« 四国磯連の大会参加 余話3 | トップページ | 久しぶりのイカ釣りに(2) »

2011年10月28日 (金)

久しぶりのイカ釣りに

Crcimg4336昨日、香川県の地元新聞社勤務の西脇さんと高知県西南部の波止に行きました。西脇さんとは以前から「一緒に釣りに行こう」という話になっていたが、お互いのスケジュールから2ヶ月以上が経ってしまいました。今回はイカ狙い。私には久しぶりだし、西脇さんは初めてのイカ釣りです。

高知県宿毛市の釣具店に活きアジを売っていると聞いていたので、確認の電話を入れると、最近の雨で海が濁っていてアジが入荷しないとのこと。で、急遽、少し遠回りになるが、愛媛県愛南町のアジ店に予約を入れて、まずはそこに直行。

40匹の活きアジを買って意気揚々と目的地の波止に到着。高松市の自宅からは高速道路を利用しても5時間の道のり。
早速イカ釣りの竿を出そうとして、活かしバッカンの中を覗いて、ぎゃおおおお。買ってきたアジがすべて死んでいます。あちゃああああ。酸素を供給するぶくぶくの電源がOFFになっています。買ったときは絶対に電源をONにしたのに、理由が分かりません。ドジ、ドジ、ドジ。しゃーないなあ。

去年ここの波止でイカ釣りをしたとき、隣の港町でアジを買ってきたという釣り人がいたのを思い出しました。そこで、私一人でとりあえずその港に行きました。
漁師に「活きアジを売っているところを知りませんか」と聞き歩きます。意外に早く、二人目で分かりました。教えてくれた家は看板も無く普通の民家の家です。訪ねると、「今年はまだ売っていない」とのこと。残念。

仕方なく、来るときに買ってきた愛媛県のアジ店まで戻ることにしました。片道50キロ。 往復100キロ。やっと買ったアジのブクブクの音を確認しながら西脇さんが待つ波止場に到着したのは午後3時。

西脇さんはサビキ仕掛けで、イカ釣りのエサにする魚を調達しようと、スズメダイ数匹、グレ、オヤビッチャを釣っています。

Crcimg4341イカ釣り用の竿を1本ずつ出して、夕方の時合い待ちです。その間ズボ釣りでやってみたが、小さなタイのみ。しょーもない。

しばらくして、意外な人が出現。高知県磯釣連盟会長の別役(べっちゃく)さんです。お互いに「なんで、アンタがここに・・・」。

さて、イカは釣れたのでしょうか。私は是非とも初めてイカ釣りをする西脇さんに釣って欲しい。

つづく・・・。

10月 28, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのイカ釣りに:

コメント

コメントを書く