« ネバゴチの本名確認 | トップページ | スーパーの魚売り場に現代アートの魚 »

2011年8月22日 (月)

赤澤名工からウニ通しとイシダイ仕掛け

Ocimg3739 Ocimg3740 赤澤名工がイシダイ仕掛けとおしゃれなウニ通しを作ってくれました。ウニ通しは握るところを貝でデザインしています。小さな花びらの一つ一つを加工して張り付けています。

写真をクリック拡大して是非見て欲しい。どうです? すごく細かい加工をしているでしょ。

「道具は使うもの。用をたせればいい」主義の私には、とんでもない高貴な道具とといいましょうか、どうでもいい加工といいましょうか。ま、それでもそっけない道具よりは持っていて楽しいのは確かです。

徳島県南部の磯で3本のウニ通しを失くしたあと、今回もらった2本を入れて全部で4本のウニ通しを作ってくれたことになります。
前回失くした経験を生かして、すべてを紐でバッカンに結ぶようにしたので、これで私の一生分を確保できたと言っていいと思います。波でバッカンまで流されるのは、これから4回もないでしょう。ふふ。

たかがウニ通しですが、これがなくてはガンガゼウニを仕掛けのハリに付けることができません。素手でやったら、手のひらがウニの棘だらけになるだけ。「わしゃ、素手でできる」と言う人がいたら、是非、その方法を写真つきでお願いします。ふふ。

8月 22, 2011 赤澤名工シリーズ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工からウニ通しとイシダイ仕掛け:

コメント

コメントを書く