« 宮内さんからお魚情報メール | トップページ | 「金魚ねぶた」のストラップ »

2010年8月13日 (金)

東北四大祭りを見に行きました

Cij0049  Cij0238 Cij0314 「山ノ神」からのたってのお願いで、東北の四大祭りを見に行きました。青森のねぶた祭り、秋田市の竿灯、山形の花笠踊り、仙台の七夕祭りです。

一番よかったのは、ねぶた祭り。これはもう一度見に行ってもいいと思うが、あとは「一度見ればいい」という感じ。写真を見てもらえば、大体分かると思います。

ねぶたの大きさには驚きました。1台の作成費が400万円から600万円。それを台車に載せて引っ張ったりするための全部の費用は1台当たり1500万円。
これらのねぶたは、賞が取れなかったものは、翌日に破壊されるとのこと。

これらの知識は、東北に着くまでの飛行機、東北新幹線の中で読んだ「ねぶた祭」(河合清子)という新書本で得た知識です。

Cij0056 ねぶたは歴史上の逸話をデザインしているとのことですが、私が興味があったのはお魚がデザインされていたもの。「そんなものはないやろ」と思っていましたが、一つだけ見つけました。

「ヤマト運輸」がスポンサーになっている山車に、大きなタイが乗っていました。うれしくて一生懸命写真を撮りました。
異常なほど近寄って何枚も写真を撮るので、山車を押している人も意識して気合が入っていましたわ。ふふ。

私としては、歴史にこだわらなくて近代的なものがあってもいいと思ったけど、「伝統文化に、部外者が口を出してはいけません」。
勇壮な武者がいないと、ねぶたにならないのでしょうねえ。

8月 13, 2010 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北四大祭りを見に行きました:

コメント

コメントを書く