« マンホール探しとついでの釣り(4) | トップページ | 4000点のフググッズ収集ですって »

2011年6月 8日 (水)

マンホール探しとついでの釣り(5)

Aatcimg3164 今回、愛媛県佐田岬で釣ったイカは、私のこれまでの最大でした。胴長37.2センチ、重さ1.75キロでした。2キロぐらいあるかなと思ったけど、この重さ。

これでも掛けたときの重量感、強い引きは半端なものではありませんでした。雑誌で見ると、3キロのイカもいるようです。これが掛かるとうまく上げられるか心配になってきましたわ。

グーッ、グーッのイカ特有の引きは、ハマチなどの青物のギューンと言う鋭い引きと違って鈍い重さでした。これはこれで駆け引きをするときには胸ドッキンドッキンが続きました。

私のイカの自己記録は胴長ですることにしています。だって、重さだと2キロを超えると、それを測るハカリがありません。
ついでに足を入れた長さも測っておけばよかった。足はビローンと伸びるので精一杯伸ばして測る。

すると1メートル近くになるはずです。「足まで入れると、1メートルのイカが釣れた」と言うと、釣りをしない人は、きっと「すごい!」と言ってくれるはずです。ふふ。しゃーないですかあ。

6月 8, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンホール探しとついでの釣り(5):

コメント

コメントを書く