« キタマクラの自己記録 | トップページ | やっと見つけたお魚のアップリケ »

2011年7月 4日 (月)

民家の塀に飛び上がるお魚

Agcimg2581 香川県高松市の高速道路「高松西インター」近くの民家の塀にお魚がいました。塀の上には、恵比寿様と大黒様は結構たくさんいることが分かってきましたが、お魚はあまり多く見かけません。

 

特にこのお魚は凝った作りになっています。水を掻き分けて飛び跳ねる姿が見事に表現されています。

 

魚の上を水が何層にもなっています。よくまあ、割れずにこんなに凝った形の瓦ができたものだと感心します。鯉の形なので、「鯉の滝登り」なのでしょうか。

こういう瓦は、どういう人が作っているのでしょうか。彫刻といった芸術家のレッテルを貼ってくれるわけでもなく、職人として作っているのでしょうか。

 

その職人もたくさんいるらしく、同じ恵比寿様でも、顔の表情、大きさ、抱えている魚の形などなど、一つ一つが違います。手作りであっても同じ人が作っているのであれば、よく似た物になると思いますが、ほとんどが違います。

 

この魚にしても、こういう形のものは初めて見ました。是非、作っているところを見たいものです。

7月 4, 2011 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民家の塀に飛び上がるお魚:

コメント

コメントを書く