« 私はカニ釣り名人。うふふ | トップページ | 徳島県南部の磯でイシダイ狙い »

2010年11月29日 (月)

再び「クエを食う会」

  Cguimg1610 Cguimg1601香川磯連の植田さんが、今年2匹目のクエを釣りました。そこで11月23日の祭日に、再び、「クエを食べる会」を開催。1年の間に2回もクエが食べられるなんて、「望外の幸せ」。

Cguimg1608釣った植田さんの家に7人が集って、昼から大宴会となりました。集ったのは秋ヤン、辻さん、龍満さん、岡さんに、私と同姓の谷口さん。全員が香川磯連の仲間です。

予定の正午に行くと、既にクエのアラ煮、クエの炙り寿司、クエの塩焼き、タコとキュウリの酢の物の他に、鍋の料理が出来ています。
鍋の中身を覗くとクエでなくて、今回はイノシシ鍋になっています。贅沢。
Cguimg1606植田さんは、土産用に「クエの炙りとイカの寿司」のパックまで用意してくれています。ふふふのふ。

クエ釣り談義が終わった後、秋ヤンが最近はまっているというメバルのルアー釣り仕掛けを持ってきて、ナンヤカンヤの実践話。ついていけませーん。

秋ヤンはイシダイの77.7cmを釣っていて、現在の香川県民イシダイ記録保持者になっているれっきとした底物師。小さなメバル仕掛けとのアンバランスがおかしい。

Cguimg1612次に、溶接技術者の辻さんが手作りしたというイシダイ用の竿受けの話。いろいろと工夫がしてあって、特許を取れる感じがします。
超大物が来たときには、竿が一気にすごい力で持ち込まれるので、竿を竿受けからはずせなくなってしまい、バラシの原因になります。こういうときにサオを簡単に竿受けからはずせるようになっています。

その話をしているときに、2個持っているという辻さんが、「じゃあ、お前にやる」と口を滑らせて仕舞いました。ふふふ。「酒の席での言葉だった」と言われないように、帰るときに釘を刺しておきました。

秋ヤンのブログhttp://hpcgi2.nifty.com/kagawaisoren/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2010&m=11&d=24
を見ていると、既に辻さんから秋ヤンに「谷口に渡してくれ」と持ってきているらしい。ふふふ。これで間違いありません。

11月 29, 2010 釣友 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/50117036

この記事へのトラックバック一覧です: 再び「クエを食う会」:

コメント

コメントを書く