« 釣り本を買いました | トップページ | 満月狙いのはずが・・・(2) »

2011年11月10日 (木)

満月狙いのはずが・・・

Cmcimg4379_2 おととい、昨日と高知県西南部の波止に、アオリイカ狙いに行ってきました。この日は満月に近い大潮の日で、イカ狙いには最適の日です。一緒に行ってくれたのは山田さん。79歳なのに、一人でイカ狙いで四国中を走っています。先週も徳島県南部に行っていたと電話してきました。

ところが、昨日からご飯が食べられなくて病院で点滴を打ったとのこと。これを高速道路に乗って走り出してから言うのだから、引き返すわけにいきません。老老介護になるのでは、という不安を抱えながらのスタートになりましたわ。

途中寄ったコンビニで、「何回分の食料を買ったらいいか」と聞きました。私も家の出発時刻を決めただけで、いつまで釣りをするのか知りません。リタイア組だからの釣行計画です。

山田さんは、「そうやなあ、今日の昼食に夕食だろ。それに車の中で寝る前のお酒とつまみ、そして明日の朝食に、昼飯、夕食だから、5回分の食料」と言います。ま、これだけ元気なら、ちょっと安心しました。

活きアジを購入するために高知県宿毛市の釣具店に行きます。私は最低一人30匹は必要と思ったが、山田さんは「波止でエサにする魚が釣れるので、一人15匹でいい。10匹でもいいぐらい。保証する」と言い切ります。私は心配性なのでしょうか。

目的の波止に着いたのは正午過ぎ。私は車の中で昼飯を食べましたが、山田さんは「腹が減らない」とのことで、何も口にしません。またまた心配になります。

山田さんはすぐにエサにする魚を、サビキ仕掛けで釣り始めます。夕方のイカ狙いまでにガンガンとエサにする魚を釣っておかなくてはいけません。でも、釣れません。全くアタリがありません。ポツリ、ポツリとスズメダイが釣れますが、「これはイカのエサにならん」と逃がします。あせります。

私もサビキ仕掛けを出してエサの魚を狙うことにします。カゴを底まで着けて少し上げたところで、「ガツーン」と大きなアタリ。竿をためましたが、グンッとなって、簡単に切られてしまいました。ハリス1号のサビキだからしゃーないです。

Cmcimg4376_2 再び仕掛けを下ろすと、またまたガツーン。今度はどうにか竿をくねくねさせると、魚が上がってきました。タカノハの34センチ。しゃーない魚です。磯釣りを始めたころはこんな魚でも大事にクーラーに入れていたことを思い出しながら放流。

さてさて、夕方までに山田さんが「保証する」と言い切ったエサの魚は釣れたのでしょうか。そして肝心のイカは釣れたのでしょうか。楽しみでしょ。

明日に続く・・・。

11月 10, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月狙いのはずが・・・:

コメント

コメントを書く