« 平成22年に食べたお魚、ベスト10 | トップページ | 「魚拓の取り方」談義 »

2011年2月28日 (月)

四国の磯釣り師が集まりました

Aq009Aq014昨日の日曜日、愛媛県松山市の道後で、四国磯釣り団体連合会(四国磯連)の総会がありました。四国中の磯釣り師が集まる年に一度の会議です。大阪府、兵庫県からも参加してくれました。会議といっても、もちろん楽しいお酒の席が中心。

Aq008お世話役の愛媛県磯連さんが「水群太鼓」を呼んでいたりして、大いに盛り上がりました。写真を見てくれても分かると思います。会場の壁には、昨年に釣られた魚拓がわんさと貼られていて、雰囲気を盛り上げます。

宴会に先立って議事がありましたが、去年の事業報告、会計報告、来年の事業計画、予算もしゃんしゃんと決議。そのときの議長を務めましたが、とにかく早く終わらせることばかりに集中。良かったのかなあ。

Aq013宴会が盛り上がってきたので、高知磯連の席に。高知磯連の別役会長に聞きたいことがありました。4年前に教えてくれたイシダイの釣り場を、今年は4月、5月に攻めたいと考えていたので、「どうだろうか」ということ。教えてくれたときは「6月以降がいい」と言っていたのを確認です。

私が予想していたとおり、「4月、5月の方が大物が来る」と確認できました。ふふふ。なので、今年はここにジャンジャン行く予定。
別役会長からは別の釣り場を教えてくれて、今年はそこに行く約束もできました。これまでにイシダイが10匹以下はない場所だそうです。ふふ。

Aq011別役会長の横にいたのが松本さん。2年半前の秋、高知県黒潮町の離岸堤で、徹夜で秘密の釣りをして、別役会長持参の特製鳥鍋で大宴会しました。何の秘密かって? 教えられないからこそ、秘密なのです。

2月 28, 2011 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/50993184

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の磯釣り師が集まりました:

コメント

コメントを書く