« いろんな釣り大会があります | トップページ | イカ仕掛けを入れるケースを作りました »

2012年3月21日 (水)

高松市牟礼町の道の駅にお魚

Cacimg4649 以前、宝山さんに教えられていった高松市牟礼町の道の駅「源平の里 むれ」の食堂「海鮮食堂 じゃこや」の料理がことのほかおいしかった。

 

なので、今回は食事目的で再び行きました。今回頼んだのは地エビの天ぷら350円、ゴボウの金平100円、アサリの味噌汁100円、タコ飯200円。合計750円。これだけ贅沢の定食風の値段とすると安い。

 

以前来たときに見た箸置きディスプレーがあります。円形の板にたくさんの箸置きが張り付いています。ふと奥の入りこんだところに目を移すと魚らしきものが見えます。

Cacimg4648Cacimg4646Cacimg4647近づいて確認。鉄で出来たお魚があります。その横には、小皿らしいものを吊り下げたもの。形からサメ、カツオ、ハマチ、シマアジらしいことが分かります。楽しい。

 

そしてその横には、ミノカサゴなどの剥製というかミイラみたいなものが木の箱には言っています。これはちょっとねぇ。どうなんでしょうか。

 

これらをまん前に見る席に陣取ってゆっくりと食事を取りました。リタイア人としての贅沢な昼食時間が過ぎていきます。

3月 21, 2012 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松市牟礼町の道の駅にお魚:

コメント

コメントを書く