« 棒ウキをいただきました | トップページ | 大型チヌとイカを狙って(2) »

2011年4月22日 (金)

大型チヌとイカを狙って・・・

Accimg2717    あせっています。もう4月の中旬を過ぎました。ぼやぼやしていると、愛媛県南部で釣れる50センチ以上のチヌのシーズンが終わってしまいます。
去年52センチを釣ったのが4月16日。今年は少し寒かったので、まだいけると思いました。

今週の月曜日、火曜日は「山ノ神」と一緒に泊り込みの人間ドック入り。火曜日の昼すぎに自宅に帰ってすぐに、とにかく車を走らせました。行き先は愛媛県の愛南町です。だから白いバリウムウンチを腹いっぱいに入れたままです。ふふ。

この日は高知県宿毛市のホテル泊。夜釣りが本命と言うことは分かっているけど、オジンにはつらい。「明るい農村」という番組があったけど、私が目指すのは「明るい釣り」。明るいところでジャンジャン釣れる釣りをしたいのです。「そんなことを言っているから釣れんのじゃ」でしょうなあ。

夜釣りをやめた理由がちゃんとあります。風がびゅんびゅん。強風を超えて、時々暴風の感じ。瀬戸大橋は強風のため、自動二輪車は通行止めになっています。夜釣りをしたくない私には十分な理由です。

翌日の水曜日も風が残る感じ。だから、北西風でも竿を出せる場所を探しました。チヌ狙いは風が収まる木曜日に磯釣りを予定しているので、この日はイカ釣りをする予定。

Accimg2718午前4時半から開けているアジ売りの店で30匹を買って高知県宿毛市の港に着いたのが午前5時半。ここは南に向いているので、風が後ろからになります。波止には、イカ墨のあとがたくさんあります。

地元の人もイカ狙いの人がいます。声を掛けると、「昨日、一昨日とやったけど、イカはいない」とのこと。そうは言われてもなあ。とりあえず竿2本を出します。

午前8時を過ぎるとイカ狙いの人が、続々とやってきます。車が10台以上並びます。平日だというのに、何たること。仕事もせんと何しとんじゃあ。ま、私もですけど・・・。

Accimg2723誰にもアタリがありません。1時間過ぎ、2時間過ぎ。3時間、4時間。11時になると、ほとんどの車がいなくなりました。誰にも全然アタリがありません。とうとう昼になりました。コンロでお湯を沸かしてインスタントラーメン。釣り場でのインスタントラーメンは超旨いのです。

Accimg2722お湯が沸くのを待っていると、ウキが横になっています。おかしいと思ってリールを巻くと重い。でもイカの感じでなくて、少しの藻が引っかかった感じ。だが途中で軽くなってしまいました。上げるとアジの頭がかじられています。あちゃあー。もっと丁寧に上げればよかった。でも、あの重さだったら、たいした大きさではない。(逃げられたので、きっぱりと言います。そうです。私の場合、逃げられた魚は大きくなくて、全部小さいのです。そうでないと悔しいでしょ)。

明日に続きます。

4月 22, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大型チヌとイカを狙って・・・:

コメント

コメントを書く