« アリゾナ滞在記 3 | トップページ | 台湾のお土産です »

2012年4月 5日 (木)

アリゾナ滞在記 4

Cimg5151 クルージングでの3日目。この日はカリフォルニア半島の最南端にあるメキシコのリゾート地、カボ・サンルーカスに上陸です。朝食をすませた後、クルーズ船の地下1階から出るボートでメキシコ入国を果たしました。

下船するための番号札を長い行列に30分以上並んで入手しましたが、この番号札は結局何にも使いませんでした。このいい加減さがアメリカらしいというか、日本人には理解できませんわ。意味ないことで並ばせるなよ。

船内で観光ボートの受付をしていましたが、一人50ドルから70ドル。ミホが出発前に、知らない人のブログで「自分で交渉したほうが安い」と書いていたのを読んでいたので、船内での申し込みをせずに上陸。客引きと交渉すると、大人20ドル、子供10ドルで交渉成立。むちゃくちゃ安い。

  Cimg5131観光ボートに乗って港を出ると、ペリカンがいます。日本でペリカンを見ることがないので、「外国に来たあ」という感じがします。

Cimg5140Cimg5149
ボートは恋人ビー チに着きます。ところが船着場がないので、船が砂場に突進した後、「下りろー」の声。飛び下りると大きな波が来て下半身がビチャビチャになってしまったが、これが正式の降り方なんだって・・・。
船に戻るときはもっと悲惨な濡れ方になりました。由美子は全身が大根状態になってカツに担ぎ上げてもらいやっとの乗船です。下船のときよりもっと濡れました。でも空気が乾いているのでベトベト感はありません。船に帰るとシャワーが出来るのでどうってことない。

あわよくばこのビーチで釣りをしようと釣具を持っていきましたが、観光客が多くて竿を出せる状態ではありません。ここは辛抱です。

Cimg5154Cimg5169s

恋人ビーチからボートで港に戻ると、サメの造形がお出迎えです。サングラスを掛けて、お盆を持っています。ユーキと記念撮影。この造形だけで、カボ・サンルーカスが好きになりました。

ここはガイド本によると、10月から11月に「ワールド・フィッシング・トーナメント」が開かれ、カジキが1年間に4万匹以上釣れる大物釣りのメッカということです。その証拠に港のいたるところにカジキやシイラの造形があちらこちらにたくさんあります。

そしてたくさんの釣り船が係留されています。中には一緒に船に乗ってくれる人の募集看板まであります。港を歩いているだけで楽しい。 

4月 5, 2012 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリゾナ滞在記 4:

コメント

コメントを書く