« 大型チヌとイカを狙って・・・ | トップページ | 大型チヌとイカを狙って(3) »

2011年4月23日 (土)

大型チヌとイカを狙って(2)

Accimg2726  高知県宿毛市の港でイカ狙い。風は強く、後の大型ケーソンを乗り越えてびゅんびゅんと吹いているけど、ここは快適な釣り場です。だが午前6時半から竿を出したが、アタリが全く無し。正午前になってやっとイカのアタリがあったが、逃げられました。

その後は全くアタリがないので、オキアミでチヌ狙いをしてみることにしました。イカが釣れないので車の中で「釣り場の航空写真」を見ていると、この場所のこのポイントに「チヌ」と書いているじゃあありませんか。

Accimg2720 イカ釣りの仕掛けはそのままにして、チヌ釣りを始めました。赤澤名工が作ってくれた棒ウキの調子がすこぶるいい。小さなエサトリのあたりでも、はっきりと分かる。いつの間にやらエサが無くなっているということがないので、エサトリのアタリでも楽しい。釣れたエサトリはイカ釣りのエサにキープです。小さなカサゴも釣れますが、キープサイズからはほど遠い。

しばらくして、それまでのにょろにょろアタリではなくて、しっかりとウキが沈んでいきます。バシッと合わせると、動きません。「えーっ根掛かり?」。だが次の瞬間、竿がグワーンと一気に持ち込まれました。座っていたクーラーから飛び跳ねて臨戦態勢。

Accimg2732何度も何度も締め込みます。大型チヌだと確信しました。去年釣った52センチのチヌのときより引きが強い。これは60センチのチヌ・・・。やっと上がってきた姿を見てがっくり。

大きなボラです。サイズを測ると60.6センチ。私のボラ記録更新です。これまでの59.5センチを30年ぶりの更新です。チヌじゃあなかったけど、十分に引きを楽しみました。これはこれで私にはうれしい釣果です。

他人から見ると、ボラを抱えてうれしそうにしている顔が「バッカじゃないの」と思えると思います。でも、私にはうれしいのだから、しゃーないでしょ。うふふ、なのです。

この後同じようなアタリで再度強い引きでまたもやボラ。これは最初よりほんの少し小さい60.1センチ。この調子だとチヌもいるはず・・・。

夜にはイカ釣りを続行の予定だが、風は一向に収まりません。それどころか、風の向きが変わってそれまでの後ろからではなくて、横からの風になってきました。午後4時にはますます強い風になります。

この風の中で竿を出していると、「早くホテルに入って、ビールを並べて一人宴会の方がいいぞ」と、悪魔のささやき。こういう誘いには抵抗しがたい。さっさと竿を仕舞ってホテルに直行しました。「チヌは翌日の磯があるさ」。この日にキープした魚はなし。気持ち言いボウズって、こういう釣り。

明日に続きます。

4月 23, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大型チヌとイカを狙って(2):

コメント

コメントを書く