« おしゃれなソープ受けをいただきました | トップページ | やっと、イカ釣りに・・・(2) »

2011年2月21日 (月)

やっと、イカ釣りに

At001 土曜日の朝、パソコンをいじりながらゆったりとしていると、山田さんから電話。「今から行くぞー」とのこと。ありがたいことに、イカ釣行のために二日前に準備した釣り道具一式は、まだ片付けていません。すぐにでも行ける状態です。

30分もしないうちに山田さんが我が家に到着。午前9時半に出発。いつもなら午前6時とか7時とかの出発なので、遅い出発です。その分、ちょっとだけバタバタとしました。

高知県西南部の波止に到着したのは午後3時前。約5時間半かかりました。まずはエサを釣らないといけません。来る途中にエサが釣れなかったときのために、釣具店でアジを買ってきていました。これが1匹150円とバカ高い。

サビキ仕掛けにエサにする魚が釣れません。そばにいた現地の人が言うには、「暗くなったら釣れる」ということだが、心配です。
とにかく買ってきたアジで、竿を出します。
30分後に山田さんの仕掛けにアタリ。

At002 At003  掛けて引っ張ってくる途中に、はずれます。山田さんは「一度食いついてイカは、絶対に食いに来る」と、自信満々。背中に食いつかれたアジはすでに死んでいます。

それを放り込むとすぐに、ウキがじんわりと沈んでいきます。「ほーらね」と、山田さん。だが、再びハリがはずれます。「また、来る」と山田さん。「ホントかいな」と思ったが、放り込んだ仕掛けにすぐにアタリ。

イカはアホなんやろか。何度引っ掛けられても、ただエサが逃げたとしか考えてないみたい。3度掛けて、イカは釣り上げられました。小さい。それでも、まずは1匹目です。明るいうちから釣れたということは、期待が膨らみます。

At005薄暗くなってくると、エサになるハタンポも釣れ出します。買ってきたアジ20匹だけでは、入れ食いになると心配です。
夕方のイカ釣りゴールデンタイムに向けて準備万端となります。

明日に続く。

2月 21, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと、イカ釣りに:

コメント

コメントを書く