« やっと見つけたお魚のアップリケ | トップページ | 今年の目標の中間評価 »

2011年7月 6日 (水)

孫は釣り名人(平成23年)

Xcimg3407 昨日、久しぶりに快晴となりました。この日を待っていたユーキとショーエイにせかされて、ミホも一緒に釣りに行きました。アメリカから里帰りしたのが、先週の金曜日。高松空港から直行したさぬきうどん店でも、「釣りに行きたい」の連発。面食らいましたわ。

今回釣りに行ったのは、高松市から車で東に約1時間。事前調査済みの東かがわ市の海水浴場です。

ところが到着してから海を見て、「あちゃああ」。昨晩の強い雨と、現在の強い風で、海水が茶色の上に、たくさんの切れ藻が漂っています。これじゃあ、魚が釣れるはずがありません。

Xcimg3402で、風が少し避けられそうな石積みの波止の際で釣ることにしました。そして10メートルの近投では釣れそうにないので作戦変更。私が遠くに投げてから孫に竿を持たせて、少しずつリールを巻くようにしました。

そういうことが考えつくのが、ま、釣りのベテランなんでしょうなあ。作戦大当たり。1投目からユーキが小さなアイナメ。そしてショーエイが青ベラ。ふふ。内心、ホッとしましたわ。

Xcimg3413Xcimg3416
広い海水浴場に、私たちだけ。四国はいいところです。時折、泳いだり砂遊びをしながらも、釣りが中心。孫が本当に釣りが好きなのだと感心しました。

Xcimg3418それ以後もポツリポツリと退屈することなく釣れます。この悪条件でこれだけ釣れれば十分。本日の釣果、滞在2時間半でキス6匹、ベラ3匹、コチ、アイナメと豊漁。これ以外にもフグ、アナハゼ、ハオコゼなども釣れたので、孫も大喜びでした。

孫たちは、もっと釣りが好きになること間違いない。

7月 6, 2011 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫は釣り名人(平成23年):

コメント

コメントを書く