« アリゾナ滞在記 9 | トップページ | アリゾナ滞在記 11 »

2012年4月15日 (日)

アリゾナ滞在記 10

Cimg5077Cimg5107
クルージング6日目。前日の夜出港したクルーズ船は2泊3日をかけて出発地のロサンゼルスに戻ります。その間、本当の意味でのクルージングを楽しむしかありません。シアターでのいろんなショーも見ました。

昼はティーパーティがあって、いろんな紅茶とケーキを楽しめます。プールサイドのチェアでゆったりと過ごすこともできます。ビュッフェにあるフルーツにかぶりつくことも出来ます。

また日本から持っていった本5冊も読んでしまいました。その中には「破天荒釣り師 伝説の名人・近藤市太郎」(小学館文庫)、「ただのナマズと思うなよ」(椎名誠、文春文庫)など、釣りや魚の本もあります。

船の上ではたっぷりと時間があります。ゆったりといろんな時間を過ごしました。もちろん家族で過ごすことも多いですが、一人で船内を探索するのも楽しいことです。船が大きすぎていつも迷いそうになります。そして、「へー、こんなものまであったのか」と言う驚きの施設もありました。真にクルーズを楽しむには何度か参加しないとできないようです。

Cimg5256 ここで、最後の上陸地のプエルト・バジェルタでもうひとつお魚グッズを買っていたことを忘れていました。ここはビーズ製品が特産と聞いていたので探したらありました。

最初5ドルと言うのを4ドルに負けてもらいました。ユーキも欲しいというので、「2個買うから6ドルにして」と言ったら断られてしまいました。ふふ。

Cimg5236 お土産店が並ぶダウンタウンはいかにもメキシコの風情がありました。地元の人にとってはどうってことのない風景でしょうけど、日本人にとっては「ホンワカとする風景」でした。外国人が香川県に来たらどういう景色に感動してくれるのでしょうか。わからないなあ。

この日の夕方からユーキの体調がかんばしくありません。クルージングの最初と最後は体調完全とはいえない状況です。

4月 15, 2012 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリゾナ滞在記 10:

コメント

コメントを書く