に藻のようなものが付いたカニがたくさんいました。私の知識ではモクズガニのような気がしましたが、モクズガニは川のカニなので、海水にいるはずがないと思って、名前が分からないと書きました。

この件について、熊ちゃんから「このカニは淡水にいるモクズガニで、産卵のときに海に行く」と教えられて、納得でした。このブログの読者からも、「高知ではモガニとか、ツガニといわれて売っている」とのコメントがあり、インターネットで調べると、モクズガニのことでした。

6月 17, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

愛媛県西海町の波止で全遊動ウキ試し

Bmcimg5985 Bmcimg5996  10日の香川磯連の大会前日、愛媛県の最南端の町、愛南町の西海の波止で木っ葉グレを釣りました。全遊動のウキを使ってグレが釣れるかどうかを試したかったのです。

1投目から道糸につけた目印が走って、23センチのグレが釣れて、全遊動ウキでもグレが釣れる感触を得ました。そのときちょうど見物に来ていた地元の人が、「ええのが、釣れたなあ。ここではそれが良い型や」。

そう言われるとリリースできません。しばらく話をして、その人が少し歩いていったときにリリースしました。ふーっ。
戻ってきて、「チヌな」と聞いてきます。「50センチが1匹でいいのだけど釣りたい」というと、「ここの人はチヌは釣らんからなあ。団子で狙ったら、釣れるよ」と親切です。

全遊動でもグレが良く釣れます。ただ道糸につけた目印が角度によっては見にくく、磯で使えるかどうかはその場で試してみないと分からない、いうのが結論です。

Bmcimg6001しばらくして2人組の釣り人が来ました。クーラーには香川磯連所属のクラブ名が大きく書いています。秋ヤンのクラブです。そこのクラブ員かと思ったら、 現在休部中とのこと。
それでもチヌを狙いにわざわざ300キロも車で走ってくるぐらいだから、やる気は十分なようです。徹夜で狙うと言っていましたが、釣れたのでしょうか。

夕方近くになってやってきた地元の漁師の話が面白くて、楽しかった。30分以上一人でしゃべり続けて、「こんなに遅くなった。早く帰らんと女房に叱られる」と、そそくさと小型ボートに乗って消えていきました。

その漁師の話ですが、「若いときに大企業に就職して大阪に行って順調だったが、競輪で大借金をして首が回らなくなり、父親に連れられて帰って漁師になった」、「網で一度に5トンのイサキが捕れて1回で1000万円以上の売り上げがあった」、「この年に船を買い、家を新築したが、2年後にはイサキがいなくなった」などなど、このブログには書けないことも、たくさんしゃべってくれました。釣りをしているとこういうことがあるから楽しいのだ。

6月 16, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

キスが釣れるか、試し釣り

Bmcimg5984 先週日曜日の香川磯連の大会に使うガンガゼウニを、前日の土曜日に高知県宿毛市に買いに行きました。このとき短い竿でちょっとだけマムシのエサをつけて投げ込んでみました。

20日前の5月19日にこの場所でウニを買い、車で出ようとすると、私と同年輩の人が投げ込みをしていて、丁度キスが釣れました。それが27センチ級の良い型。

その人が車の中にいる私のほうに向けて、うれしそうにそのキスを突き出して見せます。車で近寄って「でかいですね」と、話しかけました。
すると、「ここで夜だと30センチ級も釣れるんです」と言います。使っている竿は投げ竿ではなくて、短い竿をちょこっと投げただけのようです。

そんなことがあったので、一度は試し釣りをしなくてはと思っていました。1投目にブルッとアタリがあって釣れたのは、ミニサイズのカサゴちゃんです。小さくても何かが釣れればうれしい。もちろんリリース。こんな魚をクーラーに入れたら、あとが情けなくなります。

それからしばらく、アタリがありません。少しだけ遠くに、遠くといってもせいぜい30メートルを投げて釣れたのが25センチのキス。ここには良型のキスがいることが分かったので、これで納竿しました。

この場所だと私のキスの自己記録28.6センチを破れるかもしれません。夜にマムシのエサでじっくりと狙ったらの話なので、しばらくは出来ないと思うけど・・・。

リタイアすると自由な時間がたくさんあるので、こういう探索も出来ます。会社現役のときは、とにかく目的地に向かってひたすら走っていましたが、リタイアしてからは家を早めに出発して、こういう新たな発見も出来ます。ふふ。

6月 15, 2012 投げ釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

キスの塩焼きをごちそうになりました

Bkcimg6045 Bkcimg6046 昨日はある経済団体の総会があって、久しぶりに黒の背広を着ました。背広を着たけど、クールビズでネクタイをしないから、ただでさえ海で日焼けして真っ黒になっている顔がしまりませんわ。

総会の後、熊ちゃんのお好み焼き割烹「くるみ」に行きました。生ビールを2杯目に行こうとしたら、片ちゃんが登場。この日に船で釣ってきた魚を入れたクーラーを持って来ています。
カウンター席の一番入り口に近いところに座ります。彼の定席だそうで、私は一番奥なのでなんか変な感じ。ふふ。

クーラーの中はキスです。27センチを始めに良い型のキスが36匹も釣れたのだという。その中から熊ちゃんが手際よく塩焼きにしてくれました。塩が良くきいておいしい。「塩焼きにするんだったら、もっと大きいのを持ってくればよかった」と片ちゃん。

この塩焼きが出てくるまでに十分に食べていたので、23センチぐらいのこのサイズでちょうどよかったわ。

Bkcimg6050 熊ちゃんがお魚グッズをくれました。楊枝入れと言います。写真には写っていませんが、向こう側に穴が開いていて、入れることが出来るようになっています。

でも目のところが開いていて、私がこれまでコレクションしたものの中で、お香立てとして買ったものの形とよく似ています。どっちなんでしょうかねえ。どっでもええけど・・・。ふふ。

6月 14, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

イサキ、イシダイで乾杯

Blcimg6037 Blcimg6036 Blcimg6041 Blcimg6042 日曜日の香川磯連の大会で釣った魚を食べるために、高松市内の割烹「川照」に集まりました。片ちゃん、斉藤さん、宝山さん、猪ちゃん夫妻と私の6人です。

上物釣りをした片ちゃん、斉藤さんが釣ったイサキとグレ、それに私が釣ったイシダイの料理です。イシダイ、グレはあぶり、イサキは塩焼きがメイン。どれも新鮮さはお墨付きなので、まずいはずがありません。

この日の話は釣りの話よりも下の話。下の話といっても元気のある話ではなくて、尿の出が悪くて、いつまでもジョンジョロ、ジョンジョロと出て困るという、老人性の話。釣りの話をしていてもいつの間にかジョンジョロの話になってしまい、そのことに気が付いて大笑い。しゃーないなあ。

イシダイのあぶりは皮付きなので、皮が固いイシダイはなかなか噛み切れません。なので、再度煮付けにしてもらい、「これなら柔らかい」と・・・。ふふ。

宝山さんからは私のブログにいちゃもんです。いや、いちゃもんでなくて、正しく由緒あるご指摘です。
私がブログに「パーティ」と書いてあるのは間違いで、「パーティー」と最後を伸ばさないといけない。「辞書を引いてみれば分かる」とのこと。

宝山さんのことですから、決していやみな言い方ではなくて、ジンワリの指摘でした。もちろん正しい指摘でしたので、今後気をつけます。

6月 13, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

イシダイ45.5センチで優勝

Bmcimg6025 Bmcimg6031 日曜日に愛媛県の宇和海で釣ったイシダイは45.5センチでした。これが香川県磯釣連盟の大会でイシダイの部、優勝となってしまいました。

この日はイシダイが全く釣れてなくて、審査に出てきたのはたったの2匹だけでした。ま、簡単に言うと、2匹の中では私が釣ったほうが大きかったということ。ふふ。よっぽど、イシダイが釣れなかった大会だったようです。

私にイシダイが釣れたのは、たまたま、偶然、運が良かったということですなあ。それでも釣れない条件の中で釣った快挙と言えないこともない、・・・と思いたい。ふふ。

Bmcimg6028 審査場には60センチのイシダイを釣った人も来ていましたが、これは香川県の人ではなくて、西日本磯釣団体協議会の大会参加者でした。

大きいのを釣る人は釣っているんですなあ。西日本の大会だと四国全体での競争になるので私が釣った45センチでは入賞はまずダメです。あきらめています。

ラッキーで香川磯連大会の優勝です。自分で祝、祝、祝・・・。

6月 12, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

昨日は釣り大会でした

Bmcimg6007 Bmcimg6009 昨日の日曜日は、香川磯連と西日本磯釣団体協議会の二つの団体の釣り大会がありました。私が行ったのは、愛媛県宇和海の武者泊の磯。

最初の1投目で小さいイシガキダイ。25センチなので放流。「今日は調子がいいかも・・・」と思ったが、あとが続きません。竿を出してから3時間。やっと30センチオーバーのイシダイが釣れました。一安心です。

渡船が昼の弁当を持ってきたとき、「釣れたか」と聞きます。このサイズでは「釣った」と言えません。両手で「小さい」と答えました。

Bmcimg6011このあと、大きなアタリで竿が一気に引き込まれました。「ワオーッ」。あせったが、上がってきたのはヒブダイの50センチ強。ま、いろどりにはなります。それにアメリカから里帰りしている孫においしいフライを食べさせることが出来ます。キープです。

この後。33センチぐらいのイシダイが釣れましたが、大会の審査に出せるサイズではない。

納竿1時間前、前アタリがほとんどなくて、竿が一気にガクーンと入り込みました。竿受けの心棒が抜けそうになってあわてました。引きが強い。40センチを越えているイシダイで、大会の審査に出せそうです。

Bmcimg6023本日の釣果、イシダイ3匹、イシガキダイ1匹、ヒブダイ1匹、コブダイ1匹、カワハギ1匹。

Bmcimg6013それにしても釣り座が狭くて、苦労しました。それでもこの日の強風が背後の岩壁でさえぎられて、風に悩まされることが無かっただけ良かったのでしょうか。

同じ磯に上がった上物釣りには30センチぐらいのイサキを入れ食いで50匹以上釣ってクーラーをいっぱいにしていました。

6月 11, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

マハタの自己記録

Bucimg5866 Bucimg5868 ジャンジャカジャーン。マハタの自己記録です。サイズはえーと、19.8センチ。文句は・・・、あるでしょうなあ。でも自己記録なんです。

四国磯連の大会前日に愛媛県西海町の波止でチヌを狙っていて釣れたものです。マハタは釣り人には名前が通った魚ですが、めったに釣れません。

この小さなマハタも何十年かすれば1メートルを越える魚になっていくのでしょうけど、申し訳ないがめったに釣れない魚なのでキープして持って帰りました。

ハタの仲間にはたくさんの種類がありますが、マハタはその仲間の中でも中心的魚種です。

そういえば香川県の大物記録にもまだ申請が出ていません。この19.8センチでも申請できるけど、恥ずかしくて出来ませんわ。ふふ。せめて50センチを越えたのが釣れれば申請したいと思います。

6月 10, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

全遊動式ウキの威力

Bwcimg5839_2 香川磯連のチヌ釣り大会で、全遊動式のウキを使ったおかげで5匹も釣れました。これまでは釣れても1匹か2匹。大会の会場になっている仁尾町の一文字ケーソンで、5匹も釣れたのは初めてです。
今年が特によく釣れているというのではなく、むしろ今年は遅れているといわれています。

宇和海で全遊動式のチヌ釣りを練習した成果です。私独自のちょっとした工夫もしました。水深をちゃんと測り、それを少し超える道糸の位置に大きめのウキ止めをつけて目印にしました。

そうすることで道糸がスルスルと入っていくときに、道糸に付けたウキ止めが動いていくので動きが良く見えます。そしてそのウキ止め目印の動きでアタリがわかりました。
さらにアタリがあったときの目印の位置でだいたいのタナが推測できました。このときはほとんどが底に近いところでアタリが出ました。この目印が無ければこういうことも分かりません。

また事前に、道糸のすべりを良くするために撥水性の高い糸を使いなおかつシリコンスプレーを掛けておきました。全遊動の場合、道糸のすべりを良くするために細い糸を使うのが普通ですが、磯である程度大きいのがきても取れるように3号を巻いているのです。ふふ。

もうひとつ工夫したことがあります。撒き餌に生と半ボイルの両方をミックスして混ぜ、これをどんどん撒くことで、生はエサトリに取られても、半ボイルは食べられずに下に落ちていく可能性が高かったのではないかと想像しています。

ただ反省もあります。ハリスへのオモリの付け方をもう少し工夫すべきだったかもしれません。ハリの上30センチと1.5メートルにジンタンオモリをつけましたが、これだとハリにつけたエサが遅れて沈んでいくはずです。このためアタリの出方が見えずらかったような気がします。ハリのチモトに付けたほうが良かった気がします。今度はもっと工夫して、バンバン釣るぞー。

6月 9, 2012 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

宴会予約が成功するか

Bncimg5979 Bncimg5978 Bncimg5980 昨日は高松黒潮クラブの飲み会でした。場所は高松市内のお好み焼き割烹「くるみ」です。ここのマスターの熊ちゃんも高松黒潮クラブのクラブ員。

今週の日曜日は香川磯連と西日本磯協の二つの磯釣り大会となっています。だから大きい魚を釣れば二つの大会で入賞することが出来ます。ふふ。当然気合が入ります。

私は愛媛県の宇和海でイシダイを狙います。この釣ったイシダイで宴会をすることになりました。だが「まだ釣っていない魚で宴会予約」をすると釣れないというジンクスがまたまた話題に。「ジンクスは破られるためにある」と言いましたが、さて。

この日の料理はたくさん出てきましたが、カサゴの煮付けはクラブ員の斉藤さんと、クラブ員ではないススムさんが、徳島県鳴門市で釣ってきたもの。いい味をしていたので2匹食べました。

Bncimg5981 Bncimg5981s 宝山さんは2日前にアメリカ旅行から帰ってきたばかりです。アメリカにいる息子さん家族とテキサス州のダラスの野球見物に行き、ダルビッシュを見たと写真を見せてくれました。

バックネット裏のいい席にいたということで、ダルビッシュが、イチロー、上原と談笑しているところが写っています。これを参加者全員で回し見しました。奥さんからは「自慢そうに、写真を持っていかないほうが・・」といわれたらしいけど・・・。

6月 8, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

サンポート釣り大会についての打ち合わせ

Brcimg5956 毎年秋にサンポート高松港で開催している「サンポートファミリー釣り大会」の、今年開催が危ぶまれる状況になっています。これまでのようには資金が集まりません。

この大会は子供の参加が多くて名実ともにファミリー釣り大会になっていました。毎年300人の参加募集がすぐに満員になってしまい、人気の高さを誇っていました。

何とか今年も開催できないかと、主催団体の香川県釣り団体協議会の役員が集まって協議しました。全日本サーフ香川協会の青木会長、会計担当の藤森さん、それに猪ちゃんと私の4人です。

香川県釣り団体協議会はあくまでも趣味の団体であって、県や市から補助金が出るわけもありません。そんな中である企業がスポンサーとなって釣り大会を続けることが出来ました。

もちろん釣具メーカー各社からの協賛を得ることが出来て、参加者に抽選で当たるさまざまの釣具提供を受けていましたが、これだけでは釣り大会の運営は出来ません。

今後どうするか関係各社と調整して決めることにします。

6月 7, 2012 釣り大会手伝い | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

祝! 累計アクセス数がいい数字

本日の昼、このブログへの累計アクセス数が1010101になっていました。101万101アクセスです。どうって意味がありません。でもふとアクセス数を見たら、縁起がよさそうな数字になっていたので、ご報告です。ふふ。

ついでに県別のアクセス数を見て、ちょっとだけ驚きました。これまでは私の地元である香川県から3割、東京、愛媛県が1割強、高知県、徳島県が1割弱で、その他の全国から3割でした。

だが最近の傾向を過去4ヶ月間で見ると、香川県の比率が下がって2割強、次に多いのが東京で2割、そして次が大阪となっています。そして兵庫県からのアクセス数が大分増えています。

どうして東京からのアクセスが増えているのかのはっきりした理由は分かりません。やっぱり東京の人口のパワーなんでしょうか。大阪、兵庫からのアクセス数が四国内の県よりも多くなってきていることも、そのことをあらわしています。

それとこの5月末、6月始めにかけて2件のコメントがありました。いずれも「竿の固着」についてのこのブログ記事を見て、役に立った感謝のコメントです。こんなことも都会のアクセス数が増えている原因かもしれません。

要するに、「役に立つ情報」を書かないといけないということですな。

6月 6, 2012 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

また、干潟遊び

Bocimg5969 昨日の夕方、ユーキが学校から帰ってきて宿題を終えると5時半。夏至が近いのでまだまだ明るい。そこで前日に続いて近くの川の郷東川で干潟遊びです。

小さなハゼやカニがたくさん取れます。カニもいろんな形をした種類が取れますが、どういう名前なのか、知識がありません。魚図鑑だけでなくカニ、エビ図鑑を買わなくてはいけませんな。

干潟遊びは子供には楽しいものらしい。ワーワー、キャーキャーといつまでも遊んでいます。

この日の最大は、ものすごくでかいカニ。爪に藻がついているので川にいるカニのような気がするが、分かりません。調べなくては・・・。

Bocimg5971あまりに大きいので、ユーキが「食べられるのか」と聞くので、「食べられる」というと、「食べようよ」と何度も言います。だけどこの手のカニは食べたことがありません。おそらく食べられると思うけど、確信が無いので、昨日と同じく全部逃がしてあげました。

6月 5, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

孫と干潟遊び

Bpcimg5961 Bpcimg5965 Bpcimg5966 孫がアメリカから里帰りしています。昨日は大潮で夕方の干潮の潮位は15センチとすごく引きます。

そこで近くの川の干潟で、カニ取りと小魚取りに行きました。小さなカニはいくらでも取れます。中には大きなカニもいて予想以上の釣果じゃなくて、取り果です。

魚は潮溜りに小さいのがたくさんいますがすばやく動くので、簡単に取れそうにありません。そこで私の出番です。子供のころに遊んだ経験が役に立ちました。

まずは少し大きめの石をはぐれば、ハゼなどがいて簡単に取れます。また、大きな潮溜りでは中にある大量の藻を一掴みにして一気に砂浜にかきあげてから、藻の中を探すと取れました。

この方法で小さなエビもたくさん取れました。シラサエビに似たエビですが、何の名前かは分かりません。釣りのエサにすると抜群にいいはずです。ふふ。

6月 4, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

香川県記録に申請ラッシュ

Btcimg5926 先日、郵便ポストに6枚の魚拓が入っていました。香川県の魚種別記録への申請です。すべてカラー写真が添付してあったので、助かりました。

申請があったのは、次の6魚種です。
ミナミハタンポ。16.0センチ。戸田恵美子さん。釣った場所は高知県藻津。
クロホシイシモチ。17.7センチ。戸田恵美子さん。釣った場所は高知県藻津。

ナシフグ。33.2センチ。松本和夫さん。釣った場所は高松市G地区。
ワニフグ。52.8センチ。戸田悟さん。釣った場所は高知県藻津。

ハマフエフキ。42.7センチ。戸田悟さん。釣った場所は高知県大月町。
ムラソイ。41.5センチ。戸田悟さん。釣った場所は徳島県椿泊。

以上の6件の申請を受け付けました。
なお、ミナミハタンポの申請はミエハタンポとなっていましたが、写真で判定したところミナミハタンポでした。また、クロホシイシモチの申請はクロイシモチとなっていましたが、写真で判定したところクロホシイシモチでした。

これらは写真を添付してくれていたのでわかったことです。今後の申請はすべて写真添付を義務付けないといけないかもしれませんな。

6月 3, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

楽しいお魚クリップ

N2cimg4942 私はメモするときに、内容別に色の違うメモ用紙を使っています。黄色のメモ用紙がなくなったので黄色のコピー用紙を買いに100円ショップに行きました。このコピー用紙を6分割してメモとして使っています。

100円ショップに行くとついついお魚グッズを探してしまいます。そして見つけたのがペーパークリップ。楽しい漫画風のお魚がデザインされたクリップです。

即購入決定。もちろん105円です。お魚グッズをたくさん集まりましたが、どちらかというと、こういうデザインのものが気に入っています。

だいたい使うつもりのないコレクションですから、見て楽しいのがいいのです。実用性は二の次です。このペーパークリップも使うつもりがないので、どうなんでしょうか。

紙をクリップすると、お魚の部分がはみ出るはずです。実際に使うと使いずらいような気がします。また、実際にこのオジンが使っているところを見たら、他人は「変な老人」と気味が悪いと思います。てもいいんです。使うことはありませんから。ふふふのふ。

6月 2, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

アメリカ土産のお魚

Bscimg5951 先月末にアメリカのアリゾナ州から孫が里帰りして来ました。高松空港で会うなり、「お魚がある」とユーキ。私の関心がお魚にあることをよーく分かっています。ふふ。

家に到着すると早速出してくれました。小さなお魚フィギャアです。小さくて良く見えないほどです。口にエサをくわえているのが見えます。金属製でウロコもあります。アメリカのお店で買ったとのこと。

こんなに小さくて精巧な魚をアメリカで売っていることに少しだけ驚きました。アメリカ人はとにかく大きいのが好きというイメージだったので・・・。

Bscimg5953 他にカードのお土産もあります。手作りのお魚もあります。シールもあります。日本に帰国する前から楽しみにしてくれていたことが分かります。

シールは一つ一つはがして紙に貼り付けています。残念。買ったままではがさないであれば、私のお魚コレクションになったけど・・・。でもまあ、かわゆい孫のお土産ですから、お魚グッズコレクションに入れたいと思います。

6月 1, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)