« イカとグレ | トップページ | 香川県磯釣連盟の会議で決まったこと »

2012年4月12日 (木)

イカとグレ(2)

H4cimg5560    高知県大月町でヨッさんとイカ狙いです。1日目は私が釣った1匹だけでした。翌日の朝は5時から竿を出しましたが、アタリがありません。そのうち、道糸や仕掛けにどろどろした赤っぽいものがつきます。

ヨッさんは「養殖にやるエサの残りが腐ったもの」と言います。これが釣れない原因なのかどうかは分かりませんが、とにかくこの波止を断念して場所変えをすることにしました。

H4cimg5565とはいえ、昼にイカは釣れません。だったらということで私が前日に試したチヌ釣りポイントに行くことにしました。到着すると地元の釣り師がヒラスズキを釣ります。

私は夜まで頑張ってチヌを狙うことにしました。ところが釣れてくるのはグレ、グレ、グレ。25センチ以上だけをキープすることにします。3時間で釣れたグレが34匹。このうち、キープサイズは2匹のみ。

ヨッさんがどうしてもイカ釣りをしたいので場所を変えると言い出します。そこで別れて釣りをすることにして、ヨッさんは車で30分ほど南の波止に行き、私は残ってチヌ狙い。

H4cimg5580 場所を変わったヨッさんから電話「1投目からイカが釣れた。これから入れ食いになるから来いや」。そんなことをいわれても私はチヌ狙いで頑張るつもり。

しばらくしてヨッさんからまた電話。「ヒラスズキの大きいのが釣れた」。そしたまた「来いや」。

H4cimg5577だがコチトラも忙しいのです。最初は小さかったグレがじわりじわりと大きくなってきます。ヨッさんが変わって行って一人になってから27センチ、28センチ、29センチと大きくなり、31センチが釣れたところで雨が降ってきました。

狙いはあくまでも大型のチヌ。だがオジンは雨に弱いのです。で、さっさと退散して、ヨッさんが釣ったヒラスズキを見に行きました。そしてサイズ計測。74.8センチと立派です。

「このヒラスズキをどうしようか。困った困った」とため息をつきます。「誰かいる人はいないか」と私に期待している様子です。ヨッさんの家は魚を食べないらしいのです。私も要りません。そこで私の兄に電話すると「欲しい」というので、ヒラスズキの嫁入り先が決定しました。めでたしめでたし。

4月 12, 2012 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカとグレ(2):

コメント

コメントを書く