« 雑誌「関西のつり」に写真 | トップページ | ニューヨークからのお魚グッズ(平成23年) »

2011年7月21日 (木)

孫のフリーマーケット初体験(平成23年)

Ycimg3392Ycimg3393

Ycimg3388 アメリカから里帰りしていた孫たちが、時差ボケが残る3日目に、香川県高松市のサンメッセであったフリーマーケットを開きました。ミホがアメリカからインターネットで見つけて、直接申し込み。

このフリーマーケットで売るためにアメリカからもって帰ってきた品物が大型トランク3個分。自分たちで使ったものや、一部アメリカのフリーマーケットで買ってきたもの。私から見れば、「よくまあ、やるわ」の感じ。

フリーマーケットを開いてから、アメリカ製品が珍しいのか、次から次にお客さん。見に来た人の中には、プロのような人が目立ちました。付けた値段は一部商品を除いて、10円、50円、100円などがほとんど。

それで売り上げが1万7000円を超えたらしい。横で開いていたタイ製品のようなものは全く売れておらず、孫たちの店にお客が集まるので、目を白黒。孫にはいい体験になったようで、ミホの目的は達成。ま、いいんじゃない。

Wcimg3419私の役目は商品運びの運転手。それが終わればすることがない。なので、フリーマーケットで、お魚グッズ探し。たくさんあると思ったが、ほとんどありません。1万円を超えるものはありますが、それは対象外。

やっと見つけたのが赤ちゃんのおもちゃ。金槌のような形をしていて。それを振ると、「ブホッ、ブホッ」と音が出ます。

1個100円。同じようなものが2個あって、売っている人が「2個なら、150円」と言いましたが、2個はいりません。理解に苦しむのは、握る先に吸盤が付いていること。何で、こんな吸盤が必要なんでしょうか。不思議。

7月 21, 2011 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫のフリーマーケット初体験(平成23年):

コメント

コメントを書く