« 磯釣り仲間が集まりました | トップページ | こんな広告、いいのかなあ »

2011年2月10日 (木)

四国の磯釣り師が集まりました

Ashizuris 四国の磯釣り師約30人が、四国の真ん中にある徳島県の三好市に集まりました。高速道路ができて便利になったとはいえ、遠い人は愛媛県宇和島市からも参加していて大変だと思います。

香川県の高松市からは1時間半の距離。磯釣りに行くのに掛かる時間が少ない県の人が、この会議には時間が掛かる感じ。ま、いいんじゃないのー。

今回の会議は、2月27日の四国磯連の総会に掛かる議事についてです。この席で、去年の大物賞が発表されました。このサイズを見ると、四国の磯はまだまだ健在です。
四国の磯でどれだけの大物が釣れているかに興味がある人は、「続く・・・」を見てください。

「四国磯連の平成22年度年間大物賞」 ()の中は所属県連
イシダイ、イシガキダイの部
①77.8cm 中山貴博(香川) ②77.2cm田原誠(愛媛) ③71.2cm 小松信雄(高知)
グレの部
①70.4cm山本義史(愛媛) ②66.1cm徳久多加志(高知) ③56.4cm吉田邦夫(香川)
マダイの部
①87.1cm川又浄二(愛媛) ②86.3cm増本和義(愛媛) ③82.8cm中本剣二(愛媛)
イサギ・アイゴの部
①54.5cm桧垣比呂志(愛媛) ②47.6cm宇都宮洋二(愛媛) ③47.5cm大塚康倫(愛媛)
チヌの部
①60.6cm佐々木善之(愛媛) ②59.2cm百々正光(香川) ③58.3cm藤本恭司(愛媛)
クエの部
①115.5cm植田正(香川)
他魚の部
カンダイ96.3cm岡晴雄(香川) タマミ86.7cm川井昇(愛媛)

四国磯連の総会について
2月27日(日) 午前11時受け付け開始 12時開会
場所は 愛媛県松山市道後 「にぎたつ会館」

年間大物の提出可能サイズの変更について
平成23年度より、西協のヒラマサの部にはブリを含む。最低寸法はこれまでの95cmを変更し90cm以上とする。
クエ、ハタの部は西協はこれまでの120cmから110cmに変更されたが、四国磯連はこれまでどおりの100cmとする。

2月 10, 2011 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/50828103

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の磯釣り師が集まりました:

コメント

コメントを書く