« 「高松黒潮クラブ」の集まり | トップページ | 水族館で釣り見物とお魚の小銭入れ »

2012年3月 3日 (土)

水族館はお魚造形のパラダイス

   M2cimg4976 M2cimg4962高知市の名所桂浜にある水族館に行きました。玄関前に木製のアカメがあります。写真を撮ってから入場券を買いに・・・。

 

売り場の人に「この水族館には、飼育期間日本一のクエがいると本で読んだ記憶がありますが、今でもいますか」と聞きました。私がアカメの写真を撮っているのをジーッと不振そうに見ていた受付の人が言いました。

 

「ずいぶん昔の話やなあ。もう死んでしまったがな。」。がっくりしました。20年以上前のことだったらしい。確かに私が本を読んだのもずいぶん昔でした。ふふ。

M2cimg4970水族館の中に入ると、アカメの造形があちらこちらにあります。高知県ですので、アカメが売りなのは分かりますが、それにしてもアカメ造形のオンパレードです。

 

館内は最近はやりの大型水槽は無く、昔風の水槽が並んでいて、中にいる魚もいつも釣っている魚が中心でした。懐かしい感じです。それでもこれだけの施設を管理していくには財政的に頑張っているのだろうなあと感じました。

 

ペンギンやアシカがいて、このショーで頑張っているようです。私が帰ろうとした11時半からショーがあるとアナウンスしていましたが、私が興味あるのはあくまでもお魚なのでそのまま帰りました。

3月 3, 2012 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水族館はお魚造形のパラダイス:

コメント

コメントを書く