« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

高松市の「道の駅」内の食堂で・・・

Cacimg4644 Cacimg4645 昨年、同じ釣りクラブの宝山さんと飲んだとき、「高松市郊外にある牟礼(むれ)町の道の駅の食堂に行ったことがあるか」と聞かれた。

その道の駅には何度か行ったことがありますが、食堂に入ったことはありません。「そこにたくさんのお魚があるぞ」と言っていたのを思い出して行ってみました。

食堂に入るなり、眼に飛び込んできたのは、大きな円形のパネルにたくさんのお魚箸置きを貼り付けているもの。こんなディスプレーは初めて見ました。お魚グッズコレクターとしては目がギンギンします。そのすぐ下にはマダイなどの造形を無造作に貼り付けたものもあります。

行ったときは午前11時過ぎ。まだお客さんがほとんどいなかったので、その箸置きディスプレーのすぐ近くの席に座り、写真を撮りました。客が多いとこんなことは恥ずかしくて出来ません。

箸置きをよーく観察すると、すべて種類が違う魚で手作りのようです。その数16個。この道の駅は「源平の里むれ」。その中にある「海鮮食堂じゃこや」というお店。お暇なら行って見て下さい。

1月 31, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

香川県磯釣り連盟の新年総会

T1cimg4816 T1cimg4821昨日は1月の最終日曜日なので、香川県磯釣り連盟の新年総会日でした。会場は高松市を見下ろす山の中腹にある「高松美山ホテル」。参加者は40人でした。

総会なので、昨年の事業報告、会計報告、今年の事業計画、会計予算が議事になるのは会社と同じ。いずれの案件も異議が無く、シャンシャン総会となりました。 ふふ。

今年からは大会での成績で点数をつけ、「名人位称号」を付与することの検討を始めることになりました。少しでも磯連が楽しくなるための方策です。

T1cimg4820 T1cimg4823 総会のあとは宴会。すき焼き、ふぐの天ぷら、海の小エビを湯がいたもの、巻き寿司にうどんと、食べきれないほどの料理が出ました。

香川県議会の元議長で我が磯連顧問の綾田さんも駆けつけてくれました。議員さんも大変です。同情します。ま、案内をするほうが悪いのでしょうか。ふふ。

私の前に座ったのが天雲さん。「高松市の西浜港から出る遊漁船で、船上でご飯を炊いてくれて汁を作ってくれるところを知っているので、今度行きましょう」と何度も誘ってくれます。船上の汁はおいしいのを知っています。機会があればお願いしようと思います。

1月 30, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

ゴンズイの自己記録達成です

U1cimg4792 室戸岬でのイカ狙いをしたとき海がすごく濁っていたので、真昼間にゴンズイが釣れました。そこそこの大きさだったので念のためサイズ計測。

19.6センチ。これまでの自己記録は8年前に宿毛港で釣った18.4センチ。1.2センチの大幅記録更新。山田さんも冗談で「すごい記録更新やなあ」と喜んでくれます。ふふ。

背びれの棘に注意してハリをはずそうとしても怖くて出来ません。山田さんからラジオペンチを借りてはずし、海に戻しました。

長い間読んでくれている読者に極秘情報をお知らせします。これまでの記録も8年前の1月3日に釣れたもの。ゴンズイの記録狙いは1月に高知県です。ふふ。

そんな情報は入らん? でしょうなあ。でも100人に一人、いや1万人に一人ぐらいは、私と同じように魚種別記録をつけている人がいるかもしれません。その人には貴重な情報です。でもなあ、そんな人は私の周りには一人もいませんなあ。

ひょっとしたら、こういう記録が100年後にはとっても貴重な記録になるかもしれん。試練じゃ。

1月 29, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

今年初めてのイカ狙い(5)

U1cimg4792 U1cimg4794  高知県室戸岬周辺でのアオリイカ狙い。午前8時半に場所変え終了。南からのうねりが大きいせいか、波しぶきが大きな岸壁を乗り越えています。

そのせいか海が濁っていて場所によっては泥水色になっています。イカ狙いの仕掛けを出したが、この濁りでは釣れそうにありません。イカ釣りエサの死んだアジを切り身にしてズボ釣りをして見ます。

釣れたのはゴンズイ。ゴンズイは夜に釣れることが多い。そのゴンズイが釣れるということは、泥で濁って海底は暗くなっている証拠。

うねりも大きいので、投げた仕掛けがうろうろします。そのせいか、ガンガゼウニが道糸に引っかかって釣れました。ふふ。今年の目標に50魚種をあげましたが、これも1魚種になりませんか。魚じゃないわなあ。

U1cimg4797U1cimg4795地元の見物人が入れ替わりやってきます。その人と話しているとイカ狙いのウキがスーッと横走りします。合わせると3号のハリスがプッツン。それを見た地元の人が「ここには大きなヒラメがいる。ヒラメに違いない」とのこと。夢が出てきました。

だがその2時間後、イカ仕掛けに大きなアタリ。てっきりヒラメだと思いました。だが上がってきたのは大きなウツボがぐるぐる巻きになっています。
岸壁の上に放り上げようとしたらプッツン。この前のアタリもヒラメじゃなくてウツボだったみたい。真昼間にウツボが釣れるということは、よっぽど海が濁っている証拠です。

アジの切り身をエサにしたズボ釣りでガシラ。昼食はお湯を沸かしてカップラーメン。寒いときはインスタントでも旨い。そんなこんなして時間を過ごしますが、海の濁りはますますひどくなります。

午後3時に山田さんが「帰るか」ときくので、即賛成。この日のイカ釣りを断念して帰りました。

今回釣れた魚種は、アオヤガラ、マアジ、ゴンズイ、カサゴの4種追加です。

1月 28, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

今年初めてのイカ狙い(4)

U1cimg4788 U1cimg4787_2 室戸岬でのアオリイカ狙い。午前4時に眼が覚めました。6時間半の熟睡。家で寝るよりも睡眠時間が長い。ふふ。

4時半より釣り開始。山田さんも釣りを始めますが、疲れているのか、仕掛けを出したまま車で寝ています。私はボンベでお湯を沸かして目覚めのコーヒー。

釣り始めて1時間半後。アタリがあったが、掛けたあとバラシ。直後にアタリがあって、700グラムをゲット。車の中の山田さんを起こします。

U1cimg4790それから1時間、アタリが何度もあるが掛けた後バレてしまいます。今回試している市販の仕掛けが良くないみたい。やっぱり手作りの仕掛けがよいようです。

それでも2匹を追加して昨晩からの合計が4匹となりました。不思議に山田さんには全くアタリがありません。理由不明なのでどうしようもありません。

アタリが止まり、風も強くなってきたので、山田さんが場所変えを提案。私は場所を知らないので、新しい場所を教えてくれるのはいいこと。即賛成。室戸岬を回って高知県の東海岸に移動し、この日の晩にイカを狙うことにしました。明日に続く。

1月 27, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

今年初めてのイカ狙い(3)

U1cimg4779 U1cimg4781 高知県室戸岬でのアオリイカ狙い。アオヤガラが釣れたが、本命のイカのアタリは全くありません。暗くなった午後6時にやっとアタリ。500グラムの小型です。

「来たでー」と山田さんに声を掛けると、山田さんもすでにイカを取り込んでいるところでした。時合いのようです。山田さんは1匹目を取り込んでいるうちに別のウキにもアタリがあったけど、逃がしてしまったらしい。

幸先良いスタートでしたが、その後はアタリがぴたりと止まりました。全然アタリがないので、少し離れたところで釣りをしている人を見に行きます。

U1cimg4785 U1cimg4784 キビナゴのエサでカマスを釣っています。カマスが入れ食いです。大きいのは33センチもあって塩焼きにすると旨そうです。私も釣りたいがエサがありません。

その海面を見ていると小さなキビナゴの群れがいて、それをアジが追いかけています。持ってきたアミエビで、サビキ仕掛けを使ってアジを狙って見ます。

アジがすぐに釣れます。アミエビのカゴを下ろすとアタリがあって、またたく間に10匹が釣れました。おもしろいけど今回の釣行目的はイカです。エサのアジばかり釣っていたのではイカ釣りが出来ません。アジ釣りは15分ほどで切り上げ。

この日は午後9時まで釣りをして、車中泊です。ビールを飲んで寝袋に潜り込むとすぐに眠りにつきました。しあわせ~。明日の朝は早朝から竿を出す予定です。

1月 26, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

今年初めてのイカ狙い(2)

U1cimg4771m U1cimg4776 午後2時半に室戸岬の釣り場に到着。途中の徳島県でマンホール探しをしていたので、寄り道しなければ4時間足らずで来れるところを、自宅を出てから8時間以上になっています。山田さんはすでに到着していて釣りの準備をしていました。

午後3時に活きアジをつけて投入。ドラマはいきなり第1投目からやってきました。ウキが沈んだので合わすと、横に走ります。この引きはイカではありません。強い引きです。

姿が見えると、アオヤガラです。山田さんが差し出す玉網になかなか入りません。魚をすくうときの常識の頭からでなく尻尾からでやっと網に入りました。私には初めての魚です。ふふ。もちろん自己記録。山田さんに立ち会ってもらって測ると、124.1センチでした。

サイズを測ってから海に戻しました。元気よく泳いでいきます。アカヤガラはおいしいと聞いたことがありますが、アオヤガラがおいしいと聞いたことがありません。「食べない魚は持ち帰らない、食べた残りごみは持ち帰る」。当然です。

このアオヤガラが釣れただけでも、私にとっては今回の釣行の意義があります。山田さんはこの場所で1メートル50センチ級の巨大アオヤガラを釣ったことがあると言っていましたが、写真はありません。なんでも写真に撮って記録する私が変わっているのかなあ。

今回の目的はアオリイカ。1投目からこの大きなアオヤガラが釣れたが、イカはどうでしょうか。
明日に続く・・・。

1月 25, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

今年初めてのイカ狙い

U1cimg4757 U1cimg4767 日曜日に、今年初めてのイカ狙いに行ってきました。先週行くつもりでしたが、山田さんが「大潮になる翌週ならつきあうでー」というので一週間伸ばしての挑戦です。

今回は山田さんとは室戸岬での現地集合にさせてもらいました。私は徳島県のマンホール探しをするために早朝出発です。徳島県最東端の蒲生田岬周辺で1時間近く山道をさまよい、目当ての由岐町のマンホールをゲット。

落ち合う場所は高知県の室戸岬。徳島県小松島市で活きアジを30匹購入し、ついでに高松市の釣具屋には置いていないイシダイ釣り用のスクリューサルカンを購入して、いざ高知県最東端の室戸岬に向けて走ります。

室戸岬に向かう道は見晴らしがいいが、うねりが大きくて国道が大量の波しぶきで霧が掛かったようになっています。


U1cimg4753これだけうねりがあるのにイカ釣りが出来るのか、心配です。山田さんに午前10時過ぎに電話すると、すでに徳島県南部まで走って来ています。まだ蒲生田岬にいた私も急いで室戸岬に向かう国道に向けて走ります。

今回の釣行はナンカいい感じになる予感があります。というのは、活きアジを買った店を探していて、その裏に大きな恵比寿様を見つけたからです。恵比寿様が抱えたタイが尾を曲げていて元気があります。さて、予感どおりの釣果になったのでしょうか。続きは明日。

1月 24, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

イシガキフグの香川県記録

Zdsc_0150 赤澤名工から電話、「インターネットの香川県ギネスに申請のメールがきとるぞ」。最初は何を言っているのか分かりませんでした。

昨年赤澤名工が「香川県魚種別記録」のインターネット版を作ってくれましたが、記録申請をインターネットで出来るようにしているのをすっかり忘れていました。

今回申請があったのは、イシガキフグ。去年の12月11日に釣っていて翌日の12日にメールで申請です。釣ったのは多度津町の山根武志さん、釣った場所は高知県沖ノ島のヌクモリバエ。サイズは48.2センチ。

つづく・・・。

これまでの記録は平成9年に私が釣った43.6センチ。香川県ギネスは私が管理しているので、釣れたときに「どうせすぐに破られるだろう」と思いながらも、魚種を増やすために入れていました。

だけどイシガキフグはポピュラーな魚のわりにはしょっちゅう釣れる魚ではありません。また釣れてもすぐに逃がしてしまう人がほとんど。香川県ギネスのことが頭にない人は写真をとるという発想がありません。

それで私の記録が15年近く残っていました。正直、破られてホッとしています。

1月 23, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

平成23年に釣った魚の総数

Aatcimg3169 去年の平成23年に釣った魚の総数は548匹でした。釣りをした日数は55日。釣りをしていた総時間は229時間。使った餌代が10万8390円。

毎年分析をしていますが、これだけのデータがあると、いろんなことがわかります。
まず、釣り1日当たりの匹数は、10.0匹。1時間当たりの匹数は、2.4匹。

釣りをしない人が見たら、「1日ジーッと我慢してたったの10匹かあ。なんとまあ、退屈なこと」と思うかもしれませんが、釣れなくても頭の中はフル回転しているので、結構忙しいのですぞ。

1回釣行当たりの時間数は、4.2時間。そして1回当たりのエサ代が1970円、1匹当たりだと198円。

1匹当たり198円というのは、小さなハゼやサヨリも入っているので、高いでしょうか。でもイシダイやイシガキダイが198円なら激安です。

釣りで掛けたお金のモトを取るというのがおかしいわけで、釣りは本来趣味だからお金は使うもののはずです。それで198円でイシダイが買えたと思うととんでもなく得な趣味ということ。どうでっしゃろうか。ふふ。

だが、この値段はエサ代だけで、他に渡船代、ガソリン代、高速道路料金などなどを入れると、計算したくなくなるわ。ワッハッハ。

1月 22, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

ガラスのお魚フィギュアをいただきました

V1cimg4746 V1cimg4744 久しぶりに高松市内の商店街を歩きました。リタイアしたあとは、車を置きやすい郊外型大型店に行く機会が多くなっています。

日本一長いと言われる2.7キロのアーケイド街を歩いて歩数を稼ぎます。昨年の12月から「一日に8000歩以上歩く」と決めてからは、それなりの努力をしているのです。

そして商店街のライオン通りにある喫茶店「フルーツ」に行きました。サンポート高松港での釣りオーソリティで店主の花田さんに話を聞くためです。そして思わぬお魚フィギュアをいただきました。

話が私のお魚コレクションに及んだとき、「確か、水槽に入れていたハゼの置物があったはず」と探して持ってきました。息子さんが買っていたものを、ナンカ、無理やりもらってしまった感じです。

花田さんからは、「今年の1月はさっぱり釣れん」と、昨年に撮った携帯の写真を見せてくれます。そこには100匹を超えるメバルが写っています。昨年はサビキ仕掛けで入れ食いだったが、今年はさっぱり釣れないとのこと。私が探り釣りで釣れなかったことも納得しました。

話題がエイ釣りになります。私が毎年狙っているのですが、ここ2~3年はハリに掛からなくなっています。昨年に行ったときはすでにすでにピークを過ぎていました。今年は早めに行くことにしました。

1月 21, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

うれしい81.6センチ

Y1cimg4705m 愛媛県宇和海の御五神で釣れたヒラスズキの正式サイズが分かりました。81.6センチ。送付していた魚拓で、香川磯連事務局長の秋ヤンが測ってくれました。私が期待していたサイズより大きい。

秋ヤンの19日のブログで知りました。ふふ。http://hpcgi2.nifty.com/kagawaisoren/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2012&m=1&d=18

この後魚拓は四国磯連の事務局に送られて、正式のサイズ決定となります。この魚拓が今年の香川磯連申請の第1号ということも知りました。

Y1cimg4732 この魚を釣った日の夕方のアオリイカ釣り予定をあきらめて帰宅し、ひーひー言いながら魚拓を3枚とりました。その努力が少しだけ報われた感じです。

魚拓用紙は四国磯連の正式魚拓紙を使いました。私は初めての使用です。昨年四国磯連は大量の魚拓用紙を作成し、四国の磯釣りクラブで少しずつ買い取りました。そのうちの3枚を今回使いました。

釣具屋に売っている魚拓用紙は、80センチの魚の魚拓は小さすぎて取れません。魚拓用紙は魚のサイズより少なくとも20センチは大きくないといけません。それにしても魚拓は面倒臭いです。

1月 20, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

久しぶりのメバル釣り

W1cimg4743 片ちゃんからガシラをもらった日は、絵に描いたようなメバル日和でした。無風、月が出てない、夕方の潮が低くない。これだけの条件が揃えばメバルが入れ食いになるはず。

その確信で我が家から車で15分程度の香川県営球場近くに行きました。今日は数をたくさん釣る予定です。自信を持って振り込んだ1投目、アタリがありません。えー、おかしいなあ。

2投目、釣れました。ミニなのでリリースサイズですけど、やっぱりメバルがいます。これからジャンジャン釣るぞーと思いましたわ。

だがアタリが出ません。不思議です。やっとアタリが出て最初の1匹目と同じサイズ。その後もアタリが全く出ません。手の打ちようがありません。

10分間で3回アタリがあってミニサイズ2匹。こんなはずじゃあなかった。場所を少し移動したが、そこでもアタリは全くなし。30分で釣りをやめました。

メバルは釣れるときと釣れないときがはっきりしています。アタリが無いときに頑張ってもたいしたことを期待できません。しゃーないです。

今回の釣行で、目標50回の2回、魚種メバル1魚種追加で4魚種、50センチ以上なし。

1月 19, 2012 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

ガシラをもらいました

Wcimg4740 W1cimg4738 昨日は朝から快晴で無風状態。以前から行こうと思っていたメバルの探り釣りに行くことにして、昼過ぎにエサのゴカイを買いに釣具屋に行きました。

そこに片ちゃんがいます。船釣りに行っていてその帰りにオモリを買いに来ていました。釣果を聞くとガシラが釣れすぎてクーラーに入らないので釣りをやめたとのこと。

「いるなら、やるでー」と言うので5匹だけもらうことにします。クーラーにはびっしりのガシラが入っています。その中から5匹だけをもらいました。クーラーの底のほうには28センチの大きなのもいます。

もらった16センチから20センチのうち3匹を夕食のおかずにして、小さめの2匹は朝食用の汁にしました。先週に宇和海で釣ったグレの煮付けもまだ残っています。

「山の神」が「また、煮付けー」とチト文句を言ったが、それでもおいしく煮付けてくれました。なので、グレとガシラの煮付けが夕食のおかずとなりました。

さて、夕方にはメバル釣りに行くので、またまたたくさんのメバルが釣れるはず。困ったなあ。

1月 18, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

ヒラスズキの自己記録

Y1cimg4701 Y1cimg4707 今年の初釣りに愛媛県宇和海の御五神島で釣ったヒラスズキは、私には初めての魚です。釣り人にはなんとなく縁のある魚と、なんとなく縁のない魚があります。

他の人にはそこそこ釣れる魚なのに、自分には釣れたことのない縁のない魚。ヒラスズキは私にとってそんな魚でした。だから釣れたときはホントにうれしかった。

巻尺で何度も計りました。何センチであっても、私には最初の魚なので私にとっては自己記録となります。

81センチだっり、82センチだったりします。磯がでこぼこしている上に、魚が口を開けたり閉じたりしているので1センチくらいの差はすぐ出ます。どっちにしてもいいサイズです。

これを書いていて気が付きましたが、私がこれまでに釣った魚の中でダツ、タイワンダツ、タチウオ、ウツボの長物といわれる魚を除けば最長の魚となりました。それが分かったので一層うれしくなりましたわ。

釣りに行けばまぐれで大きいのが釣れる。行かなくては釣れません。今年に入ってから寒い日が続いていたので、この日も行くかどうか内心迷いましたが、行ってよかった。

1月 17, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

ゴールドポイント賞

Z1cimg4685 私が所属している高松黒潮クラブでは、魚種別にある一定サイズ以上の魚を釣ると、ゴールデンポイント賞をくれます。たった500円ですが、いいのは猪ちゃんがデザインしてくれたゴールドポイントカード。

写真にあるとおり、金色で印刷していています。名刺2枚分の大きさなので、二つ折りにすると名刺入れに入れることが出来て、機会があればそれで自慢ができるというもの。

私は55センチのイシダイが規定サイズ以上だったので、去年に引き続いてもらうことが出来ました。ふふ。

ゴールドポイント以外にもイシダイ、グレ、チヌについては1年間で最も大きな魚を釣った人には大物賞をくれます。その賞金は3000円と貧乏クラブとしては高額です。

イシダイは私の55センチ、グレは斉藤さんの51.5センチ、チヌは石塚さんの42センチが年間大物賞です。今年はこの3魚種全部でひとり独占の計画を立ち上げたいと思います。ふふ。

1月 16, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

釣り目標達成度

Cimg6480 今年の釣り目標は、以前にも書いたとおり、釣行50回、魚種50種、イシダイ・グレ・チヌのいずれかで50センチ以上と決めました。

目標は常に達成度を管理しなければなりません。ふふ。そこで今後は、釣行するたびにブログの最後に達成度を記載することにしました。初釣りを終えた段階では
・目標釣行50回中、1回達成。
・魚種ではグレ、ヒラスズキ、ニザダイの3種を達成
・グレで50センチ以上はなし

最初のころはあまり意味がないと思いますが、そのうち魚種が合計でいくつになったとかが気になってくると思うのです。

そこでこれまで自分でもあいまいだったところを明確にすることにしました。まずは釣行回数ですが、文字通りであれば釣りに行った回数になります。
しかし2泊3日の釣行の場合、1回の釣行ですが、3日間竿を出すとしたら、3回とカウントすることにします。要するに何日間釣りをしたかで数えることにします。

次に魚種はもちろん同じ魚種は一度しか数えませんが、どんなエサトリであろうともカウントすることにします。例えばスズメダイやクサフグでも1魚種としてカウントします。そうでないと50魚種にとてもじゃないが到達できないと分かりました。

嘘を言っているわけでなく、解釈の変更です。ま、官僚の得意技を見習うことにしました。ふふ。

1月 15, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

トラフグをいただきました

Y1cimg4686 Y1cimg4687 赤澤名工からサヨリ釣り用のカゴができたという電話があったとき、受け取りに来るときにクーラーを持ってこいとのこと。魚があるのだといいます。

魚をくれると言うので、コチトラもお礼に冷凍しているアオリイカ1匹をもっていきました。で、くれたのは意外にもトラフグです。貰い手がいないとのこと。まあ、フグは怖くて貰ってくれる人がいないのは分かります。

私はフグの調理免許を持っていませんが、自分で食べるのは法律的に大丈夫です。要するに肝さえ食べなければいいのです。フグの腹をさくと、その中には大きくていかにも旨そうな肝があります。ハギの肝と色とかツヤがよく似ていて、ついちょっとだけ食べてみようかと言う気になります。くわばら、くわばら。

トラフグはとびっきり値段が高い。確かにフグの中では味が良いのは分かるが、それにしても私には高すぎると思います。ま、値段は需要と供給で決まるので、その高い値段でもありがたがって食べる人がいるってことなので、私がとやかく言うものではありません。

さて私はテッチリ用に料理してとりあえず冷凍庫に入れました。これを「山の神」はたべるのでしょうか。いつものように私が食べるのをニヤニヤしながら見ているだけなのでしょうか。

1月 14, 2012 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

赤澤名工にサヨリ釣りのカゴを作ってもらいました

Y1cimg4688 赤澤名工から電話があって「出来たあ」とのこと。お願いしていたサヨリ釣り用の道具です。市販の撒き餌カゴにテンビンをつけたものです。

サヨリ仕掛けを遠投すると、撒き餌カゴが重いので一番先頭で飛びます。だからその先に付けているハリスが手前に流されて道糸に絡むことが多いのです。ハリスは太い「便利糸」という糸を二重撚りにして1メートル以上カゴから離していますが、それでも絡みます。

テンビンをプラスチックのカゴにつけるのは、赤澤名工に言わせると、これが技術的になかなか難しいとのこと。私にはそんなことはさっぱり分かりません。とにかく作ってもらえばいいのです。ふふ。

Y1cimg4689テンビン付き撒き餌カゴと一緒に、サヨリ釣り用のウキも20個近く作ってくれていました。これは以前作ってもらったものが、すべてウキに塗っている防水用塗料がひび割れしてしまったので、そのお詫びとのこと。

赤澤名工は、自分が作ったものに欠陥があるのは許せないようなのです。私はウキの塗料にヒビが入って少し浮力が落ちても使えればいいのですが・・・。

サヨリ釣りのウキにこの赤澤名工作を使っているのには理由があります。遠投しても良く見えるように大き目のものを使わないといけませんが、市販のセルウキだと軽いので風圧に負けて、投げたときに道糸に絡みやすいのです。

赤澤名工作のウキは少し重く作ってもらっているので、カゴと平行して同じくらいのスピードで飛んでくれるので絡みにくいのです。

1月 13, 2012 赤澤名工シリーズ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

今年の初釣りは・・・(2)

Y1cimg4706 愛媛県宇和海の御五神島での初釣りです。アタリが無いので30メートルほどウキを流すと、棒ウキがスッと入りました。合わせるとばっちり。さっき釣った40センチオーバーのグレよりも引きが相当強い。てっきり50センチ以上のグレだと思いました。

掛けた魚とやり取りしているときに、私の渡船がすぐ目の前を通ります。船頭にバラすのを見られるのはつらいこと。慎重に寄せようとしたら、足元で大きな魚体がジャバーンとはねて、ちとあせりましたわ。ヒラスズキです。

どうにか玉網に入れてほっとしました。玉網を持ち上げようとすると重い。玉網の網が磯の貝に引っかかったのかと思ったら、なんのなんの釣れた魚が重かったのです。ヒラスズキで80センチを超えています。家に帰ってから測るとちょうど5キロでした。

Y1cimg4730釣れたヒラスズキを40リットルクーラーに入れようとしたが、大き過ぎて入りません。頭を無理やり曲げてもまだ尻尾が出ています。尻尾も思い切り曲げてやっとクーラーに納まりました。

だけど入れてある食料や飲み物の上に、これまで釣った2匹のグレとこのヒラスズキでクーラーがほとんど埋まってしまいました。
だからこのあとグレの43センチが2匹と32センチが1匹釣れたが、最後に釣れた43センチのグレを海に戻そうかと思ったぐらいです。でもめったにない40センチのグレです。

どうにか入れましたが、「グレは50センチ以上でないと持って帰らんぞ」と贅沢に思ったら、その後は釣れなくなりましたわ。ふふ。

磯から戻り、この日の夕方はアオリイカ釣りで高知県に行く予定でした。だけどヒラスズキは香川県記録の可能性があるので魚拓にしないといけません。

アオリイカ狙いの高知方面に走るか、あきらめて高松方面に走るか。道路の分岐箇所に来るまで2回車を止めて考えましたが、結局家に帰ることにしました。ま、贅沢な初釣りでした。大成功。

1月 12, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

今年の初釣りは・・・

Y1cimg4696 年が明けてから、今年の初釣りはいつ、どこでしようかと考えていました。3連休が終わってからの週が狙い目だと読んでいました。

何を釣るかは、第1候補はアオリイカ釣り。今週の前半は大潮で絶好のチャンスです。次はグレの入れ食いが続いている御五神島での磯釣り。そして最後の候補は、近場で最近釣れだした夜のメバル釣り。

3連休最後の日の月曜日、いつものように早朝ファミレスで過ごしたあと、家でパソコンを開いて天気予報を見ると、天気が良いのは翌日の火曜日だけで水曜日から風が強くなるとのこと。

そこで「山の神」に急遽の釣行を宣言。バタバタと釣り道具をそろえて昼前に出発というあわただしいことこの上ない。この日の夕方に宇和島市の手前でアオリイカ釣りをしてから、ホテルにチェックインのつもりだったが、翌日の磯釣りに集中することにして、この日は釣りをせずにそのまま宇和島市のホテルに宿泊。

そして翌日、予定通り御五神の磯に・・・。集まった8隻の渡船が抽選して、私が低ゲタに上がったのは午前8時前になっていました。朝日が昇ります。朝日を見るとつい写真を撮りたくなります。

ウキ下を2ヒロから始めます。エサがなくなりません。足元に撒いた撒き餌にもエサトリの姿が全く見えません。魚が全然いないのかと思いましたわ。

すぐにウキ下を3ヒロにして流すと、きれいにアタリが出て34センチのグレ。昨年はイシダイ釣りばかりしていたので、久しぶりのグレです。

Y1cimg4729 Y1cimg4700流れの方向が変わって、今度は強い引きです。ほほほーっ。40センチを超えています。磯の上では魚が曲がって正確に測れません。家で測ると、45.6センチ。写真ではもっと大きいように見えますが、巻尺よりグレが浮いているからです。
でも氷付けして持って帰り、翌日に測ったので実測だったらもっとサイズがあったと思います。

幸先良い初釣りスタートとなりました。でも今回の狙いは今年の目標の50センチ越えのグレです。

明日に続く・・・。

1月 11, 2012 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

平成23年の釣りを総括すると

毎年釣り日誌を眺めると、その年がどういう釣りに重点を置いたのかが分かります。
去年、平成23年の釣り日誌をじーっと眺めて総括すると、「平成23年の釣りは、イシダイ釣りとアオリイカ釣りに集中した年」と分かりました。

渡船を使った釣りは1年間で15回。その前の平成22年は20回なので、5回も少なくなっています。私の感覚では22年よりも去年のほうがたくさん遠出したような気がしていたので、不思議でした。

そこでアオリイカ釣りをした回数を調べて、何故渡船の回数が減ったかが分かりました。

私がアオリイカ狙いで釣行するのは、高知県南部や愛媛県の宇和海です。その回数が去年は9回なのに対し、その前の平成22年は2回だけでした。

だから渡船を使わないアオリイカ狙いで遠出をしていたので、渡船の利用回数は減りましたが、香川県外への遠出は増えているということでした。納得。

またイシダイ狙いの底物釣りをした日は12日と多くなっていて、磯のイシダイ狙いにも気合を入れていたことが分かります。その分、近場での釣りがグーンと減少してしまいました。

1月 10, 2012 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

寒さと釣り

Cimg0295 寒いのが大嫌いです。子供のころ、家には現在のような暖房は無く、大きな火鉢にかじりついて過ごしていたお正月を今でも思い出します。寒さは人間を非活動的にします。

特に私にとっては、寒さは釣りに行く元気を、「これでもか、これでもか」と打ち砕いてしまいます。ホントに寒いのがイヤなのです。

だから会社を定年後の第二の人生として北海道に移住した人がテレビに出ているのを見ると、「シンジラレナーイ」と叫びたくなります。この人たちは当然冬の厳しさを知った上での決断でしょうから、その勇気に拍手の感じ。夏の北海道が魅力的だというのは分からないことはないが・・・。

南国四国でも、冬は寒い。釣りをしているときに北西風が吹くと、エサをつかんだときに濡れた指が冷たい風でボロボロになります。
それでも寒さの日が続いた後で、ほんのりと暖かい日差しがあると「釣りに行きたい病」がむくむくと発病します。

そんなときは完全防寒で出かけます。上下の防寒服は当然ですが、上下の吸湿発熱下着、もちろん上はタートルネック、そして左右の腰と靴のつま先には使い捨てカイロ、靴下は厚手のもの。

だから冬はパンパンに膨れて動きが鈍くなります。思うように動けないので、磯の上で、正直「やばいな」と思うことさえあります。そして寒さが強くなると、波止ならすぐに撤収です。渡船を使って磯に上がると迎えに来るま帰ることが出来ないので、「なんで、こんな日に釣りに来たのか」と自責、自噴してしまいます。

さて今年の冬はどんな釣りに出かけることになるのでしょうか。自分でもわかりません。

1月 9, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

釣りクラブの新年会

Z1cimg4684 Z1cimg4681 昨日、高松市内にある割烹「はんぶん」で、高松黒潮クラブの新年会がありました。参加者は10人。

クラブ最長老の勇ちゃんが会うなり、「今年は釣れとると言うたらすぐに来いよ」の一言。9月ごろのサンポート高松港でのエイ釣りのことです。エイが高松港に入ってきた情報は毎週ここで竿を出している勇ちゃんがくれるのです。この新年会の日も、打ち上げた後サンポートに釣りに行くらしい。信じられませんわ。

去年は行くのがちょっと出遅れて、私が行ったときにはすでにピークを過ぎていて、全くアタリが無いままでした。今年は畳半畳くらいの大きなエイを釣り上げたいと思います。

酒が入り、話題は宝山(ほうざん)さんの去年のサヨリ釣り1000匹達成記録の話になりました。いきなりヨッさんが「1000匹と言うのでミミズ千匹かと思ったがあ」と私には全く意味不明のことを言います。とても70歳を超えた人の発言と思えませんわ。ふふ。

宝山さんは去年最終的には1113匹の記録だそうで、周りの人から「なんでもう1匹釣って1114匹にしなかったのか」と、宝山さん出身の地方銀行(114銀行)にちなんだ、香川県人にしか通じない冗談で盛り上がります。

この話は二次会でも続き、これだけ盛り上がるのだから、「来年のサヨリ目標は1114匹に・・・」という提案には完全拒否。よっぽど1000匹目標に苦労したらしい。

三好さんとは、もし2月の大阪フィッシングショーに行けたら「粗品ゲット隊」を結成しようということも決定しました。

1月 8, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

100円ショップでお魚シール

Ncimg3755 お魚のシールはたくさん持っています。だから新しいのを見つけてもあまり買う意欲がわいてきません。でもこの度、100円ショップで見つけたシールは、すごい数のお魚がいます。

これは安い。つい買ってしまいました。ふふ。安いと思えないものには手が出ません。1000円の値段でも、安いと思えば買います。特に最近は金の値段が上がっているようなので、金のお魚グッズが1000円で売っていたら、即購入です。

ま、金の場合価値以下の値段で売るはずがないので、探しても見つからないでしょうけど・・・。

ところで、最近100円ショップで買うお魚グッズが多くなっています。これはある程度意識しているため。どうしてかと言うと、お魚グッズ展をするときに、「100円ショップで買ったお魚グッズコーナー」というのができたらいいかも、と思っているからです。

集めたお魚グッズもたくさんの量になっているので、何らかの整理をしないといけません。もちろん利用目的の箸置き、キーホルダーという仕分けもできるでしょうが、購入した国別、地域別とか、という整理もできます。

だが私にしたら、100円ショップで買ったものばかりを見るのも楽しいと思っています。どうでっしゃろうか。興味ない?

1月 7, 2012 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

料理屋の玄関に大きな海老が・・・

Ahcimg2553 香川県の西端は観音寺市。ここの国道11号線を走っていて、「海老像」を見つけました。「海老蔵」じゃありません。こんな田舎に海老蔵はいません。

こんなところで海老蔵を見つけたら、「海老像と海老蔵」の写真を週刊誌に売ってそのお金で釣りにバンバン行けるのでしょうけど、世の中はそんなに甘くありませんわ。ふふ。

この道は何度も通っていますが、この日は昼食場所を探していたので、料理屋が気になって見ていたら海老を見つけました。
隣のうどん屋に車を止めて写真を撮りにいきました。エビはめでたい食べ物ですから、お正月にふさわしいでしょ。

立派なようで、立派でないような・・・。でも石でできた大きな海老です。「いせえび料理」を看板にしているので、この像はイセエビだと思います。

この像を作るのにいくらお金が掛かったのでしょうか。ちょっとだけ気になります。もちろんコチトラには関係ないことで・・・。

1月 6, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

水汲みバケツの再生成功

Cccimg4616 昨年末に釣具の整理をしていて、穴が開いて使わなくなった水バケツが出てきました。赤いバケツです。捨てようも思ったが、開いている穴は見た目ではほとんど分からないぐらいの小さい穴です。

そして現在使っている白いバケツも使っていて、海水がジンワリとにじみ出てきていて、これも新しく買わないといけないと思っていました。

そこで思い出したことがあります。赤澤名工がウキを作るときに瞬間接着剤を何度も重ね塗りして防水をしていることです。開いている穴は小さいので、これも同じように出来るはずです。

そこで水汲みバケツに水を入れて、じっくりと水漏れをしているところを探しました。正確な穴はわかりませんが、底の張り合わせのところから水がにじみ出てきていることが分かりました。

そこで底に瞬間接着剤を2度重ね塗りして乾かしました。するとどうでしょ~~う。ビフォア、アフターで見違えるようになりました。とはいっても、水が全く漏れないようになっただけですけど。

不器用な私にしては、これだけでも大成功の感じ。ふふ。2個の水汲みバケツ再生が成功です。どんなもんだい。私にだってできるのだ。

1月 5, 2012 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

平成24年の釣り目標

Ckcimg4408 今年の釣り目標を作りました。ちょっと高めの目標になりました。①釣行50回、②イシダイ、グレ、チヌのどれかで50センチ以上、③50魚種以上、の3目標としました。

数字を見れば分かると思いますが、全部「5」と言う数字にこだわっています。特に理由はありません。ふふ。なんとなくゴロがいい「5」にこだわることになってしまいました。

アンタだってあるでしょ。どうしてそうなったかが分からないことが・・・。たとえば、どうしてこの人と結婚したのかって。ふふ。そんなことはありませんよね。

さて、一つ目の「釣行50回」。これは多分達成が一番可能性が高いと思います。なんたって、毎日が日曜日の身ですから。50回は行かないといけません。

次の目標の「イシダイ、グレ、チヌのどれかで50センチ以上を釣ること」。これは昨年にも同じ目標をあげました。ギリギリでまぐれイシダイの55センチが釣れて達成が出来ましたが、今年はまぐれでなくて、ちゃんと戦略を立てて実力で釣りたいと思います。

最後の目標の「魚種を50種以上釣ること」は非常に難しい。いろんな場所に行って、いろんな釣り方をしないと達成できません。アオリイカ釣りに熱中しすぎてもいけません。9月ぐらいになってそれまでに釣った魚種の数を数えて大分あせるとおもいます。

1月 4, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

今年の元気をもらえる恵比寿様

Cbcimg4633 お正月ですから、めでたい恵比須様がふさわしいと思います。そこで元気をもらえる恵比寿様を紹介します。

三豊市詫間町を車で走っていて大きな家があったので、屋根を見上げると何かの像らしきものが見えました。立派な塀がある民家を見つけると、つい恵比寿様を探す習慣がついています。

近くに車を止めて見に行くが、屋根の一番上に像がありますが、良く見えません。デジカメをズームにして写真を撮り、取った画像をさらにズームしてみると、こりゃあびっくり。

人物が右手にサオを持つ格好をしています。実際には竿はありませんが、間違いない。こういう恵比寿様はたくさんあります。別に珍しいものではありません。

だがこの恵比寿様はタイを抱えていません。そして恵比寿様の下の離れたところに釣られた魚がいます。恵比寿様がまさにタイをハリに掛けて釣り上げようとしているところです。

タイを抱えてワッハッハと笑っている恵比寿様よりも、ナンカ現実的で元気が出る情景です。
釣り糸が無いので、ひよっとしたらバラしたところじゃ、なんて邪悪な考えはしないでくださいよ。お正月なんですから。

1月 3, 2012 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

初詣祈願

Cimg4657 元旦に恒例の大物祈願をするために、高松市内にある岩清尾(いわせお)八幡宮に初詣をしました。「恒例の」と書こうとしたら、「高齢の」と変換されました。このワープロは賢い。

お参りした後、高齢のじゃなくて恒例のおみくじを引きました。中吉でした。

「願い事 叶いがたき様なるも半ばより安く叶う」
とあります。今年も前半はだめなのでしょうか。ま、一年間で見れば願いが叶うということなので、頑張ることにしますわ。

次に気になるのが、どこに行けば釣れるかということ。「方向 何方に行くも差し支えなし」とあります。ということは、東の室戸岬周辺でアオリイカをジャンジャン釣り、南の土佐佐賀で小型のイシガキダイをクーラー満タンにし、南西の沖ノ島で大型のイシダイを釣り、西の宇和海で大物マダイが釣れるということでしょうか。

神様のいうことですから、お言葉に元気が出ました。今年も頑張るぞー。エイエイオー。

1月 2, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

Img021 明けましておめでとうございます。謹賀新年。

今年も皆様が元気に明るく釣りができることをお祈りいたします。

もちろん私もがんばって釣りに行きたいと思います。この寒さですから、寒さに弱いオジンとしては、もうしばらく体がなれるまでの時間が必要ですが・・・。

今年の釣り目標はどうしましょうか。考えなくてはいけません。一年の計は元旦にあり。

昨年は月別に狙う魚を決めて、それに従っての釣行をする計画を立てましたが、どうもうまくいきませんでした。3月のチヌ年なし、4月のイシダイ、クチグロ、8月の50センチを超えるクルメサヨリ、9月の大型エイ、10月のハゼ。

どれも全くうまくいきませんでした。月別計画はうまくいかないことがわかりました。今年は大雑把に計画を立てたいと思います。

なにはともあれ、元気に1年間釣りにいけることが大切です。昨年末に、アメリカにいる孫がニューヨークからアリゾナ州に転居したので、今年はそこに行く予定もあります。砂漠のアリゾナでは釣りができないでしょうなあ。

1月 1, 2012 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

ブログ「四国は釣りの楽園・天国」の平成24年1月1日から6月30日までの日記をまとめました。半年毎に本にしていますが、この本は15冊目となります。

この期間、3月には孫がいるアリゾナに行き、メキシコへのクルージングにも参加でき、私達夫婦のエポックとなりました。6月には孫がアメリカから我が家に来て、何度も河口遊びが出来ました。

また、釣りでは香川県磯釣り連盟の大会のイシダイの部で優勝してしまいました。
このブログの経緯では5月に累計100万アクセスを達成しました。

この半年はなんやかんやと大変恵まれて楽しい期間となりました。

1月 1, 2012 | | コメント (0) | トラックバック (0)