« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

私の平成22年釣行総括(2)

Cimg1921 私が去年1年間に釣りをした日は55日、釣りをしていた時間は223時間。そして釣った魚は596匹。これについてはすでに書きました。まあまあの年でした。

だが際立った特徴があります。それは自己記録を更新した魚種が20もあったことです。会社をリタイアした平成21年に自己記録を更新した魚種は10。だから1年前の倍の数です。
これまでの私の38年間の釣り歴史の中で、最大の数です。

これは理由がはっきりしています。同じような場所で同じような釣りをしていては、自己記録の更新は滅多にできません。
記録更新魚種20の輝かしい成果は、平成22年に磯の底物釣りを本格的に始めた成果です。

さて私の記録を更新した輝かしい魚種を見ると、えーーっと、イラ、カゴカキダイ、カマス、カモハラトラギス、メガネハギ、メガネウマヅラ、クロモンガラ、ツマジロモンガラ・・・と続きます。

何ですか、あんたの顔。私をバカにしているでしょ。ふふ。私だって、こんな魚ばっかりの自己記録更新じゃあ、嬉しそうには言いませんわ。

他の自己記録更新には、チヌ、イシダイ、タチウオ、コロダイ、バラクーダもあります。ねっ、すごいでしょ。なんたって、イシダイとチヌの更新ですから・・・。

これまでの自己記録が小さかった、と言いたい? ま、その通りです。これは読者のアンタに、優越感を持ってもらうためです。

1月 31, 2011 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

私の平成22年釣行総括

Cimg1757_2 去年(平成22年)の釣行を釣り日誌から拾い出して、統計を取りました。
・釣りに行った日数・・・ 55日
      (平成21年は60日)
・釣った魚の匹数・・・・596匹
     (平成21年は584匹)
・釣りをしていた時間・223時間
           (平成21年は253時間)

というわけで、ほぼ前年どおりの結果となりました。1年間で55日ということは、平均して1週間に1日の釣行です。
もちろん雨の日あり、風の日あり、熱暑の日あり、台風の日あり、豪雨の日ありの1年ですので、ま、頑張って釣りをしていたといえると思います。

これだけの統計が分かると、色んなことが分かります。
1回当たり釣行の匹数は、10.8匹。1時間当たりの匹数は2.7匹。
この匹数の中には、当然ハゼやら、小アジやら、サヨリやら、木っ葉グレも入っています。ま、こんなもんでしょ。

1回釣行当たりの釣りをしていた時間は4.1時間。磯釣りに行くと7~8時間釣りをしますが、近くの釣り場だと2時間もすれば十分。なので、平均では、こうなります。

ついでに1年間で買ったエサ代は、94,000円。なので、1回当たりのエサ代は1、700円。遊びとしては安いものです。ゴルフと比べれば、子供料金並み。

若い人に申し上げます。大人になったときの楽しみとして、今のうちから釣りを始めた方がいいですよ。

なお、魚1匹当たりのエサ代は、平均して158円。これは明らかに魚屋さんで買ったほうが安い。でも、釣りを楽しんだ後にこれだけのお土産があると考えたら、超安い。納得でしょ。

1月 30, 2011 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

ちょっと怖い鯛

Chcimg1268 香川県高松市から東方面(大阪方向)に東かがわ市があります。去年の11月に、ここでサヨリ釣り。「山ノ神」から「道の駅があったら、ミカンを買ってきてー」の重要指令。

東かがわ市まで高速道路だと30分。だけど、高速道路上に道の駅はありません。仕方ないので県道を走ります。所要時間は倍の1時間。しゃーないです。途中の道の駅で「ミカンとトマト」をゲット。

お陰で途中の民家の塀に恵比寿さまを発見しました。タイのウロコが丁寧に作られていますが、目が怖い。是非写真を拡大してジックリと見てください。

理由はよく分かりませんが、怖い目です。屋根の上じゃなくて、塀の上にいる恵比寿様は、これで何人目でしょうか。随分たくさんの恵比寿様とお会いして来ました。

その一つ一つの恵比寿様の表情とか、鯛の形や感じ違っています。全部手作りの証拠だと思います。
正直、ちょっと雑な作りやなあと思えるものもありますが、恵比寿様に違いありません。発見するたびに「大きい魚を釣らせてください」とお願いしました。

1月 29, 2011 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

徳島県で釣ったオイカワ

Chu0824 魚拓を整理していたら、懐かしいのが出て来ました。30年以上前に、徳島県日和佐町の小さなせせらぎで釣ったオイカワのカラー魚拓です。

徳島県南部の海に釣りに行き、その帰りに見つけた小さな川で、一緒に行っていた釣友に「10分だけ待ってくれー」とお願いしました。

その当時始めたルアーを、試してみたかったのです。3人の釣友が腕組みして見ています。全員が「こんな水深20cmのところで、釣れるはずがない」という顔。

スピナー(引っ張ると水圧で小さい羽がくるくると回る)で引っ張ると、川べりから魚が飛び出して来ました。第1投目でグググッ。
私自身も、まさか釣れるはずがないと思っていたので、びっくり、うれし。私がルアーで釣った最初の魚です。

釣れたオイカワは婚姻色で鮮やかな色でした。デジカメなんていう便利なものがない時代。色の美しさに感動して、これまた私には初めてのカラー魚拓にしました。

このオイカワが18.0cm。私の記録でいまだに破られません。昭和53年6月5日ですから、32年前です。わたしの魚種別記録としては2番目に古い記録となりました。それ以降ほとんど川で釣りをしないので、これが破られることもない感じ。

なお、私にとって最も古い記録は、このオイカワを釣った前日に釣った鯉。これも破られないでしょうなあ。

1月 28, 2011 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

100円ショップのすぐれもの

Chz1068 釣りの会合に出て、お酒を飲んでワイワイと言っているとき、ある人が「釣り糸に吹きかけるのは、DIYショップのシリコンスプレーで十分」と言っています。

何のことかと聞くと、「道糸の出方が悪いとき、リールに巻いている糸にシリコンスプレーを吹くと良い」とのこと。
そんなことは知らなかったので、早速確かめようと思っていました。

100円ショップをウロウロしていたら、靴用品コーナーにシリコンスプレーが置いてあります。これを買いました。

まずは安物の道糸を巻いている小物釣り用のリールでやって見ました。すると、道糸がパラパラになって、スムーズに出て行きます。その爽快感と言ったら、視力0.001の近眼が治ったぐらいスカッとした感じです。

調子が良かったので、私が持っているリールすべてに吹きかけることにしました。すると100円ショップで買ったスプレーはすぐに無くなります。

全部のリールに処理をするのに3本使いました。それでも300円ですむのなら、ほんとに安いものです。

1月 27, 2011 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

ヒップガードを買いました

Cgmimg1708 12月に磯釣りに行ったとき、イライラすることが・・・。ただでさえ釣れなくて気分が晴れないときに、ズボンがずり下がってきます。ヒップガードの腰を巻くバンドの部分がバカになってはずれています。

ギューと巻きつけると10分ほどは持ちますが、いつのまにか外れて垂れ下がるため、その重みでズボンがずり下がります。若い人のズボンずり下がりならギャルにも興味があるでしょうけど、高齢者のズボンずり下がりは痴呆症状態。チト哀れなだけ。

イラッ、イラッ。アタリがなくて、その原因をしぼみ始めた脳を使って高等推理を搾り出そうとしているのに、ズボンがずり下がっては集中が出来ませんわ。

釣れないのは、私のウデのせいではなくて、このヒップガードのせい。間違いない。2時間ほど我慢していたが、我慢しきれずにはずしてしまいました。

というわけで、釣れなかった原因をこの「バカになったヒップガード」のせいになすり付けることが出来ました。

高松市の自宅に帰った翌日、早速釣具店に行きヒップガードの取り寄せをお願いしました。今回はバンドがバカにならないようにチト贅沢に値段の高いのにしました。

これで釣れない原因をヒップガードのせいにすることが出来なくなりました。ま、釣れりゃあイイのです。

1月 26, 2011 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

なんでこんなところに恵比寿様

Cimg0757 愛媛県松山市から、南に国道を走っていて、反対車線のビルの前に、石像が2個あるのが見えました。そのうちの一つは釣竿を持っているようです。

左に車を止められるとこまで走り、歩いて戻って確認。早朝なので車の通行料は少ないけど、ビルの前には従業員らしい人が箒で掃除をしています。

その人が像の前を行ったり来たり。なかなかシャッターチャンスが・・・。それをこっそりと写させてもらいました。
ちょっとだけ秘密探偵の気分。こんなことを勝手にしていいのかなあ。

ビルには「㈱伊予ブルドーザー建設」の名前。なんで、建設会社ビルに恵比寿さまなのでしょうか。
釣りキチとしてはうれしい像ですが、不思議な取り合わせ。

この会社の社長さんが釣りキチなのでしょうか。それとも、像は恵比寿様と大黒様のようなので、単なる商売繁盛の意味なのでしょうか。
車を走らせながら、あれこれと勝手に想像しちゃいました。

1月 25, 2011 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

イシダイ竿受けの心棒

Chgimg1138 赤澤名工からの釣具店探索のお誘い。カンちゃんと一緒に徳島県の釣具屋に3人で行きました。私がまず買ったのは、イシダイ釣り竿受け用の長い心棒。1390円。

以前にカンちゃんから、「磯の形によっては短い心棒では竿受けをイ磯セッティングできないことがあるので、長いのも持っていたほうがいい」と言われていました。

高松市の釣具屋で捜していましたが、いいのがありません。チタン製は軽いがムチャクチャ高価。1万円近くします。
一方ステンレス製は安いけど、ムチャクチャ重い。私にとってイシダイ釣りが出来るのは今後せいぜい数年。なのでステンレス製を買おうと思っていたが、その重さに躊躇していました。

この日に行った釣具店で、ステンレス製なのに軽いのを発見。赤澤名工に見せると、一目見て「中が空洞」と教えてくれます。そんなことも、私にはさっぱり分かりません。

中が空洞なら強度に問題? カンちゃんに「折れるだろうか」と聞くと、「大丈夫だろ」とのこと。
カンちゃんの心の中では、「オマエが釣るのはせいぜい50cm。70cmは釣れるはずがない。だから、この中が空洞の心棒でも大丈夫」ということなんでしょうなあ。ま、合っています。

ま、とにかく、こんなに軽くて、こんなに安いのは、超お買い得だと思い、購入即決。

1月 24, 2011 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

大物のグレが釣れる月は・・・

Cimg2894 今年の冬は、去年の夏の暑さの反動なのか、ムチャ寒いように感じます。老人には堪(こた)えます。とても釣りにいくどころか、外出をするにも「気合だ! 気合だ!」が必要でした。

そこでもっぱら暖房が効いた部屋で、釣りのデータ整理に励みました。大物イシダイに続いて、大物グレについてもシコシコとデータを整理しました。

新聞の切り抜き、四国磯連の大物申請、釣り雑誌から50cm以上のグレが釣れた実績を月別に整理しました。
こんなことはリタイア老人にしかできませんわ。

全体で172匹の50cm以上グレのうち、もっとも釣れている月は26匹の3月。続いて25匹の5月。ま、データの正確性から考えると、1匹の差はないようなものなので、3月と5月が大物グレの月と分かりました。

「そんなこと、当たり前じゃあ」と言っているアンタ・・・。ま、「知っている人は知っている」ってことでしょうか。

12ヶ月のうち、全く釣れていない月が1ヶ月だけあります。何月だと思いますか? 
私には意外だったのですが、9月。過去20年間のデータで50cm以上が1匹も釣れていないということは、この9月に大物グレの可能性はゼロということです(きっぱりと断言)。

全体で172匹のうち、55cm以上は102匹。これについても月別に整理しましたが、全く同じ傾向でした。

今日の話は参考になったでしょ。
当然もっと細かい分析もしましたが、その話は私がデータに基づいて大物グレを釣り上げたら公開。ふふ。イヤらしいでしょ。

1月 23, 2011 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

愛南町のタチウオは香川県記録でした

Cgkimg1800_2 Cgkimg1795 Cgkimg1794  イカ釣りの外道で釣れた太刀魚は馬鹿でかいサイズ。もちろん私の自己記録更新です。
オカテッちゃんに手伝ってもらって正確に測りました。109.9cm。

やりました。現在のところ、香川県記録の更新です。記録認定の申請することにしました。申請と言っても、受け付けは私なので、自分に申請するようなものですが・・・。

現在タチウオの香川県記録には、「陸」と「船」の二つの記録が認定されています。これは「船」からの方が大きいサイズが釣れるのが普通ですので、こういう形にしています。いくつかの魚種で「陸」と「船」の両方認定になっています。

だが今回私が釣ったタチウオは、現在「船」認定のサイズよりも大きいので、とりあえず「船」認定は取り消されます。あしからず。
船からだと、もっともっと大きいのが釣れると思います。船釣り愛好者の方、頑張ってください。

Cgkimg1816太刀魚の大きさは、その幅で言います。ドラゴンと呼ばれるのは「指6本」。このサイズでもせいぜい5本でした。それも親指を出来るだけ引っ付けてやっとの5本です。

ドラゴンと言われる指6本は、すごい迫力だと思います。随分前に高知市の魚屋さんで見た須崎産タチウオ。頭の方の半分しかなかったけど、それでもすごい迫力でした。

今度は指6本にむけて頑張るぞー。私が釣った愛南町にはもっともっと大きいのがいるような気がします。

1月 22, 2011 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

イイダコ釣り用の竿を買いました

Cgrimg1633 去年の10月の中旬、ブログ「さぬき日記」の管理人さんとイイダコ釣りに行きました。そのときに貸してもらった竿が、実に調子がいい。何としても欲しくなり、早速釣具屋に注文をしました。それがやっと届きました。

釣具屋に「遅かったなあ」と言うと、「着いていたけど、忘れとったあ」。しゃーないなあ。とにかく船からのイイダコ釣り用のサオをゲットしました。
「さぬき富士」さんは「安い」と言っていたけど、決して安くなくて、定価は12000円弱もする。もちろん買った値段は相当値引きしてくれました。それでも、私には決して安くないと思う値段。

これで来年からのイイダコ釣りに行くにも、心配がなくなりました。というのは、イイダコ釣りは私にとってトラウマになっていることがあります。

初めてイイダコ釣りに行ったとき、同じ船に乗った釣友3人は入れ食い。入れポン、出しポンでどんどん釣り上げます。
だのに、私には全く釣れません。釣果は釣友たちの3分の1以下。このとき以来、「あいつは信じられないぐらいイイダコ釣りがヘタ」と、お触れ書が周囲に回りました。

その翌年にイイダコ釣りに行ったとき、サオを変えたら私にもどんどん釣れて、「簡単じゃん」と思えるようになりました。だけど、その釣れるサオがどれだったか、忘れてしまいました。

だから、今回パーフェクトにアタリが取れた竿を買って、「イイダコ用」のラベルを貼って保管することにしました。ふふ。「釣果は道具次第」という、私にはマレなケースです。

1月 21, 2011 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

お魚の洗濯板

Chb2075 「山ノ神」からDIYの店に連れて行ってくれ、と頼まれました。「オレは運転手じゃない」と言いましたわ。もちろん声を出さないで、頭の中で・・・。

そりゃあ、今後のこともあるし、これからも釣りにジャンジャン出かけないといけないので、ちょっとのサービスはしておかないといけません。

「むむむーっ」と躊躇していると、「山ノ神」がその店の広告ビラを見せて、「お魚の形をした洗濯板も売っています」と、コチトラの内心を見透かすように言います。

新聞折込の広告ビラを見ると、確かにお魚グッズ。洗濯板のお魚グッズは持っていません。「喜んでお連れします」と申し上げましたわ。
それにしてもリタイアした後、運転手代行が多くてかなわん。

代行運転の家内営業でも始めようかと思う。「自分で運転して行ってこいやあ」と行っても、「運転はしんどい」とのこと。
「ほんなら、オレが運転するのはいいのか。俺だって疲れるわ」と言いたいのだが、あまり言うと「釣りで運転するのはいいのですか」と逆襲されるに違いありません。

とにかく今回は「洗濯板のお魚グッズ」に引かれて運転代行ですわ。297円。シャツの袖口や襟を部分的に洗うのにいい商品のようです。

1月 20, 2011 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

再び、「整いましたあ」

Cimg9952 最近の旬芸人と言えば、わたし的にはWコロンの「ねづっち」さん。頭の回転の速さには惚れ惚れしちゃいます。頑張って欲しいと思います。私も未熟な謎掛けを・・・。

「アイナメ釣り」と掛けて、何と解く? 「整いましたあ」。
「アイナメ釣り」と掛けて、
「麻雀」と解く
その心は、
「ポンがでるとギクッとする」

第一発目としては、まあまあでしょうか。

「ヒラメ釣り」掛けて、何と解く? 「整いましたあ」。
「ヒラメ釣り」と掛けて、
「松竹梅盆栽」と解く
その心は、
「待つ(松)が不可欠です」

「イサキ釣り」と掛けて、何と解く? 「整いましたあ」。
「イサキ釣り」と掛けて
「家の中の神様」と解く
その心は
「一定のタナ(棚)にいます

「クエ釣り」と掛けて、何と解く? 「整いましたあ」。
「クエ釣り」と掛けて
「江戸時代の貧しい村」と解く
その心は
「一気(一揆)に持ち込みます

「ドジョウ」と掛けて、何と解く? 「整いましたあ」。
「ドジョウ」と掛けて
「イヤミなヤツ」と解く
その心は、
「ヒゲ(卑下)が多い」

「アジ」と掛けて、何と解く? 「整いましたあ」。
「アジ」と掛けて
「無法地帯」と解く
その心は、
「ゼンゴ(前後)に気をつけろ」

1月 19, 2011 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

愛媛県内海村に正統派美人人魚

Chz1126  Chz1125_2 磯釣りからの帰り、愛媛県の国道56号線を走っていて、人魚を発見。1人釣行だったので、車を止めて写真を撮りました。

他の人と一緒なら、こうは行きません。磯釣りからの帰りはしんどくて1分でも早く帰りたい気持ち。そんなときに、人魚の写真を撮るためだけに車を止めていたら、どつかれますわ。

人魚はもちろん純粋のお魚ではないけど、半分お魚だし、ブログのネタがないのでお許しください。

この人魚、近づいてみると、顔がすごい美人。とても人魚の顔でなくて、人間の顔のリアリティさ。玉を持っていますが、私には意味が分かりません。

清楚なお顔と、無理矢理のウロコ下半身がバランスしているような、アンバランスのような・・・。

場所は愛媛県愛南町の旧内海村の公共施設らしいのだが、よく分からない。「へんろ道 柏坂越えの道案内所」の看板。
四国遍路さんの休憩所のようです。

1月 18, 2011 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

イラの自己記録更新、いらいら

Chbimg1318 Chbimg1320 11月始めにカンちゃん、松下さんと私のリタイア3人組で、高知県の足摺岬の磯に行きました。

このとき2日間で、イラが4匹釣れたが、いずれも勢いある竿先の舞い込みと、掛かった後の馬力ある引きで、楽しませてくれました。イラはサイズの割には引きが強い感じです。

ピンク色していて、引きが強い。ナンカ、バランスが変。ピンク色なら、ヤンワリと女性みたいな引きを想像するけど、一気にギャオーンという引きなのです。あんまり知的でない引きなのです。「知的な引き」とか、「知的でない引き」は、私の独断と偏見ですけど・・・。

4匹釣った中で、最初に釣ったのが39.8cm。あとは30cm前後でした。これまでの記録は、15年以上前の平成6年11月に徳島県牟岐大島で釣ったわずか26.8cm。上物釣りで釣れたものです。

私はこれまで、このイラという魚とは縁がなくて、26.8cmが最初で最後のイラでした。それが今回の底物釣りで、2日間でいきなり4匹も釣れたのですから、ちょっとびっくりです。

まだまだ大きいイラもいるようなので、これからの底物釣りが楽しみになってきました。ちなみに香川県の大物ギネスに登録されているのは、長崎県で釣れた56.2cmです。
このお化けサイズだと、引きは「どんだけ~~」の雄叫びが出ると思います。

1月 17, 2011 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

巨大なイワシにびっくりしました

Zimg076 香川県の地元新聞に掲載された写真を見て、びっくりしました。1月14日付です。93cmの巨大イワシの写真です。小豆島の漁師が仕掛けた刺し網に掛かっていたもの。見つけたときはまだ生きていたといいいます。

もちろん私たちが釣るイワシではなくて、カライワシという種類。でも写真で見る限り普通のイワシとそっくりです。こんなイワシが釣れたら、びっくりしてひっくり返り、頭を強打しそうです。

本来は沖縄県付近で生息している魚。これも地球温暖化の影響でしょうか。去年は猛暑だったからなあ。それにしても最近の瀬戸内海の水温は、10度程度になっています。良く生きていたものです。

日本近海の魚は良く知っているつもりでしたが、まだまだ知らない魚がたくさんいることを思い知りました。小さくて目立たない魚ならまだしも、こんな大きな魚で知らない魚がいるとは・・・。

早速私が持っている図鑑で調べました。11個の図鑑のうち、この魚が掲載されていたのは3冊。それも説明書きがそれぞれ大きく違っています。

ある図鑑は30~60cmとあり、93cmは巨大と思っていたら、別の図鑑では1mになる、と書いていて、こちらの方が正解のようです。
食味も一つの図鑑だけ、「塩焼きにすると美味」と書いていました。

この巨大イワシを釣りたかったなあ。歯が鋭いと書いているので、ハリスが5号程度ではプッツンとなります。釣れないでしょうなあ。

1月 16, 2011 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

アオリイカの自己記録

Cimg1843 Cimg1839_2 今年の初釣りで釣ったアオリイカ。イカの胴長を初めて測って見ました。というのは、このときに釣ったイカが、私がこれまでに釣った最大に間違いがないからです。

胴長が30.5cm。重さは1.4kg丁度。パンパカパーン(ファンファーレの音)。これを自己記録と認定しました。ま、イカの大きさとしては、そこそこということは知っています。

でも、記録は一歩一歩と言うのが楽しいのです。100メートルをちょっと走ってみたら9秒8だったというのでは、記録の重みがなくなります。
ちょっとトローリングしたらいきなり200kgのマグロが釣れちゃったというのでは、その後の釣りは物足りないものになると思います。

ちなみに足までを入れた全長も測って見ました。すると、2本の長い触腕(しょくわん)がいくらでも伸びます。これでは全長での記録は出来ません。

釣り雑誌に胴長を書いている理由が初めて分かりました。なんでもやってみることです。やってみないと分かりません。
全長でイカの記録を取るのが正式だったら、「イカの足の伸ばし方」なんていう雑誌の特集ができるかも・・・。

1月 15, 2011 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

ヒブダイとコロダイの味

Cguimg1600 去年の11月上旬に高知県足摺岬の磯で、コロダイとヒブダイを釣りました。それをすべて切り身にして冷凍庫に・・・。

「山ノ神」が「夕食のおかずに、なんか魚がないか」とおっしゃるので、ヒブダイの切り身をフライにすることにしました。
余ったフライは、冷凍庫に入れておくというので、ヒブダイの切り身を全部冷凍庫から出すと、大量のフライができました。

このフライ、図鑑に「ヒブダイはブダイの仲間の中で最もおいしい」と書いてあったので、試しに持って帰りましたが、図鑑に書いてあるとおりの美味。白身魚のフライとして出せば、最高級品です。ホントです。

1回の夕食には3個もあれば十分です。あとはすべて、冷凍庫。これを少しずつ出せば、「山ノ神」も夕食の手間がなくなります。ハッピーだと喜んでいます。コチトラは喜ぶべきか・・・。フライは好きだし、特に今回のフライは旨いに違いはないけどなあ。


Chbimg1306これに先立つこと、釣りから帰ってきた翌日、切り身は冷凍庫に入れたが、残ったコロダイのアラを煮付けにしてもらいました。「プン」と磯臭い。おいしそうな臭いじゃありません。身も旨いとは言えません。

コロダイは海に逃がしてきたらよかったと思いました。だけど大量の切り身が冷凍庫に入っています。ちょっと憂鬱。
しばらく経って、カンちゃんから電話。「あのコロダイ、最高の味やったあ。めっちゃ旨い」、とのこと。

私が釣ったコロダイを2匹、カンちゃんに献上しています。私はおいしくなかったので、心配していました。カンちゃんは、味噌漬けにしたらしい。食べ方によっては、旨いらしい。チト安心しました。

1月 14, 2011 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

「漁港」の英語

Chsimg0834 去年、徳島県鳴門市に釣りに行った帰り、「粟田(あわた)漁港」の看板を見ました。何度も見ている標識板です。その英語表記を見て、車を止めて写真を撮りました。

「awata fishing port」とあります。「漁港」の英語が「フィッシングポート」とは知りませんでした。
「フィッシング」とは趣味の「釣り」のことばかりだと思っていたので、「漁」が「フィッシング」というイメージを持っていなかったからです。

「フィッシング ポート」なら、「釣りのための港」というイメージです。港で釣り人と漁師の間でトラブルが起こることもあります。たいてい釣り人が遠慮する立場です。

「フィッシング ポート」なら、「正々堂々と釣りをしてもいいじゃん」と、勝手なイメージを抱いてしまいました。ふふ。ダメでしょうなあ。
ま、私の無知を知っただけです。

あらためて英和辞典で調べると、フィッシングの意味には、「釣り、漁業」とあります。それなら「フィッシング ポート」は「漁港」になります。納得。仕方ないけど、納得。

皆さんも「フィッシング ポートと書いてあるじゃん」と、漁師さんとケンカしちゃあだめですよ。そんな人はいないか。

1月 13, 2011 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

アオリイカの天ぷら40個

Czimg1847 今年の初釣りで釣ったアオリイカを天ぷらにしました。写真で見た目にもおいしそうでしょ。アオリイカの一番おいしい食べ方です。大きかったので、40個の天ぷらになりました。

期待通りの味です。今回は1匹しか釣れなかったので、丁寧に下ろしました。紙布巾を使って薄皮を丁寧に取り除きました。そのお陰で時間がかかりましたが、天ぷらがすごく柔らかい。

一流の料亭でも、こんなに旨い天ぷらを出す店は、そんなにないと思います。あったとしても、目が飛び出す値段、鼻血が出る値段、財布を取り上げられる値段になると思います。

ま、これも釣り師の特権です。普通の料理屋だと、せいぜい3切れか4切れ。お皿に上品に盛ってくれると思いますが、食べ放題にはさせてくれません。

これを「もういい」と言うくらい次々に口に放り込みました。10個くらい食べたでしょうか。
魚はほとんど口に入れない「山ノ神」も、イカだけはどんどん食べます。「食べろや」と言わなくても、勝手にどんどん食べます。

瞬く間に40個あった天ぷらが半分になってしまいました。残ったのは、私が朝食にジワジワと食べる予定ですわ。

1月 12, 2011 魚料理 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

布袋さんに、なんでお魚

Cia1036 Cia1037 私の家から車で5分ほどの建具屋さんの前で、実に幸福そうな布袋さんの足元で魚が泳いでいるのを発見しました。
恵比寿様とお魚は切っても切れない関係ですが、布袋さんとお魚の取り合わせは初めて見ました。

布袋さんのモデルはもともと中国お坊さんで、身の回りのものを袋に入れてお布施を集めながら楽天的な生き方をした人らしい。
釣り人に最も欠けているのは、「楽天的」じゃないでしょうか。

釣れないとすぐにイライラして、タナを変え、エサのつけ方を変え、流す場所を変え、ハリスの太さを落とし、そして場所を変えて、そこでも同じことを繰り返す。

潮がよくなるまでジックリと待てばいいのは分かっているけど、我慢できません。「楽天的」に待てばいいんです。
ま、自分に言い聞かせているだけです。このブログの読者は当然楽天的でジックリと待つ人ばかりだと思います。

そして待ちくたびれて・・・、「あ~、今日もボウズだったけど、楽しかったなあ」と・・・。私なんぞ、エサトリだろうが小物だろうが、何かを釣らないことには気がすみません。ま、そんな人間です。損な人間・・・。

1月 11, 2011 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

釣りクラブの新年会が盛大・・・、じゃないか

Czimg1858 Czimg1859 私が所属している高松黒潮クラブの新年会。今年は10人の参加でした。それでもなかなか会えない人もいるので、情報交換になりました。

毎週土、日曜日に、高松港で釣りをしている割烹「友釣」の勇ちゃんにメバル状況を聞きました。「先週から釣れだした」とのこと。ということは、私のホームグランドの高松漁港でも釣れだしているはず。
潮を見ていかなくてはいけません。

地元の地方新聞に釣り情報が毎週掲載されています。私が活用しているのは、「どこで釣れているか」ということではなくて、「何が釣れているか」です。場所は私の釣りポイントがあるので、釣れている魚種を見て、そこに行くパターンです。

片ちゃんからはミニガシラのおいしい食べ方を教えてもらいました。天気さえ良ければ毎日のように船釣りをしている片ちゃんが、「潮によっては、小さいガシラしか釣れんときがある。このミニガシラは一度焼いて、それをカンカラに干してから、汁の出しに使うと絶品なんやあ」とのこと。

焼くことで、香ばしくなり、頭から出るダシと相まって、なんともいえない風味が出るとのこと。
これは試してみなくてはいけません。私の近くの波止でも、今のシーズンには小さいガシラが良く釣れます。これまでは逃がしていましたが、試してみるために、数匹持ち帰ることにします。

これまでは命拾いをしていたミニガシラでも、次は逃がさんぞ。これって、エコじゃないけど、旨いものへの探究心は人類の本能だからしゃーないです。

1月 10, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

今年の初釣りは・・・〔2〕

Cimg1837_2 今年の初釣りは室戸岬でのイカ釣りになりました。山田さんは2晩釣って3日目に帰るとのこと。私はこの日一日だけの釣りです。

山田さんが「夜にならないと釣れない」と言うので、時間待ち。もちろんサオを2本出して、仕掛けを入れています。活きたアジを狙って、猫が寄ってきます。

ネコが2匹並んで何を見ているかと言うと、私が投入した仕掛けのアジを見ているのです。
一度は、アジを投げ込もうとすると、サオがガクッとなりました。振り向くと猫が飛んでいます。仕掛けのアジに飛び掛ったらしい。ネコを釣らなくてよかったわ。ふーっ。

イカ釣り爆釣予定時刻がやって来ました。午後5時戦闘開始。だが、二人とも全くアタリがありません。私たちを見に来た地元の人が、「11月にはなんぼでも釣れていたけど、最近は食っていない」と言っていました。

1時間経ち、2時間経ち、3時間経ち・・・。あきらめかけたときです。私が投げていた2本の仕掛けが交錯しています。「こりゃ、いかん」と1本の仕掛けを上げようとすると、ググーンの引き。

Cimg1838あわてて大きくしゃくりで合わせを入れました。完全に掛かりました。寄せるとデカい。山田さんが網ですくってくれます。
やったー、と私が言う前に、山田さんが「やったあ、やったぞー」と大きな声。私以上に喜んでいます。

Cimg1839私はイカ釣りの初心者。その初心者を連れてきて、「釣らせてやりたい」と思っていたことが伝わってきます。ありがたいことです。自分が釣れてないのに、私の釣果を自分のことのように、喜んでくれます。

神様から見捨てられた今年なのに、いいスタートが切れました。私は午後8時半に納竿。「翌日の朝に賭ける」という山田さんに別れを告げ、高松市に向けて4時間の爆走となりました。

この翌日の昼過ぎに山田さんに電話入れました。「全くアタリがないので、予定を切り上げて帰っているところ」とのこと。どれだけ私はラッキーなのでしょうか。

1月 9, 2011 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

今年の初釣りは・・・

Cimg1830   お正月最後の日(3日)の夕方、「明日、イカ釣りに行くよ」と、山田さんから声が掛かりました。その日は香川磯連の会議が入っていていけません。残念。

翌日朝、5時起床。その時です。会議は翌日だと気が付きました。オジンになると、時間感覚までずれるのです。そんなことはありません。あくまでも私だけのこと。

午前7時半まで待って、山田さんの携帯に電話を入れましたが、出ません。何度か電話を入れたけど出ません。8時半まで待って、行くのをあきらめました。一旦出していた大量の釣り道具を全部、倉庫にしまいなおしました。

Cimg1835午前9時に山田さんから電話。1時間前に高松市を出発して、室戸岬に向かっているとのこと。ふふ。またまた、釣り道具を倉庫から引っ張り出して、1時間半遅れで後を追いました。

室戸岬は、高知県の最東端。香川県の高松市からだと、200キロありますが、高速道路がほとんどないので、4時間強かかります。途中の徳島県南部、高知県の波止には、イカ釣り師がワンワンと並んでいます。ちょっとした地磯にも、イカ釣り師がいます。

携帯電話で山田さんに場所を教えてもらいながら、午後2時半に到着。私の平成23年初釣りです。

「こんなに天気がいい日は、暗くならないとイカは釣れん」と、イカ釣りベテランの山田さんが言います。なので、二人並んで時間待ちです。

この間に、山田さんにイカ釣りに大切なポイントを教えてもらいます。「まずは大潮、次に満月」と断言。大潮の日以外には釣りに行かないとまで言います。

「雨や曇りの日は、昼間から釣れるが、天気がいい日は夕まずめにならないとダメ」。そして山田さん独特の仕掛けを見せてもらいました。一工夫も二工夫もしています。でも、不器用の塊の私には作れそうにありません。

午後5時前には夕食を済ませて本格始動。去年の初釣りはいきなり44cmのチヌが釣れました。今年は初詣で引いたおみくじで神様から、私の「釣らせてください」という申し出に、「願いは叶わぬ」と言い渡されています。

明日に続く・・・。

1月 8, 2011 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

ツマジロモンガラの自己記録更新

Cgyimg1449_2 Cgyimg1450 去年の11月の中旬にあった香川磯連の大会に、私は高知県の柏島の磯に上がりました。底物仕掛けで、イシダイ狙いです。

全くアタリがないので、30分の予定でズボ釣り。第1投でクロモンガラが釣れ、3投目で釣れたのが、このツマジロモンガラ。イヤになっちまう。

とりあえずサイズ計測。20.4cm。これまでの記録は去年の同じ時期に、この柏島で釣った18.9cm。だから、自己記録更新ですわ。
誰が文句言おうとも、私の自己記録更新なんです。

モンガラハギの仲間は、これまでも何度か釣りましたが、どれもサイズ計測後は、すぐに放流です。
でも、これってウマヅラハギに似ていますよね。ひょっとしたら、食べられる?

「食べられる」どころか、「とっても美味」かも知れません。色が何となく黒くて、悪魔の色の感じなので食べる気がしませんでしたが、ひょっとしたら、超旨いのかも。

私は試食するつもりはないので、誰か食べたら感想を教えてください。ま、死ぬことはないと思いますけど、食べる前に自分で毒があるかないかは調べてからにしてくださいよ。自己責任でお願いします。

1月 7, 2011 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

釣りの楽しみ方

Cik0242 去年の12月、同じクラブの宝山(ほうざん)さんが言っていたのを聞いてびっくりした。「今年の目標は800匹」。サヨリのことです。それも30cm級の大型サヨリのこと。

11月末で既に700匹以上釣っていて、「800匹は達成可能」と言っていました。その後確認したら、868匹を釣ったとのこと。
ほとんどの釣りは、サヨリ釣りらしい。

釣りに目標を持つことは、釣りを楽しくします。私は魚種別の自己記録更新という目標が楽しみになっています。何を言われようとも、これが楽しいのだから仕方ありません。

宝山さんは、「来年は1000匹を目標にする」と豪語。香川県に大型サヨリがいなくなってしまう・・・。ふふ。

ただ漫然と釣りに行くよりも、自分だけの目標を持つと釣りが断然楽しくなります。目標を持つと戦略も考えないといけません。それを考えるのも楽しいのです。

高知県西南部の波止でカワハギが釣れていると聞いても、それだけで車を6時間も運転していく気にはなれません。でも、私のカワハギ記録29.5cmを超えるサイズも釣れているとなれば、私には釣行するに十分な情報です。

1月 6, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

バッカンを買いました

Cgqimg1659 ちょっと大き目のバッカンを買いました。イシダイのウニを入れるためのものです。これまでの40cmサイズでは、ガンガゼウニを50個入れると窮屈。なので45cmサイズを買いに行きました。

ところが実際に45cmのバッカンを見ると、でかっ! でか過ぎて考えてしまいました。これだったら、今までの40cmで我慢しようと思ってふと陳列棚を見ると、43cmのバッカンがあります。これだったら、ちょうどイイ感じ。なので、この43cmバッカンを買いました。

新しい釣りを始めると、ジワリジワリと新しい道具が増えてきます。最初はこれまでの道具で兼用しますが、何度が新しい釣りをしているうちに、それに合った道具が欲しくなってしまいます。しゃーないですわ。

今度買ったバッカンは、底が白いので、ウニがよく見えそうです。これまでのバッカンは底が黒いので、ウニが残り少なくなってくると、見えずらくなっていました。

オジンの目の衰えじゃないですぞ。皆もそういっています。そう言う「皆」は全員がリタイア組。やっぱり「目の衰え」のせいか。ふふ。

このバッカンで大物イシダイをバンバン釣ります。「どや!」という大物を釣ります。私の磯釣り人生も、残り少なくなって来ました。いくら頑張ってもせいぜいあと5年。あせりますわ。

1月 5, 2011 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

愛媛県の旧日吉村のマンホールにお魚

Cglimg1751 愛媛県の山深くの町で、お魚がデザインされたマンホールを見つけました。場所は旧日吉村で、現在は鬼北町になっているところ。

愛媛県南部の宇和島市から東の山に向かって、車で1時間少し走ったところです。

マンホールには、小さな村とは思えないキャッチフレーズが書かれています。「しまんとロマン」と、「日吉夢産地」。
ゆずの産地で、アユが捕れるのでこの二つがデザインされているようです。

日本国土の5%しかない狭い四国にも、ほとんどの市町村毎にデザインされたマンホールがあります。私が現在把握しているだけで、その数約150種類。

その中でお魚が図柄の中にいるのは、10個程度しかありません。これだけ海に囲まれ、四万十川、吉野川という川にも恵まれている地域なのに・・・。

お魚デザイン愛好者の私としては、ちょっと残念。ま、地方の財政が逼迫しており、今後市町村毎にこんなに楽しいデザインが新しく作られることは、まあないでしょうなあ。

1月 4, 2011 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

今年も大物を神様にお願いしましたが・・・

Cimg1823 今年もお正月に、「山ノ神」と高松市の岩清尾(いわせお)八幡神社に初詣。5円玉がたくさんあったので、奮発してお賽銭に3枚出して、十分にご縁(5円)がありますようにとお願いしました。

もちろん、神様にご縁で、お願いしたことは、例年通りです。「大物が釣れますように」、と「大漁も・・・」。神様にとっては、こんなお願いなど、かるーくできるはずです。

その後恒例のおみくじ。「山ノ神」は吉。私は「半吉」。「吉」だからいいかと思ったが、「半吉」なんて聞いたことがありません。内容を読むと、「吉」というより「凶」に近い。

「願望」・・・心配多くして其の効いなし。

Cimg1822こんなお御籤では、今年はダメですなあ。折角5円硬貨を3枚も奮発したのに・・・。お御籤は100円。それなのに、神様、この「半吉」ですか?

ま、お賽銭の多寡でお御籤の内容を変える神様じゃないと思いますので、ま、今年は大物を期待しないで頑張るしかないですかねえ。
これでもし大物が釣れたら、神様が保証しない釣果なので、実力で釣ったということになります。

さてさて、今年はいい年になりますでしょうか。実力が炸裂するでしょうか。ま、小さな炸裂でしょうけど。

1月 3, 2011 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

極彩色の恵比寿様

Cglimg1760 昨年の12月、デザインマンホールを捜して高知県の山深く走っていました。道の駅があったので、トイレを借りようと停車。すると駐車場前の道路を隔てたところに、大きな極彩色の大黒様。

これまで数知れずの大黒様を見つけてきましたが、これほどカラフルな大黒様は初めてです。お正月の話題としては、最高の大黒様です。

ここは高知県津野町にある道の駅「布施ヶ坂」。ナンカ聞き覚えのあるなあと思っていたら、以前に宮内さんから「高知県の山奥に色つきの恵比寿様があるぞー」と教えてくれた場所でした。

我が家に帰ってから、説明書きにある「津野山古式神楽」をインターネットで調べると、国の重要無形民俗文化財に指定されているもの。

平安時代から舞い継がれている17の踊りがあり、全部だと8時間。この17の舞いの中に「恵比寿様の鯛踊り」がある。YouTubeで動画があったので見ました。

7分間の動画で、3分間ほどサオを持って踊った後、観客が釣り糸にお供え物を結びます。さらに1分半ほどして大きな鯛を糸に結んだあと、糸を引っ張って大きな鯛が釣れた感じを出します。

このときの恵比寿様の喜ぶ踊りが、庶民的というか、オッサンらしいというか、神様とは思えない踊り。見入ってしまいました。

1月 2, 2011 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます

Zimg073  明けましておめでとうございます。今年の年賀状をお届けします。昨年はいろいろテキトーにお世話になりました。今年も熟読、テキトー読をよろしくお願いします。

もちろん皆様の今年のご健釣を祈念しています。私が祈念したところで、ちっとも効果がないのは明らかですが、一応祈念しておきます。

今年の私の釣りはどうなるのでしょうか。磯釣りは続けられるのでしょうか。大きな魚が釣れるのでしょうか。大漁があるのでしょうか。
ま、すべて私の努力次第ということでしょうなあ。

今年の年賀状に貼り付ける写真をどれにしようか迷いましたわ。だがご覧の通り、カリブ海で釣ったバラクーダの写真にしました。ふふ。自慢たらしいでしょ。

でも、こんな写真は私の人生で二度とないのは確実です。我慢して見てください。

Zimg075もうひとつのデザインの年賀状も作りました。これは、「私が釣りをしていることを知ってはいるが、釣りにあまり興味はない」人向けです。カワハギを持ってうれしそうにしています。「バッカじゃないのー」と思ってください。私は何が釣れてもうれしいのです。

あらためて今年が皆様にとって、一層楽しい釣りになることを祈念いたします。

1月 1, 2011 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめに

ブログ「四国は釣りの楽園・天国」の平成23年1月1日から6月30日までの日記をまとめました。半年毎に本にしていますが、この本は13冊目となります。

この期間、1月にはエジプトに行き、政変を間近に見ることが出来、貴重な体験となりましたが、エジプトでの釣りは不発でした。
4月には長崎県の男女群島に行き、久しぶりの離島釣りをすることができました。釣果は期待はずれだったが、いい思い出になりました。
また、6月には徳島県の牟岐大島で55センチのイシダイを釣り、この半年は幸運に恵まれたハッピーな期間となりました。
ただ、今年1月に開かれた香川県磯釣連盟の総会で会長に任命されて2年間の重責を担うことになり、なんとなく重圧を感じています。

1月 1, 2011 | | コメント (0) | トラックバック (0)