« 四国霊場80番札所に恵比寿様 | トップページ | いよいよイイダコ釣り »

2010年10月17日 (日)

久しぶりの船釣り

Chiimg1104     昨日の土曜日、イイダコ狙いの船釣りです。ブログ「さぬき日記」(http://sanuki.cocolog-nifty.com/blog/)に、イイダコの大漁写真があったので、ブログ管理人のFさん(本人が匿名希望なのです)に「連れて行ってください」とメール。

Fさんは、私が元勤めていた会社の社員なので、「仕方なく」了承。去年もこの手で、大ギス釣りとか、タチウオ釣りに連れて行ってもらいました。ふふ。

私が住んでいる香川県高松市から西に、車で約40分のところに多度津町があります。ここにFさんの愛艇をつないでいます。

Chiimg1101この港を午前7時過ぎに出港しようとすると、出港前に散歩に来ていて話をしていたオジサン(Fさんの知人で、オジサンといっても、私より若い)が、船の上から手を振っています。近寄ると、かごに入った大きなニシガイを20個ほど、ドサッとくれます。ふふ。

これで今日のボウズはないと確定。釣れなくても土産が出来ました。
まず目指したのは、多度津沖の広島という島。「ここでカマスを釣ってからイイダコ。イイダコは100%、いや120%釣れるからあせらんでもいい」という計画です。

そうは言われても、私のこれまでの釣り経験で「絶対に釣れるという釣りは、絶対にない」と確信しているのでちょっと心配。Fさんは「いや、イイダコは絶対に釣れるから、チョコッとやればいい」と自信満々。

広島に向かう途中、きれいな瀬戸大橋が見えます。風も無く、暑くもなく、ゆったりとスピードを上げて走ります。

Chiimg1089Chiimg1090Chiimg1102カマスは簡単には釣れないと思っていたが、第1投を下ろすと同時に、後で釣っているFさんが「来た来た」。覗きに行くと、大きなカマスが海面に浮いています。上げようとした時にバレてしまった。

30cm近い大きなカマスでした。それを見て、私もヤル気十分。だがその後は全くカマスのアタリがありません。サビキでやっているので、釣れるのは小さなアジです。
私に最初に来たのはカサゴ。こんなサビキの仕掛けに来たかわいそうなカサゴ。私が丁寧に食べてあげたいと思います。ふふ。

Fさんが28cmのアジを釣ります。立派です。「カマスは釣れないのか」とあきらめかけていると、私に来ました。
いきなりのガーンで、すごい引きです。青物と思いました。強い引きなので、船のへさきまで走ります。そのとき、竿先がパンッと跳ねると同時に、すぐ沖で大きなエイがジャンプしてこちらを睨んで行きました。これは取り込めません。

しばらくして今度は、狙いのいい型のカマスです。Fさんが最初にバラしたサイズには及びませんが、なかなかいい型です。腹がでっぷりとなっていて、脂が乗っている感じ。旨そうです。

その後も忘れかけたころにカマスがきます。静かな瀬戸内海で、のたりのたりと贅沢な釣りです。「都会のサラリーマンには出来ないよなあ」と、Fさん。ホントにそうだと思います。

大都会の人は田舎暮らしと言うと、山の自然の中のように思っているけど、ホントにいいのは地方の小都市で生活するのがいいと思う。どうでっしゃろうか。

10時半になったので、いよいよイイダコ釣りに向かいます。Fさんが120%釣れるといったイイダコです。ホントでしょうか。

明日に続く。

10月 17, 2010 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/49764548

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの船釣り:

コメント

コメントを書く