« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

アナゴの香川県記録申請

Zimg022 全日本サーフ香川協会の事務局長の青木さんから、昨年に香川県記録を更新したアナゴの申請がありました。そのサイズは90.0センチと巨大です。

これくらい大きいとクロアナゴじゃないかと疑いましたが、写真で見ると体の横に白斑が点々と見えます。この白斑がアナゴの証明です。クロアナゴにはありません。

香川県釣り団体協議会に所属している全日本サーフ香川協会が認定したものであれば、それだけで正式認定になりますが、今回は証拠写真も添付してくれていました。

釣ったのは全日本サーフ香川協会所属で高松市在住のの大川勉さん。もちろん投げ釣りです。釣った場所は香川県多度津町沖にある高見島。釣った日は昨年の7月16日。

多分真夏の夜釣りで釣ったのだと思いますが、これを釣り上げたときは気持ちが悪かったと思います。私も愛媛県宇和島市南部の湾でアナゴが入れ食いになったことがありますが、その気色悪さと言ったらすごいものでした。

アナゴをハリからはずすために布で包むと、グニュウーと腕に巻きついてきたときには正直全身の鳥肌が立ちましたわ。

2月 29, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

「日本の島全図」が届きました

X1cimg4737 昨年の12月、新聞の囲み記事に「日本の島全図」の発刊が掲載されていました。記事によると「全国の有人島と無人島あわせて約1000島を掲載」と書いています。

釣りにとって魅力ある島の約1000が掲載されているというのなら、これはぜひとも買わなくてはなりません。出版社は財団法人「日本離島センター」。値段は525円。

ん? 値段が安すぎます。1000個の島が掲載されていて525円。ま、儲けてはいけない財団法人が出版なので安いのでしょう。
早速近くの本屋に取り寄せ注文をしました。

注文した翌日、本屋から電話があり「売切れてしまい、増刷中。出来上がるのは2月になるが、それでも注文しますか」とのこと。売り切れになっているということは、それだけ人気があると言うこと。もちろん注文です。

本屋から「届きました」の電話。ワクワクしながら買いに行きました。私がイメージしていたものとは内容が違っていましたが、525円なので、納得です。宣伝どおり1000個の島がどこにあるかが地図上に掲載されています。また島の名前が県別に一覧表になって整理しされています。じっくりと見ることにしました。

2月 28, 2012 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

四国磯連の総会が高知県で

M2cimg4988 M2cimg4987 昨日、高知市で四国の磯釣り師が集まって磯連の総会がありました。大阪、兵庫からも西日本磯釣協議会の役員も来てくれて大いに盛り上がりました。

会場のぐるりには昨年釣った大物の魚拓を貼っています。秋ヤンが釣った大物クエの魚拓が一番目立つところにありました。宴会では正調鳴子踊りが披露されて、これも初めて見るものでした。

M2cimg4993年に一度のこの会議でしか会わない人もいます。高知磯連の大原さんも、1年ぶりにお会いして近況をお聞きしました。

M2cimg4997 私の横に座ったのが、四国磯連会長の古川さん。香川磯連の新年総会でも「イシダイ釣りを始める」と公言していましたが、この日は「来年からする」とより具体的になりました。ホントに始める気らしい。

私が3年前に初めてそこそこの釣果があるので、「底物は簡単」と思っている節があります。ま、やってみなはれ。ふふ。

2月 27, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

「地獄の釣り」を思い出しました

Cimg3286 2月19日に放映されたNHKの「にっぽんの釣り」。一時は大ブームだったなぞ掛けのWコロンのねずっちさん。最近はめっきりテレビで見なくなりましたが、そのねずっちさんの相方の木曽さんちゅうさんが静岡県の下田沖の深海でキンメダイを狙う釣りでした。

番組の冒頭で木曽さんちゅうさんは「本格的に釣りをするのはこれが初めて」と聞いて、「すごいなあ」と思いました。400~500メートルの深海を釣りするというのは大変だと思ったからです。

オモリが鉄筋棒の2キロ、25本バリにイカの切り身エサ、大型電動リール。ほとんど初めての釣りでこれを扱うのは難しいだろうなあと思っていたら、ほとんど釣りにならないまま船酔いでダウンしてしまいました。芸人が折角もらった仕事なので頑張っている感じが伝わるだけに・・・。

つづく・・・。

この日のキンメダイは、木曽さんちゅうさんがダウンしている間に船長が尾ビレをシャチに食いちぎられた1匹だけを釣って終わり。民放だととてもじゃないけど番組にならない内容でした。

この映像を見て、波が大きくて釣りがままならない大変さが伝わってきました。そして室戸岬沖での船釣りを思い出しました。ここで数年前に80センチ以上のブリが釣れるというので出かけましたが、船酔いで釣りどころではありませんでした。

私のクラブでは室戸岬の釣りは「地獄の釣り」と呼んでいるのは知っていましたが、実体験は想像以上の苦しみでした。だから木曽さんちゅうさんの悔しさ、苦しみがよく分かって、NHKらしい番組になっていました。ふふ。

2月 26, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

飯田さんからインドネシア土産のお魚グッズ

O2cimg4938 O2cimg4933s 個人的異業種交流をしたとき、前日までマレーシア旅行に行っていた飯田さんからマレーシアのお魚グッズをいただきました。

そしてそれとは別にインドネシアのお魚グッズ2個もいただきました。キーホルダーとマグネットです。どちらもなんとなく「インドネシアーー」と言う感じの色彩です。

インドネシアに行ったことがないので、「何が、インドネシアか」と聞かれても答えられませんが・・・。インドネシアのお魚が私のコレクションに加わりました。ふふ。

マグネットのほうは猪ちゃんが「顔つきからしてハギの仲間や」と言います。磯釣り師にはよく分かりますが、釣りをあまりしたことがない塚本さんはそれを聞いて感心しています。

ま、お土産品ですので、実際にこういう魚がいるのかどうかは分かりません。ま、お魚であることに間違いはないので、うれしさに間違いもありません。

2月 25, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

今日の日経新聞を見て

Zimg025 今日の日経新聞の文化欄を見ると、お魚のことが書いています。この欄に魚のことを書いているのは珍しい。タイトルは「海渡った日本の魚類標本」となっています。

200年前に日本の魚類標本をドイツの博物学者が持ちかえった内容です。読み進んでいくと筆者が香川県在住と分かってびっくりしました。この欄に香川県人が書いたのを見た覚えがありません。

で、名前を確認すると覚えがあります。数年前に私のこのブログつながりである会合でお会いしたことがある滝川さんでした。

滝川さんはお魚に興味を持っていて、たしか「魚の情報局」というサイトを立ち上げていました。その中で、「高松市の商店街のラーメン店の上に大きな木彫りのコイがある」と教えてくれました。

それを確認してこのブログに2006年の夏に書きました。あのとき以降も滝川さんが通常の学者では出来ないお魚の研究していると知って、うれしく思いました。同郷の人として頑張って欲しいと思います。

2月 24, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

香川県三木町の塀に恵比寿様

Ucimg3483 香川県東部に釣りに行き、高速道路「高松自動車道」の「さぬき三木IC」近くの側道で、かわいらしい恵比寿様を見つけました。屋外なのでくもの巣が掛かっているのは仕方ないとしても、すごく素朴な感じの恵比寿様です。

この恵比寿様なら、私の「大漁祈願、大物祈願」も、「分かりましたあ」と受け付けてくれそうな気がします。抱いている鯛にも素朴さがにじんでいます。

四国一の素朴恵比寿様だと思います。ま、願い事をかなえる力と素朴さとは必ずしも一致しないかもしれませんが・・・。

民家の塀の上に恵比寿様があることを発見したのは、1年ほど前のことでした。それから今までに書いた「塀の上の恵比寿様」はこれで14個目になります。

このため最近は車で走っていても、ちょっと立派な塀の民家があると、つい恵比寿様を探してしまいます。ふふ。すると、立派な塀で恵比寿様が鎮座している確率は結構大きいということが分かってきました。

「塀の上の恵比須様」学の権威になれると思います。学会でも作りましょうか。ふふ。

2月 23, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

寒グレはうまいぞ

Y1cimg4733 U1cimg4809m 今年の初釣りで釣れたグレは脂が乗っていました。頭を落とすと、内臓は分厚い脂肪でべっとりと包まれていました。

だからいつもなら捨ててしまうアゴのカマもおいしそうだったので、捨てずに冷凍庫に入れていました。それを冷凍庫から出して、塩焼きにしました。

朝食にこのカマの部分を2個。贅沢。塩加減もちょうど良くて、脂とあいまって何ともいえません。釣り人冥利と言うことでしょうか。

このカマの部分は身よりもおいしいことは知っています。だけどたくさん釣れたときには冷凍庫には全部は入らないので、ばっさばっさと捨ててしまいます。

身だけをきれいにして、冷凍庫に入れるのは、「山の神」に食べさすためです。カマは魚の身の感じがしないので、魚が好きでない人には、そのおいしさが分からないのです。しゃーないです。

現在の我が家の冷凍庫にはアオリイカで満杯状態。これも早く食べないといけませんが、イカを朝食にする料理方法を知りません。なのでイカは「山の神」が「イカを食べる」と言わない限りたまる一方です。

2月 22, 2012 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

マンボウの消しゴム

Q2cimg4851 DIYの店にヘッドランプを買いに行きましたが、いいのが見つかりませんでした。ついでに近々アメリカに行くので、ボールペンを購入。飛行機の中では、気圧の関係で私が愛用している水性ペンは液だれをしてしまいます。

その文房具コーナーで、いろんな形の消しゴムセットがあります。お魚がないかと探すと、イルカ、クジラ、などの中に小さいマンボウが一つだけ入っているものがありました。

魚だけのはないのかと探すと足元の箱の中に個別の消しゴムがその中にマンボウがあったので買いました。48円。

最近消しゴムはいろんな形をしたカラーのものが売られています。いつもお魚を探すのですが、ほとんどありません。キリン、カバなど動物はあるのに、お魚がないとは何たることか。

最近の子供は魚に興味がないのでしょうか。そういえば最近の文房具コーナーは多数のシールが席巻していますが、その中にも魚はほとんどありません。しゃーないなあ。

2月 21, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

ガシラではなかった

U1cimg4803 U1cimg4805 室戸岬にイカ狙いで行ったとき、死んだアジを切り身にしてズボ釣りをして、カサゴが釣れました。これを家に帰ってから料理しようとすると、どうもカサゴでないような気がします。

人相が違います。体の感じはカサゴそのものですが、顔つきがナンカ違います。カサゴはたくさん釣っているので、その違和感が分かるのです。

そこで以前紹介した「釣魚1400種図鑑」で調べると、ミミトゲオニカサゴらしいとわかりました。だが、この魚は私が持っているたくさんの図鑑でも、この図鑑にしか掲載されていません。そこでこの図鑑の著書の小西英人さんに、写真を添付して確認依頼のメールをしました。

その写真は全体はもちろん、顔の部分のアップやら、前からのアップなど認定がしやすいように複数枚を添付しました。

小西さんからすぐに返信があって、カサゴを専門にしている学者に問い合わせてくれました。その先生は学会で鹿児島に行っていましたが、その先生の見極めでミミトゲオニカサゴではなくて、イヌカサゴという認定でした。

私も図鑑で見て、ミミトゲオニカサゴか、イヌカサゴのどちらかだと思いましたが、色から判断してイヌカサゴでないと思ってしまいました。

ふーっ。今回のやり取りで、魚の正式名を見極めることの難しさを改めて痛感しました。素人がごちゃごちゃいってもホントのことは分からないこともあると理解しました。

そのやり取りの中で、小西さんから「カサゴの仲間の正式分類が決定したのは2004年と、ごく最近のことである」と知らせてくれて、その論文まで送ってくれました。

ポピュラーなカサゴでさえ、この数年前まで学者の間でも名前があいまいだったということです。ホントに難しい。

2月 20, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

飯田さんからマレーシアのお魚グッズをいただきました

O2cimg4931 木曜日に個人的異業種交流会があったとき、飯田さんからお魚グッズをいただきました。この会の前日まで3泊5日のマレーシア旅行に行っていて、そのお土産です。

風鈴ですが、マレーシアにも風鈴ってあるのですな。風鈴は日本固有のものと思い込んでいました。ちょっと考えてみると、東南アジアにあっても不思議ではない。

これを買ったのはマレーシアのマラッカ。マラッカと言えばマラッカ海峡を知っていますが、マラッカと言う知名があるとは知りませんでしたわ。

O2cimg4940 そしてマレーシア土産のお魚グッズがもう一つありました。ふふ。マグネットです。マレーシアは真夏の気温だったらしく、その熱帯にふさわしい魚の彩りです。

マレーシアのお魚グッズは初めてのコレクションです。やはり初めての国のものはうれしさが倍増します。そのうち何カ国のお魚グッズがあるのか、数えてみないといけませんなあ。

私が訪れた国で買ったものよりも、お土産でいただいた物のほうが多いので、全部だと結構な国の数になると思います。

2月 19, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

個人的異業種交流会

O2cimg4933 O2cimg4935 O2cimg4930 この木曜日に、多彩な8人が集合しました。場所は釣友の熊ちゃんところのお好み焼き割烹「くるみ本店」です。

集まったのは、釣り友の猪ちゃん、宝山さん、大学教授の本多さん、飯田さん、地元新聞社の西脇さん、英さん、それに塚元さんに私です。それぞれが多彩で話題が豊富。

料理は刺身の盛り合わせが好評で、英さんは「これは旨い」を連発しながら、昨年高松市で開催された世界盆栽大会の結果報告。このときのポスターは、昨年のこの交流会が縁で猪ちゃんが担当しました。

本多さんは農業の第六次産業化(一次産業の農業産物を二次産業の加工、三次産業の販売まで自ら扱うこと)に取り組んでいるということで、これについても他のメンバーからいろんな情報が出ました。

塚元さんからは屋島の観光産業化への取り組み報告があり、また、教育評論家の宝山さんも去年のこの会をきっかけにして新たな講演依頼があったようで、この個人的異業種交流会は侮れないことになっています。

O2cimg4937 会に先立ち、マスターの熊ちゃんからお魚グッズをいただきました。お皿にお魚を盛り付けているもので、リサイクルショップで買ったものらしく100円の値札が付いています。

くれたときは英語らしき文字でキューバと読めるので「キューバのものや」と言われましたが、よく見るとフィリッピンのお土産製品でマグネットです。

フィリッピンのお魚グッズは多分初めてです。うれしいわい。

2月 18, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

高知県でアオリイカ釣り(4)

P2cimg4914 P2cimg4913 高知県南西部の波止で、ヨッさん、オカテッちゃんとアオリイカ狙い2日目。昼過ぎに波止でビール。この日の帰りは深夜なので、酒を飲めます。ただし、最後のビールです。

夕方の時合いまで少し早いと思ったが、4時過ぎから竿を出します。それから30分後、ヨッさんにアタリ。「大きい、大きい」を連発。私が玉網を持って構えます。だがヨッさんのリールにトラブル。糸を巻けなくなって手で糸を引っ張っています。

ふと目をそらすと私のウキが見えません。玉網をオカテッちゃんに預けて、狭い波止の上を私の竿まで20メートル走ります。大きく合わすと掛かりました。

ヨッさんはリールのトラブルでまだモタモタしています。オカテッちゃんに私のイカを先にすくってもらいます。でかい。満足。だがヨッさんのイカがあります。これもどうにかすくいます。これまた、超でかい。

ヨッさんのは2.2キロ、私のは1.6キロでした。重さで測るとずいぶん差があるようだが、並べてみるとそんなに差があるようには見えないほどでした。オカテッちゃんがヨッさんに「イカの中に水を入れたんか」と言ったほどです。ふふ。

P2cimg4925 この後は私が2匹追加。オカテッちゃんは2匹釣ったけど、小さいので放流したとのこと。日が沈むまでにアタリがそれなりにあったので楽しみにしていたが、日が暮れると全くアタリがありません。

潮が全く動きません。何とか8時まで頑張ったが、納竿としました。午後9時前に出発して、香川県の我が家に到着したのは午前1時丁度でした。前日の午前5時に家を出て44時間の楽しい思い出に残る釣行でした。感謝。

2月 17, 2012 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

高知県でアオリイカ釣り(3)

P2cimg4892  ヨッさん、オカテッちゃんと高知県足摺港でアオリイカ狙いは完全不発。波止での宴会を終えて荷物を片付けていると強風でヨッさんのコンロが飛ばされて海に・・・。

「1万6000円が・・・」とヨッさんがあわてています。真っ暗い海を懐中電灯で照らすと、浮いています。玉網ですくって1万6000円が命拾いです。

この後、波止の先端から2往復して車まで戻って、車の中で再度宴会。男オジン3人の話ですから、何を話したかはプライバシーの問題があってここで言うわけにはいきません。ま、酒のついでに出た話ですわ。ふふ。罪のない楽しいオジン話です。

午後10時過ぎまで車の中で2次会をして、車中泊。翌日朝4時の起きて、当初目的にしていた波止まで50キロを移動しました。

P2cimg4901午前6時半に釣りを開始。30分後の7時にヨッさんが小さいが1匹目をゲット。幸先良いので私にもアタリがあるかもと期待したが、2匹目も3時間後にヨッさん。さらに2時間後にヨッさん。ヨッさんだけ3匹。やってられませんわ。

P2cimg4896P2cimg4900私とオカテッちゃんには全くアタリがありません。ま、時合いの本命は夕方からと思っていたので私にあせりはありません。ズボ釣りをしてガシラを釣ったり、車の中で昼寝をしたり、ガスコンロでお湯を沸かしてインスタントラーメンの昼飯を食べたり・・・。

こんなにゆったりとした釣りは久しぶりです。のーんびりと時間が過ぎていきます

明日に続く・・・。。

2月 16, 2012 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

高知県でアオリイカ釣り(2)

P2cimg4878 P2cimg4879 P2cimg4880 ヨッさん、オカテッちゃんと足摺港でアオリイカ狙い。各自活きアジを使って竿を2本ずつ出します。シ~~~ン。アタリが何にもありません。

イカの墨跡がなかったので、「ここは処女地で、誰も知らないポイント。だから、バカバカ釣れる」と思った3人が浅はかでした。
だが、オカテッちゃんが青物らしい魚に竿を持っていかれそうになったとのこと。

その後、オカテッちゃんが同じ場所で40センチ級のマトウダイを釣りました。散策していたアベックの女性が見つけてはしゃいで写真を取りまくりです。うらやましいわい。

ヨッさんの竿にアタリ。玉網を持っていこうとすると海面で跳ねてバラシ。ヒラスズキだったらしい。私には全くアタリがありません。夕日がきれいです。

P2cimg4889 P2cimg4886
ヨッさんが七輪を持ってきているので、釣り場で宴会することにしましたシシャモや串カツを焼きます。私が買っていたキビナゴの天ぷらも少し焼いて暖めると、これがまた絶品。

ビールが進みます。風が冷たい中で暖かいつまみを食いながらのビールはサイコーです。私はキビナゴをエサにしてズボ釣りをしますが、なんも来ない。やっと釣れたらネンブツダイ。しょーもない魚ですが、私の今年の目標「50魚種を釣る」には貢献です。ふふ。

8時ごろに宴会終了。酒を飲んだので、この日はこの波止で車中泊です。

明日に続く・・・。

2月 15, 2012 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

高知県でアオリイカ釣り

P2cimg4877 先週は金曜日までずーっと強風続きでした。土曜日には風が止むとの予測で、高知県西部にアオリイカ釣りに行きました。一緒に行ったのは、ヨッさんとオカテッちゃん。

当初釣りを予定していた柏島近くの波止に着くと、とんでもない強風で、海にはウサギが飛んでいます。ヨッさんが両手でバツをして、ここでの釣りをギブアップ。3人で臨時協議。地図を広げて、あっちがいいかも、こっちがいいかも・・・。

で、とりあえず風裏になるはずの足摺岬方面を目指すことにしました。2箇所の波止を見た後、足摺港で竿を出すことにして、車止めからキャリーで2往復して釣具一式を運びます。中でも活きアジを入れたバッカンが重いったらありゃしない。2往復して荷物運びをひーひーといいつつ終えて記念撮影。

P2cimg4866_2
今回の釣行も私は一人行動になったので、高知県内のマンホール探しが出来ることになり、ちょっと早めの午前5時に家を出発して、土佐市に行きました。

ここのマンホールはこれまで2回探したが、見つかりませんでした。今回もなかなか見つかりません。うろうろしていたら、県道287号線の民家の塀に恵比寿像がありました。

Cimg4872s これで今回の釣行は「いいことがあること間違いなし」と確信しました。その後市内から10キロはなれたところで目的のマンホールをゲット。これもグッド釣行の匂いがしました。

さて、さてさてさて・・・。

明日に続く・・・。

2月 14, 2012 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

「うみなかみるぞう君」

Zimg024 大阪フィッシングショーに行ったとき、どうしても見ておきたい製品がありました。「うみなかみるぞう君」です。一般の釣竿を使ってカメラを水中に沈め、海中の映像が見えるというものです。

私が最初に見たのは2年前のフィッシングショーだったので、まだあるのか心配でした。それぐらい興味がある製品です。ブースは簡単に見つかりました

近づいていくと、ブースの前でカタログを配っている女性が熱心に説明を始めたので、「よく知っています」。「2年前にも見ました。売れているのか」と失礼な質問。

すると「2000台以上が売れました」と、ブースの隅を指差します。そこには「おかげさまで2000台以上の販売実績」と書いています。

2000個以上が売れたということは評価されている証拠です。2年前に見たときは、カメラが自在に角度を変えることが出来るか疑問だったので、岸壁から吊り下げると岸壁の映像しか見れないのではないかと・・・。

私も買ってみましょうか。だが海の中が見えると、釣れる希望がなくなるような気もする。さて・・・。

2月 13, 2012 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

平成23年の釣果分析

Cimg1839 去年に私が釣った魚のなかで目立つのはイシガキダイの32匹、イシダイの11匹。もちろんリリースした魚も入っています。釣ったことには変わりが無いのですから。

他にはアオリイカの15匹。この釣果のお陰で、我が家の冷凍庫には常にイカがありました。今もあります。煮付けや天ぷらに「山の神」も納得する味なので、大いに食卓をにぎわしてくれました。

これは今年の釣りを総括して「イシダイ釣りとアオリイカ釣り」となったことと一致しています。

イシダイ、アオリイカ以外で目立つ釣果としては、カサゴが36匹と多い。これは意外でした。自分ではカサゴをそんなに釣った覚えが無いからです。

近場での夜の探り釣りでの釣果もありますが、愛媛県宇和海でのチヌ狙いで釣れたカサゴが結構いたということです。

匹数でいうと、例年なら小アジやハゼ、サヨリが多いのですが、去年はどれも不発気味で、行った回数も少なかったことが影響しました。

2月 12, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

マアジの香川県記録申請がありました

Zcalul4po Zcazhv6c7 チーム グレートヨーヘンの前川さんからメールがあって、マアジの香川県記録を超えるアジを釣った人がいるとのこと。

今年の1月27日に愛媛県の佐田岬沖で釣ったアジです。大物のアジと言えば、佐田岬が有力で、私の記録43.9センチもここで釣ったものです。

釣った人は高井 基さん。長さが分かる写真もクリアでよく分かります。49.5センチで、認定です。

前川さんからのメールでは、「この日は爆釣モードで同じサイズを20本以上釣っていた」とのこと。うらやましいことです。

佐田岬沖で釣れるマアジは「岬(はな)アジ」というブランド売り出しています。全国的に有名で値段も飛びぬけて高価な「関アジ」の釣り場と隣接しています。

この新記録のアジを脂が乗っておいしいはずです。

2月 11, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

タイの持ち方が変

Ecimg4072 香川県には四国版レジャーランドのレオマワールドがあります。昨年の夏に孫が来て連れて行くときに、民家の塀にチラッと恵比寿様のようなものがあるのに気が付きました。

気が付いたが、車を止めて写真を取りに行くようなことはしません。孫から嫌われます。ふふ。なので、今度、日を改めて見に行こうと思っていました。

やっと見に行きました。車で1時間弱掛かります。思ったとおり、立派な恵比寿様です。

この恵比寿様の、タイの持ち方が変だと気が付きました。脇に抱えるのではなく、マダイの急所らしきところに、杭のようなものを刺して、その杭を持っています。

こんな形の恵比寿様を見たのは初めてです。タイが良く見えるように恵比寿様の正面に持ってきたために、こういう持ち方になったのだと思います。ま、こんなことにイチャモンをつけてはいけませんわなあ。

2月 10, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

四国磯連の役員会

R2cimg4848 この前の日曜日に、四国磯釣り団体連合会の役員会がありました。会議の目的は、26日に高知市で開かれる新年総会に向けての資料の検討です。

私に興味があるのは、なんと言っても昨年一年間の大物記録です。毎年のことですが、年間の大物記録を見ていると、「釣る人は釣っている」、「四国ではまだまだ大物がたくさん釣れる」の思いを強くします。

まずイシダイの部ですが、70センチ以上が6匹も釣れています。70センチ丁度という大物を釣っても7位にしかなれません。審査に提出できる65センチ以上が12匹ですが、このうち1匹を除く11匹が3月~5月に釣れています。やはりイシダイの大物はこの時期と言うことです。

グレの部では、60センチ以上が2匹。上位3位のすべてがうぐる島なので、グレの大物狙いはうぐるということが分かります。

マダイの部の提出可能サイズは80センチ以上ですが、昨年は90センチ以上が3匹。そのすべてが愛媛県の宇和海です。マダイは宇和島です。

チヌの部では、50センチ以上が8匹出ていますが、昨年の大物では極めて特異な現象が出ています。これまではチヌの大物はノッコミ時期の春が定番でしたが、昨年の上位3位はすべて秋に釣れています。こんなことは私の記憶にはないことです。

クエの部では、このブログでも書きましたが、秋ヤンが釣った139.5センチが第1位となりました。

他魚の部では128センチのオオニベ、116センチのツムブリ、92センチのフエフキダイが四国磯連の記録更新となりました。

こういう記録を見ているとため息が出ます。ふーっ。

2月 9, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

三好さんにもらいました

R2cimg4845 大阪フィッシングショーから香川県に帰る車中で、三好さんが「谷口さんにお土産がある」と言います。ケミの粗品をゲットしたのだといいます。

2年前にフィッシングショーに来たときは、三好さんと「粗品ゲット隊」を組織して、アンケートを書いたり、行列に並んだりして徹底的に粗品をもらいました。

だが今年のフィッシングショーは様変わりをしていて、ほとんどがカタログを買わないと何もくれません。たまにくれるところは長い行列。あほらしくてやってられません。なので、今年は粗品ゲット隊の結成をしませんでした。

三好さんがくれたのはケミ製品。自分のものも別に貰っています。脈釣り用に使うケミで、三好さんは私が探り釣りが好きなのを知っていてこれを自分のとは別に貰ってくれていました。感謝。

これは是非とも使ってみたいと思います。それでこそフィッシングショーに行った甲斐があります。これで私がこの製品を買うようになったら、メーカーもタダで配った価値があるということ。

今度このケミ製品を使ったとき、その使用感をこのブログに書くつもりです。ただメーカーや他人の悪口はあまり書かないことにしていますので、使ってみてあまり良くなかったときはスッキリしない感想になると思います。ふふ。

2月 8, 2012 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

大阪フィッシングショーのお土産

R2cimg4839  大阪フィッシングショーに行ったとき、ガチャガチャコーナーがありました。フィッシングショーですから、当然お魚のガチャガチャです。

イカ・タコもありましたが、400円もします。「売り上げのうち100円は放流資金にする」と書いていますが、四国の私には関係のない放流です。

その他の魚は300円。ガチャガチャのケースの書いている200円の上から300円と直しています。しゃないなあ。まあ、一つだけ買うことにしました。

R2cimg4847ガチャガチャに300円を投入したけど、品が出てきません。係員に言って出してもらいました。その品が写真のもの。イワシです。これが300えんかい。もう二度とガチャガチャは買わん。

と言いつつ、お魚のガチャガチャがあると、つい買ってしまうような気もします。品質から見るとせいぜい100円でしょ。100円ショップにあるお魚グッズのほうがええぞ。

2月 7, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

大阪フィッシングショーに行ってきました

R2cimg4844 R2cimg4829 先週の土曜日、6人で大阪フィッシングショーに行ってきました。写真左から、三好さん、栗尾さん、宮ちゃん、松下さん、カンちゃん、私です。

香川県高松市の自宅を午前5時半に出て、大阪の会場に着いたのは8時過ぎ。9時開場なので余裕だと思ったが、当日入場券が売り出されたのは9時過ぎ。入場券売り場には長い行列。早くせーよ。釣りキチはただでさえ、短気。少し腹が立ちました。

だがこの長い行列を見て、都会の人口パワーを改めて感じました。会場の中も人、人、人で身動きが出来ないところもあります。釣り人口は減少傾向にあると認識していましたが、この人ごみを見ているとそんなことは感じませんでした。

だがこれだけ多くの人の中で、釣果を本当に楽しめている人がどれだけいるのだろうかと、思い巡らせました。

私がまず向かったのは、「関西のつり」を発行している岳洋社のブース。編集長の池田さんに挨拶するためです。
今年から連載を始めた私のエッセイが好評と聞いて安心しました。ま、本人を前にして変なことをいうことはできないと思いますが、「読者からのハガキを見せましょか」とまで言ってくれたので本当のようです。ふふ。

R2cimg4831この後、全部を見て回りました。予想していたとおりルアー用品の比重が多く、磯釣り用品はごく一部でした。このことが最近における磯釣りの状況を端的に表しています。メーカーは売れないものは作りません。新製品を作らないことには、フィッシングショーでブースを構える必要がありません。寂しい気持ち。

6人が待ち合わせをして軽食コーナーで昼食。そのときに松下さんが「お前が使っているイシダイ竿の会社が、新製品を展示していた」と聞いて、そのブースを見に行きました。係員に糸を思い切り引っ張ってもらって竿の弾力を味わいました。いい感じです。15万円前後。

2月 6, 2012 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

赤澤名工のウキが威力を発揮

Y1cimg4700 Chv1291 今年の初釣りで愛媛県宇和海の御五神(おいつかみ)島でグレ狙いをしたときに、威力を発揮したのが赤澤名工に作ったもらった自立式の棒ウキでした。
写真は赤澤名工に作ってもらったときに撮ったもので、現在は手持ちがこの半分近くになっています。

潮の流れが早いので、足元に放り込んだ仕掛けはガンガンと流されて30メートル沖で直角に右に曲がって流れていきます。どんぐりウキだと私にはとても見えない距離です。

だからこのウキでなければ竿先でアタリを取るしかなかったと思います。でも赤澤名工の棒ウキは3分の1程度が水面から出ているので、良く見えました。

この日は最初に釣れた34センチのグレ以外はすべて30メートル沖でのアタリだったので、この棒ウキでなければ釣れなかったかもしれません。赤澤名工に感謝です。

この歳になると遠くのウキが見えづらくてかないません。ウキの感度よりも見えやすいウキのほうが結果的には楽しい釣りになります。これは私のような歳になると分かります。若くて目が良く見える人は感度がいいウキの方がいいのはわかっています。

高齢者向けにこのウキを売り出しましょうか。1本3000円でどうでっしゃろうか。赤澤名工に作ってもらって、私はバンバン儲けて釣りにバンバン行くという段取りです。

2月 5, 2012 赤澤名工シリーズ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

高松市の民家の塀にちょっと寂しい恵比寿様

Agcimg2577 Agcimg2577s 香川県高松市南西部の中間(なかつま)町の民家の塀に、またまた恵比寿様を発見。

最初見たときに「ワオー、細かいヒゲがある恵比寿さまやあ」と感心しました。だが近寄ってみると、ワオーッ、ヒゲじゃなくて大量のくもの巣でした。

恵比寿様が腰掛けている台座がおしゃれです。細かい彫刻のような彫りをしています。作り主の気合が伝わります。でもねえ、このくもの巣ではかわいそうです。

恵比寿様が抱えているタイも丁寧に作られています。恵比寿様をたくさん見てきましたが、歯まできちんと作られてるタイを見たのは初めてです。

それにしても、タイの歯はこんなに大きかったかなあ。ふふ。こんなことにいちいちいちゃもんをつけてはいけません。恵比寿様をバカにしていると、いい釣果になりません。

2月 4, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

釣りクラブの例会

S2cimg4825 S2cimg4826 今年一番に冷え込んだ昨日、私が所属している「高松黒潮クラブ」の飲み会が割烹「友釣」でありました。参加者は少し少なくて5名。

この日の話題はヨッさんのイカ釣り仕掛け談義もありましたが、何よりも盛り上がったのは「ウンチ風呂事件」。
ヨッさんはスーパー銭湯によく行っていて、そこで牢名主のような存在になっているらしい。

その風呂で、最近浴槽にウンチがぷかぷか浮いていて風呂の水を入れ替える事件が続いているらしい。誰が何のためにやっているのか不可思議な事件を面白おかしく話をするので、ちと笑いすぎました。

一昨年にタチウオの香川県記録を作った花田さんの息子さんに、頼まれていたギネス認定証を渡すのを忘れていました。この日に花田さんが来ると聞いたので、店主の勇ちゃんに言伝しておきました。忘れてしまったのもボケか。

S2cimg4828その店を出てヨッさん、宝山さんと二次会に。行く途中、ヨッさんが宝山さんを「立派な人物や」といい、宝山さんは私のことを「人物や」といい、私は「ヨッさんこそ人物や」と3人でほめ殺しをしながら、二次会の店に突入。いつまでも「さすが、人物や」の言葉が二次会でも飛び交いましたわ。

2月 3, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

干支(えと)の魚

Zcimg4670 Zcimg4671 干支の12の中にはもちろんお魚は入っていません。今年はただ一つだけ空想の生き物である龍の年です。空想なのでその年の干支の動物を展示しているところでは困ります。

で、今年は龍の代わりに「タツノオトシゴ」を展示しているというニュースをテレビで何度か見ました。タツノオトシゴはもちろんお魚です。お魚が干支になっている12年に一度のめでたい年なのです。

そこでタツノオトシゴのお魚グッズが必ず売られているはずだと、年末から今年に掛けていろんなところで探しました。

簡単に見つかると思いましたが、意外と見つかりません。お年玉を入れるぽち袋に小さなタツノオトシゴを貼り付けたものがありましたが、400円近くしています。

年を越えて新年になれば安売りするだろうと待っていたら、最近売れなかったものはすべて片付けられていました。ふふ。しゃーないです。

で、しゃかりきに探していると、高松市内のイオンにガチャガチャのタツノオトシゴがありました。200円。買ってチトがっかり。写真で見るとおり、これで200円はないやろ、というチャチなもの。しゃーないです。ふふ。

2月 2, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

珍魚アブラボウズとは

先週の日経新聞に魚の記事が載りました。経済紙の日経新聞に魚のことが記事になるのは珍しいことです。「何事や」とじっくり読みました。

築地市場にアブラボウズという珍魚が入荷したと言う内容で、その魚の写真も掲載されています。体調1メートル50センチで重さ100キロと書いています。

この魚は通常50キロ程度らしく、この大きさに市場でも話題になったらしい。

そしてこの魚が競り落とされた値段が、ナント1キロ2000円の高値。この値段は高級魚のキンメダイ並みらしい。100キロでキロ2000円だとすると、この魚の値段は20万円ということになります。

もともとこのアブラボウズは築地市場で年に数匹しか扱わない珍魚だけど、ギンダラの仲間でおいしいとのこと。私もこの魚をぜひとも釣って私が釣った魚種にしたいと思いましたわ。

2月 1, 2012 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)