« 熊ちゃんからヒラメの箸置きセット | トップページ | 高知県奈半利町の港の中にカツオが跳ねる »

2011年7月30日 (土)

赤澤名工に新種のウキを作ってもらいました

Aaucimg3044  赤澤名工に新型のウキを作ってもらいました。砂浜などから小型のカゴ釣りで遠投するためのウキです。

話は今年の3月のことです。高知磯連の別役(べっちゃく)会長から、「こんなウキでやったら入れ食いや。よく釣れるぞ」と作り方が紹介されている雑誌を教えてくれました。

その雑誌を見せて、赤澤名工に作ってもらいました。最初に一つだけを作って持ってきてくれましたが、上部の羽が重くて安定が悪そうです。赤沢名工も分かっていて、「今度作り直してくる」と、4本を作ってくれました。

さてさて折角作ってくれたので早く試してみたいと思いますが、なにしろ最近の私は忙しいのです。イシダイ釣りにアオリイカ釣りには使いません。小型のカゴを使うような釣りをするチャンスがありません。

紹介していた雑誌では砂浜から沖にあるテトラポッドやシモリに向けて投げるためのウキとして使う、とあります。でもひょっとしたら磯からのグレ釣りにも使えるような気がします。

このウキで50センチのグレがジャンジャン釣れたらどうしましょうか。心配ですわ。

7月 30, 2011 赤澤名工シリーズ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工に新種のウキを作ってもらいました:

コメント

コメントを書く