« 祝! 本日で連続執筆1800日 | トップページ | サヨリ釣りはポイント次第 »

2010年12月 8日 (水)

いつもじゃない釣り仲間と・・・。

Cgpimg1670 Cgpimg1671 釣り仲間5人が、居酒屋に集りました。今回はいつものメンバーでなく、いつもの場所じゃない集合です。猪ちゃん、青木さん、藤森さん、宮本さん、私の5人。

猪ちゃん、藤森さんは磯釣り仲間。「釣れないのでよそ見をしているときに限って、大きいのがガーンと来る」の体験談は釣り人共通の体験。

猪ちゃんは、刺しエサのオキアミを食ったカモメにサオを持っていかれた話。カモメが海面近くを飛んでは海に、飛んでは海に・・・。自分のサオが引っ張られている。携帯電話で渡船を呼んで、サオを取り戻したとのこと。

投げ釣り専門の青木さんがいいことを言いました。「釣れないときは、釣れる確率がどんどん高まっているとき」という名言です。そんなアホな。釣れないときは頑張っても釣れん、と思います。

だが、理由を聞いてみると、納得。「魚は潮によって食い気が出る。潮が悪いと食欲が出ない。かと言って、一日中エサを食べないでいることは出来ない。ということは、ちょっと潮が良くなるだけで、ガブリと食いつく。だから、アタリがないということは、釣れる可能性が高まっているとき」と断言します。

名言です。確かに一理あります。だけど、釣れないときは、釣れないし・・・。名言でなくて、迷言でないことを、アンタは信じますか。

12月 8, 2010 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/50197521

この記事へのトラックバック一覧です: いつもじゃない釣り仲間と・・・。:

コメント

こんにちは。いつも楽しく拝見させてもらってます。以前、SALTY STYLEというHPを運営しておりましたが、PCが壊れもう二度と更新できなくなりました。そこで新たにブログを始めましたので、引き続き相互リンクしていただければと思い、この記事のコメントをお借りした次第です。今後ともよろしくお願いします。

ブログ「四国西南 強風波浪注意報!!」
http://ameblo.jp/ift-blue-eyed/

投稿: tam | 2010/12/09 14:41:12

講談社ブルーバックスから4月20日に発売される『魚の行動習性を利用する釣り入門』(私が著者です)を紹介申し上げます。この本は、魚は釣りの仕掛けが見えるか? ルアーの色を変える意味はあるのか? 魚はどこに集まりやすいのか?魚はどんな餌を好むのか? 釣れやすい魚、釣れにくい魚はいるのか? 釣り糸は細い方が本当にいいのか? など、釣り人を悩ます疑問に科学的に答えています。プロの漁師も用いる研究成果を、釣り人向けに解説した、画期的な釣り入門書です。ご一読いただければ幸いです。

投稿: 川村軍蔵 | 2011/04/17 18:40:59

コメントを書く