« フグの箸置きをゲット | トップページ | 自己記録に新魚種 »

2011年10月22日 (土)

高松市内の民家にコイ

Gcimg4041高松空港に向けて国道193号線を走っていると、香川町の民家の塀の上に何かがあります。恵比寿様の可能性があるので近くに車を止めて見に行きました。

 

恵比寿様ではなくて、「鶴と松」でした。残念。ふと、塀の奥のほうに目をやると、お魚がいます。コイです。さらに向こうにもう1匹のコイ。車を止めた甲斐がありました。

 

コイは上を向いて頑張っています。「鯉の滝登り」をイメージしているようです。奥のほうのコイの周辺は木の枝がたくさんあって、見ようによっては枝が滝のイメージになっています。

この国道は職の現役時代にも、東京に出張するたびに通る道なので、何度も何度も通りましたが、こんな魚がいることに気が付きませんでした。

 

魚は国道からは見えにくい位置ですが、国道沿いの鶴さえも気が付きませんでした。こういうものに気が付くのも、職をリタイアしてのゆとりなんでしょうか。ふふ。

10月 22, 2011 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松市内の民家にコイ:

コメント

コメントを書く