« 香川県磯釣り連盟の新年総会 | トップページ | 珍魚アブラボウズとは »

2012年1月31日 (火)

高松市の「道の駅」内の食堂で・・・

Cacimg4644 Cacimg4645 昨年、同じ釣りクラブの宝山さんと飲んだとき、「高松市郊外にある牟礼(むれ)町の道の駅の食堂に行ったことがあるか」と聞かれた。

 

その道の駅には何度か行ったことがありますが、食堂に入ったことはありません。「そこにたくさんのお魚があるぞ」と言っていたのを思い出して行ってみました。

 

食堂に入るなり、眼に飛び込んできたのは、大きな円形のパネルにたくさんのお魚箸置きを貼り付けているもの。こんなディスプレーは初めて見ました。お魚グッズコレクターとしては目がギンギンします。そのすぐ下にはマダイなどの造形を無造作に貼り付けたものもあります。

行ったときは午前11時過ぎ。まだお客さんがほとんどいなかったので、その箸置きディスプレーのすぐ近くの席に座り、写真を撮りました。客が多いとこんなことは恥ずかしくて出来ません。

 

箸置きをよーく観察すると、すべて種類が違う魚で手作りのようです。その数16個。この道の駅は「源平の里むれ」。その中にある「海鮮食堂じゃこや」というお店。お暇なら行って見て下さい。

1月 31, 2012 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松市の「道の駅」内の食堂で・・・:

コメント

コメントを書く