« 大型チヌとイカを狙って(4) | トップページ | 50センチオーバーのチヌを釣りたい »

2011年4月26日 (火)

鯉のぼりならず、鰹のぼりでーす

Accimg2796 愛媛県愛南町でチヌ狙いをしての帰り道。あちらこちらに鯉のぼりが泳いでいます。そんな民家の庭で小さい男の子が棒切れを持って走っています。昔の風景が残っています。

 

そんなホンワカとした気分でハンドルを握っていると、愛媛県の内海町の国道56号線にある大きな温泉「ゆらり内海」にも鯉のぼりを発見。だが少し感じが違います。

 

よーく見ると、魚に横縞が入っています。コイでなくて、カツオです。鯉のぼりでなくて、鰹のぼりです。ふっふっふ。初めて見ました。

誰が考えたんでしょうか。文句なく、オモロイ。だけど予算の都合なのか1匹しか泳いでいないのがチト寂しいが、この1匹だけでも十分な存在感があります。

 

私もうっかりすると見過ごしてしまうようで、ゆったりと泳いでいました。もし鯉幟のように2匹がゆらりゆらりと泳いでいたら、見過ごしていたと思います。1匹なので、反(かえ)って目立っていました。

 

そのうち全国に鯛のぼりだの、鰯のぼりだの、秋刀魚のぼりだの、鮭のぼりだのが泳ぎだすといいと思います。想像するだけで楽しくなりますけど、これって私だけ?

4月 26, 2011 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯉のぼりならず、鰹のぼりでーす:

コメント

コメントを書く