« 「釣りはこんなにサイエンス」を買いました | トップページ | 愛媛県最南端近くのトンネルにカツオ »

2011年4月11日 (月)

フグをいただきました

Aicimg2538 Aicimg2539 赤澤名工から電話。「フグ、要るか」とのこと。もちろん、要ります。持ってきてもらうと、思っていたよりでかくて立派なフグです。「フグは要らん」と言う人が多いらしい。当然ですわなあ。

腹を割くと、立派な肝が出てきました。身と同じくらいの大きさです。艶があって旨そうです。「あかん、あかん」と自分に言い聞かせます。ハギの肝の旨さが脳裏を横切ります。見れば見るほど旨そうです。

フグを食べて死ぬ人が毎年必ずいます。この肝を見ていると、つい「ちょっとだけなら・・・」と思う人の気持ちが分かります。これがホントの「肝だめし」。でも、私は死にたくないので、我慢です。ふふ。

身はてんぷら用に切って冷凍庫に入れました。「山ノ神」に言うと、「から揚げにする」と言います。「フグを食べる」と言ったのは意外でした。これまでは、私が食べのをなんとなくニヤニヤしながら見ていたような気がします。

まあ、「食べてくれるのなら、釣り師としてはうれしいこと」。ただ、てんぷら用にしたので、から揚げにするには少し小さめです。ま、今度冷凍庫から取り出して、天ぷらにするか、から揚げにするかを考えましょうか。そのときになって、「食べません」とは言わないだろうなあ。

4月 11, 2011 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/51245133

この記事へのトラックバック一覧です: フグをいただきました:

コメント

コメントを書く