« 久しぶりの船釣り | トップページ | 踊って歌うお魚ディスプレイ »

2010年10月18日 (月)

いよいよイイダコ釣り

Chiimg1093   ブログ「さぬき日記」管理人のFさんと、まずはカマスを釣った後、いよいよメインイベントのイイダコ狙いです。
イイダコのポイントは港のすぐ近くです。だから沖から港に帰る途中でイイダコを釣るという感じ。

今年の香川県沖は、イイダコが沸いています。片ちゃんから高松港沖でもジャンジャン釣れていると聞いているので期待100%。
Fさんは「120%釣れる」と断言したけど、私の期待は100%にとどめました。ふふ。

私が使うサオはFさんから借りました。というのは「イイダコ釣りはサオ次第」と思っています。これまでに何度も苦い経験が・・・。
で、Fさんが「120%釣れる」という実績のサオを借りるのが無難と判断。

Chiimg1098Chiimg1099これが大正解。第1投を底につけて2度しゃくるとグッと重みを感じます。上げると小さなイイダコ。「こんな小さなイイダコでもアタリが取れるのなら、このサオは完璧」と確信。

あまりに調子がいいので、サオの品番をメモしました。今度見つけたら、「イイダコ用サオ」として買うつもりです。「シマノ 幻風 15-210」です。私のお勧めです。Fさんは「万能サオで安いもの」と言います。

サオの調子がピッタリの確信どおり、イイダコテンヤを底に下ろしてしゃくりを3回ほどするとタコが抱きついてきます。イイダコ釣りって簡単じゃん。
Fさんも順調に釣っています。120%の確信どおり釣っています。

Chiimg1105 イイダコがどんどん釣れます。どんどん釣れるので作業状態になります。作業は黙々とこなさなければなりません。
どんどん釣れるといっても、竿先に注意を集中しないといけません。

ただボヤーンとしていたのでは釣れません。だからどんどん釣れても面白いのです。入れ食いです。
それにしても、どれだけのイイダコがいるのでしょうか。ざっと数えると80隻のイイダコ狙いの船がいます。その船でジャンジャン釣っているのに、一向に減らないらしい。ものすごい数のイイダコがいるのでしょうなあ。

1時間半で私が釣ったのは、42匹。十分です。港に帰り、釣果分けになるとFさんが、「イイダコを10匹しかいらん」とのこと。
なのでありがたく、Fさんが釣ったのも含めて、イイダコ10匹以外のカマスも含めて、全部をいただいて帰りました。いいのでしょうか。いいのだと思います。

10月 18, 2010 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/49764690

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよイイダコ釣り:

コメント

コメントを書く