« やっと、イカ釣りに | トップページ | 釣り糸を安く・・・ »

2011年2月22日 (火)

やっと、イカ釣りに・・・(2)

At006 At009 高知県西南部でのイカ釣りです。明るいうちに山田さんが小さいけど、1匹をあげて、期待度200%です。
エサにする魚をサビキ仕掛けで狙います。薄暗くなってくると、地元の人が言っていたとおり釣れ出しました。

At007地元の人はアジ狙い。30cm超のアジが釣れます。エサ釣りは山田さんが竿を握り、私が魚をはずす役。その仕掛けに大きなミノカサゴが釣れました。

残念。もし私が竿を握っていたら私の自己記録更新だったのに・・・。ふふ。しゃーないです。
エサにする魚も十分釣れたので、いよいよ本命のイカ釣りに突入。

釣り始めてしばらくすると、私のウキがスーッと横に走ります。竿を持って合わせのタイミングを待ちます。リールの糸がじゃんじゃんと相当のスピードで出て行きます。イカではないみたい。

しばらく待っても、糸はどんどん出て行きます。イカ釣りベテランの山田さんに聞くと、「イカじゃないな」とのこと、いくら待っても糸が出て行くので、待ちきれず合わせます。残念。空振り。エサのアジを確認すると、イカがかじった後がありません。青物の何かだったようです。

At013そろそろイカが来てもいい時間なのに、全くアタリがありません。山田さんも首を傾げています。「今まで、20回以上来ているけど、こんなことはなかった。さっぱり分からん」。アジ釣りをしている地元の人も、「潮がおかしい」を連発。

At014午後9時まで、全くアタリがありません。山影から丸い月が出てきます。そのときです。山田さんにアタリが出て、小さいのを追加。
さらに私にもアタリがあって、やっと小さいが1匹を釣りました。それと同時に山田さんにもアタリが出て、1匹を追加。

30分の間にバタバタと3匹が釣れました。「これからが本番」と思ったけど、アタリがぴたっと止まりました。「やっぱり、今日の潮は変」。

翌日の朝もアタリがなく、午前7時には納竿。うれしかったのは、たまたま同じ波止でエギングしていた人が声をかけてきて「谷口さんですか。毎日ブログを見てます」と言ってくれたこと。香川県丸亀市の松岡さんと名乗ってくれました。

期待度が高かった分、疲れた釣りになりました。ま、釣りは釣れないときがあるからおもしろいんじゃああああ。

2月 22, 2011 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと、イカ釣りに・・・(2):

コメント

コメントを書く