« 愛媛県の道の駅でハゼの箸置き | トップページ | 「ぼくたちとあそばなイカ」 »

2011年11月24日 (木)

石川県の内藤さんからイシダイ自慢

Zcaty6a4q Zcae2cwt0 以前香川県高松市に住んでいて、現在は石川県金沢市にいる内藤さんから久しぶりの釣果自慢メールが届きました。イシダイです。

長文の気合が入ったメールなので、そのままを掲載させていただきます。

「写真の石鯛は11月1日の釣果で、実寸54cm、拓寸54cm 魚拓にする時は縮んでおりました。重さは2.8kgです。

今年5月の五島列島から7連敗中でした石鯛も先日(11月1日/舳倉島)やっと脱することができました。

7月に同じ舳倉(へぐら)島で石鯛を磯の上まで跳ね上げたのですが・・・直後針が外れて海の中に・・・・。やっと悪夢から解放されました。
舳倉島は能登半島・輪島から約50km(連絡船で1時間30分)沖合にある周囲4km程の絶海の孤島です。
島には車は1台(診療所)のみで荷物運びはリリヤカーです。
島内にはお店は無く漁師と海女さんの島ですが、最近はバードウォッチングで世界的に有名になり釣り人よりも、探鳥の人たちの方が多いかもしれません。
島には民宿が2軒あり、磯渡しもしてくれますが、これが安い1,000円です。餌のサザエも民宿のお母さんが潜っている時は、700円/kgで年金暮らしの私にとってはありがたい格安の宿です。」
ウム。暖かくなると行ってみたい気もします。
相変わらず、スタミナがぎらぎらしているようで・・・。内藤さんは全日本サーフ所属なのに、磯釣りの領分にまで入り込んできます。ふふ。
メールには、他にも、
「イラを早く食べて感想を聞かせてください。」と書いています。内藤さんから「イラは旨いので、だまされたと思って」、と言われてキープした話のことです。
さらに、
「これから寒くなりますが、冬は寒いもの。また冬は冬のお魚が釣れます。
最近の防寒具は本当に良くなってます、お互いに寒さに気後れせずに釣りに行きましょう。」と・・・。
私が寒さに弱いのを知っていての叱咤激励でしょうか。寒いのはイヤじゃああああ。
「男女群島釣行は、何とかなりそうです。11月26-27日の予定です。
まだ、余裕があります、ご一緒されませんか?11月は数釣りのシーズンです。」
私は行きません。ふふ。

11月 24, 2011 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/53264978

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県の内藤さんからイシダイ自慢:

コメント

コメントを書く