« マンハッタンに「お魚に乗る像」(平成22年) | トップページ | ニューヨークのお土産(平成22年) »

2010年8月 7日 (土)

ハドソン川で釣りをしました(平成22年)

Cimg2780 Cimg2782
アルバ島からニューヨークに帰ってきて、日本に帰るまでにどこかでサオを出したいと願っていました。
でも、釣りをしている人を1人も見かけません。

でもナントカ釣りをしたい。昼間よりも夜の方が釣れる確率が高いと考えました。そして虎視眈々と釣行する日を狙っていました。けど、ここは日本と違って、治安の問題もあります。昼間にハドソン川沿いに散歩するなどして、釣り場の下見をしました。
娘の夫婦はハドソン川沿いのマンションにいるので、歩いていけます。

そしていよいよ決行。エサは冷凍庫の中のエビを拝借。夜の9時過ぎ、ミホには言わずに由美子にだけ言って、マンションを抜け出しました。
車がびゅんびゅんと通り過ぎるが、歩いている人はいません。

私が行った場所は、大きなスーパーマーケットの裏に廃業したレストランがあります。そのレストランの裏側に回ると、道路からは見られないでサオを出すことが出来ます。

いざサオを出すと、道路から見られないということは、もし変なヤカラに捕まると絶体絶命ということになると、気が付きましたが、いざ決行。

仕掛けを投げると、感じがいい。適度に流れている感じがします。2本のサオで足元と精一杯の遠投に投げ分けます。遠投といっても2メートルのサオですから、50メートルぐらいでしょうか。

全くエサがなくなりません。30分ほどしたとき、竿先がガクンとなりました。アタリです。サオを手に持って聞いてみます。魚が食っている感触はありません。仕掛けを上げてみると、エサが取られています。

魚がいることが分かりました。力が入ります。でもそれからはアタリがありません。そのうち後ろにあったスーパーの明かりが消え、対岸のマンハッタンの明かりも少しずつ消えていきます。そして段々と怖くなってきました。

そして1時間のサオ出しで、納竿としました。サオをしまいマンションに着くと、カツが「ミホと会わなかったか」とのこと。心配で由美子と一緒に探しに行ったらしい。申し訳ないことをしました。

でもハドソン川でサオを出せたので、満足。

8月 7, 2010 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハドソン川で釣りをしました(平成22年):

コメント

コメントを書く