« 出だしがいい釣行 | トップページ | 大きな石の魚2匹発見 »

2010年12月27日 (月)

出だしがいい釣行(2)

Cgkimg1800    愛媛県愛南町の波止で、イカ狙いです。いきなり大きなタチウオが釣れたので、出だしの気分がいい。でもそのタチウオのせいか、私にもオカテッちゃんにアタリがありません。

前夜に十分なお土産のイカが釣れているオカテッちゃんは、帰る予定を1日早めて、「昼を過ぎたら帰る」と言います。別々の車で来ると、こういう自由度があります。

アタリがありません。そのうち「午前10時になったら帰る」と言い始めます。そして9時なったとき、「もう帰る」。「オカアチャンが恋しくなったわあ」と本気やら冗談やら分からない言葉を吐きます。

高知県南西部にいる山田さんも、前日の夕方に最大2.5kgを含めて5匹の大型イカを釣ったらしい。なので、お土産十分ということで、山田さんも「帰る」とのこと。

オカテッちゃんが帰った後、時間待ちです。私のいる波止では、昨日の夕方にオカテッちゃんが4匹釣っているので、この日の夕方も絶対に釣れるはずです。

前日の昼間は何も釣れなかったと言うので、時間待ち。よく釣れたのは午後7時というので、9時間待ちです。

Cgkimg1806マムシのエサでズボ釣りをして見ます。いきなり良型のカサゴです。こりゃあ、カサゴがいくらでも釣れると思ったが、あとはササノハベラのオンパレード。

Cgkimg1810とにかく辛抱して、夕方までの時間待ち。大型イカが釣れる確率100%。辛抱のし甲斐があります。昼食はコンロでお湯を湧かしてインスタントラーメン。優雅です。

待ちに待って夕方4時になりました。いざ、戦闘開始。イカ釣り仕掛けのサオを2本セット。
そして第1投目のイカをハリ掛けするときに、よく見て丁寧にしようとクーラーに腰掛けて、眼鏡をはずして、膝の上に。

Cgkimg1815この時です。アジが暴れて海に落ちていきます。あわてて立ち上がると、膝の上の眼鏡も海にスッテンコロリン・・・。イカ釣りどころでなくなりました。急遽無念の納竿。町の眼鏡屋さんで眼鏡を作ってもらいました。ホントにモー。オジンは情けないです。

唯一の救いはこの眼鏡屋さんが磯釣りをするというので、私の名刺を渡したら、ブログを見ると言ってくれたことです。情けない幕切れになっちまいました。

12月 27, 2010 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出だしがいい釣行(2):

コメント

コメントを書く